保育バランスの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

保育バランス

保育バランスは、ワークライフバランスを大切にできる保育現場への転職に特化したサイトです。

保育士向けの転職サイトには、求人情報量を重視するもの、働き方等へのカウンセリングを重視するもの等さまざまなものがあるため、転職活動に成功するためには転職サイト選びが大切なポイントになります。

保育バランスの活用方法や、登録にあたってのメリット・デメリットをこの記事で確認した上で、納得できる転職活動を進めましょう。

一目で分かる保育バランスの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
じっくり話を聞いてくれる?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

保育バランスの口コミ一覧

年齢 25歳
性別 女性
転職前の年収 250万円
転職後の年収 265万円
転職理由 100時間の残業が半年続いた

専門学校を卒業後、新卒採用で認可保育園に入職したのですが、半年前に保育士が3名退職した後から残業時間が急に増えました。毎日最低でも3時間残業、行事準備での休日出勤も続き、とうとう体調を崩してしまいました。久々の休暇にネット検索していた時、ワークライフバランスを大切にする保育バランスが見つかったので、登録することにしました。担当コーディネーターが私の思いを十分聞いてくれた後、残業が少ない企業内保育所を紹介してくれました。今では残業ゼロ、自分の時間を取り戻すことができました。
年齢 24歳
性別 男性
転職前の年収 280万円
転職後の年収 260万円
転職理由 園長との保育方針の食い違い

大学卒業後、家族の紹介で認可外保育園に入職しましたが、保育技術や児童心理に関する考え方の違いから、園長とのバトルが絶えませんでした。子どもにとって最良の保育を提供したい思いを貫きたいと考えて、小規模保育に特化した保育バランスに登録しました。私の保育観に、コーディネーターさんはじっくりと耳を傾け、共感してくれたので、心開いて相談できました。年収が少し下がったのはさておき、新しい職場では職場の仲間と前向きな保育ができるようになったので、転職して良かったと思います。
年齢 40歳
性別 女性
転職前の年収 300万円
転職後の年収 300万円
転職理由 子育てが落ち着き、保育現場に戻りたい

10年前は保育士として公立保育園に勤務していたのですが、妊娠順序をめぐるトラブルに巻き込まれ、その保育園を退職しました。保育現場に戻るのにためらいがあり、勤務日時の融通が利くコールセンターで働いていたのですが、友人から保育バランスの話を聞き、保育現場に戻りたいという思いが出てきました。登録して1か月後に、近所の病院内保育園に転職できました。小さな子どもとふれあう仕事に戻れて、うれしいです。
年齢 35歳
性別 女性
転職前の年収 320万円
転職後の年収 290万円
転職理由 子どもたちと走り回りたい

看護師資格も持っているため、夫が勤務する小児科に併設する病児保育所で数年勤務していたのですが、子どもたちと元気に遊んで保育したい気持ちになりました。子どもの個別対応には慣れているので、事業所内保育所に強い保育バランスに登録して、新しい職場を探すことにしました。業務引継ぎの関係で、転職は半年後になりましたが、コーディネーターが入職時期や諸々の条件調整に動いてくれたのが心強かったです。
年齢 30歳
性別 女性
転職前の年収 200万円
転職後の年収 270万円
転職理由 保育士資格と自分の特技を活用したい

子育ての傍ら、パートでベビーシッターをしていたのですが、専門学校で音楽療法を勉強していたこともあり、保育の中で音楽の楽しさを子どもに伝えたいと思うようになりました。保育現場は残業が多いと聞いていたので、保育園勤務は躊躇していたのですが、社労士の夫から保育バランスの話を聞かされ、特技は活かせと半ば促されるように登録しました。残業絶対ゼロという希望を出したにもかかわらず、登録した3日後にコーディネーターさんが企業内保育所の求人を持ってきてくれました。今では正職員として、音楽リズムを取り入れた保育を行っています。

保育バランスのメリット

  • 保育士のワークライフバランス実現を大切にしている
  • 少人数制保育を実施する事業所内保育所の紹介に特化している
  • 登録者にじっくりと向き合ってくれる

