WEBディレクターとは?仕事内容やWEBディレクターに向いている人の特徴を解説

WEBディレクターとは?仕事内容やWEBディレクターに向いている人の特徴を解説

今ではどんな業種・業態でもWEBサイトを制作し、運用していくのが当たり前になっています。

そのWEBサイトの制作や運営を担うWEBディレクターは、どんな仕事をしているかご存知でしょうか?

また、WEBディレクターへの転職・就職を希望している方は、実際の仕事内容も気になるはずです。

この記事ではWEBディレクターの仕事内容やWEBディレクターへの転職を目指すにはどんなスキルが必要なのか、などについて解説してます。

ぜひ最後まで読んでみてください。

WEBディレクターとは?

Webディレクターとは、Webサイトの制作から運用までに必要な業務遂行や、プロジェクトの進行を円滑に進めるためにチームを指揮する職業です。

プロジェクトを進行する上で出てくる課題の解決や目標設定を行うだけではありません。

  • クライアントの事業に対する理解
  • KPI・KGI設計
  • プロモーション
  • マーケティング
  • UI/UXデザイン
  • WEBで実装するための技術

これらの幅広い知識やスキルを駆使して業務を進めていく職業です。

WEBディレクターの仕事内容

Webディレクターの仕事内容は、大きく分けて3つになります。

具体的には「企画・提案」「サイト制作」「更新・管理」です。

それぞれの業務内容で、どんなことをWebディレクターが行っているのかをご紹介します。

企画・提案

どんなWEBサイトでも、どのようなサイトにしたいかという要望・希望を明確にする必要があります。

その要望を引き出せたら、次に制作に取り掛かるという流れです。

抽象的な要望であっても、イメージをより具体化する必要がありますので、そのためにWebディレクターはクライアントに入念なヒアリングを行ってサイト制作への要望・希望をまとめていきます。

このWEBサイトはなぜ必要なのかという目的を、クライアントとプロジェクトチームに共有しながら、目的達成に必要な企画を提案することも多いです。

サイト制作

企画の提案が通り制作段階になると、WEBサイトを公開するまでに必要なステップがあります。

プロジェクト(クリエイター)チームが円滑に業務を進められるように、指揮して進めるのがWebディレクターの仕事です。

具体的なステップごとに、どのような仕事内容なのかも詳しくご紹介します。

スタッフ選定

まずWebサイトの制作を完成させるには人材が必要です。

デザイナー・プログラマー・コーダー・コピーライター・カメラマン・イラストレーターなど様々なクリエイターが必要となります。

WEBサイトの内容によっては、どの職種のスタッフが重点的に必要なのかが異なることもありますが、どのスタッフを選抜させるかでサイトに大きな影響を与えるため、スタッフ選定は重要な業務と言えます。

進行管理(スケジュール管理)

Webサイトを制作するのに、必ず付き物なのが「納期」です。

期限が設定されるのは当たり前のことで、新規開設するWEBサイトでも、作り替えが必要となったリニューアルサイトでも、必ず納期までに納品しなければなりません。

もし納品日が遅れることになれば、サイトの公開日も遅らせることになるので、「今どのチームがどのくらい進んで、この部分を急がせる必要がある」など、スケジュールを細かく区切り、管理・調整することも重要です。

クオリティー(品質)管理

優秀な人材を選定し、サイト制作を進めていても、クライアントのニーズを完璧に満足させるクオリティーに仕上がるとは確約されていません。

こうした問題は、常にWebディレクターが指揮官として、常にクオリティー(品質)を管理する必要があります。

また、さらにクオリティーを向上させるためのアイデアを提案したり、テストを行う指示を出していく場合もあります。

納品時の流れ

Webサイトを公開できる状態に仕上げて準備が整っていれば、公開日までのさまざまな確認作業をしておく必要があります。

入念したチェックで確認事項をクリアをしていれば、内容に問題がないかをクライアントに最終確認してもらうために報告します。

更新・管理

WEBディレクターの仕事内容として、サイト制作のみの依頼もあれば、更新や運用業務も合わせて依頼されることも珍しくありません。

ユーザー(サイト訪問者)から見た使いやすさ・見やすさなどの利便性を向上し、コンテンツ内容を常に最新情報に保つには、適切な更新頻度を続けることが良いです。

更新・管理の方法などをクライアントに近況報告したり、何か新しいこと、変えたほうが良いことを提案するのもWebディレクターの仕事内容の1つです。

実際の業務はWEBディレクター以外のスタッフが担当することも多いですが、方向性を定めたり、不備なことが起きたりなどの、責任はWEBディレクターが担うことになります。

WEBディレクターに必要なスキル

Webディレクターは、クリエイター・プロジェクトチームの指揮をするポジションであるため、チームに在籍する人から絶対的な信頼を得られる人でなければなりません。

では、どのようなスキルがあればスタッフからの信頼を得られてチームを統率していけるのでしょうか?

