ITエンジニアにはどんな種類がある?必要なスキルと仕事内容

エンジニアの種類

ITエンジニアは、担当する範囲や内容によって名称が変わります。

明確な定義は特になかったり、同じ人が複数の範囲を担当するケースもありますが、ITエンジニアにはどのような種類があるのか把握しておくと、自分の興味のある方向性を把握するのに役立つはずです。

全部で10種類のエンジニアをピックアップして、それぞれのエンジニアの仕事内容や必要なスキルについて紹介していきます。

システムエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

クライアントがどういう事で困っているのかヒアリングしたり、それを解決するシステムを提案したりするのがシステムエンジニアの仕事です。

システムの設計だけではなく、実際にプログラミングまで担当する場合も会社によってはあります。

より大きな視点でシステム開発に携わるため、開発全体を俯瞰して把握することが必要です。

ちなみにクライアントワークだけではなく、社内SEとして、自分の会社のシステム周り全般の管理を任せられるケースもあります。

必要なスキル

  • クライアントと円滑な打ち合わせが出来るコミュニケーションスキル
  • クライアントの状況や課題点を抽出する分析力と、それを踏まえたアウトプットを提案できる企画力
  • システムの設計力と俯瞰して捉えるスキル
  • 認識のずれやスムーズに進行する調整力
  • チームメンバーやプロジェクトを管理するマネジメントスキル

プログラマーの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

システムエンジニアが設計したシステムを、仕様書をもとにして、実際に機能するようにプログラミングしていくことがプログラマーの仕事です。

システムエンジニアを希望している場合でも、最初はプログラマーとして配属されるケースがほとんどです。

PHP、Ruby、javascript、java、Objective-Cなど、様々な種類のプログラミング言語がありますが、どのようなジャンルの仕事を担当したいのかや、キャリアプランによっても最適な言語は変わってきます。

ちなみに将来的にフリーランスとして活動していきたい場合、特にPHPやRubyなどの言語が、案件数が多いなどの理由から、よくオススメされます。

必要なスキル

  • プログラミングスキル(これがないとプログラマーとして仕事ができない。ちなみに複数の言語に対応できると仕事の幅も広がる)
  • 問題解決能力(エラーやトラブルを解決するのが仕事の大半)
  • コミュニケーション力(黙々と作業するだけではなく、チームメンバーとコミュニケーションを取りながら仕事を進めていく必要がある)

サーバーエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

サーバーの設計や構築、そして管理・保守などを担当するのがサーバーエンジニアの仕事です。

WEBサーバー、メールサーバー、ファイルサーバーなど、サーバーの種類によっても必要になる知識は変わってきますし、コストや電源容量、そして運用体制など、様々なポイントを考慮することが必要です。

ちなみにサーバーを設置するためのラックを設置したり、ケーブルの配線などもサーバーエンジニアの仕事です。

必要なスキル

  • OS、ネットワーク、セキュリティーなど幅広い知識
  • クライアントやチームメンバーと円滑に打ち合わせができるコミュニケーションスキル
  • チームメンバーやプロジェクトを管理するマネジメントスキル

データベースエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

様々なデータを格納するために必要になものが「データベース」です。

このデータベースの設計や運用などが、データベースエンジニアの仕事です。

ちなみにデータベースを設計する際は「Oracle」や「MySQL」などのデータベースアプリケーションを使用します。

データベースの管理や運用だけではなく、データを保存しているサーバーの管理も必要な仕事のひとつです。

必要なスキル

  • データベースアプリケーションに関する知識と経験
  • データベースの安全性を守るためのセキュリティースキル
  • クライアントと円滑に打ち合わせできるコミュニケーションスキル

セキュリティエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

セキュリティエンジニアは、セキュリティー対策に特化した仕事を行うエンジニアのことです。

企業としてサービスを運営していく以上、セキュリティーはどんな場合であっても重要視するべき大切なポイントです。

セキュリティーの問題から、お客様の個人情報が流出したり、サービスがウィルスに感染してしまうと、企業の評判を一気に落としてしまうリスクがあります。

必要なスキル

  • ネットワーク、ハードウェア、アプリケーションなどに関する幅広い知識
  • トラブルが生じた際の迅速な対応力
  • ビジネスサイドの人間と円滑に話ができるコミュニケーション力
  • 企業の大切な情報を扱っているという責任感やリスクマネジメントスキル

WEBエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容:WEBサービスやWEBサイトなどで使用するプログラムの開発が、WEBエンジニアの仕事です。

