30代エンジニアの転職で詰む人の特徴と転職前にやっておくべきこと

30代エンジニアの転職で詰む人の特徴と転職前にやっておくべきこと

エンジニア職は30代を超えると一気に転職のハードルが高くなります。

20代と比べると成長意欲が落ち、今後の将来性で評価されることがなくなるからです。

30代のエンジニアには即戦力として求められるケースが多く、プロジェクトをリードする能力が求められるようになります。

あなたは今の職場を辞めることになっても、優秀な人材として評価される実績を持っていますか?

そこで今回は30代のエンジニアで、転職先が決まらない人の特徴と、転職前にやっておくべきことをご紹介します。

まだ本格的に転職を考えているわけではない、という人もぜひ参考にしてください。

今の行動が、一年後、二年後の人生を大きく変えることもあるのです。

転職できない30代エンジニアの特徴

同じ環境でしか開発をしたことがない

これまで一つの職場でしか働いたことがなく、同じ環境でしか開発をしたことがない方は、面接で弾かれる可能性大です。

20代のエンジニアであれば、1社であっても開発の経験があれば重宝されますが、30代になれば話は違います。

若い世代と比べて柔軟性も劣っている30代では、自社の環境に馴染めるかどうか不安視されるからです。

ソフトウェア・物理環境含めて、同じ環境でしか働いたことのない30代は要注意です。

コスト管理を任されたことがない

技術志向だから…と、これまでコスト管理に一切携わらなかった人もかなり危険です。

卓越した技術スキルを持っていれば話は別ですが、30代になれば技術だけでなく、マネジメント能力も必ず求められるからです。

担当するプロジェクトにかかる費用・利益の計算だけでなく、工数や必要なリソースの計算など、コスト管理経験の有無は転職で大きな差となります。

クライアントへのシステム提案の経験がない

クライアントと直接やり取りをするフロントに立ったことがない方も、30代の人材としては物足りないです。

様々なクライアントへ提案をしてきたエンジニアと、言われた仕事をしてきただけのエンジニアでは、天と地ほど市場価値に差がついてしまいます。

もう30歳だけどリーダーらしい経験を全くしていない方は、今からでもリーダーから仕事を教わる働き掛けをした方がいいですよ。

資格を一つも取っていない

意外と多いのが、現場での経験を重視するあまり、資格を一つも取っていない中堅エンジニア。

確かに同じ職場で働き続けるのであれば、資格の有無はキャリアにそこまで大きく影響することはありません。

しかし転職となれば、資格を持っているのは絶大な強みとなります。

資格とは客観的にどれだけの能力を持っているか証明できる、たった一つの方法です。

転職を考えている中堅エンジニアは、簡単なものからでいいので資格を取っておきましょう。

PMやリーダーをやりたいという意欲がない

30代だというのに、面接時にPMやリーダー職に意欲がない方は、面接官からの印象はかなり悪くなります。

30歳を超えたすべてのエンジニアがリーダー職に就けるわけではないですが、やはり30歳以上の中途採用ではリーダー素質が求められるケースがほとんどです。

キャリアアップを目指すのであれば、今後のビジョンを明確に持ち、どんなポジションへ就きたいのかはっきり伝えられるようにしておきましょう。

これまで携わってきた開発規模が小さい

開発もしてリーダー職の経験があるといっても、携わってきたプロジェクトの規模が小さかったら、不安視されてしまいます。

特に大手企業へ転職するのであれば、最低でも開発費数千万円規模のプロジェクトに携わってきた経歴が欲しいです。

関わる人が多くなるほど、マネジメント・ヒューマンスキルの求められるレベルは高くなります。

実績を作るためにも、大きなプロジェクトを逃さない、貪欲な向上心を持つことが大切です。

自発的に仕事を見つける習慣がない

自発的に提案をして成果を上げた経験のない方は、面接ではバレてしまうものです。

自分の考えをしっかりと伝え、他人を動かす力は30代のエンジニアには必ず求められます。

プロの面接官であれば、面接時の受け答えだけでその人の経験を見抜くことは簡単です。

30代を迎えるエンジニアの方は、自発的に成果を上げることを意識し、自分の自信を持てるようにならなければ、転職ではいい成果を出すことはできません。

30代のエンジニアは転職前にリーダーシップを学ぼう!

