WEBディレクターから転職する人は多い?おすすめの転職先とポイントを解説

WEBディレクターから転職する人は多い?おすすめの転職先とポイントを解説

WEBサイトを制作する上で、「WEBディレクター」は欠かせない職種です。

WEBデザイナーやプログラマーなどを管理する役割を担う職種で、クライアントなどとコミュニケーションを図る機会も多いです。

そんなWEBディレクターから「転職したいな…」と悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事ではWEBディレクターから転職することについて解説します。

おすすめの転職先や、転職を成功させるポイントなどもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

WEBディレクターから転職する人は多い?

WEBディレクターから転職する人は多い傾向があります。

その理由はさまざまですが、最も考えられる理由が「キャリアアップが不明確」ということです。

WEB業界は古くからある業界ではないため、キャリアアップの方法が正しく定められていません。

そのため将来に対して不安になったり、昇進できないことへの不満から転職する方が多いと考えられます。

ただし、企業によってはキャリアアップの道筋が正しく示されている場合もあります。

WEBディレクターから転職する人が多い理由をさらに詳しくご紹介します。

労働環境・給料に対する不満

WEBディレクターから転職する理由は、労働環境・給料に対する不満が考えられます。

WEBディレクターはWEBデザイナーやプログラマーなどを管理する業務や、クライアントとの打ち合わせなど仕事量が多く、時間内に退職できることは少ないです。

また、「サービス残業」を当たり前としている企業もあり、労働時間に見合った給料をもらえていない方は多くいます。

さらに、WEBディレクターの平均年収は、「452万円」です。

日本の平均が約430万円なので、平均と大きく変わらないのですが、仕事量に見合っていないケースが多いです。

WEBディレクターは給料に対する不満を抱いている方も多い傾向があります。

スキルアップをしたい

WEBディレクターから転職する理由は、「スキルアップをしたい」ということが考えられます。

WEBサイトの制作に関わるWEBディレクターでは、より大きな案件や話題性のある案件に関わりたいと思う気持ちが強い方が多いです。

そのような案件に関わることで、WEBディレクターとしてスキルアップすることができ、将来に対する不安を軽減できます。

また、WEBディレクターとしての実績を作ることもできるため、転職したいと考えるのでしょう。

WEBディレクターに対する飽き・不満

WEBディレクターから転職する理由は、WEBディレクターに対する飽き・不満が考えられます。

上記でお伝えした通り、WEBディレクターは「管理する」ということが主な仕事内容になるため、直接的なやりがいや達成感は感じにくいです。

また、WEBサイトの制作はデザイナーや、エンジニアの実績として残ることが多く、WEBディレクターの実績には残らないことがあり、不満を抱いている方が多い傾向にあります。

このようなWEBディレクターに対する飽き・不満から転職したいと考えるのでしょう。

WEBディレクターから転職することはできる?

WEBディレクターから転職することは可能です。

WEBディレクターはWEB業界の知識を幅広く習得していますし、管理する能力には長けているので、希望通りに転職を成功させられる可能性が高いです。

ただし、上記でお伝えした通り、WEBディレクターとしての実績はアピールしにくい傾向があるので、場合によっては転職活動が難航するかもしれません。

WEBディレクターとして培った能力や経験を明確にして、採用担当者にアピールできれば、転職成功率は高くなります。

同業他社への転職成功率は高い

WEBディレクターから転職するときは、同業他社がおすすめです。

WEB業界からWEB業界に転職することで、転職成功率が一気に高くなります。

その理由は、経験者として扱われるからです。

WEB業界に限らず、転職市場において経験者は優遇されるケースが多く、希望通りに転職を成功させられることが多いです。

また、WEBディレクターからWEBディレクターに転職を希望すると、スムーズに転職先が決まるでしょう。

WEB業界に対する不満などがない場合は、同業他社への転職をおすすめします。

WEB業界は「やめとけ」と言われることが多い?理由と優良企業の見分け方をご紹介

WEBディレクターからの転職におすすめの転職先

WEBディレクターから転職するときは、「どのような仕事に転職しようかな?」と悩まれることが多いと思います。

そこでWEBディレクターから転職するときに、おすすめの転職先をいくつかご紹介します。

転職先に悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください。

WEBプロデューサー

WEBディレクターから転職するときには、WEBプロデューサーがおすすめです。

WEBプロデューサーとは、WEB業界におけるプロジェクトの企画・制作からクライアント対応、予算管理、運営といった上流から下流工程までのフロー全体を把握して、統括を担う責任者です。

