ブラック保育園の見分け方!転職する前は絶対事前調査を徹底しよう!

ブラック保育園の見分け方

どうしても今の職場を続けられない場合には、次の転職に悪影響を及ぼさないような転職活動の準備も必要です。

また、一度職探しに失敗してしまった以上、次の職場を慎重に選んでいくことも重要なポイントとなるでしょう。

次の職場もすぐに辞めてしまうようなことになると保育士としてのキャリアに大きな支障をきたしてしまいますから、単に採用されやすいかどうかだけでなく長く働けるやりがいをもって働ける職場をしっかり探していくようにしたいものです。

保育業界にはブラックが多い!転職先選びは重要

転職が多い職業ともいわれる保育士。

厚生労働省による調査では離職率10.3パーセントという数字も出ています。

1年目で早くも離職・転職してしまうケースもじつは少なくありません。

どうしてやめてしまう人が多いのか?業界全体の人手不足の事情もありますが、ブラックな職場が多い点も大きな問題といわれています。

共働き世帯が増えている経済事情やそれに伴う待機児童の問題もあって保育園への需要が増加している一方で、環境面で質に問題のある施設が増えている現状もあります。

子供によって環境が良くないだけでなく、働く保育士にとっても負担が大きく望ましくない施設も多いのです。

連日の激務に耐えられず、または、就業環境に対して給料が少なすぎてやめてしまうケースが少なくありません。

それだけに転職先選びでは給料や通勤事情といった基本的な内容だけでなく長く働ける環境かどうか、細かい点までチェックしておくことが重要になってきます。

なぜブラック保育園は増えている?

待機児童の解消を政府や自治体が目指していることもあり、保育園の数は年々増加している状況です。

厚生労働省のデータによると特定地域型保育事業や幼稚園型認定こども園、幼保連携型認定こども園を含めた保育施設の数は平成28年度が30.869施設、平成29年度は32.793施設と増加を見せています。

にもかかわらず待機児童数は平成29年度の数字で26.081人と前年に比べて2528人も増加しているのです。

つまり保育園の数は増えているにもかかわらず需要に応え切れていないのが現状です。

これは、保育園が増えても保育士などの人手が不足しているので十分なサービスを提供できない、また、施設で働くスタッフひとり一人の負担が大きいなどが理由として挙げられます。

増えれば増えるほどかえって保育士の負担が大きくなり、施設の質が低下してしまう面もあるわけです。

その結果、親は子供を安心して任せられず、保育士は長く働き続けられない「ブラック保育園」が増加してしまう現象が起こっているのです。

給料が低いから保育士が増えない

こうしてみても保育士の人手不足が保育園をめぐる状況の大きな要因といえます。

保育園への需要が高いのに人手が不足しているので保育士ひとり一人への負担が大きくなり、そのため離職率が高くなってますます人手不足が深刻化し施設のサービスの質が低下しています。

では、どうして保育士の人手不足がなかなか解消されないのか?

その大きな原因が給与水準の低さです。厚生労働省による保育士の平均賃金は223万3000円。

サラリーマンの平均年収と比べてかなり低い水準となっているのがわかります。

平均年齢が36.0年、つまり36歳で年収が223万円程度というわけです。

これでは保育士になりたくても収入の問題であきらめてしまう人、途中で収入の少なさから続けられず転職してしまう人が出てきても無理はないといえるでしょう。

生活できる収入ではないから保育士にならない、続けられないという根本的な事情があるわけです。

非認可の私営保育園が増えている

非認可の私営保育園が増加している点も見逃せないポイントでしょう。

こうした非認可の保育園でふさわしくない環境で子供が怪我をするなどの事故が起こる問題が大きな話題になったこともありました。

これも保育園へのニーズが高まっている一方で環境が整備されておらず、認可保育園ではカバーしきれていないのが大きな原因です。

夜間や休日などに子供を預けられる認可保育園が少ないため、非認可の私設保育園に預けざるを得ない家庭も少なくないのです。

その一方で、政府はこうした非認可の私営保育園も活用しながら待機児童の解消を目指す取り組みを行っており、条件付の無償化などの支援も行っています。

そのため保育士の転職先としても重要な選択肢になる一方、子供を安全に預かれる環境かどうか、過剰な負担もなく働ける環境かどうかの見極めも転職活動における重要なポイントとなってきます。

