未経験でのSE転職成功の鍵は年齢だった!その理由について解説

この記事を読んでくれているあなたは恐らく、未経験からのSEへの転職に不安を感じていることでしょう。

SEやプログラマーなどのIT業界の仕事は、スキルを持った経験者でないと転職出来ないイメージを持っていませんか?

そのイメージ通り経験が生きる仕事です。

ですが未経験でもSEへ転職することは可能なのです。

ただし、未経験からSEへの転職を成功させるには、転職活動を行う「年齢」を考慮する必要があります。

そこでこの記事では未経験のSE転職に際して必要な知識から、なぜ年齢を考慮する必要があるのかについて紹介していきます。

SEは未経験でも転職可能

冒頭でお伝えした通り、SEへの転職は未経験でも可能です。

事実、某企業で部長クラスで働いている方の中には、全くの未経験から始めている人がいるくらいです。

ご存知の通り、SEの属するIT業界は機械化やAIの導入などにより成長著しい業界のため、常に人員不足に悩まされています。

そのため、未経験でも働くことができるのです。

未経験とは知識はあるけど業務の経験がないこと

ここで大前提として求人における「未経験」の意味について紹介しておきます。

実は、求人における未経験とは「知識はあるけれども実際に業務に携わったことがない」状態のことをいうのです。

未経験の求人を見て「何も分からなくても大丈夫なんだ!」といって応募してしまう方がよくいます。

さすがに企業側も何の知識もない人材を採用するリスクは負いたくありません。

もし、あなたが知識がない状態でSEへの転職を考えているのであれば、しっかりと仕事内容に必要な知識を事前に取得しておくことをおすすめします。

そのため、転職活動を始める前にSEの仕事内容を把握し知識やスキルを身に付けておきましょう。

後ほどそのスキルや知識に関してご紹介します。

SEとは

ここでSEについて軽く説明しておきましょう。

SEとはシステムエンジニアの略称で、システムの制作を行う仕事です。

現在私たちの身の回りにあふれている電子機器やサービスもこのSEが作ったシステムで稼働しています。

現在のIT社会にはなくてはならない存在であり、食いはぐれることがないとまで言われる将来性のある仕事です。

 

文系でもなれる

IT知識をフル活用するSEは理系じゃなければ転職できないと思っていませんか?

実は現在SEとして働いている人の多くは文系出身です。

SEは確かにIT関係の知識が必要ですが、その仕事の多くはプロジェクト内の人との意思疎通を図り、円滑にシステムを構築することです。

そのため、相手の考えや言葉の意味をしっかりとくみ取る力が必要なのです。

言葉の意味や考えをくみ取るというのは国語的能力なので、SEは文系にも向いている仕事といえるのです。

ITの知識に文系理系の差はあまりない

「でも理系の方がIT知識があるからアドバンテージがある」

そう思うのも無理はありません。

確かに情報処理系の知識を学べるのは理系の大学が多いです。

しかし、理系全員が全てIT関連の知識を学んでいるわけではありません。

理系の中でもIT知識に対して全く耐性がない人の方が多いです。

IT知識においては文系と同じスタートラインに立つ理系の方が多いので安心してくださいね。

必要な資格・知識

SEになるためには弁護士や検察官のように、資格がなければなることが出来ないといったことはありません。

しかし、SEとして採用されるためには業務に携われるということを証明する資格が必要になります。

そのため、未経験で転職する前には必ず資格・知識を取得しておくことをおすすめします。

未経験SE転職を成功させるには20代の間に転職活動を

未経験でSE転職を成功させるには転職活動をする年齢が大切だと冒頭で述べました。

実は未経験でSEへの転職は20代のうちに行うことでその成功率を上げることができるのです。

ではその理由について以下で説明していきます。

20代はフレッシュだから転職が可能

20代はまだ学校を卒業してからそこまで日が経っておらず、会社のカラーに染まり切ってはいません。

また、若いため知識の吸収が早いです。

企業側からしたら未経験だとしても今後の成長の可能性が大いにあるとして、積極的に採用する傾向にあるのです。

また、新卒時には新人研修を行いますが、20代の転職者であれば既に受講済みであるため新卒よりも早く現場に出すことができるメリットもあるようです。

30代前半は転職エージェントに要相談

では30代では未経験で転職ができないのかといったらそうではありません。

ですが転職が成功するのは30代前半が限度とまで言われています。

30代ともなってくると将来の管理職の候補に挙がってくる年齢です。

その中で管理職からほど遠い未経験の30代の人材を取るメリットは企業にはあまりありません。

そのため、20代に転職活動を行うようにしましょう。

30代からの未経験転職はブラック企業に注意

30代で未経験からの転職を行う際はブラック企業に注意しましょう。

30代以上でも未経験で採用を謳っている企業の多くはブラック企業であることが多いです。

ブラック企業に入社してしまうと、ご存知の通り心身共に疲弊してしまいます。

ブラック企業を避けるためにも、知人の働いている会社を紹介してもらうか、企業の情報に精通している転職エージェントを利用することをおすすめします。

資格・知識を得る方法

転職活動を行う年齢も重要ですが、知識をしっかりと身に付けて準備することも大切です。

そこでここからはSEの知識のない方に向けて資格の種類やそれを取得する方法について紹介していきます。

それぞれ違った手法ですのでライフスタイルに合わせて選ぶことをおすすめします。

SEに必要な資格と知識

冒頭でお伝えした通り、SEは業務における知識が必要です。

それを得ることのできる資格が「ITパスポート」と「基本情報技術者」の2つとされています。

以下ではその資格の内容と試験の日時について紹介していますので参考にして下さい。

SEの転職に求められるスキルと資格!転職に成功するSEのの特徴とは?

