保育士の面接を成功に導くたった一つの方法!好印象を与える簡単なコツ

保育士の面接対策

保育士の面接を控えている人の中には、面接に対して不安を感じている人もいます。

どのようなことを聞かれるのか、どんな服装で行けばいいのかわからないという疑問を抱えている人もいるでしょう。

不安を持ったまま面接に行くと、本来の自分をアピールすることが難しくなってしまう場合もあります。

そのため、不安をできるだけ取り除き、自信を持った状態で面接に臨むことが大事です。

そこで、今回は、保育士の面接で好印象を与えるための方法について、詳しく解説していきます。

面接前の下準備が勝負の決め手

保育士の面接で受かる確率を高めるためには、面接前の下準備が非常に大事になってきます。

そうすることで、面接の際に、極端に緊張してしまうということを防ぐことができたり、自信を持って受け答えができるようになることもあります。

しかし、どのような下準備をすればいいのかわからないという人も多くいます。

そこで、具体的にはどのような下準備が必要なのかということを、次の段落で説明していきます。

保育園の求人情報から求める人物像をリサーチ

まずは、保育園はどのような人物を求めているのということをリサーチすることが大切になってきます。

それぞれの保育園によって、力を入れていることや求めている人物像が違う場合が多いと考えられます。

そのため、保育園の求人情報からしっかりとリサーチしておくことが大事なのです。

そうすることで、面接の際にも、自分が保育園の求める人物像に合致していることをアピールすることができます。

保育園の求人情報では、求める人物像の他にその保育園の方針や、子どもたちの一日の流れを記載している場合あるため、しっかりと把握しておくことが重要になってきます。

転職エージェントから前情報を仕入れよう

保育園の前情報を入手するためには、転職エージェントを利用することもおすすめです。

転職エージェントとは、転職を希望している人と人材を募集している企業をマッチングしてくれるサービスです。

転職エージェントとは、一人一人に転職アドバイザーがついている制度のことです。

自分で情報を入手するだけでなく、転職を希望する保育園の情報をアドバイザーからより具体的に仕入れることができます。

更に、面接のアドバイスやコツなども教えてくれるため、面接に対する不安も少なくなる場合が多いです。

また、面接の日程調整なども転職エージェントが行ってくれることがあります。

事前調査なら保育エイドがおすすめ

面接をする前に、その保育園の人間関係や雰囲気をしておきたいと考える人は多くいます。

このように、保育園の事前調査をしたいと考えている場合には、保育エイドがおすすめです。

保育エイドとは、保育士や幼稚園教諭専用の求人サイトです。

保育エイドの特徴は、人間関係や職場の雰囲気が良い保育園を厳選して、紹介してくれることです。

なぜ、人間関係や職場の雰囲気がわかるのかというと、保育エイドを利用して、実際に働き始めた人にその保育園の情報をヒヤリングしているからです。

そのため、比較的正確な情報を得ることができます。

更にコーディネーターと一緒に職場見学をすることや、実際に働いてみることができるため、自分で保育園の雰囲気を感じとることもできます。

保育エイドの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

遅刻しないようにアクセス情報も調べておこう

面接に遅刻をしてしまうと、面接官からの印象が悪くなってしまいます。

時間にルーズな人という印象や、だらしのない人という印象を持たれてしまうことも考えられます。

そのため、面接の際には、遅刻をしないということが基本になります。

遅刻をしないためには、面接当日に早起きをするということや、面接場所に早めに着くようにするということも大事ですが、保育園の場所やアクセス情報を予め調べておくことがとても大事になってきます。

一度面接の前に、現地に下見にいくということもおすすめです。

清潔感のある身だしなみの準備をしておこう

保育士の面接には、清潔感のある服装で臨むことが大事になってきます。

しかし、どんな服装なら清潔感があるという印象を持ってもらえるのかわからないという人も多くいます。

保育士の面接では、スーツを着ていくことがおすすめです。

その際に、ブラウスの色も白などの清潔感のあるものを選ぶと、より好印象を持ってもらえる場合が多いです。

また、靴を選ぶ際にも、スーツの色に合わせた低めのパンプスを選ぶことをおすすめします。

もし靴が汚れているようであれば、面接の前にしっかりと綺麗にしておく必要があります。

保育園の面接で気を付けたいのが、ネイルやアクセサリーです。

保育士は、子供と触れ合うことが多いため、安全に考慮してネイルやアクセサリーを禁止している場合もあります。

そのため、面接の際には、ネイルはせず、アクセサリーも外しておくことが重要になってきます。

保育士の面接で必ず訊かれる質問

保育士の面接では、必ずと言っていいほど聞かれる質問というのが幾つかあります。

面接の前に、しっかりとその質問に答える練習をしておくことが大事になってきます。

その際に、マニュアルを読み上げているような答えではなく、自分の考えを盛り込むなど、オリジナリティのある回答を考えておくことがとても大切になります。

面接官も、質問の答えを暗記して話している人はすぐにわかります。

とはいっても、なんの予習もしないまま、聞かれたことに対して瞬時に自分の言葉で答えるということは難しい場合が多いです。

そのため、保育士の面接で聞かれる可能性が高い質問を、あらかじめ把握しておくことが大切になってきます。

そして、その質問に対する答えを考えておき、実際に聞かれた際には、瞬時に答えることができるように練習をしておくことも大切にです。

なぜ保育士の仕事を選んだのですか?

