セガグループに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

セガグループは正しくはセガホールディングスと呼ばれ、世界的に知られる企業であるセガサミーグループの中でエンターテイメント事業に特化している部門です。

世界的な事業を展開していてコンシューマ事業やアミューズメント事業などを中心としてゲーム業界でよく知られている魅力のある企業ですが、転職するときにはどのようにしたら良いのでしょうか。

一目で分かるセガグループの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

セガグループはどんな会社?

会社名 株式会社セガホールディングス
設立 2015年4月1日
資本金 440億9292万1265円(平成27年6月1日現在)
従業員数 非公開
本社所在地 愛知県刈谷市朝日町二丁目1番地
代表者 代表取締役会長 CEO里見治紀
事業内容
  • ゲームやデジタルサービスの企画・開発・販売・運営
  • アミューズメントゲーム機器の開発・製造・販売
  • アミューズメント機器の物流・買取・販売
  • ゲーム機器やゲーム用ソフトウェアの企画・開発・販売、アニメーション作品の企画・制作・販売
  • おもちゃの企画・制作・販売、エンターテイメント施設の開発・運営

事業方針・経営理念

  • 創造は生命
  • 感動体験を創造し続ける
  • Be a Game Changer 〜革新者たれ〜

セガグループではこのようなグループとしての方針を打ち立てています。

セガグループでは他にはない新規な発想を駆使することによって新しい価値のある製品やサービスを世の中に打ち出してきました。

その根源になっているのが生命のように生きた力で創造を目指していくことで価値を生み出す企業目標です。

そのためにミッションとして掲げているのが誰もが感動してくれるような斬新なアイディアによって、今までにはない感動体験を生み出すことであり、そのための革新を起こしていく方針を立てています。

常にゲーム業界を代表とするエンターテイメントのトップ企業の一つとして時代を牽引していくのを目指しているため、今後の成長にも期待できる魅力があるのがセガグループです。

事業内容

コンシューマ事業

ゲームやデジタルサービスの企画・開発・販売・運営を行っているのがコンシューマ事業であり、セガゲームスが担当しています。

家庭用ゲーム機の開発及びそれに対応する各種ソフトの製作販売が主な内容です。

スマートデバイスやパソコン向けのソフト開発も行っており、古くからのノウハウを生かしてセガグループが最も力を入れている事業の一つになっています。

アミューズメント事業

アミューズメント事業では三つの会社がそれぞれの部門で活躍しています。

セガ・インタラクティブはアミューズメントゲーム機器の開発・製造・販売を行い、セガ・ロジスティックスサービスはアミューズメント機器の物流・買取・販売を担っているのが特徴です。

アーケードゲームの抜本的な改革を試みているのがセガ・インタラクティブの特色であり、体験型のゲームを多く生み出しています。

セガ・ロジスティックスサービスではシミュレーターなどの制作も担い、自動車教習などにも活用されている優秀な機器を開発している会社です。

また、ダーツライブはゲーム機器やゲーム用ソフトウェアの企画・開発・販売を行っています。

ダーツを中心とした事業を広く展開していて、オリジナルのイベントの実施も行っているのが特色です。

TOY・映像事業

TOY・映像事業ではアニメーション作品の企画・制作・販売を行うトムス・エンタテインメントと、おもちゃの企画・制作・販売を担うセガトイズが活躍しています。

トムス・エンタテインメントでは有名なアニメの制作を担っていることで定評があり、セガトイズではケツミントンなどの独自のゲームを制作するなど独創性の高いおもちゃを作り上げているのが特徴です。

アミューズメント施設事業

アミューズメント施設事業はセガエンタテインメントが担っているものであり、エンターテイメント施設の開発・運営が事業内容になっています。

UFOキャッチャーやメダルゲームなどを備えるゲームセンターやVRを利用しているアトラクション施設を始め、ボーリング場などまで経営しているのが特色です。

売上

セガグループの売上高についてはセガサミーグループ全体と連結した総額として2015年に3,549億円だったと発表されています。

セグメントごとの分析も行われていて、セガサミーグループの中では大半の売上をセガホールディングスが生み出しているのが現状です。

その中でもコンシューマ事業による売上は1,000億円を超えていて、セガサミーグループが全体として行っている遊技機事業の1,500億円前後に続いて多くなっています。

アミューズメント機器事業やアミューズメント施設事業の売上も安定していて、着実に利益を生み出している優良企業です。

安定雇用を受けたいという人にとって魅力的な企業となっています。

従業員数

セガグループの従業員は全体数が公開されていません。

セガグループの一つであるセガゲームスの従業員数は610名になっているため、個々のグループ企業がこの程度の人材を抱えているとすると3000名〜5000名程度の従業員がいると推定できます。

