ドライバーに転職して後悔することが多い?後悔しない転職方法を解説

ドライバーに転職して後悔することが多い?後悔しない転職方法を解説

ドライバーに転職することもそうですし、転職すること自体にリスクがありますよね。

今ある仕事を辞めて、新しい仕事を行う。転職は非常に大切なステップです。

しかし、「ドライバーに転職して後悔しているよ」と転職したことに後悔しているドライバーも多いと思います。

では、なぜドライバーに転職して後悔するのでしょうか?

この記事では、ドライバーに転職して後悔する原因や後悔しない転職をするための方法などをご紹介します。

ドライバーに転職することを考えている人は、参考にしてみてください!

ドライバーに転職して後悔することは多い?

ドライバーに転職すると、後悔することが多いのでしょうか?

結論から申しますと、後悔することが多いわけではありません。

正しい方法で転職をすると、後悔することはなく「転職してよかった」と思えるはずです!

しかし、実際「転職して後悔しているよ」と言っている人も多いです。

ドライバーに限らず、転職活動を慎重に行わなければ後悔してしまうことが多いですので、今回ご紹介することを参考にして、後悔しない転職をしましょう!

ドライバーに転職して後悔する原因

「後悔した」と思っている人は、なぜ後悔したと思っているのでしょうか?

ドライバーの主な原因をご紹介します。

優良企業では無かった

ドライバーに限らず転職に後悔したと感じている人は、優良企業に転職できなかったことが多いです。

転職を行うときには、求人を出している企業に応募をして採用してもらうという流れになります。

企業見学など事前に企業について知る機会はあるのですが、行かなくても転職はできますので、働きながら転職する人は行かないことが多いです。

しかし、掲載されている情報だけで、優良企業と決めつけるのは良くないです。

もちろん、優良企業も多くありますが、優良企業ではない「ブラック企業」も多くあります。

ブラック企業に転職してしまうと、いくら仕事が楽しくても「転職して後悔だわ」となってしまいます。

ドライバーに限らず、ブラック企業に転職することには注意が必要です!

労働時間が長い

ドライバーは労働時間が長いです。

実際運転している時間は長くないのですが、拘束されている時間が長いです。

特にトラックドライバーですと、「最大16時間」までの拘束が認められており、プライベートの時間がほとんど無くなってしまいます。

そのため「ドライバーに転職して後悔した」となるのです。

さらに「長距離ドライバー」や「タクシードライバー」に転職しますと、夜間の労働もあります。

運転することが好きな人にとってはあまり気にならないことですが、後悔する原因の1つと言えるでしょう。

肉体的にしんどい

ドライバーは運転することが業務の多くを占めますので、同じ姿勢で長時間仕事を行うことになります。

そのため、腰が痛くなったり、ストレスが溜まりやすいです。

さらに、労働時間が長いこともあり「肉体的にしんどい」ということが原因で後悔している人も多いです。

特に、配送のドライバーなどは重たい荷物を乗せては下ろしてを繰り返しますので、腕力も必要になります。

体を動かすことが好きではない人や肉体的に自信がない人は、ドライバーに向いていないことが多いです。

すぐに飽きてしまう

転職して後悔している人の中には、期間が経ってから後悔する人もいます。

時間が経ってから後悔する人の多くが、ドライバーという職業に飽きてしまっていることです。

例えば、営業職の場合を考えましょう。

営業職ですと、毎日会話する相手は変わりますし、内容、売り込み方、結果などが全てが同いではありません。

さらに、営業する商品やサービスが変わることもありますので、営業することに飽きることは少ないです。

しかし、ドライバーは基本運転することが仕事になり、車を運転するという業務は毎日一緒です。

乗せる人や乗せる物は変わるのですが、車を運転するということに変わりはありませんよね。

さらに、運転することが多くの時間を占めますので、飽きるスペードも早いです。

ルーティンワークが苦手な人は、転職して後悔したとなる場合があります。

やりがいを感じない

ドライバーの業務に明確な成果はありません。

決められた商品を決められた場所に届けることができれば、評価されます。

自分から行動して、結果が変わるということはありません。

そのため、ドライバーという職業にやりがいを感じず、転職して後悔したと感じます。

しかし、やりがいを求めるのではなく「決められたことをしたい!」と考える人もいるでしょう。

その場合は、ドライバーがぴったりですし、転職して後悔したということは少ないです!

ドライバーの転職理由は?転職するための大切なポイントを解説

転職して後悔しないようにするためには?

