年収を上げたい保育士が取るべき行動!転職すれば年収は上がる?

「自分の年収に不満がある」「もっと年収を上げたい」そう考えている保育士さんは多いのではないのでしょうか。

年収を上げるためにまず考えることが多いのが転職ですが、年収を上げるために転職をしたいのであれば取るべき行動にポイントがあります。

今回は保育士が年収を上げるためにどのような転職活動をすればよいかを紹介します。

また転職をしなくても年収を上げることができるかどうかも合わせて紹介しますので参考にしてみて下さい。

保育士の平均給与ってどれくらい?

保育士の年収(年齢別・男女別)

性別 平均年収
男性 325万円
女性 405万円
年代 男性 女性
20~24歳 268万円 327万円
25~29歳 311万円 323万円
30~34歳 327万円 387万円
35~39歳 334万円 415万円
40~44歳 366万円 425万円
45~49歳 348万円 420万円
50~54歳 351万円 387万円
55~59歳 381万円 441万円
60~64歳 356万円 361万円

このようにどの年代でも保育士の平均給与は男性より女性の方が高いです。

また勤務先の企業規模が大きい方が男女関係なく保育士の年収が高くなる傾向になっています。

他の業種・職種と比較してどれくらい低いの?

保育士の平均給与は他の業種や職種と比べて本当に低いのでしょうか?

一般事務や飲食業、看護師やアパレル、美容師など女性に人気のある職種と比べてみましょう。

職種 20代 30代
一般事務 210万円前後 250万円
飲食業 300万円前後 336万円
看護師 379.6万円 460万円
アパレル 290万円 374万円
美容師 256万円 309万円

女性の保育士の平均給与は、20~24歳で327万円、25~29歳で323万円なので、20代では看護師以外の職種では保育士の平均給与は高い方であるといえます。

また30代でも女性の保育士の平均給与は30~34歳で387万円、35~39歳で415万円なので、決して低い方だとはいえないでしょう。

勤続年数が長くなれば昇給はあるの?

一般企業であれば2年に1回、公務員であれば1年に1回の昇給がありますが、保育士も勤続年数が長くなれば昇給があるのでしょうか。

実は保育士が勤続年数によって昇給があるかないかは、勤務先によって異なります。

勤続年数による昇給制度をしっかり設けているのは、公立の保育園です。

公立保育園は昇給制度がきちんとしているので、保育士の離職率も低い傾向です。

私立保育園の場合は、収入減が自治体の僅かな補助金と保護者から受け取る保育料だけなので、どうしても保育士の昇給まで手が回らなくなっています。

さらに営利目的の保育園の場合は、利益を確保するために人件費を抑える傾向にあるので、保育士の昇給を全く行っていない場合が多いです。

したがって勤続年数で昇給したいのであれば、公立保育園で働くのがいいでしょう。

2017年4月から国が先導して処遇改善が進む

国は保育士不足を改善させるため「保育士処遇改善等加算」という保育士の給料を上げるための補助金を支給する制度を作りました。

「保育士処遇改善等加算」とは、保育士のキャリアや勤続年数に応じて保育士の給料を上げるために保育園に補助金を支給する制度のことをいいます。

この「保育士処遇改善等加算」の金額は5年間で10%ほどアップしており、平成29年度では平均して月額3.2万円も支給されているのです。

この補助金は正規で働く保育士だけでなく、パートや派遣社員も含まれています。

さらに平成29年度からは、新しい役職にキャリアアップすることによって月最大4万円の給料アップを目指せる制度に改善されました。

新制度によって園長や主任保育士だけでなく、副主任保育士や専門リーダー、職務分野別リーダーもキャリアアップの対象になったので、給料アップを目指しやすくなっています。

年収を上げるにはどうすればいい?

保育士の年収を上げる方法は、主任クラスへのキャリアアップを狙ったり補助に力を入れている自治体で働いたりするなどさまざまな方法があります。

他にも昇給制度が整っている公立保育園への転職や福利厚生の良い保育園への転職も有効です。

さらに保育士の仕事を活かして他の仕事へ転職することも可能です。

自分の将来のビジョンに合わせて年収を上げる方法を考えることが保育士の年収アップのポイントになります。

主任クラスへのキャリアアップを狙う

転職をしないで現在働いている職場で年収アップを目指すのであれば、主任クラスへのキャリアアップを狙うのがいいでしょう。

「保育士処遇改善等加算」が平成29年度に改正されたことによって、キャリアアップすることによって国から4万円が支給されることになります。

したがって転職をしなくても主任クラスへのキャリアアップのチャンスがあれば年収を上げることができます。

主任保育士になるためには経験年数を積むことと必要な研修を受けてスキルを上げることです。

公立保育園では25年勤務することによって主任クラスへキャリアアップすることが多く、私立保育園の場合は5~8年以上の勤務で就任する場合が多いです。

さらに主任クラスへなりたいという熱意や希望を上司に話しておくこともポイントになります。

補助に力を入れている自治体で働く

補助に力を入れている自治体で働くことも、年収を上げる方法として有効です。

保育士の処遇改善に独自の取り組みを行っている自治体の一つに東京都があります。

東京都では一律2.1万円の給与アップや借上げ宿舎の家賃補助制度を導入しており、江戸川区ではさらに育児休業給付金の給付期間を、最大6か月まで延長しています。

千葉県も保育士の処遇改善に力を入れている自治体です。松戸市では保育士になるための就学資金援助のほか、新卒保育士向けに家賃補助制度・就職準備金の貸付制度などを行っています。