ITパスポート

IT知識の入門編として位置づけられているIPA(独立行政法人情報処理推進機構)主催の国家資格です。

IT技術者としての最低限の知識を身に付けることが可能です。

IT知識がない方ははまずこの資格から取得していきましょう。

試験は毎月開催されています。

勉強に必要な時間は200時間といわれていますのでコツコツ勉強を進めていきましょう。

基本情報技術者

こちらの資格もIPA(独立行政法人情報処理推進機構)が主催する国家資格で、ITパスポートよりも難易度の高い資格です。

SEの業務に必要な知識を得ることができます。

現在SEとして働いている人はこの資格を必ずといっていいほど取得しています。

試験は毎年4月と10月に開催されています。

申込期間が試験開催日よりもかなり前なので、しっかりと公式ホームページを確認しておきましょう。

プログラミングの知識も必要

上記2つの資格も大切ですが、実はこの資格のみではプログラミングの知識を得ることができません。

SEは基本的にシステム設計の準備段階の作業を担当します。

しかしプログラミングをまったくやらないというわけではありません。

業務の中でプログラミングをするための設計を行う必要があります。

そのため、プログラミングに関する知識も必要になってくるのです。

SEに主に求められるプログラミング言語の知識は以下の通りです。

  • Java
  • Python
  • PHP
  • Ruby(Rails)

