ドライバーに転職する志望動機は?志望動機を考えるコツを解説

ドライバーに転職する志望動機は?志望動機を考えるコツを解説

ドライバーに転職するときには「志望動機」を考えなくてはいけません。

面接を受けるときに、「志望動機は何ですか?」と必ずと言っていいほど、聞かれます。

そのときに、明確な志望動機を伝えることができなければ、転職を成功させることは難しいです。

分かってはいても、「志望動機ってなんだろう…」「考えたことがない」と志望動機を明確に伝えることができない人も多いのではないでしょうか?

この記事では、ドライバーに転職する志望動機や志望動機を考えるコツなどをご紹介しますので、ドライバーに転職することを考えている人は、参考にしてみてください!

明確な志望動機を伝えることができれば、不採用となることは少ないでしょう!

ドライバーに転職する志望動機

志望動機が明確でない人は参考にしてみてください!

転職するか悩んでいる人もドライバーに転職するべきなのか見えてくると思いますので、是非参考にしてみてください。

免許を有効的に活用したい

ドライバーとして働くためには、運転免許が必要になります。

  • 普通自動車運転免許
  • 第二種運転免許
  • 中型自動車運転免許
  • 大型自動車運転免許
  • けん引免許
  • フォークリフト運転技能者

など様々あり、転職する業種によって必要な免許が変わってきます。

特に「第二種運転免許」や「大型自動車運転免許」を取得しているのにも関わらず、ドライバーとして働いていないのはもったいないことです。

「若いときに取得した」「一時期ドライバーをしていた」など今は別の仕事を行い、免許を有効的に活用できていないことが志望動機になる場合があります。

車や運転することが好き

ドライバーは、車を運転することがメインの業務になりますので、運転することが好きというが志望動機になることもあります。

「車が好きだからドライバーになろう!」「運転することが趣味だから仕事にしよう!」と考える人も少なくありません。

反対に、運転することが好きではない人はドライバーに向いていないでしょう。

万が一転職をしても、辞めてしまうことにつながりますので注意してください。

体力に自信がある

ドライバーは体力が必要になる仕事で、ドライバーを退職する人の多くが「体力的にしんどい」と言います。

「運転するだけでは?」と思われたかもしれませんが、ドライバーは拘束時間が非常に長いです。

特にトラックドライバーの拘束時間は「最大16時間」まで認められており、プライベートの時間や体のケアに充てる時間が少なくなります。

運転している時間が少なくても、拘束時間が長いと体力的に厳しいものがあります。

そのため、「体力的に自信があるので志望した」と体力があるということが志望動機になっている人もいます。

しかし、車を運転するときは同じ姿勢なことが多いため身体にも影響があり、腰が痛くなる可能性が高いです。

すでに、腰痛持ちの人は注意が必要です。

ルーティンワークをしたい

ドライバーは職種によって業務内容は変わるのですが、基本的に車を運転するということは変わりませんので、「ルーティンワーク」に当てはまる職業です。

事務作業や受付などもルーティンワークと言われる職業です。

「覚えることが少ないから楽」「毎日同じ仕事だから日々効率よく仕事できる」などと考え、志望動機になっている人も多いです。

ドライバーの中にも、ルーティンワークではない職種もあり、「タクシドライバー」や「直距離ドライバー」などはルーティンワークではないことが多いので、ルーティワークが好ましくない人は考えて転職しましょう。

未経験でも働ける

ドライバーに転職希望している人の中には、「未経験でも働けるから志望した」と未経験でも働けることを志望動機にしている人もいます。

ドライバーに転職するためには、免許が必要になりますが実務経験がなくても転職は可能です。

中には日常的に車を運転している人も多いと思いますので、車を運転すること自体が未経験という人は少ないでしょう。

しかし、「未経験でも働けることが志望動機です」と企業側に伝えても、採用になる可能性は低くなりますので、注意が必要です。

企業側が「この人を採用したい!」と思ってもらえるような志望動機がいいでしょう!