具体的に必要なスキルを下記からご紹介します。

WEBディレクターは管理能力が必要

WEBサイト制作などのプロジェクトを成功させるために必要なスキルとして、進行管理能力・予算管理能力・問題発見と問題解決能力があります。

それぞれのスキルについて、詳しく解説します。

進行管理能力

スケジュール通りにプロジェクト・業務を進行させていくのが基本ですが、進めていく途中でトラブルが発生することを事前に見越したスケジュール計画をするのも進行管理能力の1つです。

余裕をもった上でスケジュールを設計しても納期に間に合わせることができれば、Webディレクターの進行管理能力が高いという評価になります。

予算管理能力

Webディレクターが、プロジェクトの予算管理も担うケースも珍しくありません。

予算内でプロジェクトを進行させることができるかどうかで、将来的なキャリアアップにもつながります。

必要なお金、不必要なお金を見極めて、いかに予算内で収められるかを判断する管理能力です。

ヒューマンスキルの高いWEBディレクターは重宝される

Webディレクターは業務の中で多くの人と関わる職業です。

社内・社外通してコミュニケーションや交渉、感情の読み取り・相手との駆け引き、といったヒューマンスキルが重要になります。

また、ディレクター自身の人柄が良ければ、関係する多くの人との連携が上手くいくことが多いです。

どのようなヒューマンスキルがあると良いのか、下記からご紹介します。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力は、業務・プロジェクトに対する理解力の高さを示します。

相手側の考えやイメージを理解しつつ、自分の考えを伝えることにも長けている人が、コミュニケーション能力の高い人の特徴です。

この能力はWebディレクターにとって必須のスキルと言えます。

リーダーシップ(統率力)

リーダーはチームの中心になるため、統率・管理しているスタッフの心理や行動を1つにまとめる必要があります。

チーム全体に加えて個々の目的や方向性を示し、各スタッフが最高の能力を発揮できるようにチームを動かすことも、Webディレクターに求められるリーダーシップ(統率力)です。

情報収集力

Webディレクターは、Web制作に関する知識や技術だけ詳しければ良いという訳ではありません。

サイト制作の依頼があったクライアントの業界について、その業界の流行・競合・動向を知っておくことで良い企画・提案ができるようになります。

そうした部分からクライアントの信頼を得られるようにもなり、満足してもらえるサービスを提供できます。

情報収集や多くある情報の選別を正しく行うスキルもWEBディレクターには必要です。

WEBディレクターに向いている人

上記でご紹介したポイントを踏まえると、Webディレクターに向いている人の特徴として、責任感が強い・コミュニケーション能力に長けている・クライアントやプロジェクト成功のために情報収集・情報選別を欠かさない人などが挙げられます。

Webディレクターは、プロジェクトチームのリーダーなので、リーダー気質で責任感が強く、スタッフやクライアントから信頼されるような存在にならなければいけません。

そうした責任感・重圧などにも折れない心を持つ人がWEBディレクターという職業に向いていると言えます。

WEBディレクターから転職する人は多い?おすすめの転職先とポイントを解説

未経験からwebディレクターに転職・就職する方法

Webサイトが日々増え続け、制作されている今の時代では、Webディレクターも人材不足の職業に当てはまります。

そうした中で、未経験者OKという求人広告を出している企業も多くあるので、Webディレクターになりたいと考えているなら、未経験者も歓迎している企業を探して転職するのが近道です。

もちろんWEBディレクターは多くの責任を担うので、未経験者の場合、最初はディレクター業務を任されるというより、日々の更新業務や簡単な制作から仕事を経験することになるでしょう。

そこから実績やスキルを積み上げて、案件を任されるようになるので、制作スタッフとのチーム作業やチームの統率力を現場で身につけていくことができます。

最初は会社の先輩ディレクターのサポート業務に徹底し、やり方やノウハウを間近で学ぶことで、Webディレクターとしての仕事への理解が深まっていきます。

WEB業界への転職は未経験でも成功する?おすすめの職種と転職するポイントを解説

webディレクターの将来性

WEBディレクターという職業は、この先どうなるのか気になる方も少なくありません。

AI(人工知能)や時代の流れなどの関係で不安視される方も多いですが、Webディレクターは、下記で解説する理由から今後も高い需要が続くと推察できます。

webディレクターの需要は伸び続けている

国際的な開発者、研究者などが集っているチームが運営する「Internet Live Stats」の調査によれば、Webサイトの数は年々増加しています。

2008年に世界で1億7千程度のサイト数だったのが、2017年には17億というサイト数になりました。

Webサイト数が増えるということは、Web制作の仕事も増えるということです。

こうした理由からWebディレクターの仕事も増加しているといえます。

今後もWebサイトは世界的に増加していくことが予想されているので、Webディレクターの需要はこの先も伸び続いていくと推測できます。

今後もWEB業界は需要が高まり続ける?今後も需要が高い職種とは?

WEBディレクターになるために転職サイトやエージェントを有効活用しよう

この記事では、WEBディレクターの仕事内容やWEBディレクターに向いている人の特徴・WEBディレクターになるための資格や素質についてお伝えしました。

世の中にWEBサイトが増え続けていることからWEBディレクターの需要も伸び続けています。

この記事でご紹介した仕事内容を見て、WEBディレクターは自分に合っている職業だなと感じた場合は、転職サイトやエージェントを利用し、ぜひ転職活動を進めてみてください。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件