保護者からの過度な要望が増えている

保護者からの過度な要望が増えているのも保育士の就業環境を悪化させている大きな要因とされています。

小学校をはじめとした学校でも大きな問題となっている「モンスターペアレント」の存在も含めて、保育士の負担を増やしてしまうような要求をしてくる保護者も少なくないのです。

トイレなどのしつけを保育士にまかせっきりにしてくる、虫刺されや擦り傷などに過剰に反応してクレームをつきつけてくる、行事の際に自分の子供を主役にするよう要求してくる…こうした無理・理不尽や要望に心身ともに疲労して退職せざるを得ないケースも見られます。

職場環境はよいのに保護者に問題があるせいでなかなか定着しない、といった厄介な事情で保育士にとってのブラック保育園になってしまっている施設もあります。

要注意!ブラック保育園の見分け方

では、転職活動を行っていく際には定着するのが難しい問題を抱えているブラック保育園をどう見分ければ良いのでしょうか?

1年目で転職するとなるとまだ保育園の見極め方、転職活動のポイントなどを実体験で身につけるのが難しい面もあるため、知識でうまくカバーしながら職場の見極めをしていきたいところです。

慢性的な人手不足を抱えている、経営者に問題がある、保護者を含めた子供を預かる環境に難があるといった保育園は施設を訪れてみるだけでも抱えている問題を垣間見ることができます。

スタッフのモチベーションが低い、経営者が設備投資やサービスの改善に力を入れていないといった事情が表面にあらわれることが多いからです。

こうしたチェックポイントを目ざとくチェックすることで、ブラック保育園を避けて働きやすい職場を見極めていくことができます。

保育園の設備が老朽化している

安全性の面から考えても保育園は定期的な設備投資が必要です。

パッと見ただけでも老朽化が明らかに見て取れる保育園は経営者が安全な環境づくりに対して力を注いでいないか、もしくは資金的な問題でリフォームや修繕ができないかのいずれかです。

見学に訪れたときには遊具がさび付きやガタつきなどの問題が見られないか、水道場など水まわりの設備で老朽化が進んでいないかどうかをチェックしてみましょう。

その他にも、机やロッカーなど備品がきれいな状態かどうかも、設備の維持に力をいれている保育園かどうかをチェックする上での重要なポイントです。

育児部屋におもちゃなどが散乱している

育児部屋では整理整頓が行われているかどうかをチェックしましょう。

おもちゃや備品が散乱しているような環境は子供を預かる場としても、保育士が働く場としてもふさわしくありません。

こうしたおもちゃ、備品の散乱は単に子供のしつけができていないだけでなく、保育士のモチベーションが低いことを意味しています。

また、長時間勤務や仕事が多すぎるなどの事情で、とても育児部屋の整理に手が回らないといった就業環境の問題が潜んでいる場合もあります。

良い保育園はつねに整理整頓を心がけ、園児が遊んでいないときはいつもおもちゃや備品はきれいに整頓されているものです。

また、おもちゃをしっかり整理するための収納スペースが確保されているのかどうかもチェックしておきたい部分です。

こうした基本的な設備の面が整っていないブラック保育園も少なくありません。

働いている職員の顔が死んでいる

働きやすい保育園かどうかチェックする上でもっとも重要なポイントといってもいいのが、働いている職員・スタッフの様子です。

良い保育園で働く職員はやりがいを感じていることもあって動きがきびきびしており、表情も生き生きしています。

こうした前向きな姿勢が散らかったおもちゃや備品があればすぐに整え、ごみがあれば拾って清潔な環境を整えるといった良い環境をもたらすのです。

それに対して、激務で負担が多く、心身の疲労や職場への不満がモチベーションを削り取ってしまっているような職場では職員が死んだような顔をしていたり、動きもだるそうで何をやるにも億劫そうな様子を見せていたりするものです。