WEBプロデューサーは、WEBディレクターのキャリアパスになるケースが多く、WEBディレクターから転職される方が多い傾向にあります。

仕事内容は多岐にわたる点はWEBディレクターと似ているのですが、責任感やスケールの大きさなどは異なります。

WEBプランナー

WEBディレクターから転職するときには、WEBプランナーがおすすめです。

WEBプランナーとは、WEBサイト制作の設計を行う仕事です。

クライアントからの要望や打ち合わせの内容をまとめて、WEBサイトを構築するために設計(プランニング)を行い、制作者側に伝えることが、主な業務内容になります。

上記でお伝えしたWEBプロデューサーと似ている点があるのですが、WEBプランナーはWEBサイトの「制作」ということに注力します。

そのため「管理するのが嫌だ」「WEBサイト制作に直接的に関わりたい」という方には、おすすめです。

WEBマーケター

WEBディレクターから転職するときには、WEBマーケターがおすすめです。

WEBマーケターとは、WEBサイトやスマホアプリ、SNS、メールなどのインターネットを活用してマーケティングを行う仕事です。

自社サービスや商品の売上拡大、ブランドの認知度向上などの目的に応じた企画立案を行います。

WEBマーケターの業務内容は多岐にわたり、WEB業界に関する知識を幅広く必要とするため、WEBディレクターからの転職にはおすすめです。

営業職

WEBディレクターから転職するときには、営業職がおすすめです。

営業職とは、自社商品・サービスを売り込む仕事で、やりがいや達成感を感じやすいです。

また、WEBディレクターはチームを管理するため、コミュニケーション能力には長けていると思います。

営業職では、コミュニケーション能力が最も大切になるので、WEBディレクターの転職先におすすめです。

ただし、業界や企業によって取り扱う商品・サービスが異なるため、転職先は安易に決めないことが大切です。

WEB業界にはどんな職種がある?未経験でも転職しやすい職種をご紹介

WEBディレクターから転職するときに抑えておきたいポイント

WEBディレクターから転職するときには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

自分の希望通りに転職を成功させる上で、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

希望する職種で活かせるスキルをアピールする

WEBディレクターから転職するときには、希望する職種で活かせるスキルをアピールすることが大切です。

希望する職種で活かせるスキルをアピールすることで、「即戦力で働ける人材」と判断してもらいやすくなります。

中途採用では、即戦力で働ける人材が好まれるため、転職成功率をグンと高められます。

WEBディレクターで身に付けたスキルは、必ず転職先でも活かすことができるので、まずは希望する職種で求められるスキルを考えてみてください。

働きながら転職活動を行う

WEBディレクターから転職するときには、働きながら転職活動を行うようにしてください。

退職することで転職活動に割ける時間は増えるのですが、経歴上では「無職」になってしまいます。

経歴に無職が付いてしまうと、退職したのではなく「会社を辞めさせられた」と採用担当者に判断される可能性があります。

会社を辞めさせられたと判断されると、転職成功率は低くなるため、働きながら転職活動を行うことが大切です。

そして、働きながら転職活動を行うことで、「転職しない」という選択肢を持てて、気持ちの変化にも対応できるようになります。

転職エージェントを活用する

WEBディレクターから転職するときには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関することを幅広くサポートしてくれるサービスです。

具体的なサービス内容は「求人紹介・面接対策・日程調整・書類添削」などで、資格に関するアドバイスなどもしてくれます。

また、登録者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職経験がない方でも安心してスムーズに転職活動を進められます。

そして転職エージェントでは、サイトに公開されていない「非公開求人」に応募できるようになります。

WEB業界への転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

WEBディレクターから転職するときは「同業他社」がおすすめ

この記事ではWEBディレクターから転職することについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEBディレクターから転職する方は多く、「キャリアアップが不明確」という理由が挙げられます。

他にも転職する理由はあり、スキルアップを目的にされる方も多いです。

そしてWEBディレクターから転職するときは、同業他社がおすすめです。

同業他社への転職は経験者と扱われるため、スムーズに希望通りの転職を成功させられる可能性を高められます。

上記でお伝えしたポイントを参考にして、WEBディレクターからの転職を成功させましょう。

WEB業界への転職理由は肝心?転職理由で抑えておきたいポイントをご紹介

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件