転職した保育士が後悔する理由と後悔しない転職を実現するためのポイント

より良い職場を求めて転職したはずなのに転職先が合わない、と後悔する保育士は後を絶ちません。

なぜそのような事態が起こるのでしょうか。その理由の1つに、人材不足によって就職先は多数あっても、自分に合った保育園が見つからないことが挙げられます。

求人はたくさんあっても、前の職場と同様に過酷な労働環境や人間関係に悩まされる保育士は少なくありません。

では、後悔しない転職のためには、どうすれば良いのでしょうか。

ここでは、転職した保育士が後悔する理由を探り、後悔しない転職を実現するポイントを紹介します。

転職した保育士によくある後悔ランキング

転職した保育士によくある後悔は、転職の理由となった条件が叶えられなかった場合に多いようです。

例えば、転職前の職場では労働時間があってないような状態で、サービス残業は当たり前、という環境だった場合、転職先では労働環境が整っていることを第一に希望するでしょう。

しかし予想とは異なり、実際働き始めるとサービス残業こそ少なくても、持ち帰りの仕事が当たり前のようにある職場だと知り、後悔するケースもあります。

こうした例に漏れず、転職を慎重に行わないと同様の労働環境や意識レベルの保育園に勤めてしまうことになりかねません。

ここからは、転職した保育士によくある後悔をランキングにして紹介します。

同様の後悔をしないためにも、転職活動前に知っておきたい情報です。

新しい職場の保育のレベルが低い

転職した保育士の後悔として一番多いのが、転職先の保育のレベルが低いことです。

これは多くの場合、保育レベルについての条件を転職時に挙げていなかった保育士に見られます。

転職時には、前の職場で悩まされた点、次の職場ではこうありたいという希望を条件にすることが多く、保育士の場合は給与面や、労働時間や環境などの待遇面が何よりも重視される傾向にあります。

しかし、前の職場で満たされていた条件については、条件として掲げなくても当然ある、と思ってしまうものです。

そのため、保育レベルについて、前の職場がよほど劣悪な保育でない限り、多くの保育士は転職時に保育レベルの高さを基準にはしません。

その結果、前の職場より保育レベルの低い職場に転職し、他の条件面では不満はないものの、保育そのものが不満という事態が発生してしまいます。

園長や先輩職員と保育方針がズレている

次に紹介する後悔は、園長や先輩職員と保育方針がズレているケースです。

このケースも、転職時の条件として挙げてはおらず、本来保育方針がズレることはないと思っていたために生じた後悔だと言えるでしょう。

保育方針は多くの場合、それぞれの保育園で異なります。

宗教法人や、モンテッソーリやフレーベルなどのメソッドに基づく幼児教育を行っている保育園はそれぞれ特色があるため、どういった保育理念や方針を持っているかはおおよそ想像がつくでしょう。

しかし、一般的な保育園ではそういった理念や方針は定まっていない場合が多く、自分の保育方針とのズレを感じる場合があります。

このズレが、修正可能な場合や歩み寄れる程度であればそれほど問題ではありませんが、「前の職場だったら子どもたちにこうしてあげられたのに」と頻繁に不満に感じるようであれば、転職に対する後悔へと繋がりかねません。

サービス残業ばかりで給与が下がった

待遇面と給与面に関して不満を持つ保育士は少なくありません。

給与の低さ、サービス残業や休日出勤など、保育士を取り巻く条件の悪さは大きな問題にもなっています。

そうした不満から、転職時には条件として給与や待遇を第一の条件とする場合も決して少なくありません。

その一方で、転職の際に条件としていたにもかかわらず、残業代がつかない職場で給与が下がった、と後悔する保育士は多いのです。

保育士不足が懸念されている中、どの現場も不足していなければまだマシ、と言えるほど人員に余裕がありません。

その中で保育だけでなく、書類を書くなどの事務仕事も行わなければならないのです。

前の職場では残業代がついたため、その分給与が良かったけれど、転職先では残業代がつかないために、基本給は上がったものの支給額は少なくなった、というケースは後を絶ちません。