見学に訪れたときなどはその対応でも面倒に感じて態度が投げやりになっているといったケースも見られます。

かな点ですが、働いてる職員の顔が生き生きしているか、死んだように生気が感じられないかも見ておきましょう。

タイムカードがない

人手不足がもたらす最大の問題が苛酷な就業環境です。

スタッフ・職員の人手が足りないならひとり一人の勤務時間を増やすしかない、というわけで残業が当たり前になっているブラック保育園もあります。

こうした施設では職員のタイムカードがなく、なし崩し的にサービス残業を余儀なくされてしまうケースも見られます。

保育士はもちろん、施設で働くスタッフ全員にタイムカードがしっかり確保されているかどうかを見ておきましょう。

また、タイムカードを使うところに注意書きが書かれている場合もありますから、それもよく見ておきたいところです。

1分でも遅刻すると1時間分の給料が減らされるといった厳しい設定が用意されているところや、残業時間に上限が設定されているケースもあるからです。

経営者がどんな人なのか分からない

これは非認可の私営保育園によく見られるケースですが、経営者がどんな人なのか、その施設がどのような形で経営されているのかよくわからない保育園もあります。

保育園の名前に法人や財団の名前がつけられている場合はいいのですが、小規模な保育園ではそうしたことは少なく、経営母体がよくわからないことも少なくありません。

こうした保育園では利益最優先で設備投資や人材の確保に力を注いでいないところも多く、対応できる数を超えた子供を預かってしまうことも少なくありません。

少ないスタッフで人件費を抑えながらたくさんの子供を預かって利益を出そうとすると、当然保育士の負担が大きくなってしまいます。

また、経営者がよくわからないと問題が生じたときに、誰が責任を持つのかよくわからないので不安もつきまといます。

万一事故があった場合、経営者は知らぬ存ぜぬで、保育士を含めた現場のスタッフに責任を押し付けてくる恐れもあるので注意が必要です。

園児の数に対して保育士が圧倒的に少ない

人手不足と直結する問題が園児と保育士の比率です。

ひとりの保育士がしっかり目を行き届かせながら園児の世話をするには限界がありますから、園児の数が多すぎると保育士の負担が多くなりすぎるだけでなく、サービスの質や安全面の問題にも結びついてしまいます。

児童福祉法では認可保育所における保育士数の最低基準が設けられており、0歳児は「おおむね3人に1人」、1.2歳児は「おおむね6人に1人」となっています。

これよりも明らかに保育士が少ない比率で働いている施設は避けたほうが無難です。

表面上(登録上)はこれらの基準を満たしていても現場ではシフトの都合で、ずっと少ない保育士の数で対応しなければならないブラックな職場も見受けられます。

見学の際には実際に保育士が働いている現場を見て、園児との比率を確認しておくと良いでしょう。

若い保育士が働いていない

若い保育士がどれだけ在籍しているかはその保育園の定着率を見極める非常に重要なポイントです。

ベテランの保育士が在籍している施設の場合、若い保育士が入っても定着できずに、すぐに離職してしまっている可能性が高いからです。

職場になかなかなじめない、先輩保育士からの嫌がらせやいじめを受けるといった理由で、若い保育士がやめてしまう職場も多いのです。

また、勤続年数が長い保育士ばかりの施設では独特のやり方や習慣が定着していることが多く、それが現代の保育事情に合っていなくても受け入れないと続けられないといった問題も出てきます。

同世代の同僚がいないというのも不安ですから、1年目で転職を目指す場合には特にこの点を重視して保育士の年齢層も見ておくようにしましょう。

保育用品を保育士が自腹で用意している

よほどのケースですが、保育用品を保育士が負担して用意するよう求めてくる施設もあります。

せっかく保育士がより良い保育環境のために新しい保育用品の導入を提案してもそれに応じず、「だったら自分で用意しろ」と求めてくるパターンもありますし、古くなったり壊れてしまった保育用品を保育士が自腹で買いなおすよう求めてくるパターンなどもあります。

このように理不尽や状況でも園児たちのことを思って泣く泣く自腹を切って購入している保育士も多いのです。

ただでさえ給料の低さが問題となっている保育士がこのような自腹を切らされる環境では長く働き続けるのは難しいですし、施設の側が保育にふさわしい環境づくりを放棄している段階でブラック施設であることは明らか。

