30代は保育士の転職で最も有利!転職を成功させるためのポイント!

近年の日本社会では、セカンドキャリアを積むのは当然のような風潮になってきました。

保育士業界でも転職者の数は、年々上昇の一途を辿っています。

特に、30代の保育士は、最も転職に有利な年代であると言われているようです。

では一体、なぜ30代の保育士は転職で採用されやすいのでしょうか。

今回の記事では30代の保育士にスポットを当て、30代の保育士の転職事情や平均年収から転職を成功させるためのポイントまで幅広く紹介していきます。

30代の保育士を欲しがる保育園は多い!

30代の保育士を欲しがっている保育園は、意外と多いのが現状です。

最も大きな理由としては、20代のうちに保育士としてのキャリアを積み上げてきたこと。

保育士は身体的にも精神的にもタフでないと、長年続けることは難しいと言われています。

10年ほどキャリアを積んできた保育士さんであれば、保育園からの信頼度も抜群です。

また保育士は、毎日体を動かす作業がいくつも生じます。

30代であればまだまだ体力も衰えていないため、特にベテランの保育士が多い保育園ほど活躍の場は大きくなるでしょう。

さらには20代に比べると、結婚や出産などによる退職リスクも少ないということも30代が重宝される理由の一つです。

子育てが一段落し復帰するママさん保育士も、最近では非常に多くなっています。

今後も保育士を続けるなら管理職としての経験を積もう

保育士は30代に突入すると、徐々に管理職のポストを任されるようになってきます。

20代の頃は先輩の保育士に指導してもらいながら、日々の業務をこなすことがほとんどだったはずですが、30代になるとそうもいかなくなってきます。

なぜならば、先輩よりも後輩の保育士が増え、自分も新人保育士を指導しなければならない立場になるからです。

管理職を務める上で、何よりも重要なのは責任感です。新人の保育士を育てていく立場になるわけですから、責任感を強く持っていなければなりません。

管理職のポストを全うすることによって、人間的にも一回り大きくなることができるでしょう。

30代のうちから管理職の経験を積むことによって、今後の保育士としてのビジョンも明確になってくるかもしれません。

ブランクのある保育士はしっかり慣らすことが大切

近年の保育士業界は人材不足の影響から、子育てを終えて復帰するママさん保育士も大勢います。

このように子育てのブランクから復帰する人は、まずは何よりも焦らないことが重要でしょう。

なぜならばブランクを取り戻そうと焦ってしまい、無理をして体を壊してしまうケースが後を絶たないからです。

また子育てが終わったからといっても、家庭と仕事は両立していかなければなりません。

焦ってしまうと仕事がうまくいかないばかりか、家庭にまで問題を引きずってしまう危険性もあります。

このような状態を避けるためにも、ブランク期間を無理に埋めようとせず1~2年かけて着実に仕事に慣れていくことが最適です。

子育てを実践してきたのですから、自信を持って日々の業務に取り組んでいけば自然と仕事にも慣れてくるでしょう。

30代なら未経験でもまだまだ採用されやすい

保育士は、たとえ未経験であっても30代ならばまだまだ採用されやすい業界です。

最も大きな理由として、日本はまだまだ待機児童で溢れかえっていることが挙げられます。

待機児童が多いということは、イコール保育士の需要が高いということです。

しかしながら今の日本は、保育士の数が絶対的に足りていません。

そこで保育業界は未経験だが保育士の資格を持った方、いわゆる潜在保育士を積極的に採用しているのです。

また、会社勤めなどでキャリアを形成してきた方も、30代には大勢います。

特に、コミュニケーション能力や事務処理能力などに長けている方は、保育の現場でもその能力を大いに発揮できるでしょう。

たとえ未経験であっても、保育園側はこのような人材を積極的に採用しているのです。

30代保育士の平均年収はどれくらい?