四つも!?と思うかもしれませんが、実はプログラミング言語は企業によって使用する種類が異なります。

しかし、上記の4つは使用頻度の高いものですので、やっておけば転職活動の際に企業の選択肢の幅が広がります。

補足:SEとプログラマーの違い

よく混同されてしまうのがSEとプログラマー。

システム制作に必要なのはわかるけれど、この2つの違いが分からないといった方も多いのではないでしょうか。

SEとプログラマーの違いはその業務内容にあります。

SEはシステム制作において、以下のような業務を担当します。

  • クライアントのニーズ分析
  • ニーズのまとめ
  • システムの基本設計
  • プログラミングのための詳細設計
  • システムの稼働確認テスト

基本的にシステム制作の準備段階を担当します。

一方、プログラマーはSEの作った指示書通りにプログラミングします。

システム制作の準備と確認をするのがSE,実際に制作するのがプログラマーと覚えておいてください。

資格取得の方法

上記で紹介した資格を取得するには2つの方法があります。

この方法はそれぞれライフスタイルや勉強スタイルによって選ぶことが可能なので、自分に合った方を選びましょう。

プログラミングスクールへ通う

この方法は一人では勉強できない方におすすめです。

自分で勉強計画を立てて、それ通りにこなしていくことが得意ではない方はプログラミングスクールへ通って資格を取得していくことをおすすめします。

プログラミングスクールは東京、愛知、大阪、福岡などの大都市圏に設けられています。

転職支援付きのスクールもありますので是非利用してみてください。

オンラインプログラミングスクールを利用する

プログラミングスクールは基本的に通学スタイルを取っています。

ですが、転職活動を行う方の中には忙しくて通う暇がない方もいることでしょう。

そういった方はパソコン上で動画授業を受講することのできる、オンラインプログラミングスクールをおすすめします。

中にはスマホで視聴可能なものもありますので通勤の際のスキマ時間を利用して勉強することができます。

独学で資格を取得する

独学で勉強ができる方は、書店で販売されている参考書を元に「ITパスポート」や「基本情報技術者」の資格を取得することをおすすめします。

ですが資格のみではプログラミングの知識を身に付けることは出来ないので、別途でプログラミングも勉強しておきましょう。

転職活動を行う前に考慮すべきこと

未経験からの転職はかなりリスクが高いといわれています。

そのため、転職活動を行う前に考慮すべきリスクがいくつかありますので紹介します。

自分が本当に適性があるかどうか

実はSEの知識や技能は勉強さえすれば誰でも身に付けることができます。

しかし、適性があるかどうかでその後ずっとSEを続けていけるかどうかは変わります。

適性がないまま続けていくとまた転職を繰り返す…といったことにもなりかねないのでしっかり判断することが大切です。

SEに適性のある人の特徴は以下の通りです。

論理的思考力がある人
ITに興味がある人
コミュニケーション能力のある人

以下で詳しく説明していきます。

論理的思考力があるか

論理的思考力とは簡単に言ってしまえばものごとを筋道立てて考えることができるか、ということです。

論理的思考力のある人に見られる特徴は以下の通りです。

自分に当てはまっているか確認してみて下さい。

  •  表や図を描いてまとめることが得意な人
  •  作業をするときに背景や目的、ゴールなどを設定して仕事を進められる
  •  仕事を網羅的にできる

ITに興味があるか

SEを仕事にするにあたってIT関係に興味がなければ、続けていくことはまず不可能であるといえるでしょう。

ITのニュースに関して全く興味がわかない、といった方は要注意です。

一度IT関連のニュースを見て自分が本当に興味があるか確認してみましょう。

コミュニケーション能力があるか

SEはただパソコンに向かって作業するだけではなく、プロジェクトのプログラマーや他のSEとしっかりコミュニケーションを取って作業を進めていくことが重要です。

そのため、コミュニケーション能力がないと業務に大きな支障が出てしまいます。

人とのコミュニケーションが取れるか、もっと深く言えば自分の考えを相手にしっかりと伝えて相手の意思をくみ取れるかが大切です。

インターネットの情報のみで転職活動を行わない

最近ではインターネットを利用して転職活動を行う人が非常に多いです。

しかし、インターネットの情報のみで転職活動を行うと、求人の文面だけに惑わされてブラック企業に転職する…なんてこともあるかもしれません。

そのため、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントを利用することで、ネットのみでは知ることが出来ないような社内の情報まで知ることが可能になります。

そのため、転職エージェントも併用することをおすすめします。

現職から収入が下がる可能性大

転職をする目的を収入アップに設定している方は要注意です。

未経験からの転職で収入がアップすることは正直言ってほとんどありません。
現状維持かはたまたそれ以下になる場合もありますのでしっかりと比較することをおすすめします。

転職を成功させるために利用すべき転職エージェント

インターネットに載っている公開求人には、基本的に社内の様子などの内部状況については記載されていないのが現状です。

そのような求人の中には条件が厳しいものや、ブラック企業の求人がある可能性があり、転職に失敗する原因にもなりかねません。

転職エージェントは非公開求人や社内の情報を保持した転職エージェントが、あなたの要望に合った求人を紹介してくれます。

以下では未経験からのSE転職に実績のある2社を紹介します。

国内大手・マイナビエージェントIT

マイナビエージェントIT

 

きっと電車やTVの広告で見たことがあるはずの人材紹介の大手「マイナビ」の運営するIT専門の転職エージェントです。

大手ならではの情報力がウリで、幅広く情報を集めることが可能でしょう。

求人情報の80%は非公開求人

マイナビエージェントITは保持している求人情報の80%が非公開求人です。

そのため、インターネットの転職サイトに掲載されていないような待遇の求人も掲載されています。

良い環境を見つけたいのであれば最適であるといえるでしょう。

大手からベンチャーまで幅広い求人

求人の中には大手の求人は勿論ベンチャー企業の求人もそろっています。

大手でキャリアを積みたい方でも、ベンチャー企業で自分の裁量に合わせて仕事をしたい方にまで幅広いニーズに対応できます。

キャリアアドバイザーの専門性が高い

マイナビエージェントITで活躍するキャリアアドバイザーはIT業界経験者ばかりです。

そのため、未経験からの転職でわからないことだらけでも一から教えてくれます。

サポート体制も評判が高いことで有名です。

マイナビエージェントIT詳細ページ

IT専門転職エージェント・レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT業界の転職に特化しているこのレバテックキャリア。

IT業界の転職でこの転職エージェントの名前を知らない人はいないくらいです。

IT業界に特化

上でも述べた通り、ITを専門とした転職エージェントです。

非公開求人数も多く、その質の高さでも有名です。

IT業界での転職実績は転職エージェントの業界ではトップレベルです。

企業の表面では見えない部分まで把握

通常の求人で知り得ないような企業の雰囲気や実情に精通しているため、職場の雰囲気を重視する人にとてもおすすめです。

転職エージェントに聞くことでその情報を手に入れることができます。

転職に関わる日程調整や待遇サポートが充実

転職に際して出てくる問題が退社日や入社日、面接日程の調整です。

レバテックキャリアは転職の求人情報の提供のみならず、転職活動に際する悩みの相談・解決も行ってくれます。

レバテックキャリア詳細ページはこちら

しっかりと対策をして未経験からのSE転職を成功させよう

未経験からの転職は業務経験がないが知識のある状態のことを指します。

それはSEでも同じで、しっかりとSEの業務に必要な知識や資格を取得することが大切です。

しかし、未経験からの転職で知識があったとしても、転職活動を行う年齢によって転職が成功するかしないかが決まります。

もしこの記事を読んでくれているあなたが20代であればすぐに取りかかることをおすすめします。
30代であればサポート体制や情報を持つ転職エージェントを利用することを強く勧めます。

自分の年齢に合わせた転職活動で未経験からSEの仕事を勝ちとりましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件