保育士が転職しやすい時期とは?転職に最適なタイミング

保育士の転職におすすめのタイミング

保育士が転職を行うにはキャリアや資格などだけでなく、「転職時期」がとても重要になります。

ベストなタイミングを逃して転職活動を行っても希望を満たす転職先には中々出会うことができず、本当に納得して次の園に移れないかも知れないのです。

今回の記事では転職を行うのにおすすめの時期と、転職活動を始めるタイミングなどをご紹介します。

転職先をタイミング良く探し始めることで、効率よく働きやすい園を見つけることができる様になりますよ!

保育士が転職するのは「4月」がベストなタイミング!

いきなり結論となりますが、現在働いている園を退職し次の園に移るタイミングは「4月」がベストな時期です。

もちろん、この時期でないと絶対にダメということにはなりませんが、可能な限りは4月から次の職場に移るようにしましょう。

ここからは誰もが納得するはずの、「保育士の転職には4月がおすすめの3つの理由」をご紹介します。

現在働いている園に大きな迷惑をかけないで済む

どこの保育園でも保育士は不足気味と言われています。

また1人の保育士が1つのクラスを受け持つことも少なくはなく、保育士が年度中に辞めてしまうとなると園側にとっては大きな負担になってしまいます。

残されることになる園児も、新しい保育士の方が来てもすぐに慣れることは難しいかも知れません。

ですが4月に転職を行うとすれば、引き継ぎなどもスムーズに行いやすく園にも子供たちにも負担は少なくて済みます。

また年度中に退職されるのは園側としても避けたいので、引き止めが行われたりと円満退社とならない可能性も否定できません。

気持ちよく退職するためにも「4月」はベストなタイミングなのです。

転職先の園児や保護者との信頼関係が築きやすい

4月から新しい園で働くとなれば、引き継ぎを受ける側になってもやりとりがスムーズに行えます。

またクラス替えなどのタイミングになりますので、新しい保育士の方に変わったとしても全く違和感がありません。

ですから園に子供を預ける保護者の方からしても、保育士が変わることを自然に受け入れることができるはずです。

これに対して年度中から働き始めた場合は「前の先生に何かあったのかしら?」や「このタイミングで保育士が変わるなんて迷惑」などと思われる可能性もあり、保護者や子供たちとの信頼関係を築くのが若干ですが難しくなる不安も無くは無いのです。

保育士としての常識や責任感を示すことができる

年度中の転職は前にいた園に対しての迷惑が大きいのですが、新しく働くことになる園からも「年度中に退職をする可能性のある人」と思われてしまう危険があります。

もちろんこれから働く園側が人材を求めていたからこその転職なのですが、年度中に転職を行うのなら「それ相応の理由」が必要となります。

たまたま見つけた求人が好条件だったからという様な理由だと、さらに好条件な求人が見つかった途端に退職してしまうかもと思われてしまいますよ。

ですから特に急ぎでも無いのなら、4月に転職をするのがおすすめです。

そうすることで保育士としての常識があり、与えられた責任を最後まで全うする人物であることを示すことができるのです。

状況次第では「今」がベストタイミングにもなります

次の園へ移るタイミングに融通がきく状況であるのなら、「4月」に転職をするのが間違いなくベストです。

ですが大きなストレスを感じていたり、体力的な限界を感じているのなら年度が終わるのを待つ必要はありません。

今働いている園に迷惑をかけないことも保育している子供たちを大切に思う気持ちも重要ですが、何より大切なのは「自分の心と身体」だからです。

もし「もう、ここで働くのは無理!限界!」と思ってしまったのなら、その時こそが転職をするベストタイミングなのかも知れませんね。

保育士が転職活動を始めるベストな時期はいつ?

実際に職場を移るのは4月が一番良い時期だとしても、それまでに転職先を見つけておかなくてはいけません。

なるべく早くから転職活動を行えば良いだけじゃないかと思われるかも知れませんが、保育士の業界には転職活動を行うのに適した時期というのがあるんです。

その時期を逃さず転職活動を始めることができれば、時間を無駄にせずに理想の条件を満たす職場を見つかられる確率が高まりますね。

求人数が多くなる時期を狙う!

  • 10月~11月
  • 2月~3月
  • 5月~7月

この中の上から2つの期間は保育士の求人が得に多くなりやすい時期です。

その2つの時期には劣るものの、5月~7月にも多くの求人が出てくる可能性があります。

求人が多くなるタイミングでは、条件が良い求人が見つかりやすいという特徴も。

質も良く量も多い求人が見つかる時期があるのなら、その時期を逃す手はありませんよね。

ここからは、3つの時期で求人が多くなる理由を解説します。

理由がわかれば、みなさんも納得して転職活動が始められるのではないでしょうか?

