30代のSEの転職では20代との差を見せつけろ!転職を成功させる秘訣

30代のSEの転職では20代との差を見せつけろ!転職を成功させる秘訣

自分のニーズに合わせて転職することが当たり前になった今。

そんな中で、キャリアアップや年収アップを求めて転職を考えている30代のSEのあなた!

30代のSE転職は難しいと考えてはいませんか?

確かに、他の業界では20代までに転職をすべきというのが一般的です。

ですがSEにおいては求められるスキルや条件が少し上がるだけで、それさえ満たせれば30代でも転職を成功させることができるのです!

この記事では30代SEに求められる転職の条件、転職に失敗した人の特徴を紹介します。

IT業界の転職は比較的しやすい

他の業界では転職を行うことは難しいイメージがあるかと思います。

ですがSEが属するIT業界は転職がしやすい業界として知られています。ではなぜ、IT業界が転職しやすい業界と言われているのか。

以下ではその理由について紹介します。

成長し続けている業界

IT業界は他の業界と比べて、成長率が群を抜いています。

昨日なかった技術が今日には生まれている、といったように常に新しい技術が生まれています。

業界の幅が広がる分、人材も必要になります。

そのため、IT業界は転職者を採用して、技術を使える人材を増やそうと考えるのです。

人材の入れ替わりが激しい

IT業界は人材の入れ替わりが多い業界としても有名です。

先程も述べた通り常に新しい技術が生まれているため、そういった技術を獲得しようとIT業界に属する人たちは転職をし、スキルを増やそうとする傾向にあります。

中にはプロジェクト契約でも、プロジェクトが終了したらまた転職を行うといった人もいるくらいです。

業界内での人材の入れ替わりも多いため、企業側はその穴を埋めようと転職者を多く採用する傾向にあるのです。

学歴ではなくスキルを重視されやすい

他の業界では高学歴ほど価値があるとされますが、IT業界は実力主義です。

スキルがあればあるほどその価値が上がります。

学歴にコンプレックスがある方でもスキルさえあれば転職ができるのです。

30代のSEの転職は20代と違うレベルが求められる

20代でのSE転職は、スキルの習得面などの将来性を期待されて採用されることが多いです。

では30代のSE転職はどうか。

30代のSE転職には20代の転職の条件よりもワンランク上の条件が求められます。

以下では30代のSE転職に求められる条件について紹介します。

即戦力になれるかどうか

30代のSEには入社後に即戦力になることが求められます。

その理由としては、企業側は入社後の教育にかかるコストをできるだけ低くしたいため、採用後すぐに現場に出て活躍できる人材を必要としているからです。

製品を開発するスキルも必要ですが30代のSEにはコミュニケーション能力、マネジメント能力、後輩育成能力など人的スキルも必要になります。

30代ともなってくると今後は管理職に就く可能性が大きい世代。

そんな中で開発スキルのみ突出していて人との交流ができないとなると、管理職としては致命的です。

そのため企業側は将来の管理職として、開発スキルと人的スキルを併せ持つ30代のSEを求めているのです。

プロジェクトを動かす力

SEはそれぞれがプロジェクトに配属され、プロジェクト単位で仕事を行っていきます。

その中で中心に立ってプロジェクトを動かせる人材を企業は求めています。

特に30代のSEともなるといくつかはプロジェクトを経験しているでしょう。

その経験こそが武器となり、企業の求める条件となるのです。

30代SEで転職に失敗する人はこんな特徴が

30代SEの転職は可能とお伝えしましたが、もちろん転職を失敗してしまったSEは一定数います。

そして転職に失敗した人たちには共通した特徴があります。以下ではその特徴について紹介していきます。

スキル不足

単純にスキルが不足していることで転職に失敗してしまう30代SE,実はかなり多いのです。

特に先程上で挙げた「開発スキル」の不足は致命的です。

20代で取得しておくべき資格を取得していなかった、スキルの応用性がないなど即戦力になり得ないような条件があると、企業側が採用するメリットがありません。

転職する前に自身の取得しているスキルについてしっかりと分析をしておくことをおすすめします。

SEの転職に求められるスキルと資格!転職に成功するSEのの特徴とは?

