しろくま介護ナビの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

しろくま介護ナビ

求人情報 完全非公開
非公開求人 完全非公開
直接面談 あり(Skype対応も可能)
履歴書添削 あり
面接対策 あり
タイプ 求人検索型+エージェント型
対象エリア 全国

「しろくま介護ナビ」は介護職にとって働きやすい職場に特化して紹介してくれる転職支援サイトで、働き方改革が本格化した2019年4月に「ハートフル介護士」からリニューアルして運営されています。

年間利用者数は23,500名以上、紹介先の雰囲気や人間関係等を訪問・電話で徹底的に調査しているので安心して利用できます。

ホワイト企業に特化したサイトとして、業界向けの新聞でも紹介されていることも信頼の証といえます。

しろくま介護ナビを実際に利用した人の感想をもとに、しろくま介護ナビを利用するメリット・デメリットや、登録から内定までの流れについて詳しく解説します。

一目で分かるしろくま介護ナビの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?

しろくま介護ナビの口コミ一覧

夜勤の多さで心身ともに疲れた私は、5年間働いた総合病院からの転職を決めました。紹介会社にも登録しましたがアドバイザーとの時間が合わず、別の転職サイトを探している中で見つけたのが、コメディカルドットコムでした。仕事の合間に応募でき、応募後も面接日程の連絡をマイページで受け取れるので電話の着信を気にせずに済み、使い勝手は良好でした。書類選考に落ちることもありましたがめげずに応募、日勤専門で患者一人ひとりに目配りできるクリニックへの転職に成功しました。
20歳 女性 デイサービスの介護員
障害者メインのホームヘルパーとして勤務していましたが、重度訪問介護を実施できる職員が限られており、私が深夜・早朝に出勤する回数も増えていました。可愛い我が子とふれあう時間を増やしたいと思い、相談したのがしろくま介護ナビでした。休みを確実に取りたい等、欲張りな希望を出したのですが、男性コーディネーターは私にピッタリな職場を見つけてくれました。生活介護事業所に転職が実現、夜勤ゼロの生活が実現しました。
32歳 男性 訪問介護員
障害者メインのホームヘルパーとして勤務していましたが、重度訪問介護を実施できる職員が限られており、私が深夜・早朝に出勤する回数も増えていました。可愛い我が子とふれあう時間を増やしたいと思い、相談したのがしろくま介護ナビでした。休みを確実に取りたい等、欲張りな希望を出したのですが、男性コーディネーターは私にピッタリな職場を見つけてくれました。生活介護事業所に転職が実現、夜勤ゼロの生活が実現しました。
29歳 男性 グループホームの介護員
結婚を機に千葉県の田舎町にUターンしました。営業職への未練はあったものの、元々お年寄りとふれあうのが好きだったので、地元で働ける介護職で働こうと思い「しろくま介護ナビ」に登録しました。東京都心から90分の町だというのに、担当者が求人先施設を訪問して取材していると聞き、徹底して情報収集を行う姿勢に絶大な信頼感を抱きました。応募手続きや諸条件の交渉もスムーズで、デイサービス施設で気持ちよく介護職デビューできました。
34歳 女性 営業職

しろくま介護ナビのメリット

  • 紹介先の職場環境を訪問・電話で徹底取材していて情報の信頼度が高い
  • 登録者のペースで転職活動を進められる
  • 完全非公開求人なので競争率は低め

紹介先の職場環境を訪問・電話で徹底取材していて情報の信頼度が高い

しろくま介護ナビでは、職場環境や現場・スタッフの雰囲気を徹底的に取材するポリシーです。

東京都・千葉県など1都3県エリアについては、コーディネーターが直接施設(求人先)を訪問し、施設長など上司の人柄や休暇の取りやすさなど30項目をチェックしています。

