20代保育士が転職でアピールすべきポイント!経験不足をカバーするコツ

20代の保育士転職

現代社会において転職者は珍しくありません。

保育士も同様で、よりより条件の職場を見つけて転職する方は多くいます。

転職をするなら早めにと考えて、20代で転職をする場合もあります。

しかし、20代の転職は、他の年代より経験値が少ないというデメリットがあります。

転職において、この経験不足をどのようにカバーするかが重要となります。

ここでは、経験不足な20代保育士が転職でどのようにアピールすればいいか、分かりやすくまとめてご紹介します。

20代は人気が高い反面、経験不足と見られることも…

20代は若く体力があるので、転職市場では人気が高い年代です。

また、若い分長く働いてくれるという期待感、知識の吸収も素早く戦力として育てやすいという将来性もあります。

特に保育士という職業は体力を使うので、若く体力のある20代は人気の年代です。

しかし、20代の転職は、どのような業界でも経験不足という点がデメリットとして挙げられます。

30代、40代の同じ保育士と比べ、勤続年数が少ない20代の転職は圧倒的に経験値が足りません。

保育所によっては若さより経験値を優先するところもあるので、若さのアピールが逆にデメリットとなる可能性もあります。

年齢による経験不足は埋めるのが難しいです。このため、一工夫した転職アピールが必要になります。

結婚・子供の有無によって退職リスクを危惧されることもある

晩婚化が増加している現代において、20代で未婚、子供が居ない方は大多数です。

特に社会人として働いている方は仕事が忙しく私生活に時間を回す余裕がないので、転職をする時点で未婚、子供が居ないという方は珍しくありません。

特に保育士は残業が多く、忙しい保育所が多いです。

しかし、転職後に仕事に慣れて私生活が落ち着いた後、結婚や妊娠といった私生活の変化が起こる可能性は十分にあります。

特に若い20代は、これからの生活に大きく変化が出る可能性が高い年代です。

保育所は長く働ける人材を求めています。

結婚や妊娠によって退職リスクが高まる人材はなるべく避けたい、と考えた採用基準を設けている保育所の場合、20代の転職は難しくなります。

20代保育士の転職を成功させるコツ

先述の通り、20代の転職は難しい面が多くあります。

しかし、若い20代のみができる転職方法というものがあります。

そして、20代保育士の転職を成功させるにはいくつかコツがあり、これを押さえておけば成功率をアップさせることができます。

自己PRでは体力や積極性をアピールしよう

転職において採用担当者が重要視する点の一つが自己PRです。

自己PRは履歴書などの提出書類、面接の場で行うことができます。

30代からの転職では、自己PRは即戦力として働けるという点が全面的に出すことができます。

人材不足の企業側はすぐに働ける人材を求めているため、経験のある即戦力は採用の可能性が高いと言えます。

20代の転職では即戦力としての経験値が足りません。

経験があっても、同じ環境で年上の30代と比べて説得力が足りません。

そのため、経験アピールではなく、体力や積極性をアピールするようにしましょう。

体力は20代ならではの強みです。体力が必要な保育士にとっては重要視する部分なので、体力アピールは効果的と言えます。

積極性も働く上で重要です。

忙しい保育園で積極性がある人材はよく働いてくれるタイプと判断され、採用の可能性がアップします。

過去の経験を具体的にアピールすることも大切

新卒の就職は若さとフレッシュさを全面的に押し出すものです。

しかし同じ20代でも転職の場合、他の職場での経験があるため、新卒のようなフレッシュさは転職アピールで強みとして使えません。

そこで使うのが、過去の経験のアピールです。

前職で保育士として働いていた場合、そこでの経験を具体的にアピールしましょう。

アピール内容に数字を入れるとより具体的になります。

例えば、勤続年数や担当した子供やクラスの数などです。

それにプラスして、前の職場でどのような功績をあげたかを分かりやすくまとめて伝えましょう。

功績がない場合でも、過去の経験から転職希望先でどのような仕事ができるか、経験を具体的なアピールに繋げていきましょう。

なるべく長期に渡って働きたいとアピールしよう

先述の通り、20代の転職は退職リスクが高いと見られる可能性があります。

実際に、結婚や妊娠をきっかけにして退職する方は珍しくありません。

退職リスクは採用側が判断するものであり、リスクを軽減させるにはこちら側からのアピールが必要です。

効果的なアピール方法として挙げられるのが、長期に渡って働きたいというアピールです。

具体的に言葉にすることが重要で、面接や書類面接などでしっかりと伝えていきましょう。

また、長期に渡って働きたい理由、それに伴う将来の展望も併せて具体的に伝えておくことで更に説得力が増します。

分かりやすく、簡潔に採用者へアピールしましょう。

転職したほうがいい20代保育士の特徴

転職は長く働き続けるための一つの手段です。また、働き続けるためには精神的、身体的に健康を維持する必要があります。

中には、転職した方がよりよい環境で働くことができる保育士もいます。

しかし、働いていると「転職した方がいい」という自覚をしにくいです。

保育士としての仕事は、今いる職場だけではありません。

実際、保育士の採用数は多いので、よりよい環境作りのために転職するのは有効的な手段です。