なぜ保育士の仕事を選んだのかという質問は、必ずといっていいほど聞かれます。

面接官はこの質問で、その人が保育士という職業にどのような考えを持っているのかを知りたいと思っていることが多いです。

この質問をされたときには、子供が好きだということをアピールすることが大事になってきます。

更に、なぜ子供が好きなのかを具体的に説明できると、より説得力のある回答をすることができます。

例えば、「保育士の仕事を選んだのは、子供の成長の手助けをしたいと考えたからです。

機能できなかったことができるようになったり、友達と一緒に笑って、時に喧嘩をして少しずつ成長していくその過程に、自分が寄り添い子供と一緒に成長していきたいと考えたからです。」

このように、子供が好きだということだけでなく、保育士という職業に対する意識や意欲を表すことも大事なポイントです。

なぜ当保育園を選んだのですか?

なぜ当保育園を選んだのかという質問に対しては、給料が良いからということや通いやすいからというような素直な回答をしても問題ありません。

それだけでなく、その保育園でなければならなかった理由を加えることが重要です。

例えば、

 

「私の希望する条件と合致していたということも理由の一つですが、一番の決め手は、貴園が英語教育に力を入れているということです。これからの時代には、英語が必要となる機会が多くなると考えています。私は、昨年英検の準2級を取得しておりますので、この資格を活かしながら働けるのは貴園しかないと考え、志望しました。」

 

このように、自分がその保育園を選んだ素直な気持ち以外にも、希望する保育園の特徴を踏まえて、その保育園でなければならなかった理由を話すということが大切です。

これまでの職務経歴を教えてください

“職務経歴について質問をされた場合、面接官が知りたいのは、どんな仕事に携わってきたのかということや、どんな役割を担ってきたのかなどです。

そのため、経歴を簡潔にまとめ、わかりやすく伝えることが大事になってきます。

例えば、

「私は、保育の専門学校を卒業した後に、保育施設で4年間勤務していました。主に2歳から6歳くらいまでの子供たちを担当していました。また、お遊戯会などの行事計画や進行を経験したこともあります。貴園でも、これらの経験を活かして、子供たちが成長していける環境を作っていきたいと考えています。」

このように、携わってきた仕事内容などを簡潔に、そして具体的に説明することが大事になってきます。

最後に、今までの経験を活かしてどのような保育士になっていきたいのかということを伝えると、好印象を持ってもらえることもあります。

普段の仕事から意識していることはなんですか?

普段の仕事で意識していることを聞かれた場合には、その人が普段の仕事でどのようなこだわりを持っているのかを、面接官が知りたがっている場合が多いです。

そして、その人のこだわりは保育士の仕事にも活かせるのかどうかを判断している場合もあります。

そのため、その保育園が求めている人物像と合致していることをアピールすることが大事になってきます。

例えば、

 

「私は仕事をする上で、常に前向きに考えるということを意識しています。難しい仕事を依頼されたときに、マイナス思考になってしまうとそれだけでやる気もなくなり、結果を残すことができなくなってしまうと考えているからです。そのため、子供たちにも常に前向きな考えを持ち、苦手なことでもチャレンジしてもらえるような接し方をしていきたいと考えています。」

 

このように、自分の仕事に対する意識がその保育園の求める人物像と、合致していることをアピールできるような回答をすることが大切になってきます。

あらかじめ声に出して練習しておこう

保育士の面接で、聞かれそうな質問の答えをただ紙に書いて覚えるだけではなく、実際に自分で面接を想定して、声に出して練習をしておくことが大事になってきます。

また、できれば誰かに面接官の役をやってもらい、質問をしてもらうというように、実際の面接に近い環境で練習をするということも大事になってきます。

その際に、質問の順番をランダムにしてもらうということも効果的です。

家族や仲のいい友達に面接官の役をやってもらう場合には、どうしても実際の緊張感が薄れてしまう場合もあるため、注意が必要です。

好印象を与える保育士の自己PR例文

新卒で保育士になりたい場合

新卒で保育士になりたい場合の自己PRは、子供が好きだという気持ちと、なぜ保育士になりたいと考えたのかということを、わかりやすく説明することが大事です。

例えば、

「私は以前から子供が好きで、親戚の子供の世話をするのがとても楽しみでした。ですが、育児放棄や幼児虐待などのニュースを見て、とても悲しい気持ちと同時にとても許せない気持ちにもなりました。そこで、私は子供たち一人一人と真剣に向き合って、その成長に携わる仕事をしたいと考え、貴園を志望させて頂きました。」

