シェフへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

シェフへ転職するには?おすすめ転職サイト・転職エージェント

シェフに転職して飲食業界やホテル業界など、様々な場所で活躍していきたいという人もいるでしょう。

料理に関するキャリアを持っている人もシェフとして大成したいと考えているかもしれません。

このようなときにどんな転職サービスを使うと良いのでしょうか。シェフとして働くのがどのような様子になるのかも合わせて紹介します。

シェフへの転職におすすめ転職サイト・エージェント

クックビズ

クックビズ

クックビズはシェフに限らず料理全般に関する仕事の担い手になりたいと考えている人に向いている転職サイトです。

未経験者でも受け入れてくれる求人が豊富にあるのが特徴で、どんなジャンルの料理を手がけていきたいかに応じて求人を選びやすい設計になっています。

エージェントサービスもあることから、キャリアを生かして転職したい人も希望の求人を紹介してもらえるでしょう。

求人数も業界ではトップクラスなのでまず利用してみると良い転職サイトの候補です。

クックビズ詳細ページ

CHEF AGENCY

シェフエージェンシー

CHEF AGENCYはこれまでに調理人としてキャリアを積んできた人が、新しい道を切り開きたいという気持ちでシェフになるときに向いています。

転職業界に詳しいスタッフによるサポートを受けられるのが魅力で、コンサルティング能力に長けているのが特徴です。

いかにしてキャリアアップできる形で転職先を決めるかという視点で対応してくれるため、給与でも仕事内容でも納得できる職場が見つかりやすいでしょう。

基本的にはキャリア重視なので、自分の経験を生かしてもっと高みを目指したい人に向いています。

CHEF AGENCY詳細ページ

FindChef-Agent

findchef

FindChef-Agentは和食のシェフとして海外で働きたいと考えている人に向いている転職エージェントです。

世界的にヘルシーで美味しいという観点から寿司などの和食の人気が高まっています。

地元で和食を食べたいというニーズに応えられるようにするために、各国では和食レストランのシェフが求められているのです。

その橋渡しをすることに力を入れているのがFindChen-Agentの特徴で、ヨーロッパやアメリカだけでなくアジアやオセアニア、アフリカなどからの求人も紹介してもらうことができます。

FindChef-Agent詳細ページ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは一流レストランやトップクラスのホテル、あるいは飲食業界の大手でシェフとして働きたいという人が、今までのキャリアを最大限に生かして転職するときに適している転職サービスです。

高待遇の求人を自分で探して応募することもできる一方、ヘッドハンターからのスカウトを受けて相談しながら転職先を決めることもできます。

ビズリーチは有料サービスだという点には気をつけなければなりませんが、キャリアアップをしたい人には大きな魅力があるサイトです。

ビズリーチ詳細ページ

シェフに必要な資格・条件

シェフに転職するためには基本的には調理師免許が必要になります。

自分の手で料理したものを一般の人に提供するためには、調理師としての知識や技術を有していることが求められるからです。

それに加えて、和食や中華料理、フランス料理などの希望している分野における知識と調理技術、メニューの発想力も求められます。

また、現場で働く料理人の管理及び教育をするスキルも必要とされることが多く、現場経験の豊富さが重視されるのも特徴です。

調理師などとして現場で働いてきた人であれば、専門調理師や調理技能士の資格があると有利になります。

見習いであったとしても実務経験があれば受験資格を得られるので、キャリアアップの転職をしてシェフになりたいと考えている人は取得を検討しましょう。

シェフの仕事内容

シェフの仕事内容は現場によって大きく二つに分けられます。

調理人=シェフとして働く現場の場合には、オーダーに従って料理を作ることがメインの業務です。

シェフと呼ばれるときにはただの調理人に比べて技術を要する料理の専任とされることも多くなっています。

また、メニューの考案、コース料理のデザインも重要な業務の一つで、立場が高くなるほどその比重が大きくなるのが通例です。

一方、料理長や料理主任としてのシェフという扱いの現場では仕事のメインが管理系のものになります。

メニューとレシピの考案と作成、調理人への指示と完成した料理の確認、原材料の調達やその手配指示などが主で、現場によってはアルバイトのシフト管理なども任されることもあります。

