社会福祉士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

社会福祉士へ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

身体障害や精神障害などによって生活に支障が出てしまう方の相談業務や、社会的支援を行う社会福祉士への転職を考えているなら、まずは必要な情報を集めることが大切です。

今回はそのような方に向けて、社会福祉士になるための必要な資格や仕事内容、年収事情などを紹介します。

他にもおすすめの転職サイトや転職エージェントも紹介しますので参考にしてみて下さい。

社会福祉士への転職におすすめ転職サイト・エージェント

コメディカルドットコム

コメディカルドットコム

コメディカルドットコムは、看護師を中心に医療技術職やリハビリ職、介護福祉職など医療系や福祉系の求人を多数取り揃えています。

コメディカルドットコムの特徴は、職種から求人を探せる点です。

社会福祉士の仕事を探しているのであれば、まず職種から「社会福祉士」をクリックします。

次に地域別検索が出てくるので自分が働きたい地域をクリックすればそれに該当する求人が出てくるので簡単です。

また、キーワード検索も行うことができるので、より自分の希望に合った求人を探すことができます。

コメディカルドットコム詳細ページ

しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビ

介護の仕事は、施設によって働きやすい職場もあれば働きにくい職場もあります。

この働きやすさは、求人を見ただけではわかりにくく、実際に働いてみないとわからない面が多いのではないでしょうか。

しろくま介護ナビでは、この働きやすさを独自の基準で判断し、働きやすい職場だけを紹介しているという特徴があります。

今働いているところが過酷な職場なので転職したいと考えている社会福祉士に、しろくま介護ナビは最適な転職エージェントであるといえます。

しろくま介護ナビ詳細ページ

カイゴWORKER

カイゴWORKER

社会福祉士として少しでも高い給与で働きたいと考えているなら、カイゴWORKERを利用して転職活動を行うのがいいでしょう。

カイゴWORKERは非公開求人も多く取り扱っているので、より条件の良い転職を行うことが可能だからです。

また専任のキャリアコンサルタントが給与の交渉などを代行してくれるという特徴もあります。

これによって自分の条件に合わせて転職活動を行うことができます。さらに職場の人間関係などが気になる場合は、キャリアコンサルタントに相談することによって転職先の内部を教えてもらうことが可能です。

カイゴWORKER詳細ページ

ジョブメドレー

ジョブメドレー

さまざまな求人の中から転職先を選びたいと考えているならジョブメドレーが最適です。

ジョブメドレーの求人数は医療や介護職の転職サイトの中でトップクラスを誇っています。

もちろん社会福祉士の求人も多く取り扱っているので、社会福祉士の求人を探す場合も最適であるといえます。

仕事の紹介をしてくれるスタッフの中には、医療や介護職の経験者も在籍しているので、働く側の気持ちになってさまざまなアドバイスをしてもらえます。

ジョブメドレー詳細ページ

社会福祉士に必要な資格・条件

社会福祉士として働きたいのであれば、基本的に「社会福祉士」の資格を取得が必須です。

国家試験である社会福祉士の試験を受けるためには、一定の受験資格をクリアしなければなりません。

例えば福祉系大学を卒業し指定科目を履修していれば受験資格を満たしていることになるので、次に開催される試験で受験することができます。社会福祉士試験に合格したいと考えているなら、独学で学ぶことが難しいので試験対策講座を併設しているスクールで学ぶことがポイントです。

スクールを利用することによって、試験日までのスケジュールを計画的に立ててもらえるので、効率よく勉強を進めることができるからです。

社会福祉士の資格を取得したら、国家資格である精神保健福祉士や任用資格である社会福祉主事の資格を取得するのもいいでしょう。

これらの資格を取得し、経験を積むことによって相談援助事業所の独立開業も目指すことができます。

社会福祉士の仕事内容

社会福祉士が活躍できる場所は、老人ホームや児童福祉施設、知的障害者施設などの社会福祉施設です。

他にも地方自治体の福祉事務所や病院や保健所などの医療機関などでも活躍できる場所があります。

社会福祉士は働く場所によってその名称が異なり、例えば病院であれば医療ソーシャルワーカー、老人福祉施設なら生活相談員、児童相談所なら児童福祉司となり、業務内容もそれぞれ変わります。

社会福祉士が求められる役割は、利用者が日々の生活を過ごす中で問題となっている点の解決法を提案することです。

その問題を解決するために、さまざまな専門職からアドバイスをもらったりボランティアの方と連携を図ったりします。

また必要に応じて公的なサービスの支援を提案するなど、利用者の生活向上のために尽力を尽くすのが仕事です。

社会福祉士の相談業務の流れとは?

