保育士1年目で転職するってあり?今後の転職活動に悪影響はある?

保育士一年目でも転職できる?

保育士になったのに、「サービス残業が多く、給与が業務に見合っていない」「人間関係が悪化し、園に居づらい」「モンスターペアレントに悩まされている」など、仕事が憂鬱で、1年目で転職したいと思う人も多いでしょう。

世間的に見れば、「1年もたたないうちに転職」してしまうのは、あまり印象がよくありませんし、今後の転職活動に悪影響がでることも考えられます。

しかし、なかなか転職に踏み切れず、日々ストレスをため込んで生活をすると、睡眠障害や、うつ病を発症するなど、健康被害を受けることもあるでしょう。

今回は保育士を1年目で転職すると、どうなるのかについて説明します。

辞めた方がいい!と思ったら1年目でも転職して大丈夫!

転職活動をする際は、履歴書を提出しなければならないので、1年目で転職してしまうと、今後の転職活動に影響を及ぼす可能性があります。

転職希望先の職員が、履歴書に目を通した時に感じるのが、「この人は何で1年目で退職してしまったのか」ということ。

その理由を明確に説明できない場合、「やる気がない」「信用できない」と思われてしまい、不採用の原因になることもあります。

それを避けるには、面接官にやる気や意欲を見せることが必要です。

「保育士の仕事が嫌だった」「サービス残業が多い」などではなく、「他の園でスキルアップしたい」「今よりも環境が整った園で、自分を磨きたい」などと、やる気満々で、前向きな気持ちで転職活動をしましょう。

現在は、全国的な保育士不足により社会問題にも陥っているので、保育士はとても貴重な存在です。

1年目に転職をしても影響がない場合も考えられます。保育士を辞める理由がちゃんとしたものであれば、面接での悪印象を避けることもできるでしょう。

辞めた方がいい保育園の特徴

サービス残業が多すぎる

サービス残業とは、時間外手当が支給されない残業。

ただでさえ給料が少ない保育士ですが、サービス残業が当たり前な園も存在しています。

保育士の場合、残業は職場だけで行われるわけではないので、「お持ち帰りの仕事」をしている人も多いでしょう。

激務とは裏腹に「給料が少ない」ことで、最初は大丈夫だったとしても、体や精神的な負担が蓄積され、健康を害する原因になります。

子どもたちの成長を安全に見守るには、心の余裕が必要です。

疲れがたまっていると、注意が散漫になり、トラブルに見舞われる可能性も高くなるでしょう。

園によっては、残業がないところや時間外手当が支給される所もあります。

サービス残業が多い園で、無理して働いていては、自分の体を壊すのは時間の問題。転職も視野に入れましょう。

上司・先輩からのパワハラがきつい

人は心に余裕がないと、怒りっぽくなって、誰かにきつくあたったり、他人を肯定できず否定ばかりしてしまいます。

どの保育士さんも、日々の業務や、行事などの準備に疲れ、忙しさにより、ストレスがたまっている可能性があります。

そうすると、先輩保育士から、悪意に満ちた、トゲトゲしい言葉を投げかけられることもあるでしょう。

パワハラや嫌がらせなど、一番標的になりやすいのは、真面目でおとなしい新人保育士。

女性が多い職場では、派閥が作られていることもあり、ルールに従わない人は、陰で悪口を言われたり、無視されたりすることもあるのです。

小規模な施設では、働いている人がほとんど変わらないので、逃げ場がありません。限界だと感じたら、転職を考えましょう。

事前に職場見学、口コミなどを参考にして、良好な人間関係が築けそうな職場を探す必要があります。

平均と比べて給料が低すぎる

公立保育園で働いている保育士は、地方公務員なため、勤続年数に応じて給料が上がっていきますが、一般企業が運営している保育園では、勤務先によって給料に違いがでてきます。

自分の給料が、平均と比べて、低いのか、高いのか、きちんとチェックしましょう。

保育士の平均年収は「約315万」、給料は「20万前後」が全国平均となっています。

大企業で「364万円」、中企業で「302万円」、小企業で「274万円」となっており、役職や年代によっても給料は大きく変化するでしょう。

また、ボーナスの支給は法的に必須ではないので、中にはボーナスがもらえない保育士もいます。

ボーナスがもらえなかったり、時間外手当などが支給されないと、給料が他と比べてもかなり低くなってしまう可能性が高いです。

ボーナスや給料に不満を感じるなら、我慢せずに転職を考えましょう。

職場の就業規則の賞与規程をチェックしたり、給料は平均より高いかどうか、転職する前から調べる必要があります。

年収を上げたい保育士におすすめの記事はこちら

年収を上げたい保育士がやるべきこと!転職で年収アップできる?