事前に確認するのが難しい面もありますが、できるだけ実情を把握しておきたいところです。

給食の質が質素

健全な成長のためにはしっかりと栄養を取る必要がありますから、給食の内容も充実したものが求められます。

これは決してぜいたくなものを食べさせているかどうかではなく、栄養バランスや品目にきちんと配慮しているかどうかの問題です。

質素な給食は一見よさそうな思えますが、品目が少ないと栄養バランスが偏りがちになる恐れがありますし、園児たちの好き嫌いを克服する機会を作りにくいといった問題が出てきます。

また、経営上の事情で質素というよりも貧弱に給食しか用意していない施設もあります。

見るからに園児たちにはふさわしくない給食が出ている保育園はブラックの可能性が高くなるので気をつけましょう。

お昼時に見学に訪れてチェックするのもよい職場を見つける上でのひとつの方法となるでしょう。

ブラック保育園は事前見学で避けられる

このようにブラック保育園にはさまざまなタイプがありますが、事前に見学して注意点を踏まえた上で細かな点をチェックしていくことで見極めていくことができます。

求人情報だけではなかなか見えてこない保育園の実情・実態を垣間見ることができますし、その施設で働いている保育士や職員と接することでやりがいをもって働ける職場なのか、待遇が良いかどうかなどを見極めることもできます。

求人情報でよさそうだと思った保育園があったら必ず事前見学で実際の職場を確認しておきましょう。

そして、これまで触れてきたポイントをチェックしていくことで良い職場かどうかはもちろん、自分にとって向いている、長く働けそうな職場かどうかを見極めていきましょう。

給料や休日などの待遇面だけでは見えてこない面をどれだけ見ることができるか、これも保育士が転職を成功させる上での重要なポイントです。

ブラック保育園を排除しているおすすめ転職サイト

ブラック保育園かどうかを見極めるのにも時間と手間がかかりますから、できるだけ早い段階で排除したいもの。

そんな時にはブラック保育園をあらかじめ排除した上で求人情報の提供を行っている転職サイトを利用しましょう。

こうした転職サイトでは、サイト側のチェックの段階でブラック保育園を排除するフィルターがかかっているので、自分で見極める時間と手間を大幅に減らすことができるのです。

またこうしたサイトでは保育園ひとつひとつの情報が充実しており、職場の内部事情などの詳細をアドバイスしてもらいながら自分の適性を見極めていくこともできます。

保育エイドや保育士バンクなど多くの保育士が実際に利用し、口コミ情報も入手しやすい転職サイトがとくにおすすめです。

保育エイド

保育エイド

保育エイドは厚生労働省認可の保育士向けの転職サイトです。

このサイトでは人間関係を重視した転職支援を行っており、女性コーディネーターによる求人の紹介やサポートを受けることができます。

パワハラや同僚からのいじめが原因で離職を余儀なくされてしまった方にとってはよい転職先を見つけるよい選択肢となるでしょう。

人間関係の問題は求人情報からはなかなか確認できない部分なうえにブラック保育園に多く見られますから、この保育エイドの支援体制とサポートはブラック保育園を避ける意味でも重宝します。

また、職場見学を重視しており、実際に現地を訪れてみたうえで自分にとって働きやすい職場かどうかを見極めやすい点も大きな魅力です。

保育エイドの詳細ページ

保育士バンク

保育士バンク

保育士バンクは業界でもトップクラスの求人数と専任アドバイザーによるサポートがセールスポイントの転職サイトです。

求人の数が非常に多い上に全国規模で用意されているので、1年目での転職で不安の方も多くの選択肢の中から選んでいくことができるでしょう。

福利厚生が充実している、有給休暇がしっかりとれるといった待遇面にこだわった求人探しもできます。

しかも、専任アドバイザーは求人の紹介だけでなく履歴書・職務経歴書の作成、面接対策、条件交渉まで対応してくれるのではじめての転職でも安心して納得のいくまで職探しを行っていけます。

条件の良い非公開求人も多数用意されているので思わぬ好条件の職場をみつけるチャンスにも恵まれるでしょう。

保育士バンクの詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件