エンターテイメントやアミューズメントについて広く企画から販売、運営に至るまで事業を行っている企業なので、必要な職種も多く、かなりの数の従業員を確保しなければならないのです。

それぞれの会社からスキルを必要とする職種については豊富な求人があるので、中途採用を狙っている人にも門戸が開けています。

セガグループの転職難易度

セガグループへの転職難易度が高いかどうかは人によってかなり違いがあります。

セガグループは開発に力を入れて新しい製品やサービスを創造することを重視しているため、開発に携われるスキルや経験があるかどうかで転職に有利かどうかが大きく左右されるからです。

オフィシャルサイトではそれほど多くの中途採用の求人はありませんが、セガグループのコンシューマ事業を担うセガゲームスからは技術職の求人が比較的豊富にあります。

キャリアに対する要求も比較的高めなので、専門職としての経験を十分に積んでいることが転職のための要件です。

しかし、稀に事務職なども募集されているので誰にでもチャンスがあります。

運良く求人を見つけられるかが勝負どころであり、安定経営をしている大企業という影響で競争も激しくなることは覚悟しておかなければなりません。

いかにして自分の魅力をアピールするかを考えた上で応募することも必須になります。

セガグループの待遇

セガグループでの待遇は勤め先になる会社や職種によって多少の違いはあります。

しかし、全てに共通して特徴的な待遇があり、魅力的な福利厚生も整っているのが特徴です。

  • フレックスタイム制の導入
  • 年間休日129日の実績(2016年度)
  • 各種手当の充実
  • セガマイレージ制度(カフェテリアプラン)の利用

現在募集している職種

人事部、人事担当者

勤務時間 コアタイム10:30〜15:30のフレックスタイム制度(休憩1時間)
職務内容
  • 新卒中途採用などの採用業務
  • 社内研修の企画及び運営
  • 人事システムの管理及びメンテナンスとシステムベンダーとの各種調整の実施
  • 人事企画の立案及び運営に関連する周辺業務
  • (経験や適性などに応じて担当業務は異なる)
応募資格
  • 企業における人事関連業務に二年程度以上従事していること
  • 学歴規定なし
 歓迎事項
  •  新卒採用や中途採用における業務経験
  • 人事関連システムの構築や運用・管理などの業務経験
  • 人事制度の制定や改定などの経験
  • 労働関連法規に関する知識、社労士資格の保有が望ましい
 給与  経験や能力を加味して決定する

セガグループの年収は平均どれくらい?

セガホールディングスで働いている従業員の平均年収は平成28年度では885万円でした。

平成24年度以降の統計ではおよそ年収800万円から900万円付近を推移しています。

ゲーム業界での他の企業に比べると標準的かやや高めという程度です。

転職して入社した場合のモデル年収として挙げられているのは400万円〜800万円程度であり、職種により大きな差があるので注意が必要です。

開発系のエンジニアは800万円クラスの年収での採用が行われていますが、モデラーやデザイナーなどの場合には経験による差が大きく、500万円〜700万円程度になっています。

データ戦略業務やデータアナリスト、プロモーションプランナーなどの職種の場合にも最高で800万円クラスの年収で受け入れてもらえているので、年収を上げたい場合には職種を選び、経験を十分に積んだ上で転職することが重要です。

転職後の昇給はしやすい?

セガホールディングスでは年に1回の昇給が認められていますが、昇給率があまり高くないのでなかなか給料が伸びないのに嘆いている人も多いのが実情です。

新卒の時点で高い給料で雇ってもらえる反面、将来的に高い給料で働けるようになろうとすると昇進を目指さなければならない大変さがあります。

職種によって昇進のしやすさにはかなりの差があり、開発に携わっている人は目立った活躍を上層部に見てもらえる可能性が高くないことから昇進の機会が少なめです。

一般的な事務職についても成果が明確ではないので同様ですが、営業職のように数字で結果が出る場合には努力次第で昇進による昇給を受けられる可能性があります。

ボーナス・賞与は貰える?

ボーナス・賞与についてはセガホールディングスでは年に2回、6月と12月に事業成績に応じて支給してもらうことが可能です。

支給額についてはあまり安定していない傾向があり、セガサミーグループ全体としての事業利益の動きによってかなり大きく左右されるのが問題となっています。

しかし、実績的には必ず支給される状況は続いていて、年間を通じて基本給の2ヶ月分から4ヶ月分程度が支給されているのが通例です。

セガグループの福利厚生・待遇は充実している?