保育士のワークライフバランス実現を大切にしている

保育バランスでは、勤務とプライベートのバランスが良好で、安心して長期勤務が可能な職場を厳選して紹介しています。

職場内の人間関係の悪化や園児に十分目が行き届かないことは、保育士のストレス原因の一因であり、プライベートにも影響しがちですが、これらのストレスを減らせる可能性がある職場を中心にした人材紹介がなされています。

保育士不足に伴う残業時間や休日出勤の多さが話題に上る中、ワークライフバランスの重視を前面に出した人材紹介は、保育士にとって魅力的に映るのではないでしょうか。

【怖すぎ】ブラック企業あるある!一つでも当てはまったら転職を!

少人数制保育を実施する事業所内保育所の紹介に特化している

一人ひとりの子どもと丁寧に向き合いたいと考える保育士の転職ニーズに応え、保育バランスでは事業所内保育所に特化した紹介を行っています。

事業所内保育所の特徴の一つに入所定員が少ない点があげられますが、定員が少ない分子どもへの目が届きやすいメリットにつながります。

業務負担を軽減しながら、保育士業務に対する満足感を高めることができる可能性に着目している点も、魅力になり得ます。

業務負担が原因で異業種へ転職する保育士が存在する中、保育士にとって魅力ある職場を紹介する保育バランスの取り組みは、保育士不足の解消や保育士の専門性向上のきっかけ作りの一つといえるでしょう。

登録者にじっくりと向き合ってくれる

株式会社サクシードでは、保育士の人柄やキャリアプランを正確に把握する目的で、登録面談に3~4時間程度かけると公表しています。

したがって、登録当初からコーディネーターとの密なやりとりが行われます。

保育士それぞれが持つ、保育に関する考え方や働くスタイルを細かに確認し、転職先の保育所とのミスマッチが少なくなるよう配慮されていることも特長の一つです。

また、保育バランスとの連絡にSkypeを選ぶことが可能なため、自分の都合が良い場所からコーディネーターと顔が見える関係を深めていくことができる点もポイントです。

画面を通じて保育バランスから各種資料を見せることもでき、幅広い情報共有手段を提供している点で、転職活動への安心感をプラスしています。

保育バランスのデメリット

  • 事業所内保育所以外の紹介を受けられない
  • 求人数が少なく、転職成功はタイミング次第
  • 在職中の利用は厳しい可能性も

事業所内保育所以外の紹介を受けられない

保育バランスでは、事業所内保育所の紹介に特化しているため、他のタイプの保育所の紹介を受けることが難しいです。

保育バランス以外にも、株式会社サクシードは複数の保育士紹介サイトを運営しているので、保育Rや保育エイドといった別のサイトに登録することは可能です。

その場合、保育バランスとは別のコーディネーターが担当する可能性がある点に留意が必要です。

1回の登録で様々なタイプの保育所の紹介を受けられる転職サイトもあるので、ワークライフバランス以外のメリットを含め幅広い情報を収集した上で、自分に合った転職先を決めるとよいでしょう。

求人数が少なく、転職成功はタイミング次第

まず、東京・千葉・埼玉・神奈川以外の求人数は非常に少ないため、それ以外の地域の転職活動には保育バランスの活用は難しいものとなります。

また、事業所内保育所求人数自体も、保育所総数と職員定員の関係から、認可保育所と比較すると傾向にあります。

一方、事業所内保育所への転職ニーズが高いため、保育バランスに登録しても希望に添う転職が実現できない懸念があります。

一方、新規開設保育所の保育士募集もあるため、在職中の保育所等での人間関係や勤務環境に転職まで堪えられるかを考えながら、保育バランスでの転職時期を決めるという使い方も可能です。

転職前の退職交渉の時期も考慮し、自分の希望する時期に転職を実現するためには、他サイトと併用することも成功の秘訣といえます。

退職しやすいタイミング・時期とは?いつ会社へ伝えるべき?

