三菱鉛筆に転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

三菱鉛筆

uniやクルトガ、ジェットストリームなどといった個性的で便利な文具を長い間開発し続けている三菱鉛筆。

文具メーカーの中でも毎年トップ10に入る売上を誇り、経営も安定している大手と言える企業ですが、そんな三菱鉛筆への転職をする場合、どのように転職活動をすれば良いでしょうか。

ここでは、三菱鉛筆を目指す人に向けて、年収や転職難易度、評判などといった転職情報をまとめました。

一目で分かる三菱鉛筆の評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

三菱鉛筆はどんな会社?

会社名 三菱鉛筆株式会社
設立 1925年
資本金 44億9700万円
従業員数 563名
本社所在地 東京都品川区東大井五丁目23番37号
代表者 数原英一郎
事業内容
  • 筆記具事業
  • 非筆記具事業

事業方針・経営理念

最高の品質こそ最大のサービス

「最高の品質こそ最大のサービス」という言葉が三菱鉛筆の経営理念となっています。

ただ安いだけでなく、ユーザーから求められる最高品質の商品を提供することで、ユーザーを喜ばせることに勤しんでいます。

また、歴史ある企業であることを自覚した行動をし、そして長く会社を存続させていくために競争意識を持って日々新たな商品を生み出しています。

事業内容

筆記具事業

三菱鉛筆の主な事業はボールペンやシャープペンシル、鉛筆などといった筆記具の生産・開発・販売です。

三菱鉛筆が1953年から50年以上販売し続けているuniシリーズはもちろん、色々なキャラクターなどとコラボしているシャープペンシルクルトガシリーズなど、幅広いジャンルで学生から社会人まで幅広い層に愛されています。

2006年から三菱鉛筆で販売されているジェットストリームは1億本以上の売上を誇っており、ボールペン関連でも高い支持を得ています。

世界初のノック式ゲルインクボールペンであるシグノなど、世界初・日本初の商品も多数あります。

非筆記具事業

三菱鉛筆では筆記具以外にも消しゴムや筆箱などといった文房具の製造・開発・販売を行っています。

オフィス向けの商品が中心となっていますが、それ以外にもキャラクター版権の獲得に力を入れて学童向けの商品も多数取り扱っています。

売上

三菱鉛筆の売上は2017年で523億5800万円となっています。

文具メーカーでは7番手であり、昔から安定して経営されている企業と言えるでしょう。

資本金も450億円近く確保されており、景気にもそれほど左右されないので安泰です。

従業員数

三菱鉛筆の従業員数は572名となっています。

グループ企業の従業員数も含めると3,000名越えており、文具メーカーの中では従業員数は多い方と言えるでしょう。

三菱鉛筆の転職難易度

“三菱鉛筆の転職難易度はそれほど高くなく、ある程度のキャリアを積んでいれば転職は不可能ではありません。

「三菱」という名前が入っていることもあり、三菱財閥系列と思われがちですが、関係のない企業のため、もちろん大手なのでスキルは要求されますが、難関企業ほどではないと考えておきましょう。

また、中途採用は滅多に行っておらず、基本的には新卒採用となっています。

そのため、中途採用での入社を考えている場合、なかなか求人を見つけることが難しいため、転職サイトなどを利用するか、知人のコネクションを使って転職活動をするのがおすすめです。”

三菱鉛筆の年収は平均どれくらい?

三菱鉛筆の平均年収は755万円となっています。

大手の文具メーカーの中でも年収はかなり高めとなっており、安定して働くことが出来る企業と言えるでしょう。

その証拠として、平均勤続年数が17年以上とかなり長く、定年まで働き続ける人も多いです。

転職後の昇給はしやすい?

“年功序列の傾向が強く、35歳くらいまでは年功序列で徐々に年収が上がっていく傾向があります。

それ以上の年齢になると、それまでにどれくらい結果を残すことが出来たかが昇進に関わるようになっており、年収1,000万円以上を目指すのであれば、管理職以上でないと難しいと言えるでしょう。

また、評価も徐々に給与に反映されるようになっており、ヒット商品を出せばかなりの昇給を期待することが出来ます。

ボーナス・賞与は貰える?

賞与は毎年6月と12月の年2回支給されます。

金額に関しては、夏と冬のボーナス合わせて6.855か月分と決まっており、文具業界においてもかなりの額になると言えるでしょう。

基本的には6.855か月分となっていますが、それに結果を出すことが出来た場合はその分も上乗せしてボーナスが支給されます。

ボーナスに関しては社員の満足度も高く、待遇が良い企業と言えるでしょう。

三菱鉛筆の福利厚生・待遇は充実している?