将来設計が甘い

将来、自分がどうなっていたいかという見通しは重要です。

特に30代ともなれば先程述べたように管理職の世代にも差し掛かってきます。

管理職を任せていきたいのに自身の将来設計があやふやな人材は、企業が採用するメリットがありませんよね。

以下では将来設計が甘い人の特徴について紹介しています。

描くキャリアに現実性がない

将来、自分で大きなプロジェクトを立ち上げて運営したいなど大きな目標を掲げることはとても大切です。

しかし、その目標を達成するためにどんなキャリアを積んでいくかといったキャリアプランを持てないと、「ただ単に大きいことだけを言って実現する気はなさそう」といった印象を与えてしまいます。

自身のかかげる目標を達成するためにどんな段階が必要かについて、しっかりと考えておくことをおすすめします。

自分のやってきたことを活かしきれないビジョン

自身がかかわってきたプロジェクトの経験を活かせないような突飛なビジョンを持っていることも、将来設計が甘いとみなされる原因になります。

自身の経験を踏まえた上でのビジョンを立てていきましょう。

自分のアピールポイントの的が外れている

企業側が求めている人物像に当てはまらないようなアピールポイントを掲げてしまう方もかなり多いです。

自身の持つアピールポイントを、いかに企業側に見せるかに固執しすぎてしまった結果企業のニーズに沿えないアピールをしてしまうのです。

企業の求める人物像をしっかりと分析してから、自身のアピールポイントを洗い出すといったフローで決めていくことで的を射たアピールポイントを作ることができます。

転職を成功させるには事前準備が大切

30代SEで転職を成功させるには20代の転職以上の事前準備が大切です。

求められるスキルや、今まで経験してきたことをどう企業側に良く見せ、伝えることができるかが転職の成功のカギとなります。

以下では30代SE転職失敗例の項目を踏まえながら、行うべき事前準備について紹介します。

自己分析を客観的に行う

先程も挙げた通り自身の価値理解はかなり重要になってきます。

そして自身の価値を理解するための方法として、「自己分析」を行うことを強く勧めます。「新卒の時に死ぬほどやったから簡単」そう思ってはいませんか?