経験と発想に基づく料理の考案が重要業務

調理人として現場に立っていたとしても料理長候補と同等の扱いを受けるのが一般的で、レストランや料亭などでは新しい料理の考案や既存の料理の品質向上などに力を注ぐことが求められるのがシェフの特徴です。

大きな現場では考案したレシピで試作をするのも自分ではやらずに現場の調理人に任せることもあります。

試行錯誤をしながら経験と発想に基づいて新しいメニューを増やし、不要なメニューは取り除いていくことでレストランや料亭の価値を高めていくことが重要業務です。

当日仕入れた食材を使ったメニューを、毎日考案する必要がある現場も少なくありません。

スピーディーかつ正確なレシピの作成ができることが求められるのです。

料理に対する全般的な責任も負う

シェフは料理長や料理主任の立場に立つことが多く、基本的にはその現場で提供する料理の全てに対して責任を負います。

その責任の重さを考慮しつつ、現場にいる人材の数も念頭に置いて柔軟に業務を行う必要があるのが特徴です。

どの料理を誰に任せるかを適切に配分し、その品質の高さも保証できるように自ら味見をすることもあります。

経営方針に従って品質重視か、スピード重視か、コストパフォーマンス優先かといった点も考えていかなければならず、顧客の希望を叶えられずにクレームが来たときには対応しなければなりません。

料理の内容だけでなく現場で働いているスタッフの動かし方についてもプロとして取り組むのがシェフの仕事の特色です。

シェフの仕事はきつい?

シェフの仕事は新規料理を考え、現場のスタッフをいかに動かすかを考える点で頭脳労働が求められる一方、状況によっては自ら手を動かして料理をしなければならないことから体力労働も伴います。

翌日に提供するメニューを考えるために遅くまで働かなければならない場合もあり、レストランウェディングなどのイベントに対応するときには長時間労働も必要です。

土日祝日も働く現場が多いという点からも全体的に見ると仕事は決して楽ではありません。

現場によっては経営者から売り上げのノルマなども課せられる場合があり、その責任も負わなければならないこともあります。

ただ、労働環境の厳しさは現場次第でワークライフバランスを充実させられるところも少なくはありません。

シェフの年収事情

民間で行われた給与実態に関する統計ではシェフの年収はおよそ500万円になっています。

月収としては31.2万円が平均額になっていて、ボーナスをもらえるかどうか、支給回数が多いかなどといった事情はかなり現場によって違うのが現状です。

このデータをもとにして年齢別階層年収における比率を考慮すると、年代別には次のような年収で働いていると考えることが可能です。

20歳〜24歳 285万円
25歳〜29歳 355万円
30歳〜34歳 390万円
35歳〜39歳 445万円
40歳〜44歳 500万円
45歳〜49歳 560万円
50歳〜54歳 600万円
55歳〜59歳 595万円

シェフの中にも階層があり、調理師と同等の扱いで雇われていることもあれば、料理長、料理長補佐、あるいはあるジャンルの料理主任などといったケースもあります。

その立場の違いによっても待遇には差があるのが実態です。

年収は職場による違いが大きい

シェフの年収は現場による差が大きいのが実情で、同じように日本料理の料亭で働いていても、ホテルのフランス料理レストランで仕事をしていてもかなりの年収の格差があります。

現場によってシェフの仕事の重みが異なっていることに加え、利幅をどのくらい設けているかが異なっているからです。

毎日違うプレフィックスのコースメニューを提供するのを売りにしているレストランなら、メニューを考案するシェフの力が売り上げに直結するようになるため給与も高くなる傾向があります。