三菱鉛筆の福利厚生制度は大手と言うこともあり、かなり充実していると言えるでしょう。

社員からの満足度も高く、社員の生活を充実させることが出来るような制度が揃っています。

残業時間

“残業時間に関しては、部署によって異なっており、定時で退社出来る部署もあれば、毎日1~2時間程度残業をする部署もあります。

三菱鉛筆では、労働裁量制を採用しており、みなし残業制のために、30時間分の残業代が全員に支給されるシステムとなっています。

そのため、定時に帰っても確実に30時間分の残業代を受けとることが出来、人によってはかなりお得に感じている人も多いようです。

ただ、繁忙期に入ると営業職では残業が多くなってしまうこともあり、時期によって忙しさが異なると言えるでしょう。

休日・休暇

三菱鉛筆は完全週休2日となっており、それ以外に祝日や年末年始期間、夏季休暇期間などが休暇となっています。

ただ、年に5回程度土曜日に出勤することがあるので注意が必要です。

また、三菱鉛筆にはリフレッシュ休暇が3日分支給されており、有休と関係なく使用することが出来ます。

そのため、GWが連休にならなかった場合に間にリフレッシュ休暇を入れて連休にしたりなどと言った使い方をする社員が多いです。

有休に関しては、年に最大20日支給されており、翌年度に繰り越して年に最大60日の有休を取得することが出来ます。

有休に関しては、半日から取得することが可能なため、仕事とプライベートを両立させやすい環境は整っていると言えるでしょう。

産前産後休暇に関しては、産前に6週間、産後に8週間の計3か月半の産休を取得することが可能です。

もちろん健康管理のための出勤時間の調整や勤務時間の短縮なども対応してくれます。育児休暇に関しても制度が整っており、最大1年まで育児休暇を取得することが可能です。

また、父母ともに育児休暇を取得する場合は1年2か月まで、保育園の入園などの関係で育休の延長が必要な場合は最大1年半まで取得することが出来ます。

子どもが小学校3年生になるまで時短勤務制度も利用可能となっており、最大1時間40分まで勤務時間を短縮して働けます。

介護休暇に関しても一般的な制度が整っており、要介護者1人に付き93日までの休暇に対応しています。

また、最大1時間までの時短勤務にも対応しているので、子育て・介護に関する時短勤務を希望する場合は上司に相談しましょう。

福利厚生

  • 各種保険
  • 住宅融資
  • 財形貯蓄
  • 独身寮・社宅
  • 退職金
  • 社員持株制度
  • カフェテリアプラン
  • 各種クラブ活動
  • 各種イベント
  • 慶弔制度

三菱鉛筆の福利厚生制度は上記の通りとなっています。

大手企業の中でもかなり充実しており、社員の満足度も高いです。

三菱鉛筆のカフェテリアプランは「ユニフリーチョイスプラン」という名前であり、毎年社員にポイントが支給され、そのポイントをベビーシッターや英語などの学習、提携している保養所など色々な用途に使用することが出来ます。

また、三菱鉛筆の退職金制度はポイント制となっており、勤務年数に応じて付与される勤続ポイントと仕事でどれだけ結果を残すことが出来たかという等級ポイントの2つがあり、この2つのポイントによって退職金の額が決まります。

