ゼブラに転職するなら?年収・難易度・評判を徹底リサーチ

ゼブラ

SARASAなどといった多彩なボールペンの製造を行い、ゼブラの商品は国内だけでなく海外でも高い支持を得ています。

企業の歴史も100年以上あり、知名度もかなり高いゼブラへの転職を考えている場合、どのように転職活動をすれば良いのでしょうか。

ここではゼブラへの転職を考えている方に向けて、年収や転職難易度、評判などといった情報をまとめました。

一目で分かるゼブラの評判

年収は高い?
残業は少ない?
福利厚生は充実している?
仕事のやりがいはある?
スキルアップにつながる?
職場の雰囲気はいい?
中途入社しやすい?

ゼブラはどんな会社?

会社名 ゼブラ株式会社
設立 明治30年3月8日
資本金 9,975万円
従業員数 917名
本社所在地 東京都新宿区東五軒町2-9
代表者 石川真一
事業内容 ボールペン・シャープペン・マーカーなど各種筆記具の開発・製造・販売

事業方針・経営理念

ゼブラには事業方針・経営理念は存在していませんが、社員自身が自分で高い目標を設定して、それを実現するために自分で行動する「自律」の精神を大切にしています。

そのため、勤務時間に関しても自分で管理している社員が多く、やればやるだけしっかり評価される企業です。

また、個人がそれぞれ高い目標を設定することで、競争心を生み、それが会社全体の向上につながっていきます。

このように高い向上心を持って新たな価値を持つ製品の製造・開発に取り組むことで、社会に貢献するとともに、社員や社員の周りの人たちへの幸せへとなっていくことを目標としています。

そのため、ゼブラでは向上心を持って周りと協力をすることが出来る「和」の力を持った人材を求めており、互いに切磋琢磨し合いながら成果につなげることが出来る企業を目指しています。

事業内容

ボールペンなどの筆記具の製造・開発・販売

ゼブラはボールペンやシャープペンシルなどといった筆記具の開発を100年以上行っている、伝統ある企業です。

ゼブラのヒット商品の中でもジェルインクを使ってサラサラ書ける感覚が魅力的なサラサシリーズや、握りやすさを追求して肩への負担が少ないニュースパイラルシリーズなどが有名と言えるでしょう。

文具メーカーは多数ありますが、ゼブラはその中でも筆記具に特化することで、個性的な商品開発を行っています。

売上

ゼブラの売上は2016年度で216億円となっています。

文具業界の中では上位の売上となっており、筆記具に特化してこだわりぬいた製品を製造しているために、マニアック路線ではありますが、安定した経営がされていると言えるでしょう。

従業員数

従業員数は917名と文具業界の中では小規模な企業です。

非上場企業であり、親族経営ではありますが、徐々に女性社員が増えており、2017年の段階で半分以上が女性社員となっているので、女性が働きやすい環境も整ってます。

また、中途採用で入社する社員も多く、転職しやすい職場と言えるでしょう。

ゼブラの転職難易度

ゼブラの転職難易度に関しては、タイミング次第で難易度はそれほど高くないと言えるでしょう。

ゼブラでは時期によって中途採用の求人を掲載している時期としていない時期があるため、自分が希望するタイミングで転職をすることは難しいです。

また、大手の文具メーカーということもあり、求人が掲載されるとゼブラへの転職を希望する人が集中してしまうため、ある程度の経験やスキルは必要です。

また、ゼブラの中途採用の求人はゼブラの公式サイトに掲載されるのではなく、転職サイトに掲載されており、こまめに色々な転職サイトをチェックしなければいけません。

ゼブラの年収は平均どれくらい?

ゼブラの平均年収は325万円となっています。

大手メーカーの中で平均年収は低めではありますが、その分成果がしっかり評価される企業のため、大手企業で文具開発に関わってみたいと思っている方にはおすすめの企業です。

営業職が少なく、開発に力を入れている企業ということもあり、どこのメーカーでも作ることが出来るような製品ではなく、ゼブラでしかできないこだわりぬいた個性的な商品が出来る点が魅力的な企業と言えるでしょう。

転職後の昇給はしやすい?

昇給は年に1回行われており、人事考査によって昇給額が決まる制度となっていますが、基本的には年功序列で勤務年数が長ければ長いほど昇給するシステムとなっています。

そのため、定年まで安定して給与が上がっていく傾向があり、定年に関しても60歳から65歳までの選択制となっているので自分が希望する年齢で退職することも可能です。

また、昇給額はそれほど大きくはありませんが、一定の年齢になって役職が付くと一気に給与が上がっていきます。

そのため、役職が付くまではある程度の辛抱も必要と言えるでしょう。

ボーナス・賞与は貰える?