在職中の利用は厳しい可能性も

保育バランスの電話受付時間は平日の11時~21時で、土日祝日は休業です。

また、他社サイトとは異なり、連絡希望時間帯だけ指定できる仕組みで自由記載欄がないことから、きめ細かな対応を受けられるかどうかは、状況次第と考えられます。

11時~21時という時間は、日中勤務の保育士であれば利用可能ですが、転職理由の一つである長時間残業のことを考えると、利用が難しい場面も想定されます。

また、夜間保育に携わる保育士には利用しづらい懸念もあります。

株式会社サクシードのキャリアアドバイザー募集でも、土日祝日完全休みとされていることから、休日対応を受けられる可能性は低いでしょう。

保育バランスはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
3.33
在籍中の転職
(3.0)
第二新卒
(3.0)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(4.0)
都心
(5.0)
地方
(2.0)

保育バランスは、時間をかけて子どもと向き合う保育スタイルを望む保育士や、ワークライフバランスを大切にしたい保育士におすすめです。

一方、保育バランスが得意とする事業所内保育所の求人数が限られていることと、募集時期が特定しづらいことから、入念に比較検討しながらの転職活動には不向きといえるでしょう。

とはいえ、保育士から働き方改革を始めるきっかけを提供している点では魅力的に映り、時代の流れにマッチしているといえます。

保育士におすすめ!転職サイト比較ランキング!【2018年決定版】

保育バランスで転職するまでの流れ

  1. 保育バランスに無料登録
  2. コーディネーターとの登録面談
  3. 求人紹介
  4. 面接
  5. 転職成功

保育バランスに無料登録

保育バランスを使おうと決めたら、公式サイトから必要事項を登録します。まず、保育士や幼稚園教諭等の保有資格にチェックを入れます。

保育士資格取得見込みの人や、無資格の人でも登録可能です。

資格に加えて、氏名や生まれた年、電話番号、都道府県を必ず入力します。

コーディネーターとLINEでのやりとりを希望する場合は、LINE IDを入力します。

保育バランスでは担当コーディネーターの性別を選ぶことができるため、希望有無を選択します。

その他、必要に応じて自宅最寄駅やメールアドレス、連絡希望時間帯(11時~21時)を入力します。

コーディネーターとの登録面談

登録完了後、遅くとも翌営業日には担当コーディネーターから第一報が入るので、その際に希望条件や転職の動機などを詳しく話します。

保育士として仕事をする上で大切にしていること、例えば休日出勤・残業の有無や保育に対する考え方も伝えましょう。

Skypeでの登録面談を希望する場合は、担当コーディネーターにその旨を伝えると対応してもらえます。

保育バランスでは、登録者の人柄やキャリアプランを詳しく把握する姿勢を取っているため、登録には3~4時間程度かかります。

時間に余裕があるタイミングで連絡をもらうようにしましょう。

求人紹介

登録が完了すると、自分に合った求人が紹介されます。

事業所内保育所の求人数が少ないとはいえ、他の求人等と比較しながら応募先を検討することをおすすめします。

求人紹介と並行して、コーディネーターと希望条件の打ち合わせを重ねていきます。

面接

応募先が決まったら、いよいよ面接です。状況が許す限り、保育現場の見学をさせてもらうと転職後に自分が働くイメージを作りやすいでしょう。

面接にはコーディネーターが同行します。

内定後は、コーディネーターが入職手続きのサポートから諸条件の最終確認まで行います。

また、入職後も仕事上の相談などアフターサポートを受けることができます。

面接のプロが教える!転職を成功に導く逆質問と失敗に終わる痛い逆質問

保育バランスの運営会社はどんな会社?

保育バランスは、株式会社サクシードが運営する保育士転職サイトです。

保育バランスの他にも「保育R」や「保育エイド」「保育プラス」など、保育士の働くシーンや考え方に応じた、複数の保育士転職サイトを運営しています。

「未来に羽ばたく子どもたちのために、これからの社会で活躍する人材の輩出に役立ちたい」というビジョンを持ち、一般家庭への家庭教師派遣や個別指導教室の運営といった教育事業を主軸に、保育士や介護職の人材紹介事業も手がけています。

子どもの教育現場に人材を送り出すノウハウが、保育士の転職サポートに活かされているのが特徴です。

株式会社サクシードは、2004年4月に開設された比較的新しい会社で、東京都新宿区高田馬場が本社です。