給与に反映されないサービス残業をするつもりはなくても、残業しなければ事務仕事が終わらず、さらに自分を追い込むことに繋がります。

他の職員もサービス残業をしているから、とサービス残業が当然の雰囲気の中、一人残業をしないと言い張ることもできないでしょう。

こうした保育園の残業に対する意識は、働き始めてみないと分からない部分が大きいと言えます。

同僚との人間関係がうまくいかない

保育士という仕事の特性上、多くの人と関わって仕事をします。

小規模園でも担任の他にパート職員がクラスに入り活動を行います。

大規模園では、複数担任は当たり前、それに加えてパート職員も朝、夕と入れ替わりさまざまな人が入るでしょう。

こうした環境から、人間関係に悩む保育士は少なくありません。

特に一緒に仕事をする同僚とは、少なくとも1年間は同じクラスを担当するため、その間ずっと悩み続ける場合もあります。

1年間の我慢、と期限が決まっているだけ耐えられる場合もありますが、そのまま一緒に担任として持ち上がるケースもあります。

ともに担任となる同僚とは、保育活動や子どもの育ちに関して密に話し合いをする仲でもあるため、この同僚との人間関係がうまくいかないと相当なストレスになることは想像に難くありません。

この後悔に関しても、実際に一緒に働き始めてみないと分からないため、防ぎようはないと言えるでしょう。

ただし、こうした人間関係はどこの園でも少なからず起こっているものです。

同僚として話し合いをしていく中で、互いに譲歩したり妥協点を見つけることも重要でしょう。

それでもどうしてもうまくいかない場合は、園長や主任に次年度以降一緒の担任を外してもらうよう相談してみるのも1つの手段です。

モンスターペアレントの標的になってしまった

転職先にモンスターペアレントがいた場合、標的にされやすいのが担任や新任の保育士でしょう。

モンスターペアレントは、保育士自身敏感になっている場合も考えられますが、非常に増えていると言われています。

実際にモンスターペアレントの理不尽な要求や要望に、日々頭を悩ませている保育士は多いでしょう。

ただし、モンスターペアレントの標的になってしまった場合も、園全体で対応していこうと考える保育園であれば、転職を後悔するまでには至りません。

転職したばかりでまだ慣れていない状況でモンスターペアレントの標的となってしまっても、多くの場合は園長や主任など責任のある立場の人間が対応に当たります。

保育士のすべきことは、モンスターペアレントについて園長や主任に報告し、相談することです。

しかし、こうした相談をしても対処してもらえず、いつまでもモンスターペアレントの理不尽な言い分を聞く立場に立たされていると、保育園側からも理不尽な対応を強いられていると感じてしまうでしょう。

モンスターペアレントの対応は一筋縄ではいかないものですが、保育者1人が抱えるものではありません。

しかし、実際にどのような対応をするかはその時々によって異なるため、働き始めてみないと気付けない部分です。

このまま保育士を続けるのか漠然とした不安を抱える

転職後にふと、このまま保育士を続けていくことに不安を感じる保育士もいます。

その多くの場合、希望を抱いて転職したけれど、前の職場とそれほど環境も待遇も変わらなかった、ということに対する不安です。

転職の中には、確かに前の職場よりも良い職場に巡り会えたという成功と、前の職場の方がマシだったという失敗、そして前の職場も転職先もそれほど変わらなかったというケースが挙げられます。

保育士として仕事にやりがいを感じ、夢を抱き、続けたいと思って転職したけれど、職場を変えても何も変わらず、むしろ保育士という職業自体に不安を感じてしまう、というケースです。

心のどこかに、保育士以外の職業に対する憧れや興味もあるのかもしれません。

一度、今後も保育士を続けていくのか、自分の思いをはっきりさせておくといいでしょう。

後悔しない転職を実現するためのポイント

ここまでの転職後の後悔では、転職時に情報を集めておけば後悔しなかったものや、転職時に意識しておくことで転職の方向が変わった可能性のあるものもいくつか存在しました。

