負けず嫌いを活かすことができる仕事とは?負けず嫌いを面接でアピールしても良い?

負けず嫌いを活かすことができる仕事とは?負けず嫌いを面接でアピールしても良い?

人間はぞれぞれ異なる性格を持っていて、その性格を活かすことができる仕事に就いていると、ストレスなく、成果を上げやすくなります。

もし、社会人になって転職するときには、自分の性格を活かすことができる仕事に転職すべきです。

では、「負けず嫌い」という性格を活かすことができる仕事はあるのでしょうか?

この記事では負けず嫌いという性格を活かすことができる仕事をご紹介します。

負けず嫌いを活かすことができない仕事や、負けず嫌いを面接でアピールすることもご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

負けず嫌いは仕事で活かすことができる?

スポーツや勉強などで、負けず嫌いを活かすことができるように、仕事でも負けず嫌いを活かすことは可能です。

「同僚に負けたくない」「友達よりも成果を上げたい」「社内で1番になりたい」などという、負けず嫌いな気持ちがあれば、仕事へのモチベーションが高くなり、成果を上げやすくなります。

ただし、仕事によって負けず嫌いを活かすことができるのか、できないのか決まります。

仕事によっては負けず嫌いを活かすことができないため、「負けず嫌いを仕事で活かしたい」と考えている方は、仕事選びが大事です。

負けず嫌いを活かすことができる仕事

上記でお伝えした通り、負けず嫌いは活かせる仕事と活かせない仕事があります。

負けず嫌いを活かせない仕事へ転職してしまうと、転職した意味がなくなってしまいます。

負けず嫌いを活かすことができる仕事をいくつかご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

営業職

営業職は、結果を重要視されることが多い仕事なので、負けず嫌いを活かすことができます。

社内での制約数などはランキング化して掲載されている企業は多く、結果によって給料が変わる「インセンティブ制度」を設けている企業も多いです。

また、営業職は組織ではなく、個人で取り組むことが多いため、最も負けず嫌いを活かすことができる仕事になるでしょう。

営業職には、「新規開拓営業・ルート営業・訪問営業」などさまざまな種類がありますが、どの種類でも負けず嫌いを活かすことができます。

そして、転職市場において最も求人数が多いので、希望する条件に合っている求人を見つけやすい傾向があります。

未経験でも営業に転職できる?営業職への転職のポイント!

営業職への転職ではどんな志望動機が好ましい?NGな転職理由とは?

WEB系の仕事

WEB系の仕事とは、システムエンジニアやプログラマー、WEBデザイナーなどが挙げられます。

WEB系の仕事では、実績やスキルが重要視されることが多いため、負けず嫌いを活かすことができます。

実績を上げていれば、年齢などは関係なく、昇進することができ、20代で役職に就いている方は多いです。

もし、自分より年下の方が上司になるようなことがあっても、負けず嫌いという性格を活かせば、高いモチベーションを維持できるでしょう。

WEB系の仕事は、1つの依頼に対してチームで取り組むことが多い分、「同僚に負けたくない」という気持ちを抱きやすいです。

WEB系の仕事に転職するには、専門的な知識・スキルを必要としますが、人手不足を抱えている企業が多いため、転職難易度は高くありません。

WEB業界にはどんなイメージがある?未経験者でも始めやすい職種は?

今後もWEB業界は需要が高まり続ける?今後も需要が高い職種とは?

企画職

企画職は自社の商品・サービスの業績を上げるために、最適な企画を立案する仕事です。

企画職では、同業他社よりも良い商品・サービスを生み出すことが最大の目的になっているため、「他社に負けたくない」という気持ちが大切になり、負けず嫌いを活かすことができる仕事になります。

「他社に負けたくない」という気持ちがなければ、良い企画は立案できないため、企画職で負けず嫌いは最大限活かすことができるでしょう。

ただし、チームで企画を考えることが多いため、チームの一員に対して「負けたくない」という気持ちが強くなってしまうと、チームワークが乱れてしまうので、注意が必要です。

企画職に関する求人数は多いですが、現場での経験を重要視されることがあり、今までの職歴によっては転職が難しいかもしれません。

企画職から転職する人は多い?転職する理由とおすすめの転職先をご紹介

飲食業

負けず嫌いを活かす仕事の1つとして、飲食業が挙げられます。「負けず嫌いを活かす仕事が、飲食業?」と思われるかもしれませんが、飲食業は競争の激しい分野です。

高級なレストランからファストフード店、コンビニエンスストアまで競争が激しく、負けず嫌いを活かすことができる仕事になっています。

ただし、社内での競争はあまり考えられないため、「社内で負けず嫌いを活かしたい」という方に飲食業は向いていないです。

しかし、飲食業は未経験でも転職しやすく、求人数も豊富なので、転職難易度は低くなっています。

飲食業に未経験で転職する上で抑えておきたいポイントを解説

飲食業界は転職する人が多い?転職の理由をご紹介

負けず嫌いを活かすことができない仕事

負けず嫌いを活かすことができる仕事をお伝えしましたが、活かせない仕事もあります。

転職して負けず嫌いを活かすためにも、下記の仕事を参考にしてみてください。

ドライバー

ドライバーとは、タクシドライバーやトラックドライバーなど、さまざまな職種が挙げられますが、負けず嫌いを活かすことができない仕事です。

その理由として考えられるのが、決められたことを決められたように行う仕事だからです。

例えば、トラックドライバーでは、依頼された荷物を決められた場所に決められた時間までに運ぶ仕事なので、「負けたくない」「1番になりたい」という感情が必要ありません。