福祉施設で相談業務を行う社会福祉士の仕事の流れは、まず利用者やその家族に困っている点などはないかなどの質問をします。

そこで何か生活に対して困っていることがあれば、その問題点を解決するようなさまざまな対策を提案していきます。

その提案は利用者やその家族に一度の相談で受け入れられない場合もあるので、受け入れられない場合は何度かヒアリングを重ねる必要があります。

他にも施設に対して何を求めているかもじっくりとヒアリングを行います。利用者やその家族から信頼感を持ってもらうために、不安感や要望に丁寧な対応をすることが大切です。

それによって利用者やその家族が安心して入所する手助けを進めていきます。

また入所した後も引き続き相談を受け付けており、入所後の問題点などにも対応しています。

医療や福祉の現場での仕事内容とは?

社会福祉士は介護の現場以外でも、医療や福祉の現場で働くことができます。

医療の現場である病院で働く場合は、医療ソーシャルワーカーとして働くことになります。

医療ソーシャルワーカーは療養中や入院中の患者さんが抱えている心理的な問題や社会的な問題に対応します。

さらに患者さんの家族が抱えてる経済的な問題にも対応していくのも医療ソーシャルワーカーの仕事の一つです。

患者さんが求めている治療を医療スタッフに伝えたり社会復帰するためのサポートを行ったりします。福祉の現場では、知的障害者福祉施設や身体障害者福祉施設、児童相談所などにおいて利用者の相談業務に従事します。

他にも県庁や市区役所、地域包括支援センターなどで相談窓口の業務に就くこともあります。

社会福祉士の仕事はきつい?

社会福祉士の仕事が大変な点は、まず利用者との信頼関係を築くことが難しい点です。

利用者との円滑なコミュニケーションを取るためには、深い信頼関係を築くことが重要なポイントとなるのですが、利用者の中にはなかなか心を開いてくれない人もいます。

信頼関係を構築しないと話を進めることが困難になるので、いかにして利用者の信頼を得られるかを考えなければいけない点が、社会福祉士の仕事のきつさの一つと言えるでしょう。

他にも理想と現実のギャップに悩む社会福祉士も多いです。

困っている人の手助けをしたいと思って社会福祉士になったのに、実際に働いてみると家庭面や経済面、仕事面など複雑な悩みを抱えている利用者が多く、社会福祉士だけでは対応できないケースも多くあります。

そんな時自分の無力感を感じる社会福祉士が多いです。

社会福祉士の年収事情

“高齢者や障害者の相談に乗る業務を行っている社会福祉士の平均年収は、厚生労働省統計によると476万円ですが、勤務先や雇用形態によって大きく異なります。

特別養護老人ホームは430万円、知的障害者施設は410万、福祉事務所は420万円、医療機関は420万円の平均年収となっています。年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収 平均月額給与 ボーナス
20~24歳 271.3万円 17.0万円 67.8万円
25~29歳 338.0万円 21.1万円 84.5万円
30~34歳 371.3万円 23.2万円 92.8万円
35~39歳 423.6万円 26.5万円 105.9万円
40~44歳 476.0万円 29.8万円 119.0万円
45~49歳 533.1万円 33.3万円 133.3万円
50~54歳 571.2万円 35.7万円 142.8万円
55~59歳 566.4万円 35.4万円 141.6万円
60~65歳 385.6万円 24.1万円 96.4万円

このように社会福祉士の年収は、他の介護職に比べて年収が高い傾向です。

社会福祉士の年収の特徴とは?