事前に注意して情報収集を行うだけで、転職活動に対する意識も異なってくるでしょう。

転職したらこういうこともあるかもしれない、とある程度のリスクを知っておくだけで、転職後の意識も異なります。

では、転職活動を行う際に、どのようなポイントに気をつければ後悔しない転職を実現できるのでしょうか。

ここからは、転職活動を行う上で気をつけたいポイントを紹介します。

事前の保育園調査は絶対徹底する

転職活動を始める際、まずは希望の条件に合った保育園をいくつか集め、そこから気になる保育園についてより情報を集めていくでしょう。

この情報を徹底的に集めることが、後悔しない転職に繋がります。

求人サイトだけでなく、保育園のホームページがあればそこからも情報を集めます。

求人サイトによってはより詳細な情報が掲載されている場合があるため、複数の求人サイトを閲覧することが重要です。

また、保育園のホームページではより詳細な保育活動や行事などを載せていることが多く、働き始めてからの雰囲気がつかみやすいでしょう。

このように、あらゆる情報源から保育園調査を行い、保育方針が自分に合っているか、保育レベルの高さが理想だけでなく実践に生かされているかなどを調べることが可能です。

こうした調査を十分に行うことで、転職前と転職後のギャップをなくすことができるでしょう。

自分がどんな保育士になりたいのか考えておく

転職を機会に、自分がどんな保育士になりたいのか考察することも重要です。

保育士として忙しく働く中で、自分を振り返る作業があまりできていないのが現実でしょう。

転職を意識したのであれば、これまでその職場で働いてきた保育士としての自分自身を一度振り返り、今後転職してからどのような保育士になりたいのか、実現するためにはどういった転職先がいいのか考えるきっかけになります。

保育園にも複数の系列園を経営するものや、小規模園、または宗教法人や特定の教育法を行っているところもあります。

自分にはどういった保育園が合うのか、どういった保育を行いたいのか、キャリアアップを見据えた転職なのか、考えることはたくさんあります。

転職前に自分の中である程度答えを出しておくことで、転職後のやる気に繋がります。

また、今後を考えることで、転職時の面接で質問されても迷うことなく答えられるでしょう。

転職先に求める条件を整理しておく

転職に何を求めるのか、保育士と言っても人それぞれ違うでしょう。

転職先に求める条件を整理しておくことで、自分が何にこだわり、何を重視しているのかが分かります。

自分の求めていることがはっきりすると、転職の方向性もおのずと決まってくるでしょう。

求める条件を指針として、条件に合う保育園を選ぶことができるのです。

さらに、その条件の中でも優先順位をつけることが重要でしょう。

できることなら給与も待遇も労働環境も全ての条件が満たされた保育園に転職したいと思うのは当然です。

しかし、全ての条件を満たす職場を見つけることは、不可能に近いのが現実でしょう。

給与の条件を満たすなら待遇は満たさなくても良い、といった優先順位をつけることで、転職先にも広がりがでます。

どうしても譲れないという条件は多くとも3つ程度にし、それ以外は他の内容も加味して判断するようにしましょう。

働きやすい保育園を探すなら転職サイトがおすすめ

働きやすさなどの条件を満たす保育園を探すのであれば、転職サイトの活用がおすすめです。

特に保育士に関しては、保育士専用の転職求人サイトがいくつかあるため、活用することで自分で情報を集めるよりも遙かに簡単に多くの情報を集められます。

保育士専門の転職求人サイトは無料で利用できることが多く、就職先も保育園だけでなく託児所や企業内保育などの求人も扱っているため、選択肢が広がるでしょう。

転職サイトの中には登録することで専任アドバイザーに相談できるものもあり、転職までしっかりサポートしてもらえます。

また、登録することで非公開求人を紹介してもらえる点も特徴と言えるでしょう。

保育エイド

保育エイド

保育士の転職におすすめな転職サイトが、人間関係の良い職場が厳選された保育エイドです。

人間関係に悩んで転職しようと考えている人にとっても、それ以外の理由で転職を希望している人にとっても、職場における人間関係は非常に大きな問題でしょう。

保育士同士の仲が良くなかったり、職場の雰囲気が悪くて耐えられない、と転職を希望する保育士は少なくなく、そうした人間関係の悩みに特化した転職サイトです。

同時に時間外労働がほとんどない職場や、有給休暇を取得しやすい職場など、まさに保育士が望む条件の職場を紹介してもらえます。

また登録すると専任コーディネーターが希望条件などの相談に乗ってくれますが、この専任コーディネーターが女性なため、話がしやすいという点もポイントでしょう。

保育エイドの詳細ページ

保育のお仕事

保育のお仕事

保育のお仕事は、保育士専門の転職サイトとして最大級の求人数を誇っています。

中でも好条件の非公開求人が多いのも特徴です。

この非公開求人は登録することで紹介してもらえ、専任アドバイザーが面接調整を始め、転職先に直接伝えにくい給与や待遇面での交渉まで行ってくれ、転職を全面的にバックアップしてくれます。

そのため、初めての転職でどうすればいいのか不安という方にもおすすめです。

また、転職先の情報が豊富なだけでなく、応募前から職場内の雰囲気が分かるのもポイントでしょう。

転職してからこんなはずじゃなかったと後悔しないために、こまかい情報までできる限り提供しているのです。

また、転職先の良いところばかりでなく、懸念点なども伝えてくれるため、保育士側に立ったアドバイスが期待できるでしょう。

保育のお仕事の詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件