それ以外の地域は電話取材を複数回行い、情報の信頼度を高めた上で応募先の紹介を行っています。

コーディネーターによる十分な応募先調査を行わない業者や、応募先から提示される情報をそのまま登録者に伝えるだけの業者とは一線を画する対応といえます。

利用者やスタッフ間の人間関係など、応募先に直接質問しづらい情報を具体的に収集できるのが、しろくま介護ナビならではの強みです。

登録者のペースで転職活動を進められる

しろくま介護ナビは転職を決める前でも登録でき、転職すべきかどうかをコーディネーターに相談できます。

登録者とのカウンセリングを重視する姿勢なので、コーディネーターの意見を押しつけられる心配がなく安心です。

紹介された求人に応募するかは自由に決めることができ、紹介に応じないからといって、電話やメールでしつこく連絡が入ることはありません。

登録者が望む以上の条件を紹介先に「盛って」提示されることもないので、自分の考えに沿って転職活動を進めることができます。

公式サイトで「強引に転職を勧めることはありません」と明言していることからも、気持ちよく働ける職場かどうかを検討する時間を十分に提供していることがうかがえます。しろくま介護ナビに登録した状態で転職活動を一時休止し、都合の良いタイミングで活動を再開することも可能です。

完全非公開求人なので競争率は低め

“しろくま介護ナビでは、働く環境が優れた職場に特化した紹介を行っているため、すべての求人を非公開扱いとしています。

公開求人にすることで、応募者が殺到して本来業務に支障を来たしたり、既存のスタッフから待遇面のクレームを受けたりするケースが考えられるからです。

公開求人から自分の好きな案件を選べない点をデメリットとする人もいますが、事前に社内選考が行われた上で、条件に合致する人だけに募集情報が提供されるので、他の求職者の動向を気にせずに済むメリットもあります。

返答する時期さえ伝えておけば、3~4日かけて募集内容をじっくり検討しても大丈夫です。

応募先が複数の転職サイトに人材紹介を依頼するケースもありますが、公開求人と比べると競争率は低めです。

しろくま介護ナビのデメリット

  • 土日祝日の相談には対応していない
  • 登録前に求人の傾向をチェックできない
  • 首都圏エリア以外の求人には弱め

土日祝日の相談には対応していない

“しろくま介護ナビの相談受付時間は平日11:00~20:00で、土日祝日は休業日です。

勤務シフトによっては自分が希望するタイミングでの相談が難しいケースが考えられますが、電話やSkypeでの相談が難しい時はメールで相談する方法も用意されているため、致命的なデメリットとは言いがたい一面もあります。

しろくま介護ナビでは、1名のコーディネーターが複数の登録者を担当しているため、状況によっては折返し電話での対応になったり翌日以降の相談対応となったりすることが考えられます。

非公開求人では他の登録者に案件を横取りされる心配が少ないので、都合の良い相談日時を予約しておくのも、効率的に転職活動を進める秘訣です。

登録前に求人の傾向をチェックできない

“しろくま介護ナビではすべての求人を非公開としているので、登録前に求人の傾向をチェックすることができません。

自分の住むエリアでの求人有無や待遇の相場を確認できない点で、登録後に転職が実現するか不安を抱いてしまう点でデメリットとなり得ます。

といっても、利用者満足度96.3%と公式サイトで公表されている上、利用者の口コミも複数紹介されているので、極端な条件を提示しない限りは納得いく転職が実現できると推測できます。

系列サイトの「介護R」では職種やサービス形態での求人検索に対応しているので、どうしても登録前に求人傾向を知りたい場合には、下調べの意味で利用してみるのもよいでしょう。”

首都圏エリア以外の求人には弱め

コーディネーターが求人先施設を訪問して情報収集を行う首都圏(東京・埼玉・千葉・神奈川)エリアの求人には強い反面、それ以外の地域では求人数が少ないようです。

地方で転職活動を行う人の場合では、応募先が限られる点でデメリットとなり得ます。

とはいっても株式会社サクシードのサービス範囲は全国で、主要な取引先に全国規模の介護事業者がリストアップされているため、首都圏以外の求人がゼロというわけではありません。

訪問取材が難しくても、電話での情報収集は徹底して実施されています。首都圏以外に住んでいる人で早めの転職を実現したい場合は、他の転職サイトを併用するのも一つの手です。