大企業であるセガグループでは福利厚生が充実していて安心して働きやすい環境が整えられています。

際に働いている人がどの程度の待遇を受けているのかを細かく確認してみましょう。

残業時間

セガグループでは全体として残業なしの方向で指導を進めてきています。

そのため、職種によっては本当に全く残業がなくて定時通り働けている人も多いのが特徴です。

残業を完全に禁止されているわけではなく、仕事が多くて終わらないときには申請すれば残業することができます。

そのため、職種や時期により残業が増える場合もありますが、概して残業時間は長くありません。

また、多くの職種ではフレックスタイム制での待遇が与えられていて、10:30〜15:30をコアタイムとし、フレキシブルタイムとして8:00〜10:30、15:30〜22:00を設定しています。

ライフスタイルに合わせて好みの時間に働けるのが魅力です。

残業が必要になりそうなときには早めに働き始めて帰りはいつも通りといった働き方も可能であり、プライベートをできる限り優先させたい人にとって理想的な環境が整っています。

休日・休暇

セガグループでは完全週休二日制で土日祝日を全て休みにする制度を導入しています。

有給休暇も年間で10日から20日の取得が可能です。

この他に夏期休暇が5日、冬季休暇が3日、特別休暇が2日あります。

必要に応じてリフレッシュ休暇や慶弔休暇も取得できるため、プライベートの時間を確保したり、家庭の事情により休日が必要になったときに休みを取ったりしやすい企業です。

福利厚生

  • セガマイレージ制度(カフェテリアプラン)
  • 財形貯蓄制度
  • 慶弔金制度
  • グループ保養所、契約保養所
  • 各種相談窓口の提供
  • 退職金制度
  • 社内融資
  • 各種社会保険完備
  • 通勤手当、家族手当、住居手当の支給

セガグループではこのような福利厚生が整えられています。

特徴的なのはセガマイレージ制度であり、会社から付与されたポイントを自由に使ってレジャーや自己啓発などの様々な福利厚生に対して適用可能です。

割引価格で多様なサービスを利用できるようになるのが魅力として活用されています。

提供されている福利厚生の多くは将来のための資金投資や、日常的な健康などへの不安の解決を目的としたものです。

金銭的な不安を減らして仕事に集中してもらえるように福利厚生が設計されています。

セガグループへ転職するまでの流れ

セガグループに転職したいと考えたらオフィシャルサイトまたは転職サイトを使って求人を探して申し込む必要があります。

大まかにはどちらの方法を選んでも流れに違いはありません。

  1. エントリー
  2. 会社説明会
  3. 書類選考
  4. 適性検査
  5. 選考会
  6. 複数回の面接

エントリーに際してはサイト上から情報入力を行うだけでできるものと、直接履歴書と職務経歴書を送付するものとがあります。

会社説明会に関しては案内をもらえる場合もありますが、募集形態によってケースバイケースでない場合もあるので注意が必要です。

面接についても複数回の実施が予定されているものの、二回で済む場合も三回必要になることもあります。

選考開始から合否の確定までには一ヶ月から二ヶ月程度が基本ですが、応募の状況に応じて左右されるので気をつけなければなりません。

セガグループへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 34歳
性別 男性
前職 営業職
転職理由 待遇に不満があったから
コメント私がセガグループへの転職を希望したのはIT系の企業で営業職をしていて待遇に不満があったからです。時間外労働が多くて実質に合っていない程度の給料しか手に入りませんでした。その点でしっかりとメリハリが付けられるのがセガグループに転職して良かった点です。今までの広いIT系の知識を活かすこともできて満足しています。
年齢 32歳
性別 男性
前職 開発エンジニア
転職理由 大手で安定して働きたかったから
ゲーム専門会社の開発現場でエンジニアとして働いてきましたが、小企業だったので先行きが不安でした。できるだけ基盤がしっかりとしている職場で働けるようになりたいと考えて転職活動をして辿り着いたのがセガグループです。経営に関して全く不安がなく、いつも新しいものを目指す姿勢が現場にあって働きがいもある優良企業だと感じています。

セガグループへの転職におすすめ転職サイト

セガグループに転職を考えるときには転職サイトを利用するのが重要です。

セガグループでは様々な職種を募集しているため、自分のキャリアを生かして転職できる求人を探し出さなければなりません。

その選定をサポートしてくれるだけでなく、転職のノウハウを伝授してくれるので安心して転職を遂げられるでしょう。

転職時の年収交渉なども行ってくれるので、キャリアがある人ほど高い待遇を期待できるようになるのも魅力です。

DODA

DODA

DODAはセガグループへの転職に適している転職サイトの一つです。

転職業界の最大手の一つとして大企業からの求人を豊富に抱えています。

セガグループの会社からもかなりの求人をいつも抱えているので、DODAを使えば自分に合っている求人が見つかる可能性が高いでしょう。

特にエンジニアやデザイナー、ディレクターなどの専門職として働きたい場合には詳細を確認しながら求人を選べるので、転職してから自分の能力を発揮できる職種に応募できると考えられます。