福祉・介護関係の仕事は給料が安いというイメージがありますが、社会福祉士の魅力は安定した収入を得られるということです。

なぜ社会福祉士の収入が安定しているかというと、勤務先が医療法人や社会福祉法人である場合が多いからです。

倒産するリスクもある一般的な中小企業より安定性が高いといえます。

さらに社会福祉士は国家資格なので、勤務先によっては資格手当を支給されることもあります。

高齢化社会が進んでいる日本社会において社会福祉士は今後もなくてはならない仕事なので、将来性のある職種であるといえるでしょう。

また社会福祉士など福祉や介護分野で働く人の人材確保をするために、国が賃上げに取り組む傾向なので、さらに年収アップする可能性もあります。

社会福祉士の年収をアップさせる方法

安定した収入を得られる社会福祉士ですが、年収をさらにアップさせる方法があります。

まず一つの勤務先に長く勤めて勤続年数を積むことです。この方法は年収の大幅アップは見込めませんが、確実に年収をアップさせることができます。

出世して役職に就くことも年収アップするためのポイントの一つです。

勤務先によって役職手当の金額は異なりますが、一般的には課長クラスで3万5千円ほどアップし、部長クラスでは7万円ほどアップするのが相場になっています。

年収アップには社会福祉士以外の資格を取ることも有効です。

社会福祉士と一緒に取得しておくのがよい資格は、介護福祉士やケアマネジャー、精神保健福祉士などです。

すぐにでも年収アップしたいのであれば転職するのがいいでしょう。基本給が高く、頻繁に昇給がある勤務先に転職すれば大幅な年収アップが可能です。

社会福祉士はどんな人に向いている?

社会福祉士の仕事は利用者の話を聞きながらその問題点をどう解決していくか考えていくことです。

したがって人の話をよく聞ける人が社会福祉士に向いているといえます。

他にも利用者の相談内容の焦点を見極めて、利用者が何を求めているかを的確に判断する能力も必要です。それらのことをよく理解した上で、利用者にとって必要なサービスを提供していくことになります。

利用者が必要としているサービスを提供するためには幅広い知識を持っていなければなりません。

これらの知識を常に学んでいくという向上心がある人も社会福祉士に向いているといえるでしょう。

さらにその調べたサービスを利用者にわかりやすく説明できる能力も必要です。

どのように伝えれば理解できるかを常に考え、利用者の立場に立って関われる人が向いています。

社会福祉士への転職は難しい?

安定性や将来性の需要がある社会福祉士への転職は、求人数も多いので転職は比較的しやすいといえます。

また社会福祉士の資格を持っていれば、医療施設や介護施設、福祉施設などさまざまな現場で働くことができます。

ただし社会福祉士として初めて転職するのであれば、転職サイトや転職エージェントを利用するのがいいでしょう。

転職先によってはきちんと準備を行わないと、採用されないケースがあるからです。転職サイトなどを利用すれば、履歴書や職務経歴書などの書き方を指導や事業所ごとに合わせて面接対策をしてもらえます。

また転職に際しての相談にも乗ってもらえるので、転職サイトなどを利用すれば安心して転職活動を行うことができます。

社会福祉士へ転職した人たちの口コミ・評判

「前職に比べて責任感ある仕事を任されるようになり仕事へのプレッシャーを感じる日々ですが、その分やりがいがあるので仕事に充実感を感じながら仕事をしています。さらに業務の負担も増えた分収入もアップしたので、その点にも満足しています。私は転職エージェントを活用して転職活動を行ったのですが、担当者の方が親身になって私に合った転職先を探してくれたおかげでとても良い勤務先を見つけることができました。社会福祉士として転職するなら私のように転職サイトやエージェントを利用することをおすすめします。」
「もっと利用者に満足してもらえるサービスを提供したいと思い、転職することにしました。前職の勤務先は医療法人だったので給与面では満足していたのですが、仕事が忙しく、一人一人の利用者に対して丁寧に対応することができませんでした。転職先の介護施設は一人の利用者に対してじっくりと向き合うことができるのでとてもやりがいがあります。残業も少なめなのでプライベートも充実しています。」
「前職は高齢者施設で働いていたのですが、利用者のために働きたいと考えていても、施設の方針がチームで動くということだったので私の提案はなかなか受け入れられず葛藤する毎日が続いていました。このままだと精神的にも疲弊してしまうと考え転職することにしました。転職先の児童福祉施設はチームではなく個人で動くことができるので、自分の提案が受け入れやすく仕事に満足しています。思い切って転職してよかったです。」
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件