新卒のときに行った自己分析はあくまで「学生視点」のものです。

転職の際に自己分析を行うとなると、今までの学生視点からは離れて「社会人目線」の自己分析が必要となります。

そのためより客観性を帯びた自己分析を行い、自分の価値をしっかりと理解していくことが重要になります。

たまに転職の際の自己分析の際に「社内評価」を基に行う人がいますが、それはあくまで「社内」での評価ですので客観性はありませんから注意しましょう。

自分の実績を可視化する

開発スキル・人的スキルは形のあるスキルではないので「事実かどうか」について確かめることが難しいです。

そのため、転職の際には自身のスキルを可視化してアピールできるようにしましょう。

以下では可視化の方法について人的スキル、開発スキルに分けて紹介します。

業務の実績を数字で表す

自身がかかわったプロジェクトなどの業務で、どんな立ち位置にいて、どんな実績を出したかについて数字を使って表しましょう。

「自分が指示したら作業効率が〇%上昇した」「後輩の指導をこんな風にしたら一日のタスク処理が〇%上昇した」など、具体的な数字があると説得力や信ぴょう性が増します。

ですが数字のみに力を入れすぎて、どんな段階を踏んでその数字に達したのかの説明がおろそかになってしまうと、嘘くさくなってしまいますのでご注意を。

自身の持つスキルを最大限にいかしたポートフォリオ作成

開発スキルをアピールするには、「ポートフォリオ作成」を行うことを強く勧めます。

自分が今まで関わってきたプロジェクトの製品を持ちこむもよし、実際に今持つスキルを最大限に生かした作品を作り上げるもよし。

そういった「実際に目に見えるもの」を持ちこむことで開発スキルのレベルを上手くアピールすることができます。

転職エージェントを利用する

これまで述べてきたように、30代のSEの転職は20代よりもかなりの準備期間が必要です。

ですが、転職活動を行う時は大抵在職中に行うもの。

そんな中、一人で転職活動を行うとなるとかなりの負担になってしまいます。

その負担によって転職準備が甘くなってしまい、失敗してしまう人も一定数います。

一人でやりぬける自信がない人は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

最近ではSEの転職を取り扱うエージェントも増えてきていますので、この機会に利用してみてはいかがでしょうか。

30代SEが利用している転職エージェントはコレ!

この項目では30代SEで転職に成功した人が実際に利用していた転職エージェントについて紹介します。

レバテックキャリア

レバテックキャリア

IT系に特化した転職エージェント言えばこの「レバテックキャリア」。

4000社以上の転職実績があり、登録者の内定率が高いことでも有名です。

IT業界の求人メイン

転職エージェントは様々な業界に通じているものが多い中、レバテックキャリアはIT業界のみの求人を取り扱っています。

公開求人件数は現在2600、そして転職エージェントを利用した人のみが紹介してもらえる「非公開求人」も存在しています。

転職者へのサポートの評価◎

レバテックキャリアの売りは「大手にも劣らないサポートの充実度」です。

転職者のニーズに合わせて、一部のみのサポートからトータル的なサポートまで行ってくれます。

また、転職先での内定をもらった後、現在の勤務先で円満退職を行いたいのはみなさん共通していると思います。

レバテックキャリアでは内定後の退職までサポート、入社後のケアまで行ってくれます!

レバテックキャリア詳細ページ

type転職エージェント

type転職エージェント

IT業界の求人に強みを持つtype転職エージェント。

特に、エンジニアの転職成功率は5割以上と非常に高い数字を持っています。関東の求人をメインに取り扱っています。

IT業界からの信頼が厚い

type転職エージェントは長年IT業界の求人を取り扱ってきたいわば老舗。

そのため、IT業界からの信頼も厚く、いい条件の求人が多いことでも有名です。

IT業界での転職、特にエンジニアでの転職ならtype転職エージェントと言われるほどです。

またエージェントの支援のみならず合同説明会も行っており、そこには優良企業が集まると言われています。

年収アップが見込める求人多

type転職エージェントを利用して年収が挙がった人の割合が71%と、IT業界の転職エージェント業界ではトップクラスの数字を誇っています。

type転職エージェント詳細ページ

マイナビエージェント×IT

マイナビエージェントIT

転職業界大手マイナビの運営するIT業界特化型転職エージェントです。

利用者の年齢層も20代~30代となっており、年齢層は低めです。

首都圏や関西圏の求人情報を取り扱っているため、都市部で働きたい方におすすめです。

大手の強みを生かした情報力

マイナビエージェント×ITは若い人材の求人数が約13200件と業界トップクラスの求人数を誇ります。

また、求人の更新頻度も高く、常に新しい情報を手に入れることができます。

現場の内情に精通している

運営母体のマイナビの情報力を活かし、人事とのつながりを太くもっているため、求人には掲載されていないような現場の内情についてエージェントが教えてくれることもあります。

働く前にどんな環境か知ることができるのもこのエージェントの強みと言えるでしょう。

マイナビエージェントIT詳細ページ

30代SEの転職、不安がらずにどんどん行動を!

30代のSEは20代と比べて条件のレベルが上がるものの、転職することはできます!

転職を成功させるにはまずしっかりとした事前準備が必要です。

自身の価値をしっかりと理解しながら準備を進めていきましょう。

一人で転職を行うことが不安な場合は迷わず転職エージェントを利用することをおすすめします。

30代のSEには20代にはない魅力やアピールポイントであふれています。

不安がらずにどんどん行動して転職を成功させましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件