モンスターペアレントに目をつけられている

我が子が可愛いという気持ちは、どんな親でも一緒ですが、「自分の子どもだけを特別扱いしろ」という考え方は、「モンスターペアレント」でしょう。

自分の子が、保育園で何か嫌なことがあると、モンスターペアレントはすべて相手のせいにしたり、園にクレームを入れてきます。

モンスターペアレントは、我が子を守る為に行動している人と、何でも思い通りにならないと気が済まないタイプの2通りあります。

後者の場合は、気に入らない保育士がいると、嫌がらせやクレームを入れて精神的に追い込み、退職まで追い込む人もいるほどです。

激務で体が疲れている時に、モンスターペアレントに目をつけられると、精神的に追い込まれていき、病気になったり、最悪の場合は自殺なんてことにもなりかねません。

タチの悪いモンスターペアレントに対抗するには、園長や他の先輩保育士の助けが不可欠です。

もし、相談しても、力になってくれない場合は、転職を考えましょう。そんな職場で働いていては危険です。

1年目で仕事を辞めても転職できる?

保育士になって1年目で転職してしまうと、保育士の仕事がどういうものなのか、十分に理解していなかったり、転職する際に「本人に何かしら問題がありそう」「仕事の能力が低くて、仕事がちゃんとできなそう」と思われてしまったりすることもあるでしょう。

大事なのは、どんな理由で保育士を辞めるのかということです。

辞める理由がしっかりしていれば、1年目で転職したとしても、影響が少ない可能性があります。

例えば、「人間関係のこじれ」です。パワハラやいじめなどは、自分の力ではどうすることもできないこともあるので、自分に非がない場合は、転職の際に考慮してもらえることもあります。

他には、引っ越しや、電車やバスなどのダイヤが変わって、通勤が大変になったり、「残業代が出ない」「持ち帰りの仕事が多い」など、前の職場が労働条件を明らかに違反していたり、園からの待遇が不親切すぎる場合は、考慮してもらえることもあるでしょう。

保育士は人手不足で求人も多いので、1年目で辞めても転職できないということはありません。

悪い印象を与えない退職理由を考えておこう

退職は、ネガティブな出来事が原因でやめることが多いので、履歴書や、面接の時に何て言えば良いのか迷ってしまいます。

しかし、「保育士の仕事が辛すぎて辞めました」「サービス残業が多く、給料が低すぎてやる気がでない」など、正直に不満を言ってしまうと、不採用になる可能性が高いです。

面接官の心象をできるだけ損なわないような退職理由を考える必要があるでしょう。

退職理由は、前向きな印象が非常に重要です。

もしネガティブな理由しか思い浮かばなくても、「噓も方便」という言葉がある通り、できるだけ相手に悪い印象を与えないような退職理由にしなければなりません。

転職理由の上手な伝え方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。

保育士の転職理由ランキング!面接で好感の持たれる伝え方

実際に使える退職理由3つの例

転職の面接時には、「前職を退職した理由」というのを聞かれてしまいます。

退職理由は人それぞれですが、人間関係や、モンスターペアレント、時間外手当が出ないなど、前の保育園で不満がある人がほとんどではないでしょうか。

思ったことをそのまま伝えるだけでは、面接官からの印象が悪くなってしまうことも考えられるので、退職理由をきちんと考えてから転職しましょう。

まずは「人間関係のトラブル」からです。人間関係のトラブルを第三者に伝えるのは難しく、伝え方によっては「また同じ理由で退職するかも」「応募者本人のコミュニケーション能力に問題がある」と判断されてしまうこともあります。