ドライバーが志望動機を考えるコツ

志望動機が大切と分かっていても、考えることは難しいですよね。

志望動機を考える上で大切なポイントをご紹介します。

転職したいと思ったきっかけを考える

志望動機の多くが、「ドライバーに転職したい」と思った時の気持ちです。

例えば、「体力に自信があるし、運転することも好き」と考え、ドライバーに転職したいと考えたとしましょう。

その場合の志望動機は、「体力に自信がある」「運転することが好き」ということになります。

人手不足ということもあり、企業側も長期的に雇用できる人材を求めています。

そのため、体力があり運転することが好きという志望動機が採用に繋がることが多く、ドライバーとして長く働くことができるでしょう。

他にも、「給料が良いと聞いて転職したい」と考えた人の志望動機は「給料が良い」ということです。ドライバーに転職したいと思ったきっかけを考えれば、志望動機を把握することができます!

自身の経歴を振り返る

ドライバーに転職するということは、今は違う仕事をしているということですよね。

今までの職歴を振り返ることも志望動機を考える上で大切です。

例えば今までの職歴を振り返り、「自分から何かチャレンジすることが苦手」と理解することができれば、「ルーティンワークが得意」ということが志望動機になります。

ルーティンワークが苦手な人は、ドライバーとして長く働くことが難しく、事故やトラブルを起こしやすいため、企業側もルーティンワークが得意という人材は大歓迎です。

転職するときに、自身の経歴を振り返ることは大切です!

免許やスキルを考える

免許を持っている場合は、志望動機にしやすいです。

上記でもご紹介した免許の中でも「第二種運転免許」や「大型自動車運転免許」を取得していると、採用されることは間違いないでしょう。

人手不足な業界なため、即戦力で働ける人材を求めています。

さらに、「運転に自信がある」「気長でコミュニケーション力がある」と言って自身のスキルも志望動機になります。

特に、タクシドライバーやトラックドライバーは人と会話する機会が多いため、コミュニケーション力が必要です。

自信が取得している免許やスキルを考えることも志望動機を考える上で大切になります!

ドライバーの転職理由は?転職するための大切なポイントを解説

ドライバーに向いている人の特徴

ドライバーには向いている人と向いていない人がいます。

ドライバーに向いている人の特徴を書きにまとめましたので、ドライバーに転職するべきか悩んでいる人は参考にしてみてください!

  • 運転免許書を所有している
  • 運転することが好き
  • 初対面でもコミュニケーションを取れる
  • 安全意識が高く、気が長い
  • 体力や腕力がある

などがドライバーに向いている人の特徴です。

最低限、運転免許書を所有していなければ、ドライバーになることはできません。

ドライバーに転職するときには、所有しているようにしてください。

転職したい職種によって必要となる免許が変わってきますので、注意して取得するようにしましょう。

さらに、安全意識が高く、気が長い人はドライバーに向いていますし、企業側からも信頼されます。

運転しているときに、事故を起こされることを企業側は恐れていますので、気長で安全な運転ができる人はドライバーにぴったりでしょう!

上記の特徴は今からでも改善することができることが多いので、体力がない人は体力をつけ、免許書を所有していない人は免許を取りに行くように、転職するまでに改善してください!

ドライバーに転職するために必要なことは?

ドライバーに転職する上で大切なことは一人で転職活動をしないことです。

働きながら転職する人が多いと思うのですが、働きながらですと転職に対する時間を多く設けることはできないと思います。

そんな状況で転職活動を成功させることは、無理があります。

そのため、転職サイトを利用して転職するようにしましょう。

転職サイトを利用して転職しますと、担当のアドバイザーが付いてくれ、転職活動をサポートしてくれます。

転職に対する時間を多く設けることができなくても、転職を成功させることができますし、初めて転職する人でも安心して転職することができます!

ドライバーに転職したい人はぜひ転職サイトを利用して転職しましょう!

ドライバーに転職する人のおすすめの転職サイトは下記になります。

まとめ

今回はドライバーに転職する志望動機についてご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

ドライバーに転職するときに、志望動機を伝えることは非常に大切になりますので、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください!

そして、転職サイトを利用してドライバーに転職しましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件