就職時に抱いていた理想の保育士とのズレを感じる

保育士というと、子供たちと遊んでのびのびとした環境で仕事ができる、というイメージがありますが実際には異なります。

保育園によっては保育士が足りないところがあり、残業や持ち帰りの仕事が多く私生活に支障をきたすことは珍しくありません。

仕事が私生活を圧迫する環境が続くのは決していいことではありません。

このような職場はいわゆるブラック企業で、勤め続けてもメリットは少ないでしょう。

また、保護者からの声も厳しく、これを一身に受けるのが保育士です。

中には常識外の要求をしてくる保護者もいるので、この対応がストレスになってしまう方もいます。

このように、就職前の理想と実際のズレを大きく感じてしまい、心身ともに疲労してしまう保育士は多くいます。

このような方は、無理に働き続けるのではなく転職で職場環境を改善することをおすすめします。

5年後のキャリアプランも見えない

保育士として長く働きたいのであれば、将来のキャリアプランを見据えることが重要です。

しかし、今いる職場で5年後のキャリアプランが見えない場合、転職することをおすすめします。

20代からの5年後というと、何かしらの役職に就いていたり、キャリアップをしていたりするタイミングです。

まず今の職場で働き続けている自分をイメージしましょう。

そして5年後の自分の姿を考え、もし具体的なキャリアプランが見えない場合、今の職場は将来的な可能性がないと判断することができます。

5年後のキャリアプランのイメージは重要なことです。

保育士として働き続けるのであれば常に考えておきましょう。

また、転職時に、将来的なキャリアプランがイメージできるという基準で職場選びをするのは効果的です。

今後も保育士を続けていくべきか毎日悩んでいる

今後も保育士を続けていくか毎日悩んでいる方は、心身ともに限界がきている可能性があります。

転職して職場環境を一新しましょう。

保育士の方で、今の職場環境や就労形態、待遇に不満を持っている方は多くいます。

しかし保育士自体を辞めるのではなく、違う保育園に移ることでこれらの悩みを一気に改善することが期待できます。

実際に、保育士は人手不足な業界で多くの選択肢があるため、その中から自分に合った職場を見つけるのは難しくありません。

また、これまでの保育士としての経験は転職で有利に働きます。

毎日悩み続けるのはそれ自体が大きなストレスになります。

場合によっては心身に悪影響を及ぼし、病気の原因になってしまう可能性も考えられます。

先輩からのパワハラに悩んでいる

保育士だけではなく働く方全員に言えることですが、先輩からパワハラを受けているという方は珍しくありません。

パワハラは場合によって法律に触れる重要な問題で、決して無視してはいけないものです。

特に、保育園という密閉された環境ではパワハラ問題は起こりやすいです。

パワハラ問題は簡単に解決できるものではありません。

上司に相談しても、保育園では部署移動で物理的な距離を取ることができませんし、問題のある先輩との接触を断つことは難しいです。

問題の先輩が辞めれば問題は解決しますが、先輩が辞めるまで待ち続けた分だけストレスも多くなります。

このような問題を抱えている場合、待つより自分がよりよい環境に転職した方が早いですし効率的です。

20代の保育士におすすめの転職サイト

転職情報はハローワークや転職情報誌などに掲載されていますが、より効率的な転職活動を進めたいのであれば転職サイトの利用がおすすめです。

転職サイトは自分の年齢や条件を設定できるので、希望に合わせた職場選びができます。

また保育士には通常の転職サイトだけでなく専用の転職サイトがあるので、積極的に利用していきましょう。

保育エイド

保育エイド

保育士専用の転職サイトの一つが「保育エイド」です。

保育エイドの特徴として挙げられるのが、人間関係に悩んでいる方向けの転職サイトである、キャリアコンサルタントが親身になって相談に乗ってくれるという2つです。

近年の保育士の転職事情は、人間関係で悩む方が圧倒的に多いです。

保育エイドはこの点に着目し、人間関係に悩まない環境の保育園をピックアップし、取り上げています。

このため求人件数は少なめですが、人間関係を改善したいという方におすすめです。

また、保育エイドは登録後にキャリアコンサルタントから電話がかかってきます。

この電話は、自分の情報をキャリアコンサルタントに伝え、自分に合った転職先を紹介してくれる電話面談です。

事細かく内容を確認してくれるので、安心して任せることができます。

保育エイドの詳細ページ

ほいく畑

ほいく畑

ほいく畑は保育士と幼稚園教諭の求人サイトです。

特徴としては関東と関西の求人に特化しており、全国的に広いネットワークで就業先を用意しています。

非公開求人の数が多く、このような求人先は担当コンサルタントが自分に合っているかどうかを判断してから情報提供をしてくれます。

ほいく畑が掲載している就業先は優良な場所が多いので、保育士としてキャリアアップやスキルアップを目指したい、という方におすすめです。

就業形態を幅広く選べるのも特徴の一つで、正社員、派遣、バイトと、自分のライフスタイルに合わせた働き方を選べます。

また、無料の保育セミナーを行っており、転職活動をしながら勉強することが可能です。

じっくりと転職先を選びたいという方におすすめの転職サイトです。

ほいく畑の詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件