「職場での会話がなく、誰とも仲良くできなかった」といった不満ではなく、前向きな表現で伝える必要があります。

「チームで協力し、保育の仕事に励んできましたが、子どもたちのかかわり方など、保育に関する方向性にズレを感じてしまいました。お互いに意見を言い合いましたが、合意には至らず、退職を決意しました」

など、表現はいくらでも変えられるので、相手に対する愚痴を言わないようにしましょう。

次は「給料の低さ」が辞める理由になっているパターンです。給料が低いのは、正直に言っても構いません。

人間関係と違い、理由もわかりやすいので、面接官も判断しやすいです。

もちろん、不満や愚痴っぽく言うのではなく、

「自分の能力や可能性を信じて、キャリアアップを目指したい」

といった、やる気や前向きさをアピールすることが大事になってきます。

最後は残業や持ち帰りの仕事が原因で辞める場合です。正直に「辛い」「大変だった」と話すと、体力や健康に問題があるのではないかと思われる可能性があります。

「保育園の人員不足により、早番から閉園までの勤務や、持ち帰り残業、休日出勤などが続いていました。作業を効率化したり、周りの人と協力するなどしましたが、状況が改善されなかったので、辞めることを決意しました」

と、残業をやりたくないという理由ではなく、しっかりと面接官が納得するような退職理由を考えましょう。

どんなブラック保育園でも前職を悪くいうのはNG

転職先での面接で、前の保育園のことを聞かれても、悪口を言ってはいけません。

どんなにブラック保育園だったとしても、前の保育園を批判することで、採用する立場としては、自分の園も退職される時に非難されると感じてしまうからです。

悪口を言うと、面接の雰囲気も暗くなってしまいますし、面接官にネガティブな印象を持たれる可能性が高くなってしまいます。

だからといって、前の保育園を褒めすぎることもNGです。

「じゃあ、何で辞めたの?」と疑問を持たれてしまい、言動の一つ一つが嘘っぽくなってしまいます。

前の園の悪い所と、自分の退職理由をリンクさせ、次の仕事にかける思いや熱意をそえることで、「園の悪口」が前向きな「志望理由」へと変化するでしょう。

判断がつかないなら転職のプロに相談しよう

保育士の仕事を1年で辞めるということは、就職活動のどこかに失敗があったということです。

人間関係や、モンスターペアレントによる被害など、実際にその職場で働いてみないとわかりづらいこともありますが、転職のプロに相談することで、失敗が少なくなります。

職場の雰囲気が良い保育園や、各種手当が優遇されているなど、相談者の希望する保育園を探してくれるでしょう。

転職に関しては、周りに相談するのではなく、プロに相談するのが一番安全です。

転職市場に詳しいプロなら、適切なアドバイスをしてもらえます。

また、転職サイトを利用すれば、自分で職を探すことも可能です。

細かく求人検索することで、年収アップ、残業の有無など、今働いている保育園よりも待遇が良い職場を自由に探すことができます。

ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑はその名の通り、保育士専門の転職サイト。

全国の求人が掲載されており、求人数は約4100件で、保育士に特化したサイトの中でもトップクラスの規模を誇ります。

求人数が多いことで、自分の希望する保育園を探しやすくなるだけでなく、選任のアドバイザーがついているので、貴重なアドバイスや、相談に乗ってもらえるのが嬉しい所です。

非公開求人の数も多く、今よりもスキルアップを目指せる保育園が揃っています。

満足のいく保育園に転職できれば、仕事のストレスや不満は大幅に軽減されるでしょう。

ほいく畑の詳細ページ

保育エイド

保育エイド

今働いている職場の人間関係で悩んでいる方におススメなのが「保育エイド」です。

保育エイドを利用すれば「園の雰囲気が悪い」「パワハラやいじめ」の心配は、ほぼありません。

保育エイドは、人間関係に悩まないように、平和な環境が整った保育園だけを紹介しています。

職場で働いている人の口コミで、働きやすい職場か判断し、雰囲気が良い保育園だけを選んでいるのです。

「残業がない、少ない」「有給を取得しやすい」「人員に余裕がある」保育園を紹介することで、職場でストレスをためている人が少なく、毎日楽しく仕事をすることができるでしょう。

心に余裕が持てることで、子どもたち一人一人ときちんと向き合うことができます。

保育エイドの詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件