保育士を辞めたい!保育士を辞めるべき人の特徴とやるべきこ

子どもが大好きで保育士になった人も、実際に保育園で働いてみると、想像とは違う過酷な環境や、人間関係の悪化、給料が低く待遇が悪い等、保育士をやめたいと考える人も少なくありません。

ストレスにより、睡眠障害やうつ病などの健康被害を受けてしまうこともあり、きつい職場でいつまでも無理して働くのは危険です。

他の保育園へ転職することで、働きやすい環境を手に入れることもできます。

今回は、今働いている保育士をやめるべきなのか、今すぐに転職を考えた方がいい人の特徴を紹介します。

保育士を今すぐ辞めるべき人の特徴

保育士というのは過酷な職業であり、子どもが好きという理由だけでは続けることができません。

体力も使いますし、同僚や保護者、子どもとの間で円滑な人間関係を結ぶことができないと、辛いと思うことも増えてきます。

ここでは、保育士を今すぐやめるべき人の特徴を紹介します。

毎日仕事へ行くのが憂鬱で辛い

保育士は、離職率が高い職業となっています。給料の低さ、それに見合わない過酷な労働環境が主な要因です。

たくさんの子どもの面倒を見るということは、慣れてきた保育士でも難しいものです。

静かになったと思ったら、一斉に泣き出したり、先輩保育士からきつい仕事を任される、保護者からの厳しい要望など、現場はまさに地獄絵図。人間関係が悪化すると、毎日の仕事がしんどくなり、楽しくなくなっていきます。

自分のペースで仕事することもできず、サービス残業やお持ち帰りの仕事など、自由な時間も作れません。

毎日仕事へ行くのが憂鬱で辛いなら、保育士という職業が向いていない可能性もあるので、やめた方がいいかもしれません。

イライラして子どもへきつく当たる回数が増えている

多忙な保育士の仕事をしていると、ストレスやイライラが溜まってきて、子どもへきつく当たる回数が増えてしまう人もいます。

中には、他の子どもに迷惑をかけたり、問題を起こす子どもいるので、叱るということも必要です。

しかし、「叱る」と「怒る」は違います。叱るというのは、子どもに「なぜそういうことをしてはいけないのか理解させる」という目的があります。

一方、怒るは、自分の瞬間的な感情の発散が目的となっていることも考えられるでしょう。

イライラして心に余裕がなくなってくると、叱っているつもりが、自分より立場の弱い子どもに対して怒ることで、ストレスやイライラのはけ口にしてしまっているかもしれません。

叱るというのは、本来は「深い愛に溢れた行為」、子どもへきつく当たる回数が増えている人は、知らず知らずのうちに子どもに悪い影響を与えてしまっている可能性があるのです。

ストレスから睡眠障害など健康被害を受けている

健康的な生活を送ることで、心に余裕をもって子どもたちと接することができます。

しかし、職場での人間関係、多忙など、ストレスをため込み過ぎると、「睡眠障害」などの健康被害を受けることもあるでしょう。

そうすると、保育士の仕事の作業効率の低下や、職場への人間関係にも影響がでてきます。

保育士というのは、子どもたちに囲まれて、楽しい職場だと考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし実際は、職員同士や保護者との関係、子どもに怪我をさせてはいけないなど、責任の重さに押しつぶされそうになることもあるでしょう。

真面目な人ほど、ストレスによりうつ病を発症しやすくなりますし、職業的にも、保育士はうつ病になる人がたくさんいます。

うつ病になると生きているのが楽しくなくなり、回復するまでに時間もかかってしまいます。

ストレスから健康被害を受けている人は、このまま保育士の仕事を続けていると、取り返しのつかないことになるかもしれません。

「保育士」として働かないと生きていけないと思いこんでいる

保育士というのは社会にとっても貢献度が高いとても素敵な職業です。

よくニュースで取り上げられる「待機児童問題」。保育士が増えることで、この問題を解決することもできるようになるでしょう。

しかし、保育士というのは他の職業よりも低給料でサービス残業や持ち帰りの仕事も多く、思ったように休日もとれません。

そんな中でも自分は保育士としてしか働けないと思っていませんか?せっかく資格を取ったのだからと思いこんでいる人もいるでしょう。

無理して保育士として働く必要はなく、やめたくなったら自由にやめてもいいのです。

保育士の他にも、「介護士」や「看護師」など、社会に必要不可欠で、今後需要が増えていく職業はたくさんあります。

違う保育園への転職を考えるべき人の特徴

保育士としてずっと働きたいけど、今働いている保育園はちょっと我慢できないと思っている人は、違う保育園に転職することを考えた方がいいかもしれません。

違う保育園へ転職することで、人間関係をリセットできるだけじゃなく、好待遇を受けられることもあります。

ここでは、違う保育園への転職を考えるべき人の特徴を紹介します。

職場でいじめやパワハラに合っている

保育士の離職理由で度々挙げられるのが、職場でのパワハラやいじめなどです。

保育施設は女性が職場で多く働いているため、「派閥」などが発生することもあります。

先輩保育士に逆らうと、いじめに合ったり、些細なミスで目を付けられ、雑用ばかり押しつけられることもあるでしょう。

また、マタハラと言って、職場で妊娠、出産している人に嫌がらせする人もいます。

育児休暇を認めず、妊娠を機に退職を強要させられる保育園もあるのです。

自分では気づかなくても、「うちの園は人手が足りないから」と、遠回しに妊娠しないように告げる園長や先輩保育士もいます。

小規模な施設では逃げ場がないので、このように「ハラスメント」を受けている場合は、違う保育園に転職することで「育児休暇」が認められたり、人間関係を再構築することもできます。