年代 平均年収
20代前半 約250万円
20代後半 約285万円
30代 約310万円
40代 約280万円

全世代の保育士の平均収入はおよそ275万円ほどであり、表から見てもわかるとおり30代の平均収入が一番多いです。

年収からも証明されているように、30代の保育士は一番評価されやすい世代でもあります。

もしも保育士の資格を持っている30代の方で、現在の職場よりも年収が高いのであれば転職を考えてみても良いでしょう。

ただし、保育園は民間の施設が多いため、保育園によって年収には差が出ます。

その差は随分と大きなものであり、平均年収が150万円ほどの施設から500万円以上もらえる施設まで存在します。

そのため、保育園に転職を考えているのであれば、まずは転職希望先の平均年収をしっかりとリサーチしておかなければなりません。

現在の年収と照らし合わせた上で検討することが、最適な転職先を見つける手助けとなってくれるでしょう。

30代保育士が転職先を選ぶ際のポイント

30代の保育士が転職を考えているのであれば、慎重に転職先を選択しなければなりません。

なぜならば、30代の転職は売り手市場で挑戦できるラストチャンスでもあるからです。

保育士の転職は、40代に突入すると徐々に難しくなってくれと言われています。

そのため需要が最も高いと言われている30代のうちに、自分にとって最適な転職先を見つけておくことが重要です。

以下に、30代保育士が転職先を選ぶ際に押さえておきたいポイントをいくつか紹介していきます。

実質的な労働時間をしっかり調べよう

30代保育士が転職先を選ぶ際のポイントとして、実質的な労働時間をしっかりと把握しておくことが挙げられます。

特に家庭を持っている方は、仕事と両立しなければならないためフルタイムで働くことはとても困難です。

たとえ希望の転職先が見つかったとしても、労働時間が長く働き詰めになってしまったら家事が疎かになってしまう可能性もあります。

残業や休日出勤が続けば、身体を壊してしまう危険性も否めません。

近年は保育士の人手不足から、パートや臨時職員としての採用も積極的に行われています。

パートから正社員への登用を行っている保育園も増えているため、まずは無理のない労働時間で働ける保育園を選択することが望ましいでしょう。

年上・年下の職員のバランスを調べよう

30代の方が保育園に転職する場合、職員の世代バランスを調べておくことも非常に重要なポイントと言えるでしょう。

なぜならば、年上と年下の保育士のバランスが悪いと職場の環境面で苦しんでしまう危険性があるからです。

特に、30代の保育士は、即戦力として期待される年代でもあります。

しかし、転職先の保育園が年配の保育士で偏っていた場合には、主任など責任のあるポジションをなかなか任せてもらえません。

キャリアアップのために転職に踏み切ったのに、このような状態ではモチベーションも下がってしまうでしょう。

また、年下ばかりが多い職場では、世代間のギャップに苦しんでしまう方も多いようです。

もちろん個人差はあり特に気にしないという方もいますが、快適な環境で仕事をするためにも不安要素は少しでも取り除いておいた方が良いでしょう。

管理職へステップアップできるか調べよう

30代の保育士は、一番脂の乗っている年代でもあります。

転職者であっても即戦力として期待され、重要なポジションを任せてもらえる可能性も非常に高いでしょう。

ただし、30代で管理職はまだ早いと判断してしまう保育園も少なからずあるようです。

確かに管理職は責任を伴うポジションでもあるため、全ての人がなれるわけではありません。

しかしながら、保育士としてのキャリアアップを図りたいのであれば、早いうちから管理職を目指していかなければなりません。

管理職に昇給すれば年収アップにも繋がりますし、今までとは比べ物にならないほど視野も広がります。

そのためにも、転職先を選ぶ際には、管理職にステップアップできるかどうかをしっかりと調べておくことが重要です。

同時に管理職にステップアップした際の年収も調べておくと、さらにモチベーションは高まるでしょう。

自身の保育方針とズレはないか調べよう

30代の保育士が転職先を選択する際には、自身の保育方針と方向性が極端に違っていないか確認しておくことも重要なポイントです。