10月~11月は来年度を見据えた募集が増える

全国的に保育士が不足していることもあり、運動会が終わった10月ころには翌年度の勤務に関する確認を取る保育園が増えています。

簡単に言えば「人員を確保していおきたいので、来年もウチで働いてくれるかを聞かせてください」という様な質問が行われるということです。

ですから、この時期に退職の意志を示す保育士の方も多く、園側は来年度の人員を補充するために10月頃から求人を出す様になり求人が増えるのです。

逆に言えば、この時期を逃してしまうと年内に内定先を見つけるのは少しだけ難しくなるかも知れませんね。

2月~3月には好条件な求人も多数!

10月時点では転職の意志が無かった方も、年末が近づくにつれて違う園で働くことを考え始めることがあります。

また保育士業界では遅くとも3ヶ月前には退職の意志を示すことが、働いている園に迷惑をかけずに退職するために必要だとも言われています。

ですから4月に転職をするとすれば、3ヶ月前の1月に退職の意志を伝えなくてはなりません。

こんな理由から年末年始にかけて退職希望を出す方も多く、2月3月は年度替わりに向けて大急ぎで人員確保が行われているのです。

保育士が不足している状況では園児を迎えることも難しくなりますので、同様の理由から求人を出している他の園に人手を取られないために、好条件な求人が多くなる傾向があるのです。

6月~7月も可能性アリ

6月から7月に求人が多くなるのは不思議に感じるかも知れませんが、求人が増える理由となっているのは「5月病」です。

4月からの新年度に気合を入れて臨んだものの、ゴールデンウィークが明けた頃には気持ちが続かなくなり働くのが嫌になってしまう。

5月病で退職するのは保育士でも少なくはなく、中には辞めたいと思いつつも6月のボーナスまで耐えて退職する方もいます。

ただ、この時期に出る求人は翌年度が始まる4月まで転職を待ってもらうことは難しく、少しでも早い転職を希望されます。

条件的には良いことが多いのですが、現在働いている園をトラブル無く辞めることができるかなど、転職するにはハードルは高めです。

ピークではなくても年中いつでも求人はあります

慢性的に人手が不足している保育業界ですので、多くはないとしても年中求人は見つかります。

ですから、ピーク時を逃してしまったからと言って全く仕事が無いわけではありません。

求人が多くなる時期から転職活動を始めるのが効率が良いのは確かですが、転職を志したその時から求人探しを初めて見るのも悪いことではありませんよ。

保育士が転職するのに必要な期間は何ヶ月以上?

ここまでの記事の中で、勤務先に転職の意志を示すのは「転職希望日の3ヶ月以上前が基本」ということをお伝えしました。

ですが、実際に転職を行うには園に意思表示をする以外にも様々な「準備」も行わなくてはいけません。

転職希望日のどれくらい前から、どんな準備をしていけば良いのかを知っておけば、スムーズに転職活動を行うことができるのではないでしょうか?

転職活動には準備が重要

  • 勤務先へ退職の意志を伝える(転職の3ヶ月以上前)
  • 引き継ぎのための準備を行う
  • 転職先に希望する条件をまとめる
  • 求人探し、応募、面接など

これらを一つずつしっかりと行っていかないと希望タイミングでの転職が行えなかったり、最後になってトラブルを巻き込まれてしまうことにもなってしまいかねません。

次からは退職の意志を伝える以外の、「やるべきこと」を解説していきます。

引き継ぎの準備にも時間が必要

単純に「引き継ぎ」と言っても色々な情報をまとめなくてはいけません。

自分が預かっていた子供たちや、保護者に関する情報も後を次ぐ保育士に伝えるべき内容です。

他にも園で行ってきた行事や自分が担当していた仕事についても、書類を残していけば喜ばれるはずです。

引き継ぎの資料を作るのは絶対にしなくてはいけないことではありません。

ですが、円満に退職するためには「やっておいて無駄にはならない」作業です。

引き継ぎの資料作成は転職先が決まってからで問題はありませんが、ギリギリになってからでは大変ですので、早めに作業開始しておくのをおすすめします。

次の勤務先に関する希望条件をまとめる

転職を決めたからといって、すぐに求人探しを行っても無駄に時間ばかり使うことになりかねません。

実際に求人を探し始める前には、自分が何を求めていて、どんな条件の場所に転職したいのかを落ち着いて考えてみましょう。

できることなら、希望条件には優先順位を付けておいてください。

そうすることで求人情報の比較検討がスムーズに行える様になります。

本格的な求人探し・応募・面接

働きながら求人情報をチェックするのは案外大変です。

ですが「ここで良いかな」なんて妥協しながら応募先を選んでも、後で後悔する可能性が高くなってしまいます。

そうならない為には、この記事の後半でもおすすめする「転職エージェント」や「転職サイト」を使うのがベストです。

自分1人で転職を行うのは本当に大変ですが、これらを上手く使えば転職の負担を大きく減らすことができますよ。

転職活動の開始は転職希望日の3ヶ月以上前から

転職予定日の3ヶ月以上前に勤務先に退職の意志を示す必要もあり、少なくとも転職期間は3ヶ月以上は確保しておくべきです。

考えをまとめる期間などは多くあって困りませんし、転職期間は長めに考えておいて無駄にはなりません。

余裕を見て半年ほどの期間が確保できていれば、慌てることなく転職ができるはずです。

保育士が転職しやすいのは何年目から?年齢的には?