三菱鉛筆へ転職するまでの流れ

  1. エントリー
  2. 一次選考
  3. 一次面接
  4. 二次面接
  5. 最終面接
  6. 内定

三菱鉛筆へ転職するまでの流れは上記の通りとなっています。

かなり細かく採用までの段階が分かれており、スケジューリングをしっかり行って転職活動をする必要があると言えるでしょう。

内定までは大体2か月程度となっていますが、応募者が多かった場合などにはそれよりも時間がかかることもあるので注意が必要です。

応募方法に関しては、公式サイトの採用フォームからでも、転職サイトを経由してでも結果に影響することはなく、自分に合った方法を選んで応募しましょう。

三菱鉛筆へ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 34歳
性別 女性
前職 文具メーカー開発職
転職理由 残業の少ない職場で働きたかった
前も大手の文具メーカーで仕事をしていましたが、残業時間が長く、終電で帰宅することも多かったため、私生活と仕事のバランスがとれなくなってしまったこともあり、比較的残業時間の少ない三菱鉛筆への転職を決めました。三菱鉛筆は部署によって残業時間は異なりますが、労働裁量制で定められている30時間以上残業がある部署はかなり限られており、それ以外の部署に入ることが出来ればかなりお得な企業だと思います。私の部署も締切が近づくとなかなか忙しくはなってしまいますが、基本的には定時で退社することが出来ていますし、前の職場と比べたらかなり快適なので労働環境に不満は一切ありません。給与もボーナスもかなりの額をもらうことが出来ているので、安定して働ける職場です。また、どちらかと言うと年功序列制で結果がそれほど昇進に関わってこない企業ということもあり、職場の人間関係もぎすぎすしておらず、風通しも良いと思います。おっとりしている人が多いと言うこともあって、私がいる部署は全員でしっかり連携を取って仕事をすることが出来ているので、ゆったり働きたい方におすすめの職場です。
年齢 42歳
性別 男性
前職 営業
転職理由 人間関係がぎすぎすしている職場だったので
営業職は結果が大きく給与・出世にかかわっている仕事ということもあり、前の職場で人間関係に疲れてしまってゆっくり働くことが出来る職場が良いと思い、三菱鉛筆への転職を決めました。現在は海外営業を任せてもらっており、海外経験も英語経験もあまり無いですが、周囲のサポートもあってある程度仕事に慣れることが出来ています。穏やかな人が多く、困っている人がいたらチームでサポートをするという体制が整っている企業と言うこともあって、中途採用でも新卒社員でもかなり安心して働ける企業ではないでしょうか。英語スキルに関しても会社が支援してくれるうえに、結果を出せばしっかり評価をしてもらうことも出来るので、仕事にもやりがいを感じています。昔から安定して経営されている企業ということもあり、景気が給与やボーナスに影響されないと言う点もものすごい良いと思います。文具は安定して高い需要があるものなので、この国ではこのような文具の需要があるなどといったデータを集めてみることも新たな発見があって楽しいですし、何よりも取引先と契約が取れた時は嬉しいです。徐々に英語にも自信が付いてきて、出来る業務にも幅が出てきたので、より仕事が楽しくなってきていますが、もちろん家庭と向き合う時間もしっかりとることが出来る点もかなり満足しています。時間までに仕事を終わらせる社風なので、休日出勤は滅多にありませんし、子どもが生まれた際には男性社員でありながら育児休暇も取得させてもらいました。休暇制度がかなり充実しているので、定年まで働くことを考えている社員も多いです。
年齢 29歳
性別 女性
前職 経理
転職理由 大手で働きたかった
大学時代は就職活動に失敗して大手への就職に失敗したということもあり、ある程度経験を積むことが出来たので大手への転職にチャレンジしてみようと思い、三菱鉛筆への転職を決めました。給与面ではかなり待遇がよく、基本的に残業がないので、この仕事量でこれくらいの給与をもらっても良いのかと思うほど待遇が良い企業だと思います。文具メーカーの中でもかなり給与面では優れている企業ではないでしょうか。経理の仕事に関しても、国内だけでなく、海外関連の仕事も任せてもらえるようになり、仕事量は増えましたが給与面の待遇も良くなったので満足しています。研修制度もかなり充実しており、ビジネススクールや勉強会制度など色々なスキルアップに関する制度もあります。資格取得奨励制度のおかげで社員全体が積極的に資格を取るようになっていますし、キャリアアップを見越した研修も行ってくれるので着実にキャリアを形成できる点もかなり良いです。

三菱鉛筆への転職におすすめ転職サイト

“それでは、三菱鉛筆への転職におすすめの転職サイトを紹介します。

転職サイトは大手企業から中小企業までいろいろな企業の求人を掲載しており、自分が希望する業界・勤務地の給与相場を調べるのにかなり便利であり、転職活動をするのであれば、大手の転職サイトに最低でも1つは登録しておくことをおすすめします。

また、転職サイトでは転職エージェントサービスを取り扱っていることもあり、こちらのサービスを利用して、転職のプロからアドバイスをもらったり、転職活動が有利に進むようにサポートしてもらうことも可能です。

転職サイトを運営している企業のエージェントサービスは求人の掲載料で運営されているサイトが多く、エージェントサービスも無料で利用することが可能なので、特に大手を志望している場合は大手企業への転職のサポート経験が豊富なアドバイザーからアドバイスをもらって転職活動をしましょう。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントでは約10万件の求人を取り扱っており、そのうちの約80%が非公開求人です。

そのため、待遇の良い求人が充実しており、自分が希望する条件に当てはまる企業への転職をサポートしてもらうことが出来ます。

在籍しているキャリアアドバイザーはそれぞれ担当している業界に関する豊富な知識を持っており、文具業界はかなり狭い業界であることから、専門的な対策が必須なため、キャリアアドバイザーに面接や筆記試験の対策事項を教えてもらって転職活動をしましょう。

リクルートエージェントの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です