それに対してチェーン店型のレストランの場合にはメニューの改善余地はあまりなく、現場で調理人を動かすのがメインになりがちです。

このような場合には専門職としての価値を高く評価してもらえないので給与は低めになります。

転職のときには職歴と実績が重視される

転職するときにはどのくらいの給与で受け入れてもらえるのかが気にかかるのが常です。

シェフの募集では一般的にかなり広い幅の給与額が求人に記載されているか、年齢と経験により決定という形になっているケースが多くなっています。

これは力量と現場のニーズに応じて給与を決定する傾向が強いからです。

特に重視されるのが職歴と実績で、今までプロとして調理に取り組んできた料理のジャンルにおけるノウハウが現場で活かせるか、そのジャンルにおいてどんな実績を上げてきたかが評価対象となります。

同じ職場でもシェフの間でかなりの年収差があることも珍しくはありません。

職場の評価でも実績重視で査定が行われることが多く、重要な顧客の対応に成功したり、フェアのメニューの考案を任されたときに大きな売り上げが出たりすると大幅な年収アップを期待できるのが一般的です。

シェフはどんな人に向いている?

シェフとして働くのに向いているのは、新しい料理を自分で考案して世の中に打ち出していきたい人です。

自分で調理をしたいという人はスタッフ数が少ない現場で働けば良いですが、自分で料理を作っているのでは手が足りないというのなら大手で働くと手足になってくれる調理人が大勢います。

着想力があって色々な料理を手がけることこそ仕事のモチベーションになるという人は、シェフとして働くと常にやりがいを持って働けるでしょう。

また、自分の料理人としての知識や技術をさらに広げ、深めていきたい人にも向いています。

料理長クラスのシェフを複数雇っている現場では、同じかそれ以上のスキルを持っている人と協力し合う機会を得ることが可能です。

仕事を通して自分が持っていなかったノウハウを習得することができ、さらに高みを目指していけるようになるでしょう。

シェフへの転職は難しい?