新卒から保育士として働いてきた方であれば、10年近くのキャリアがあります。

これだけのキャリアがあれば、自ずと自身が目指すべき保育の道があり保育方針もある程度固まっているでしょう。

しかし、転職先の保育方針があまりにも自分のものとかけ離れていると、衝突してしまう原因にもなりモチベーションも下がってしまいます。

自身は雇用されている側なので、転職先の保育方針を変えていくことも非常に困難です。

もしも譲れない保育方針があるのであれば、転職先の保育方針をしっかりと把握し共感できる保育園を見つけることが重要になります。

転職先の保育方針が共有できるものであれば、保育園側もステップアップできるよう力になってくれるはずです。

30代保育士がやっておくべき面接対策

30代保育士が転職を成功させるためには、最終関門である面接をクリアしなければなりません。

特に転職での面接は、新卒の時の面接とは大分内容が違います。

そのため、事前にしっかりと準備をしておくことが必要です。

失敗例として多く挙げられるのは、趣味や特技など保育とはかけ離れたことで自分をアピールしてしまうことです。

面接の時間は限られているため、事前にアピールするべきポイントをしっかりと準備しておかなければなりません。

準備さえ怠らなければ、質問にもしっかりと答えることができるでしょう。

また緊張感に飲まれないためにも、事前にシミュレーションしておくことも重要です。

どのような質問が来ても明確に答えられるように、面接対策は時間かけて入念に行っておくことが望ましいでしょう。

以下に、30代保育士がやっておくべき面接対策を詳しく紹介していきます。

これまでの経験からアピールポイントを考えておく

保育園側の面接官が最も重視している内容は、これまでに転職希望者が培ってきたキャリアです。

もちろん熱意やバイタリティも必要ですが、裏打ちされるキャリアがないと空回りして終わってしまう危険性があります。

たとえ保育士は未経験であっても、社会人としてのキャリアは積み上げてきているはずです。

これまでの経験から保育士としてアピールできるポイントを見つけ出し、面接に活かせるように入念に対策を立てておくと良いでしょう。

特に取得した資格や携わってきた仕事内容などは、合否の判断材料として非常に重要なアピールポイントです。

保育園側は、即戦力になるべき人材を探しています。

これまで培ってきたキャリアを、転職先にどのようにフィードバックすることができるか。

これを明確に面接官に伝えられるかどうかで、採用の合否は大きく変わってくるでしょう。

より具体的なエピソードを用意しておこう

転職での面接では、今までに培ってきた経験をアピールすることこそが大切なポイントです。

そして、経験に伴うエピソードは、具体的であるほど面接官には伝わりやすくなります。

そのためにも、事前にアピールすべきエピソードを用意しておかなければなりません。

できるだけ具体的なエピソードを伝えるためには、細かいところまで掘り起こし保育士としてアピールできる部分を見つけ出しておく作業が必要になるでしょう。

時間はかかってしまいますが、このような作業は入念に行うほどに面接ではプラスになります。

また一つのエピソードを掘り返すことによって、それに付随するように他のエピソードも見つかるかもしれません。

また具体的なエピソードは、一つに絞らず複数用意しておくことが望ましいでしょう。

なぜならば複数のエピソードを用意しておくことによって、一つのエピソードでつまずいたとしても焦らず方向転換することができるからです。

体力よりも経験をアピールしよう

保育士の面接では若い世代は体力をアピールしがちです。

確かに保育の現場は雑作業が多いため、かなりの体力を必要とします。

それゆえ体力がある若者は、重宝されるというのも事実です。

ただし30代であるならば、体力よりも今までに培ってきた経験の方が自分をアピールする上で大きな武器となってくれます。

体力のある人材は数多くいますが、キャリアを積み上げてきた人材はそこまで多くはありません。

保育園側も30代の保育士には、体力よりも培ってきたキャリアを活かしてくれることを望んでいます。

そのためにもこれまで培ってきたキャリアを自分の最大のアピールポイントと自覚し、自信を持って面接に臨むことが必要です。

