WEB業界への転職理由は肝心?転職理由で抑えておきたいポイントをご紹介

WEB業界への転職理由は肝心?転職理由で抑えておきたいポイントをご紹介

WEB業界の市場が拡大していることで、WEB業界への転職を考えることがあると思います。

しかし、「WEB業界への転職理由は何と答えよう…」と不安を抱いている方が多いのではないでしょうか?

この記事ではWEB業界への転職理由について詳しくご紹介します。

転職理由を答えるときに抑えておきたいポイントや、未経験におすすめの職種などもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

WEB業界への転職理由は肝心?

WEB業界への転職を成功させるためには、転職理由が肝心です。

その理由は、転職理由の内容によって採用・不採用が決まるからです。

採用担当者は転職理由を確認することで、「入社後、すぐに辞めてしまわないか」ということを判断しています。

もし、「ノルマがしんどくて転職を決めました」と答えると、「しんどいことがあれば、すぐに辞めてしまう可能性がある」と判断されて、不採用になってしまう可能性が高まります。

そのためWEB業界への転職を成功させるためには、転職理由をしっかりと答える必要があるのです。

WEB業界でよくある転職理由

WEB業界でよくある転職理由をいくつかご紹介します。

「転職理由がわからない…」と悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

WEB業界への関心・興味

WEB業界でよくある転職理由は、WEB業界への関心・興味ということです。

近年、WEB業界の市場が急速に拡大していて、新卒からの転職者からも高い人気を誇ります。

さらにIT技術が普及したことで、WEB業界が身近な存在へと変化しました。

その結果、WEB業界へ関心・興味がある方が増えてきて、転職理由で答える方も多いです。

例えば、「今の会社に将来性を感じなくなり、もともと関心のあったWEB業界への転職を考えました」などが挙げられます。

WEB業界への関心・興味を転職理由として答えることは、採用担当者に対して、良い印象を与えられるでしょう。

自分の知識・スキルを生かしたい

WEB業界でよくある転職理由は、自分の知識・スキルを生かしたいということです。

上記でもお伝えしたように、WEB業界が身近な存在になったことで、WEB業界以外の業界で働いている方でも専門的な知識・スキルを身に付けていることが多くあります。

そのためWEB業界への転職理由では、自分の知識・スキルを生かしたいということが多いです。

具体的には、「大学生のときに興味本位でサイトを作成していて、ある程度のプログラミングを身に付けた」「仕事で少し必要になる機会があり、WEB業界の知識を身に付けた」などが挙げられます。

このような転職理由も、採用担当者に対して良い印象を与えられるでしょう。

WEB業界への転職理由を答えるときのポイント

WEB業界への転職理由を答えるときに、抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

WEB業界は人手不足を抱えている企業が多く、転職理由を重点的に確認していることが多いので、ぜひ参考にしてみてください。

嘘をつかない

WEB業界への転職理由を答えるときは、嘘をつかないことが大切です。

「できるだけ採用担当者から高い評価を得たい」ということを考えると、嘘の転職理由を作り上げてしまう人がいます。

しかし、転職理由を偽る必要はありません。

採用担当者は、前職に不満や不安があったからこそ、転職を希望したことを理解しているため、嘘のつく必要はなく、素直に答えることが大切です。

ただし、伝え方には注意が必要です。

前職の愚痴や不満ばかりを答えてしまうと、理解している採用担当者でも良い印象は受けません。

そのため本当の転職理由を伝え方を意識して答えるようにしてください。

より具体的に伝える

WEB業界への転職理由を伝えるときは、より具体的に伝えることが大切です。

例えば、「休みが少なかった」ということが転職理由だったとしましょう。

その場合に「休みが少なくて、転職を希望しました」と答えるのではなく、「半年間、〇日しか休みがなかったので、転職を希望しました」と答えると、採用担当者の理解度が変わります。

具体的な転職理由を伝えないと、前職の愚痴や不満にしか聞こえなくなります。

そして、改善しようとしたエピソードを加えることも大切です。

ポジティブに聞こえるように伝える

WEB業界への転職理由を伝えるときは、ポジティブに聞こえるように工夫することが大切です。

中途採用では仕事に対して前向きな人材が好まれるため、ネガティブな転職理由を伝えると悪印象を与えてしまいます。

ただし、上記でお伝えしたように転職理由はネガティブな内容が多いので、伝え方を工夫する必要があります。

転職理由はネガティブでも、伝え方を工夫するだけで、ポジティブな転職理由として伝えられて、仕事に対して前向きなことをアピールできます。

仕事に対して前向きなことをアピールできると、WEB業界への転職成功率はグンと高まります。

WEB業界は未経験でも転職を成功させられる?

WEB業界への転職を希望している方は、「未経験でも転職を成功させられるのかな?」と不安に感じているかもしれませんが、WEB業界は未経験でも転職を成功させられます。

その理由は、人手不足を抱えている企業が多いからです。

WEB業界は市場が拡大し続けているのですが、実際に人手を確保できている企業は少なく、未経験でも採用せざるを得ない状況に陥っています。

転職サイトなどに掲載されている求人には、「未経験歓迎」と記載されていることが多いです。

また、WEB業界は専門的な資格を必要としません。

ある程度の知識は必要になりますが、資格を必要としないため、未経験でも転職を成功させられます。

転職難易度の低い職種

WEB業界は未経験でも転職できるのですが、職種によって転職難易度が変わります。

未経験の場合は転職難易度が低い職種に、転職することをおすすめします。

WEB業界で転職難易度が低い職種は下記の通りです。

プログラマーやシステムエンジニアなどは転職難易度が高いとされています。

転職難易度の高い職種を希望する場合は、他の職種に転職してWEB業界での経験を積むことをおすすめします。

未経験の状態では、なかなか転職先が決まらないことが考えられます。

転職理由以外に抑えておきたいコツ

WEB業界への転職を成功させるために、転職理由が肝心とお伝えしました。

ただし、転職理由以外にも抑えておきたいポイントがあります。

未経験でWEB業界への転職を成功させるためにも、下記のポイントを抑えるようにしてください。

WEB業界への知識を身に付ける

未経験でWEB業界への転職を成功させるためには、WEB業界に関する知識を身に付けることが大切です。

未経験でも転職しやすい広報や営業職などでも、ある程度の業界知識は必要とします。

そのため可能な限り、WEB業界に関する知識を身に付けておく必要があります。

さらに、未経験の状態で業界知識を身に付けていると、「仕事に対して前向きな人」と判断してもらいやすく、転職成功率が高まります。

そして、採用担当者から高い信用を得るためには、WEB業界に関連する資格を取得すると良いでしょう。

転職エージェントを活用する

未経験で転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスで、転職先が決まっても決まらなくても料金が発生することはありません。

転職エージェントで受けられる具体的なサポートは、「求人紹介・面接対策・条件交渉・日程調整・書類作成」などです。

さらに転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザー(転職のプロ)が付くため、未経験でもスムーズに転職を成功させられる可能性が高まります。

そしてサイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるようになり、転職先の選択肢を広げられます。

WEB業界への転職におすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないので、気になるものがあれば登録してみてください。

転職理由は採用を決める重要な判断材料

この記事ではWEB業界への転職理由についてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

WEB業界への転職理由は「軽視」されることが多いのですが、採用・不採用を決める判断材料として確認されています。

そのため転職理由はしっかりと考えて、準備する必要はあります。

WEB業界への転職理由を考えるときには、上記のポイントを抑えるようにしてください。

そして上記でお伝えしたコツを参考にして、WEB業界への転職を成功させましょう。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件