しろくま介護ナビで転職するまでの流れ

  • ネット又は電話でしろくま介護ナビに登録
  • 電話やSkypeでコーディネーターと面談
  • 条件に合った職場の紹介を受け、納得した上で応募
  • 応募先での面接
  • 内定、転職での勤務スタート

ネット又は電話でしろくま介護ナビに登録

転職を決めたら、ネット又は電話でしろくま介護ナビに登録します。

会員登録は完全無料、必要情報を入力後はコーディネーターからの連絡を待つだけです。登録に必要な内容は次のとおりで、ネット登録なら30秒で完了します。

  • 希望する雇用形態と転職したい時期
  • 保有している資格を11種類から選択
  • 氏名・生年月日・住んでいる都道府県
  • 電話番号・メールアドレス
  • 連絡希望時間帯(11:00~19:00の間で1時間単位)

電話やSkypeでコーディネーターと面談

登録完了後、即日又は1営業日以内に専任のコーディネーターから電話が入り、希望条件をきめ細かく打ち合わせます。

所要時間は30分~60分なので、休日や仕事が終わった後などに落ち着いて対応するとよいでしょう。

Skypeのビデオ通話機能を使って面談を受けることができ、コーディネーターに手持ちの資料を見せながら対応できる他、感情を共有することで求人紹介のミスマッチを防ぐ効果も期待できます。首都圏・近畿圏の人はオフィスでの面談も可能です。

条件に合った職場の紹介を受け、納得した上で応募

コーディネーターとの面談後に、希望条件に沿った職場の紹介を受けられます。

紹介される求人数こそ少ないですが、現場の雰囲気や人間関係など提供される情報が豊富なので、充実した転職先選びが期待できそうです。

しろくま介護ナビの求人は完全非公開、他の転職者と案件を奪い合わずにじっくりと求人内容を検討できます。

求人情報で少しでも気になる点があれば徹底的に質問し、納得した上で応募しましょう。応募から面接までの間に、履歴書・職務経歴書の添削や面接シミュレーションを受けることができます。

応募先での面接

応募先から指定された日時に面接を受けます。

コーディネーターが事前に応募者の強みを伝えてくれているので、1人で面接に行く場合でも安心です。

職場を見学できる応募先も多いので、入職後に自分が働く姿をイメージしておくのもよいでしょう。

内定、転職での勤務スタート

応募先での内定が決まったら、コーディネーターから連絡が入ります。

前職での引継ぎを確実に行った上で退職し、新たな気持ちで応募先での勤務をスタートしましょう。入職後のアフターフォローを受けることができるのも、安心です。

しろくま介護ナビはどんな人におすすめ?

状況別おすすめ度
4.30
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(5.0)
自分のペースで転職したい
(5.0)
初めての転職
(5.0)
IT・WEB・エンジニア
(3.0)
医療関係
(4.0)
福祉関係
(4.0)
アパレル関係
(4.0)
大手
(4.0)
地方
(4.0)

しろくま介護ナビは介護職経験者はもとより、異業種から介護職へ転職する人にも利用されています。

首都圏・近畿圏以外の求人数は少なめですが、全国展開型の施設への転職チャンスがある点にも注目です。

職場環境が良好な施設の紹介に特化しているので、転職して快適に介護職として働きたい人は、登録先の一つとして選んでおきたい転職サイトです。

【介護】絶対登録すべきおすすめ転職サイトランキング【口コミで比較】

しろくま介護ナビの運営会社はどんな会社?

しろくま介護ナビを運営する株式会社サクシードは、2004年4月に家庭教師を紹介する企業としてスタート、教育に携わる人材を見極めるノウハウを蓄積した上で介護・保育人材の紹介にも力を入れています。

ワークライフバランスを大切にしたい保育士向けの「保育バランス」や女性コーディネーターが一貫してサポートする「なでしこ介護士」など、働く側のニーズに合った転職サイトを複数展開しており、登録者に寄り添う姿勢がうかがえます。

電話やメールによる面談を主体とする転職サイトが目立つ中、サクシードではSkype面談を取り入れており、登録者とのコミュニケーションを重視しているのも特徴です。2019年8月現在、東京・大阪の2拠点から全国に向けてサービスを提供しています。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件