さらに給与上乗せ支給などを実施しており、このような手厚い支援の内容は「松戸手当て」と呼ばれ話題になっています。

同じ千葉県内にある船橋市でも家賃補助制度や就学資金貸付制度を実施し、月額給与と期末手当を上乗せするなどの取り組みを行っています。

公立保育園に転職をする

公立保育園は民間の保育園に比べて給料が高い傾向にあるので、年収を上げたいのであれば公立保育園への転職も有効です。

また公立保育園は昇給制度もしっかりしているので、同じ保育園に長く勤めたいと考えている方にも最適であるといえます。

しかし公立保育園の採用倍率はどの自治体でも非常に高いので、なかなか採用されないのが現状です。

そうであれば非常勤勤務で採用してもらおうと考えてしまうこともありますが、公立保育園の非常勤勤務の時給は1300円程度で賞与もでないのであまりよい条件ではありません。

しかし公立保育園の正規雇用は条件が良いので、勤務できそうな地域の求人があったら応募してみるのがいいでしょう。

福利厚生の良い保育園へ転職する

年収を上げるために転職を考えている保育士の方は、年収や月給にばかり目を向けがちになりますが、条件の良い保育園に転職するには福利厚生面を考えることも大切です。

例えば住宅手当などがしっかりついている保育園であれば、月給が低めであっても月々の住宅費を住宅手当でまかなうことができるからです。

福利厚生とは通常の賃金・給与にプラスして支給される非金銭報酬のことを指しますので、福利厚生が多ければ多いほど報酬が高くなるといえます。

保育園によっては住宅手当以外にも提携高級ホテルの宿泊代が割引になったり、フィットネスクラブを利用できたりする制度がある場合もあるので、転職する際には福利厚生面もしっかりとチェックすることが大切です。

保育士の資格を活かせる他の仕事へ転職する

保育士の資格を活かせるのは保育園だけではありません。

保育士の資格を活かして保育園以外の職場で働きたいのであれば、児童福祉施設や訪問型保育、さまざまな施設での保育業務があります。

児童福祉施設では障がいのある子どもたちの療育に関われるような仕事もあり、やりがいの感じる職場が多いといえます。

訪問型保育には保育所などに通っている子どもが病気になった際、保護者の代わりに子どものお世話をする病児保育や自宅で子どもの保育を行うベビーシッターなどがあります。

これらの仕事は子ども一人ひとりとじっくり向き合うことができるので、多数の子どもを保育する保育園とは一味違った保育を行うことができます。

他にも保育士の資格を活かせる職場には、医療機関で子どもを保育する病棟保育や生まれたばかりの新生児や上の子のお世話をする産婦人科での保育サービスなどがあります。

年収を上げたい保育士におすすめの転職サイト

ほいく畑

ほいく畑

年収を上げたい保育士におすすめの転職サイトの一つにほいく畑があります。

ほいく畑は厚生労働大臣認可の保育士就職支援センターで、専任の人材コーディネーターが一人ひとりの希望に合わせて保育士求人を紹介しています。

全国各地に地域に密着した長年のネットワークを持っているので、非公開求人を含めた膨大な求人リストから希望にぴったりのものを探すことができます。

したがって保育士未経験の方やブランクのある方、子育て中の方でも保育士の仕事を見つけることが可能です。

さらにほいく畑は仕事を探してくれるだけでなく、就労後のフォローもしっかりしているので安心して働くことができます。

他にもお仕事相談会などの就労支援サービスも積極的に行っています。

ほいく畑の詳細ページ

保育エイド

保育エイド

保育園という職場は女性が多いので、人間関係に悩むことがどうしても多くなってしまうのではないでしょうか。

そんな職場の人間関係に悩まないで仕事をしたいと考えているなら、保育エイドという転職サイトを活用するのがいいでしょう。

保育エイドでは女性のコーディネーターが人間関係の良い職場だけを紹介するサービスを行っているので、紹介してもらった職場は働きやすいと評判です。

人間関係が良好な職場が多く、有給休暇も取りやすい、時間外労働もほぼないといった職場を紹介してもらえば、プライベートを充実させることもできます。

保育エイドが人間関係の良い職場を紹介できる理由は、実際に働き始めた保育士さんに職場の環境を聞いてそれをフィードバックしているからです。

また人間関係がまだできあがっていない新規オープンの保育園の求人も多数取り扱っている点も理由の一つとなっています。

保育エイドの詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件