ゼブラでは7月と12月の年に2回ボーナスが支給されます。

ボーナスの額は大体3か月分となっており、大体100万円程度となっています。

ボーナスの金額は平均的な金額ではありますが、ヒット商品を担当したりしているとボーナスが上乗せされることもあるようです。

ゼブラの福利厚生・待遇は充実している?

ゼブラの福利厚生制度に関しては社員の満足度がかなり高いです。

色々な支援制度があり、非上場企業の中ではかなり良いのではないでしょうか。

残業時間

ゼブラの残業時間は部署によって異なりますが、忙しい部署では50時間程度、それほど忙しくない部署では10時間程度となっています。

ゼブラの残業手当に関しては労働裁量制を採用しており、全員に30時間分の残業手当が支給されるようになっているので、自分で仕事のスケジュール管理をして残業時間を減らしている人が多いです。

また、残業時間に関しては毎日報告するシステムになっており、あまりにも残業時間が多い社員に対しては病院を受診することを勧めたりと残業時間削減も進めている企業と言えるでしょう。

休日・休暇

ゼブラでは週休2日制を採用しており、それ以外には夏季休暇・特別休暇・育児休業・介護休暇・看護休暇・年末年始休暇・年次有給休暇といった制度があり、年間休日数は120日前後です。

有休の取りやすさに関しては繁忙期を避けていれば問題なく取得出来る企業であり、最大20日有休を取得することが可能となっています。

また、使いきれなかった有休は2年で消滅してしまいますが、急病などで長期の休暇が必要になった場合、積み立て休暇として利用することが出来ます。

子育てに関する休暇に関しては、まず産前産後休暇を産前に6週間、産後に8週間取得することが可能です。

母体の健康管理のための措置として、通院のための休暇や時間短縮勤務も認められています。

育児休業に関しては、1歳まで取得可能となっています。しかし、保育所に入所することが出来なかった場合などには2歳まで延長することが出来ます。

子どもが小学校3年生になるまでは時間短縮勤務にも対応可能です。

子どもの看護休暇も取得可能であり、子ども1人の場合は最大5日、2人以上の場合は最大10日となっています。

介護休業に関しては要介護者1人に対して93日までの介護休業を取得可能です。

要介護者が1人の場合には年間5日、2人以上の場合には年間10日の介護休暇を取得することも出来ます。

これ以外には結婚・忌引きなどの特別休暇制度も存在しています。

年数10年ごとにリフレッシュ休暇として特別休暇が取得されるだけでなく、旅行券もプレゼントされるために旅行に出かけることも出来ます。

福利厚生

  • 社員食堂
  • ベネフィットステーション
  • 財形貯蓄制度
  • 慶弔禍福給付
  • 借り上げ社宅補助制度
  • 各種保険
  • 厚生年金

ゼブラの福利厚生制度は上記の通りとなっています。

大手企業の中でもかなり充実しており、借り上げ社宅補助制度として独身者既婚者関係なく格安で社宅を利用することが出来ます。

また、ベネフィットステーションはゼブラのカフェテリアプランのことを指しており、レジャー施設や飲食店、学習スクールなど様々な用途に毎年支給されるポイントを利用することができ、社員からも好評です。