記事の前半で保育士の求人が増える時期をお伝えしましたが、「年齢」や「キャリア」にもベストなタイミングはあるのでしょうか?

もし今は転職するかを悩んでいる段階だとしても、現在の自分が「転職にベストなタイミング」を迎えているのなら、一歩を踏み出す勇気が出るのではないでしょうか?

ここからはキャリアと年齢に絞って調査をした結果をご報告します。

キャリア的には2年以上、3年あれば安心

キャリアが多ければ多いほど信頼できるのは確かですが、1つの園でのキャリアが長過ぎてしまうと転職先のやり方に慣れる柔軟さを失ってしまっているかも知れません。

ですが、経験が浅いとなると根本的なスキルや知識が不足してしまっていると思われる可能性もあります。

転職するとなればキャリアは最低でも2年は欲しいところです。

3年あれば、何も問題はありません。

ですから、キャリア2年以上というのが保育士の転職に必要な条件と言えます。

年齢は20代半ばから30代前半なら高評価

担当する園児の年齢にもよりますが、保育士の仕事では体力が必要な場面も多くあります。

ですから若い方は歓迎している園が多数です。

これにキャリアを加味して考えれば、20代半ばから30代前半の方は縁側としても嬉しい人材となります。

逆に40代以上の方は経験は豊富ですが、扱いにくいと思われがちです。

園ごとに求める人材は違うので諦める必要は無し!

キャリアや年齢に関するベストなタイミングとして紹介した条件は、あくまで一般論と考えてください。

年齢的に若い方の方が評価が高くなるとお伝えしましたが、未婚なのか既婚なのか、子育て中なのかによっても評価は変わります。

また現在は若手しかいない保育園などでは、ベテランが歓迎されることも考えられます。

ですから「自分はベストタイミングじゃないんだ・・・」なんて諦めたり落ち込む必要は全くありませんよ!

保育士の転職には転職エージェント&サイトの利用がおすすめ!

保育士の方が転職を志したとしても、引き継ぎの準備をするだけでも大変なはずです。

時間的な余裕があればそれでも大きな問題はないのかも知れませんが、転職活動にかかる時間や労力を少なくしたいとお考えならば「転職エージェント」や「転職サイト」を利用してみてはどうでしょうか?

きっと自分1人で転職活動を行うよりも何倍も負担が少なく、そして理想的な働き先が見つかりますよ!

あまり興味が無かった方も「エージェントやサイトを使うメリット」を知れば、きっと頼ってみたくなるはずです。

タイムリーに条件に合った求人紹介が受けられる

求人広告や求人情報誌などと比べて豊富で最新の求人をチェックしたり紹介してもらえるというのは、転職活度の中で大きなメリットになります。

転職サイトならば条件検索が行なえますし、エージェントでは面談で伝えた希望条件をクリアした求人を中心に紹介を受けることができます。

求人数も豊富ですし、そのサイトでしか見つからない非公開求人の紹介を受けられることもあります。

施設の情報が詳しく、中には施設の見学の仲介をしてくれたりなど嬉しいサービスが受けられるサイトも存在しています。これらも大きなメリットになりますね。

時間の有効活用できる

これは特に転職エージェントに言えることですが、求人紹介だけでなく応募手続きや面接のスケジュール調整、そして条件面での交渉などまでも代行で行ってくれるのです。

自分で全てするとなると大変ですが、まるで専属秘書の様に色々とサポートしてくれるので、引き継ぎの準備などに時間を作ることが可能になるはずです。

他にも必要書類の記載内容に不備がないかのチェックや面接対策など、内定率を高めるサポートもバッチリしてくれます。

サイトやエージェントを使うのにデメリットはありません

転職サイト&エージェントを利用するのは原則無料であり、利用するにあたって特にデメリットとなるものはありません。

どちらかと言えば「使わないと損している」サービスです。

ちなみに転職サイトやエージェントを利用する際には「保育士の転職に強い」か「保育士専門」の場所を使うようにしましょう。

総合転職サイトよりも手厚いサポートが受けられ、豊富で質の高い求人が集まっていますよ。

保育士におすすめの転職サイト・エージェントは、こちらの記事で詳しく紹介しています。

保育士におすすめ!転職サイト比較ランキング!【2018年決定版】

ベストタイミングで転職を行い保育士としての新たなスタートを切りましょう!

保育士の方が転職をするにはベストな時期があり、求人数にもピークとなるタイミングがあります。

さらに転職に必要な期間や向いている年齢など様々な知識を得たみなさんならば、きっと理想的な働き先を見つけることができるはずです。

より良い環境を求めて転職を決意したみなさんが、保育士としての新たなスタートを切ることを応援しています!