というように、子供が好きだということをアピールしつつ、保育士になりたいと思ったきっかけや仕事に対する熱意などを説明することも大事になってきます。

20代ではじめての転職をする場合

20代で他の保育園に転職をする場合、採用側はなぜ前の保育園を辞めてしまったのかということや、採用してもすぐに辞めてしまわないかということを不安に感じている場合もあります。

そのため、自分の協調性やコミュニケーションスキルなどをアピールしていくことが大事です。

例えば、

「保育士として4年間働いた経験があります。その際に意識していたことは、子供は一人一人発達段階が異なるため、それを見極めて、それぞれの子どもに合った接し方をするということです。そのために、子供たちと真剣に向き合い、理解することを一番に考えていました。これからも子供たちが伸び伸びと成長できるような環境づくりを意識していけるように努力していきたいと考えています。」

このように、コミュニケーション能力などをアピールしつつ、保育士としての熱意について触れることもポイントになってきます。

30代以上である程度キャリアのある場合

30代以上で、ある程度キャリアがある場合の自己PRでは、健康面や体力面で支障がないことをアピールすることが重要になってきます。

というのも、出産などを機に保育士を辞めて、その後復帰するという保育士は多くいます。

しかし、ブランクが長い場合には、体力的な面で不安に思われがちです。

そのため、採用側の不安を払拭するようなPRをすることが大切です。

「以前、保育士として7年勤務していました。出産を機に退職しましたが、自分が母親となったことにより、更に子供と関わる仕事がしたいという気持ちが強くなりました。そこで、保育士として復帰することを決断しました。私も子供の母親となったため、子供の気持ちをより理解して、子供と真剣に向き合えるような保育士になりたいと考えています。」

このように、体力面でも精神面でも支障がないことを説明し、更に保育士としての意気込みや子供との関りについても書いておくと印象が良くなる場合があります。

異業種から保育士へ転職する場合

異業種から保育士に転職する場合、採用側が不安に思いがちなのが、本当に保育士に向いている人なのかということです。

保育士は、ハードな業務となることが多く、それについていけずに辞めていってしまう人も多くいます。

そのため、自己PRでは子供が好きであるということと、自分が保育士に向いている理由をアピールすることが大切になってきます。

「私は以前から子供が好きで、保育士に興味を持っていましたが、同じくらい興味を持っていた接客業に就きました。しかし、どうしても子供と関わる仕事がしたいという気持ちを忘れることができず、自分には保育士しかないと考え、転職を決断しました。前職では体力を使う仕事が多かったため、その経験を活かして子供に負けないくらい元気で、明るい保育士を目指していきたいと考えています。」

このように体力面に自信があることを伝え、子供に対する気持ちや保育士としての志をアピールすることもポイントになってきます。

保育士の転職を有利に進めるための志望動機の書き方は、こちらの記事で更に詳しく解説しています。

保育士の転職で有利になる志望動機の書き方!自己PRでアピールするポイント

面接が不安なら転職エージェントを利用しよう

面接が不安な場合には、転職エージェントを利用する事がおすすめです。

転職エージェントを利用するメリットはいくつかあります。

まずは無料で使えるということです。プロのアドバイザーからのアドバイスや履歴書などの作成指導、それから面接対策などを無料で行うことができるのです。

先ほど面接の練習をする際には、家族や友人に面接官の役をしてもらうと緊張感が薄れがちという説明をしましたが、転職エージェントを利用すれば、本番と同じような緊張感を持ちながら練習をすることができるのです。

更に、企業の事前調査をしやすいということもメリットの1つです。

転職エージェントのアドバイザーは企業の人事担当者だけでなく、職場の関係者とも繋がりがある場合も多く、よりリアルな事情を入手することができる場合もあります。

ほいく畑

ほいく畑

保育士や幼稚園教諭専門の転職サイトである、ほいく畑というサイトを利用することもおすすめです。

ほいく畑のおすすめポイントは、保育に関するセミナーが無料、または特典価格で受けられるということです。

そのため、未経験の人でもブランクのある人でも、保育に関する知識をしっかりと身に着けてから就職をすることができます。

更に、専任コンサルタントがサポートをしてくれることもおすすめポイントの1つです。

疑問に感じることや不安なことを気軽に相談でき、希望条件や勤務形態の希望も相談することができます。

そのため、自分にとって働きやすい保育園を探しやすくなるのです。

ほいく畑の詳細ページ

また保育士特化型のおすすめ転職サイト・エージェントは、こちらの記事で詳しく紹介しているのでぜひ参考にしてください。

保育士におすすめ!転職サイト比較ランキング!【2018年決定版】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件