ドライバーという仕事は、真面目な方や慎重に行動してしまう方に向いている仕事になります。

未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

ドライバーに転職して後悔することが多い?後悔しない転職方法を解説

事務職

事務職とは、書類の作成・整理やお客様情報の入力、電話対応など、他の社員をサポートする仕事です。

事務職では、企業に直接的に貢献するわけではないため、負けず嫌いを活かすことができない仕事になります。

どんな仕事内容でも、「他の社員をサポートする」ということは変わらないため、「負けたくない」などという感情は不必要で、「少しでもサポートする」という考え方が大切です。

さらに、事務職の仕事内容は「ルーティンワーク」と言われることが多いため、負けず嫌いという性格を無駄にしてしまいます。

未経験でも事務職へ転職できる?どんな人に向いてるの?

男性が事務職で働けるのは勝ち組なの?年収やキャリアの面から徹底検証

負けず嫌いを面接でアピールしても良い?

上記でお伝えした仕事へ転職するときに、負けず嫌いなことをアピールしても良いです。

中途採用を行っている企業側からすると、負けず嫌いな人材は求めている人物像とマッチするケースが多く、転職を成功させやすくなります。

しかし、負けず嫌いなことをアピールポイントしている転職者は多く、採用担当者の印象に残りににくいです。

また、負けず嫌いということを短所と判断する採用担当者もいるため、面接でアピールするとき抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

負けず嫌いということがマイナスの印象を与えないためにも、下記のポイントを参考にしてみてください。

負けず嫌いの良い面と悪い面を理解する

負けず嫌いということは、中途採用を行っている企業から良い評価を受けることが多いです。

しかし、採用担当者によっては短所と判断される可能性があるため、面接でアピールするときには、負けず嫌いの良い面と悪い面を自分自身で把握しておくことが大切です。

両方の面を自分で把握することで、採用担当者に短所だと判断されにくくなります。

負けず嫌いの良い面として考えられるのは、「仕事をやり抜く粘り強さ」や「勝つための努力量」などです。

一方、悪い面では、「敵対心が強く、チームワークを乱す」や「あきらめが悪い」などが挙げられます。

採用担当者への伝え方で、長所になるのか、短所になるのか決まるため、両方の面を把握してうえで伝え方を考えるようにしてください。

具体的なエピソードを伝える

転職での面接は、採用担当者と転職者が初めて会う機会になるため、具体的な内容のアピールが好まれます。

例えば、「私は、負けず嫌いです!」とだけ伝えても採用担当者には響きません。

そのため負けず嫌いということをアピールできる具体的なエピソードを伝えることが大切です。

今までの職歴の中で、負けず嫌いをアピールできるエピソードはあると思います。

そして、より具体的な内容にするには、明確な数字を入れることが大切です。

「100人の中で1位になりました」と明確な数字を入れるだけで、採用担当者に伝わりやすくなります。

転職先での活かし方を伝える

中途採用を行っている企業では、即戦力で働いてほしいと考えていることが多いため、負けず嫌いという長所を転職先でどのように活かすことができるのか、伝えることが大切になります。

ただ単に、負けず嫌いということをアピールするだけでは、採用担当者に印象に残りにくいです。

企業の事業内容や仕事内容についてしっかりと研究をして、自分の負けず嫌いという長所をどのように活かすことができるのか、明確に伝えるようにしてください。

明確に伝えることができれば、「この人は即戦力で働ける」と判断してもらいやすくなります。

負けず嫌いを活かせる仕事へ転職するには?

上記でお伝えした負けず嫌いを活かすことができる仕事へ転職するには、「転職エージェント」の活用が大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートをしてくれるサービスで、転職サイトには掲載されていない「非公開求人」も紹介してくれます。

また、面接対策や日程調整、条件交渉など転職に関することは幅広くサポートしてくれます。

転職者1人に対して、担当のキャリアアドバイザー(転職のプロ)が付くため、転職未経験者でも希望通りに転職できる可能性が高いです。

おすすめの転職エージェントは下記の通りです。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

負けず嫌いを活かせる仕事は営業職

この記事では負けず嫌いを活かすことができる仕事をお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

負けず嫌いを活かす仕事はさまざまありますが、最も活かせられる仕事は「営業職」です。

インセンティブ制度を設けている企業が多いため、負けず嫌いを活かせば、年収を高めることも可能です。

さらに、転職市場において営業職は最も求人数が多いです。

しかし、負けず嫌いを活かすことができない仕事もあるため、慎重に転職先を選ぶようにしてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件