残業代・各種手当のない保育園で働いている

保育士が働きたくないと思う大きい理由の一つに、残業代が支払われないというのがあります。

「残業なし」を掲げている施設でも、持ち帰りの仕事が大量発生して、自由な時間が全く取れないといった問題が出てきてしまいます。

本来は17時までの仕事だったとしても、そこから21時まで残業、しかも無報酬のサービス残業なんてことになったら、不満がどんどん膨れ上がるばかりか、体を休める暇もないでしょう。

保育士の処遇改善も進んできていますが、まだまだ施設によって待遇の差は激しいです。

年間行事の準備や打ち合わせをすることでもらえる「特殊業務手当」や「通勤手当等」、「住宅手当」など、保育所によって支給の有無、額にはバラツキがあります。

「残業なし」という保育園を見つけるのは難しいですが、求人票の勤務体制と残業の記載に注目することで回避することもできます。

無理なく働ける職場を目指し、各種手当が優遇されている保育園へ転職するということも大切です。

モンスターペアレントに悩まされている

保育士にとっては、「モンスターペアレント」も大きな存在の一つとなっています。

モンスターペアレントとは、保育園に対して理不尽な要求や、クレームをしてくる保護者のこと。

職場の人間関係、激務に加え、こうしたモンスターペアレントの存在により、対応に頭を悩ませ、神経をすり減らし、退職へと追い込まれてしまう人も少なくありません。

本来ならば、相互的なコミュニケーションによって保護者との問題は解決されますが、モンスターペアレントの勝手な思い込み、過保護で自分の子どもしか見ていないなど、不満があれば保育士に対して一方的に圧力をかけてきます。

理不尽なモンスターペアレントに一人で対抗するのは、心身的にも辛すぎます。

園長や、先輩保育士の助けが必ず必要になってきます。先輩保育士や園長に相談しても協力が得られない場合は、自分が精神的に参る前に、転職を考えましょう。

女性主導の職場が辛い男性保育士

圧倒的に女性が多い保育業界では、男性保育士は肩身が狭い思いをすることが珍しくありません。

「力仕事ばかりを任される」「男性のトイレ、更衣室がない」といった問題もあるでしょう。

男性が自分一人だけという環境も珍しくなく、そうすると「着替える時」「トイレする時」なども、常に女性保育士に気を遣って行動をしなければならず、気疲れしてしまいます。

施設に一人や二人しかいない男性保育士は、話す相手がいなくて、空気になったり、孤独感を感じることもあります。

貴重な男性保育士のはずが、女性保育士グループから陰口や嫌がらせなどの差別を受けてしまうケースもあるのです。

そうなると、その職場で働きにくくなり、転職を考えなければなりません。

優良保育園の求人が多い転職サイト

ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑は厚生労働大臣が認可した保育士就職支援センターです。

全国4000件以上の保育士の求人が掲載されており、保育士就職支援サイトとしてはトップクラスの規模を誇ります。

ブランクや未経験者の求人も充実しており、その人に合った職場を探してくれます。

保育士のコラムがあったり、お役立ち情報が掲載されているのも嬉しい所です。

中でも特徴的なのが、専属のコーディネーターが親身になって相談に乗ってくれるということです。

勤務条件の交渉もしてくれるので、給与面の待遇、残業有無を含めた休日の取り方など、ほいく畑を通して、求職者の話しにくい条件の交渉をしてくれます。

現在働いている職場に不安があるけど、忙しく、転職先を探す余裕がない人にも、ほいく畑はおススメです。

ほいく畑の詳細ページ

保育ひろば

保育ひろば

保育ひろばは、常に8000件近い求人があると言われ、業界トップクラスの求人数と紹介求人の質が魅力の一つとなっています。

待遇や環境の良い保育施設が多い「非公開求人」を紹介してもらえることができるので、今までよりも待遇の良い職場の求人が見つけやすいというポイントがあります。

多くの求人があれば、それだけ妥協することなく仕事を選びやすくなるでしょう。

保育ひろばは、全国地域の保育士求人に対応しており、それぞれの地域専任のコンサルタントと相談しながら、一人では探すことができない、レベルが高い職場と出会いやすくなります。

丁寧な転職アドバイス、履歴書や職務経歴書作成も担当者からレクチャーしてもらうこともできます。

転職した後の不満の多い保育士ですが、利用者満足度は94.2%というレベルの高さです。

転職成功の暁には、「2万円をプレゼント」するキャンペーンがあり、休職中の方には特に嬉しいサービスとなっています。

保育ひろばの詳細ページ

保育エイド

保育エイド

人間関係に悩んでいる方におススメなのが、保育エイドです。

保育園を離職する理由でも上位をしめる人間関係、保育エイドでは、実際に働いている方の口コミで評判の良い保育園のみを紹介することで、人間関係が悪い職場を紹介しないようにしているのです。

本来見学できない施設でも、保育エイドなら職場見学が可能。

それにより、自分の目で、働いている人たちと良好な関係が築けるかどうか判断することもできます。

待遇が酷いと、職場の環境というのはどうしても悪化してしまいます。

なので、保育エイドでは待遇面にも注視し、「時間外労働ほぼなし」「有給休暇を取得しやすい」など、長期間働けるような、雰囲気の良い保育園だけを紹介しています。

保育エイドの詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件