Twitterやインスタグラムなど、私たちが普段利用する一般ユーザー向けのWEBサービスに関われることが大きな魅力といえます。

需要が大きいため、会社員としてキャリアップしていく道だけではなく、フリーランスとして仕事をしていく選択をすることも可能です。

必要なスキル

  • プログラミングスキルや新しい技術に対する好奇心
  • ユーザーの満足度や売り上げをアップさせるためのアイディアを考えるビジネス面での企画力
  • チームメンバーと協力しながらリリースまで進める協調性や推進力
  • メンバーと円滑に打ち合わせするためのコミュニケーションスキル

ゲームエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

そのまま名前の通り、ゲームエンジニアは、ゲームだけに特化して開発を行うエンジニアのことです。

最近は特にソーシャルゲームの求人が多いです。

先ほど紹介したWEBエンジニアと一部重なる部分もありますが、よりエンタメ要素の強いアプリになるので、よりアイディアを提案する力や、エンタメのトレンドに対してある程度敏感になることも必要です。

必要なスキル

  • プログラミングスキルや新しい技術に対する好奇心
  • ユーザーの満足度や売り上げをアップさせるためのアイディアを考えるビジネス面での企画力
  • チームメンバーと協力しながらリリースまで進める協調性や推進力
  • メンバーと円滑に打ち合わせするためのコミュニケーションスキル
  • リリース前などは残業することも多いので体力も必要です

アプリケーションエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

先ほど紹介したWEBエンジニアやゲームエンジニアと同じく、アプリケーションエンジニアの仕事も、しっかりと機能するアプリの開発を行うことです。

2つと違うところは、開発するシステムが限定されていないことで、企業内の業務用システムやITソフトなど幅広く様々な種類の仕事を担当できる所です。

場合によっては社会的なインフラシステムなど、より大規模な開発に関わることも可能です。

必要なスキル

  • クライアントと円滑な打ち合わせが出来るコミュニケーションスキル
  • クライアントの状況や課題点を抽出する分析力と、それを踏まえたアウトプットを提案できる企画力
  • 要件定義やシステムの設計力
  • 大規模チームやプロジェクトをしっかりと管理できるマネジメントスキル
  • プログラミングスキル

フロントエンドエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

フロントエンドエンジニアは、WEBサイトやアプリのデザイン・見た目に関する部分を担当する人のことです。

プログラミング技術をつかって、よりリッチな見た目にしたり、使いやすさをアップさせることが主な仕事になります。

会社によってはマークアップエンジニアと呼ばれることもありますが、htmlやcssなどのマークアップ言語は、プログラミング言語と別物なので注意しましょう。

必要なスキル

  • htmlやcssなどのマークアップ言語の知識
  • javascriptやphpなどのプログラミングスキル
  • WordPressなどCMSの知識や経験
  • デザインやUI/UXに関する知識や提案力
  • チームメンバーと円滑に仕事を進めるコミュニケーション力

テストエンジニアの仕事内容と必要なスキル

仕事内容

テストエンジニアは、サービスリリース前のテストを、専門的に行うエンジニアのことです。

開発からテストまで同じエンジニアが担当するケースもありますが、最近はテストの部分だけを切り出して確認するケースも増えてきており、未経験者や初心者でも仕事を獲得しやすいのが特徴です。

地味な仕事ですが、サービスや製品をリリースするためには必要不可欠な仕事なので重要度はとても高いです。

必要なスキル

  • プログラミングのソースコードから原因を解析して修正まで行うこともあるので、プログラミングスキルも必要です
  • テスト項目をもれなく洗い出して整理できる設計力
  • 几帳面な性格、漏れがないように作業する慎重さ
  • チームメンバーと円滑に仕事を進めるコミュニケーション力

自分に必要なスキルをまずは把握してみよう

繰り返しになりますが、ITエンジニアの仕事の幅を把握しておくことがまずは大切で、そのためには色々な種類のエンジニアを知っておく必要があります。

会社によっては、セキュリティーからデータベースまで全部担当する人のことをシステムエンジニアと呼んだりすることもあります。

それぞれの職種を厳密に整理しておくよりも、自分が興味のある方向性や会社を把握して、その仕事をするために必要なスキルを身につけることが一番大切なので注意しましょう。

もちろん担当できる範囲あ増えれば増えるほど年収もアップします。

求人サイトの募集内容を見てみると、エンジニアに求める範囲がそれぞれの会社によって変わることを理解できますし、自分に必要なスキルをイメージしやすいのでオススメです。