ゼブラへ転職するまでの流れ

  1. 書類選考
  2. 一次面接
  3. 二次面接
  4. 最終面接
  5. 内定

ゼブラへ転職するまでの流れは上記の通りとなっています。

グループディスカッションがあったりとしっかりと企業対策をしたうえで選考に挑むべきと言えます。

また、応募方法が選考に影響することはないので、転職サイトを利用したりと自分が少しでも有利になるような方法を選んで応募するようにしましょう。

ゼブラへ転職した人たちの口コミ・評判

年齢 30歳
性別 女性
前職 営業
転職理由 文具開発に興味があった
文房具開発に昔から興味があり、ボールペンなどといった身近な商品を作っているゼブラへの転職を決めました。男性と女性の比率が半々程度の職場で社員同士の仲も良く、かなり良い雰囲気の職場だと思っています。商品開発に関しても、個性を重視する傾向のある企業なので、どのような点にこだわっているのかなどしっかり意見を聞いて、勤務年数に関係なく社員全体の意見を聞いて商品開発を行っています。元々社長が商品開発を担当していたということもあり、社長がオフィスに顔を出すことも多いです。給与に関しては、昇格がない限り昇給額が少ないです。そのため、仕事が好きで新しいことがしたいという熱意がある方には良いですが、稼ぎたいと思っている方にはあまりおすすめしません。昇格に関しても親族経営の企業のためになかなか難しいですが、徐々に女性管理職も増えてきており、この点は改善され始めています。マッキーやサラサなどといった周りの人が愛用している製品を作る会社なので、自分が作った製品が使われているところを見るととても嬉しくなりますし、やりがいはかなり感じられる仕事です。大手で知名度もある企業であることから愛社精神を持っている社員が多いと思います。
年齢 35歳
性別 男性
前職 デザイナー
転職理由 個性的な商品が作りたかった
元々大手のメーカーでデザイナーとして働いていたのですが、他とは違う個性的な商品開発ではなく、一般に受ける商品開発を重視していてなかなか自分が作りたいものを作ることが出来なかったので個性を重視するゼブラで働くことを決めました。ゼブラでは社員の意見を積極的に取り入れてくれて、自分の商品のアイデアも積極的に実現しようとしてくれる傾向があるので、かなり仕事にもやりがいを感じています。特に商品開発においては女性向けの商品開発に力を入れており、オシャレさやかわいさがデザインに求められることが多いです。そのため、デザインも便利さだけでなく自然と他とは違う派手さやスタイリッシュさが求められており、文具メーカーでもなかなかこのような企業は少ないのではないでしょうか。キャラクターとコラボ商品を出す機会も多く、他の企業の方とデザインに関する打ち合わせをすることも多数あることからコミュニケーション能力に関してもかなり鍛えられます。残業時間もそれほど多くはなく、30時間に抑えることが出来ていますし、残業代も働いている分以上のお金をもらうことが出来て良いです。立地が新宿というかなり家賃が高い土地ではありますが、家賃補助の金額も多めに貰うことが出来て、新卒でそこそこ良いところに住むことが出来るところも良いと思います。
年齢 40歳
性別 女性
前職 経理
転職理由 福利厚生がほぼない企業だったので
前に働いていた企業が福利厚生が一切なく、子どもが欲しかったので育児休暇がある企業で働きたいと思い、ゼブラへ転職することにしました。女性社員が多い企業ということもあり、育休や産休、時短勤務に関する職場の理解がある点がとてもありがたいです。また、一度結婚や出産などで辞めてしまう社員もいますが、いつでも戻ってきていいよと言ってくれますし、実際に戻ってきて働いている社員もいるのでかなり女性にとっては働きやすい職場だと思います。社員の年齢層に関しては若い社員が多く、みんなで仲良くといった雰囲気です。仕事量に関しても無理のない量であり、決算が近くなってくると忙しくなってしまいますが、それ以外の時期は基本的に定時で退社することが出来ています。大手のメーカーと言うこともあって会社の経営も安定していますし、安心して働ける企業だと思います。チャンスに関しても、年齢性別関係なく与えられており、若い社員や女性社員が結果を残していることも多いです。早いうちから結果を出していれば出世も自然と早くなっていくので、結果を出して早いうちからお金を稼ぎたいと思っている方も社員の中に多いと思います。仕事に関してはガツガツしている人が多いですが、人間関係にそれを持ってくる人は少ないです。

ゼブラへの転職におすすめ転職サイト

ゼブラのような大手への転職をするのであれば、企業によって個性的な質問や試験が課されることもあるため、企業に特化した対策が必要です。

そこでおすすめなのが転職サイトであり、このようなサイトには転職をサポートした経験が豊富な転職アドバイザーが在籍していることから的確なアドバイスをもらうことが出来ます。

過去に面接でどんなことを聞かれたのかなどといった情報も持っているので、ぜひ転職サイトを活用して転職活動を有利に進めましょう。

そこで、ここではゼブラへの転職におすすめの転職サイトを紹介します!

indeed(インディード)

indeedは他の転職サイトとは少し仕組みが違っており、世界各国の転職サイトに掲載されている求人をまとめて検索することが出来るgoogleやyahoo!のような転職特化型検索エンジンです。

そのため、日本国内だけでなく海外の求人もまとめてチェックすることが出来ますし、ゼブラ以外の文具メーカーの求人をチェックするにもかなり便利と言えるでしょう。

検索機能に関してもかなり絞ることが出来るので、希望する条件をこだわりぬいて検索することも出来ますし、色々な転職サイトの求人を検索出来るためにマニアックな求人も見つけやすいです。

サイトの造りもかなりシンプルなので、転職サイトがなかなか使いづらいと言う方におすすめの転職サイトと言えるでしょう。

indeed(インディード)の口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です