さらには、自信が抱えている信念や保育方針を明確に伝えることも大切になります。

そして、将来のビジョンや転職先でどのような仕事に取り組みたいかなど主張すれば、より好印象を与える可能性が高くなるでしょう。

30代の転職に強いおすすめ転職サイト

30代保育士として転職を考えているのであれば、ラストチャンスのつもりで転職先は慎重に見つけなければなりません。

そんな時におすすめなのが、30代を対象にした転職サイトです。

近年はインターネットの発達と共に、転職サイトもどんどんと進化してきました。

それぞれの世代をターゲットとした転職サイトも次々に登場し、特に、30代の転職サイトは需要が高くなっています。

転職サイトのメリットは、何と言っても案件数が莫大であることと言えるでしょう。

求人誌と比べてみても、格段に転職サイトの案件数は上回っています。

保育エイド

保育エイド

保育エイドのメリットは、何と言って「人間関係でもう悩まない」をコンセプトとして掲げていること。

このコンセプトをベースに、女性コーディネーターが人間関係の良い職場だけを紹介してくれます。

近年、保育士業界でもいじめやパワハラなどでメンタル的に参ってしまう保育士は後を絶ちません。

このような状況を打破するために、保育エイドという転職サイトが立ち上げられました。

30代で保育士の転職を考えている人は、特に、人間関係の良い職場であることを重視しているのではないでしょうか。

このサイトを利用すれば人間関係の良い保育園を見つけやすく、快適な保育士ライフを送ることができます。

また、残業がほとんどない職場や有給休暇をしっかりと取れる職場などを積極的に案内してくれるため、プライベートな時間を十分に確保することも可能です。

パワハラなどの悩み相談も受け付けているため、保育士の心の支えとしても大いに活用できます。

保育エイド詳細ページ

ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑とは、厚生労働大臣民家の保育士就職支援センターが立ち上げた無料保育士求人サイトです。

保育の経験の有無を問わず、保育に関わる仕事を探している方を手厚くサポートしてくれます。

子育て中の方やブランクがある方などに対しても、その人に合った職場をコーディネーターがピックアップし案内してくれるので安心して相談することが可能です。

なお、専任のコーディネーターが徹底的にフォローしてくれるため、集中して転職活動だけに専念することができます。

また、面接や書類のアドバイスなども行ってくれるため、転職活動を有利に進めることもできるでしょう。

求人の数も非常に充実しており、労働時間や福利厚生など自分の求める条件に見合った職場を見つけやすいということも魅力の一つです。

さらに、求人は全国各地の保育園を対象としているため、地方の方でも求人を探しやすいというメリットもあります。

ほいく畑の詳細ページ

マイナビ保育士

マイナビ保育士

マイナビ保育士は、大手求人サイトであるマイナビが運営している保育士専門の求人サイトです。

登録は1分ほどで完了できるため、誰でも簡単に利用を開始することができます。

登録すると東京都または東京に隣接する県の保育園に詳しいキャリアアドバイザーが、希望に見合った求人をピックアップした上でいくつか紹介してくれます。

キャリアアドバイザーには保育園を利用している父兄や保育士経験者も在籍しているため、その保育園をより詳しく知ることができます。

さらには、履歴書や自己PRなどの記入方法などについても、専門家による手厚いサポートを受けることが可能です。

また、随時転職相談会を受け付けているため、無料にて転職に関する相談を行えるというメリットもあります。

転職に関するノウハウを一からサポートしてくれるため、転職に不安を持っている方には特におすすめの求人サイトです

マイナビ保育士の詳細ページ

また保育士におすすめの特化型転職サイトは、こちらの記事でも詳しく解説しているのでぜひ参考にしてください。

保育士におすすめ!転職サイト比較ランキング!【2018年決定版】

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件