転職して後悔してからでは、手遅れです。

そのため、後悔しない転職を行いましょう。

事前にドライバーについて調べる

転職するときには、事前に転職する業界について調べることが大切です。

事前に調べていると「思っていた仕事でなかった」となる可能性も低いです。

ドライバー業界の特徴は下記に掲載しております。

  • 運転免許が必要
  • ドライバーの男女比率は男性9割
  • 主に1人で行うことが多い
  • 拘束時間が長い
  • 肉体的にしんどい
  • コミュニケーション力も必要
  • 安全運転が大切

など様々な特徴があります。

この特徴を事前に調べておけると、転職してから後悔したとなることはないでしょう。

ドライバー業界に限らず、転職する時は転職する業界について調べることを大切にしてください!

自分がドライバーに向いているのか把握する

仕事には、向き不向きがありますよね。

営業職に向いている人もいれば、事務職に向いている人、ドライバーに向いている人様々です。

大切なことは、自分がその職業に向いているかです。

ドライバーに向いていなければ、転職しても後悔してしまうことになります。

まずは事前にドライバーに自分が向いているのかを把握しましょう。

ドライバーに向いている人の特徴は下記でご紹介していますので、参考にしてください!

ドライバーに転職する志望動機を振り返る

ドライバーに転職する志望動機を考えることも、後悔しないためには大切です。

例えば、勤務時間が短いと思い志望したのであれば、大きな間違いですよね。

万が一、そのまま転職してしまうと、後悔することになるでしょう。

そのため、志望動機とドライバー業界の特徴が一致しているのかを考えます。

一致しているのであれば、後悔する可能性は低いです!

一致しないのであれば、一致する職業に転職することが賢明でしょう。

転職サイトを利用する

ブラック企業に転職しないためにも、転職サイトを利用することが大切です。

転職サイトを利用しますと、幅広い求人の中から選択することができますし、アドバイザーが1人付いてくれますのでブラック企業に転職してしまう可能性は低いです。

さらに、転職サイトを利用しますと、アドバイザーが面談してくれ希望している条件の求人を紹介してくれます。そのため、希望通りの転職ができます!

転職する企業によって、後悔するのかしないのかも変わってきますので、信頼できる転職サイトを利用しましょう。

ドライバーに向いている人の特徴

ドライバーに向いている人を特徴をご紹介します。

後悔しないためにも、自分がドライバーに向いているのか参考にしてください!

  • 運転免許書を所有している
  • 運転することが好き
  • 初対面でもコミュニケーションを取れる
  • 安全意識が高く、気が長い
  • ルーティンワークでも問題ない
  • 労働時間にこだわりがない
  • 体力に自信がある

などがドライバーに向いている人の特徴です。

1つや2つの特徴が向いていなくても後悔することはないと思うのですが、過半数以上の特徴が向いていない場合は、ドライバーに転職しないことをおすすめします。

特徴はあくまで特徴なので、仕事をしてみないとわからない部分もあります。

一度転職してみるのも、1つの方法です!

未経験でもドライバーに転職できるの?転職を失敗しないポイントを解説

ドライバーにおすすめの転職サイト

上記でもご紹介しましたが、転職サイトを利用することは転職を後悔させないためにも、大切なことになります。

ただ転職サイトを利用すればいいのではなく、信頼できる優良な転職サイトを利用することが大切です!

しかし、国内に転職サイトは数多くあり、「一般的なサイト」「ドライバーに特化しているサイト」「若者向けのサイト」「地域に密着しているサイト」など幅広くあります。

ドライバーに転職する場合は、「ドライバーに特化している転職サイト」か「大手転職サイト」を利用することをおすすめします。

さらに、サポートが充実している転職サイトを利用することも大切で、転職サイトによって後悔するのか後悔しないのか変わってきますので、慎重に選ぶようにしましょう!

ドライバーにおすすめの転職サイトを下記にまとめました。

ドライバーに特化している転職サイト

  • ドラEVER
  • ドラコムネット
  • ランクリードドライバー
  • ドライバージョブ
  • トラックマンジョブ

大手転職サイト

以上がおすすめの転職サイトになります。

登録や利用することは無料ですので、安心して利用してみてください!

まとめ

今回はドライバーに転職して後悔することについてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ドライバーに転職して、後悔するのか後悔しないのか、全ては自分次第です。

後悔しない転職を行うためにも、今回ご紹介した内容を参考にして転職活動を行ってみてください!そして「ドライバーに転職してよかった!」と思えるような転職をしましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件