30代のエンジニアは、転職する前にリーダー職になるために必要な知識を学ばなくてはいけません。

そこで最後にリーダーになる人におすすめのビジネス書を3冊紹介します。

どれも実際に上場企業で管理職を務める人達が絶賛している本なので、リーダーシップを学びたい方は絶対に読んでみてください。

一冊の本との出会いが、今後の人生を大きく変えることもありますよ!

リーダーになる

リーダーになる

「生まれながらの」リーダーなどいない。人は、リーダーに「なる」のだ。
しかし、それは学校で教わるようなものではない。では、どうやって?
それを解き明かしたのが本書である。各界で活躍する数多くのリーダーたちへのインタビューをベースに、長年の研究でつかんだ「本物のリーダーになるための道のり」を
具体的に解き明かす感動の1冊。

世界で活躍するリーダーたちのインタビューをもとに、本物のリーダーになるためのコツを教えてくれる一冊。

リーダーシップ論が書かれた本の中でも、抜群に人気のある一冊です。

自分にはできない…と諦めている方も、この本を読めば体の奥底から力が湧いてくるはずです。

チェンジ・リーダーの条件 みずから変化をつくりだせ

チェンジリーダーの条件

今日のような乱気流の時代にあっては、変化は常態である。変化はリスクに満ち、楽ではない。悪戦苦闘を強いられる。だが、この変化の先頭に立たないかぎり、企業、大学、病院のいずれにせよ、生き残ることはできない。急激な構造変化の時代にあっては、生き残れるのは、自ら変革の担い手、チェンジ・リーダーとなる者だけである。したがって、このチェンジ・リーダーとなることが、あらゆる組織にとって、21世紀の中心的な課題となる。チェンジ・リーダーとは、変化を機会としてとらえる者のことである。変化を求め、機会とすべき変化を識別し、それらの変化を意味あるものとする者である。

「マネジメント」の生みの親であるドラッガーの書いたリーダーシップ論。

世界中のリーダーから絶大な信仰を集めており、普遍的な内容は現代のビジネスでも充分に通用します。

人を動かすのがどうにも苦手…という方に読んで欲しい一冊です。

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

リーダーになる人に知っておいてほしいこと

戦略・戦術は大事。しかしそれ以上に大切なことがある。松下政経塾所蔵の未公開テープ約百時間から厳選された成功の知恵。

パナソニックを作り上げた松下幸之助が残した一冊。

日本で活躍するリーダーとは何なのか、またリーダーになるためには毎日何をすればいいのか。

これまでリーダーになるなんて考えたことがなかった人でも、毎日の積み重ねできっと変われる、と思わせてくれる一冊です。

エンジニアのキャリアは30代の経験で決まる

エンジニアのキャリアは、30代でどのような経験をしてきたかで決まります。

俺には技術があるから大丈夫と安心していても、10年後に今の仕事を続けられる保証はどこにもありません。

常に新しい技術が生まれるエンジニア業界では、若い世代の方が圧倒的に重宝されるのです。

今後のキャリアを真剣に考えるのであれば、30代のうちにリーダー職を経験しておくことが大切です。

転職の相談は専門知識を持ったエージェントに!

IT・WEB業界での転職を考えているエンジニアの方は、業界特化型の転職サイトがおすすめです。

あなたの市場価値を正しく理解し、本当におすすめの求人を紹介してもらえる可能性が高いからです。

当サイトのこちらの記事では、IT・WEB業界の転職におすすめの転職サイトをランキング形式で紹介しているので、転職を検討している方はぜひ参考にしてください。

【IT・WEB】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です