シェフへの転職は調理人として働いた経験が十分にある人なら実現できる可能性があります。

しかし、一流レストランのシェフの募集となると数が少なく、狙っている人も多いことから競争が激しいのは確かです。

調理師免許を持っているのは最低限のことで、その上の資格も取得し、さらに様々な現場で実績を上げている人でないとスムーズに転職することはできないでしょう。

また、勤務地についてこだわりがあると選択肢はかなり狭くなってしまいます。

全国各地のどこでも良い、あるいは世界を舞台にして働くのも検討したいという人の場合にはかなり有利です。

一方、未経験の人が直接シェフになるのは困難で、調理スタッフから始めて経験を積まなければなりません。

初心者が急にシェフになるのは無理でも、業界への敷居は決して高くはないのが現状なので諦める必要はないでしょう。

シェフへ転職するときの注意点

シェフとして転職する場合には、調理師免許と調理実績があれば基本的に応募は可能です。

ただし実際に働くまでのビジョンが明確化されていないと、求人と実際働いてみた時のギャップが大きく成ってしまうこともあります。

これからシェフとして転職活動を検討されている方は、下記の注意点を把握すぃて負いましょう。

シェフの求人は労働条件までじっくりとか確認する

シェフの求人を調べるときには、求人の隅々まで労働条件をよく確認しておくことをおすすめします。

実は飲食業界はどの産業よりも離職率の高い業界として知られているのを、ご存じでしょうか。

厚生労働省が平成29年に実施した調査によれば、3月に大学を卒業した新規学卒者が3年以内に離職する割合は、全業種の中でも飲食業界がトップなのです。

平成29年度3月新規大卒就職者3年以内離職率

(参考:厚生労働省発表資料

対人関係の多い職業でもありますから、ストレスもたまりやすいことで、退職を検討してしまう方も居ます。

また、シェフとしてレストランに就職・転職したとしても、実際に厨房に立てるようになるまでに時間がかかることもあるのです。

上記の統計には宿泊業も含まれているため正確な数字であるとは言えませんが、長期間働き続けるには根気のいる仕事であることには間違いありません。

特に朝早い時間から仕込みをしたり、お客さんの入りによっては残業をすることもあります。

店によっても待遇が大きく変わりますので、実際の労働条件をよく確認しておくことをおすすめします。

求人情報で確認できない場合は、面接の場で聞いてみるのもいいかもしれません。

事前に店に行って雰囲気を体感してみる

シェフが転職するときに注目すべきことは、実際に働くときの店の雰囲気です。

和気あいあいと仕事をしているところもあれば、厨房内が殺伐としていることもあります。

しかし求人票には基本的に悪いことは書きませんから、アットホームな職場と記載されていることも多いんです。

気になっている店があるなら、実際に行ってみて雰囲気を体感してみる事も大切です。

可能であれば厨房に近い席を選んでみると、より体感しやすくなります。

事前に面接の対応をよく考えておく

シェフが転職するときには、採用担当の人からどんな人間性なのかを見るために、面接が行われることがほとんどです。

きちんとした受け答えや、自分の中で軸がきちんと決まっていないと、面接官に真剣実がないと思われてしまうこともあります。

細かい質問項目は大きく異なりますが、以下の3つの項目に関する質問をされることが多いです。

シェフとしての料理への向き合い方

シェフとして働くための料理に対する向き合い方について、面接では聞かれることが多いです。

食材をただ調理して提供するだけではなく、料理を通じて何を実現したいのか、料理に対する心構えなど、シェフとしての信念をきちんと持っておきましょう。

もちろん説明するときには、きちんとエピソードを交えておくことも忘れないようにしましょう。

ただ口先だけで伝えても、相手に伝わらないことが多いためです。

これまでの経験を振り返って、共有できるようなエピソードはないか、事前にまとめておくといいでしょう。

体力やメンタルの強さ

シェフは常にスピード感を持って料理を提供することが求められるほか、1日中厨房にいることも多く、体力が求められることも多いです。

また厨房内は常に火気を使っていますから、温度の上昇が激しいこともあります。

体力がなければ繁忙期を乗り切ることは難しいですから、面接でも体力をアピールすることは重要です。

また精神力も求められる仕事ですから、ポジティブに物事を考えられる性格であることなどを、積極的にアピールしていきましょう。

コミュニケーション能力

シェフは同じ厨房の人だけではなく、ホールの人ともコミュニケーションをとって連携する必要があります。

協調性のとれるだけの十分なコミュニケーション能力を持っておかないと、職場で馴染むどころか仕事を円滑に進められなくなってしまいます。

前職でどんなコミュニケーションを取っていたかを伝えるのもいいですし、ハキハキとした回答を心がけることで採用担当者からの印象も良くなります。

シェフへ転職した人たちの口コミ・評判

三年前にようやくアルバイトから正社員になって調理人として責任を持って働けるようになりましたが、やはり自分で全部コントロールできるような立場で働きたいという気持ちが強くなったのが転職のきっかけでした。三年という短いキャリアでシェフになれるかは心配だったのは確かです。ただ、地方のホテルからの募集に応募して採用してもらうことができ、毎日数人の調理人を動かしながら色々な料理を提供できるようになりました。リピーターもたくさんいるのがとてもやりがいになっています。
寿司職人の見習いとして長らく働いていて、そろそろ自分がトップに立ちたいと思うようになりました。ただ、国内で仕事を見つけるのは難しく、海外に目を向けて転職活動をしたのが正解だったと思います。現地の人の教育をしながら、自分で魚を仕入れて捌き、カウンターで寿司を供することができるのがとても楽しいと感じています。仕事ばかりの生活になっているのも確かですが、寿司の仕事は私にとっては趣味のようなものなのであまり気にしていません。
小料理店を経営していた父の後継になったのですが、あまり人気がなくてまばらなお客さんしかいないのがつまらないと思っていました。料理の技術も発想力もあると自負していたので転職活動をしたところ、地元にある有名料亭からオファーを受けることができました。料理長補佐という中間管理職的なポジションなので、料理に関わる仕事以外も多くて大変です。でも、おおらかで許容力が高い料理長なので自分の考えた料理を作らせてもらえることも多く、いつも高いモチベーションを維持することができています。
50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件