男性が事務職で働けるのは勝ち組なの?年収やキャリアの面から徹底検証

男性が事務職で働けるのは勝ち組なの?年収やキャリアの面から徹底検証

色々な職種がある中で、事務職には女性が就いているイメージを抱いている人も多いのではないでしょうか。

しかし、事務職に就いている男性ももちろんいますよね。

男性で事務職に就いている男性は「勝ち組」と思っている人はいませんか。

果たして本当にそうなのでしょうか。

今回は、年収やキャリアの面から、事務職を徹底解剖していきます!事務職で働きたい方は必見です。

どの事務職でも圧倒的に女性が多い

最近男女平等の観点から、職種を性別で制限されることが少なくなってきました。

しかし、制限はないものの、「この仕事は女性のイメージが強い」など職業によっては、男女のイメージがついている職業もあります。

事務職においても女性のイメージが強かったり、反対に営業職には男性のイメージを持っているという人も少なくないのではありませんか。

これは間違ったイメージではありません。

実際にどの職種においても、事務職についている割合は女性のほうが多いようです。

また、募集事態が女性に絞られていることが多いです。

事務職への転職は男性は不利?男性ならではのアピール術

男性=営業職のイメージが強い

男性が多く就業しているイメージのある職業は色々あると思います。

実際に男性しかつけない仕事もあるかもしれません。

営業職においても、きつい・大変な職種というイメージから=男性と考えている人が少なくないようです。

実際に営業についている男性は女性よりも多くなっているようですが、男性だけの職業というのは、間違ったイメージと言えるでしょう。

柔和なイメージのある女性に絞って募集していることが多い

そもそも企業が事務職を募集する際に、女性に絞って募集していることが多いようです。

事務職は、会社において「縁の下の力持ち」的な役割をすることが多く、柔和なイメージから女性を募集する傾向にあるようです。

とはいえ、絞っている企業が多いというというだけで、募集している企業もあるので、事務職希望の場合は男女問わず募集している企業を探してみてはいかがでしょうか。

男性で事務職を希望する人は、募集している企業を探すことから始める必要があるようです。

また、面接にたどり着いても、事務職ではなく営業をすすめられたなんて経験をしたことがある人もいるようです。

まだまだ事務職=女性のイメージが強く残っている人も多くいるため、男性の事務職への就職は狭き門なのかもしれません。

事務職への転職は女性に有利?面接でアピールすべきポイント!

男性が事務職で働けるのは勝ち組ではない

事務職で働く男性は「勝ち組」なのでしょうか。勝ち組というのが何を指すかは、人により違うとは思います。

しかし、事務職でのキャリアアップというのは、難しかったりインセンティブなど能力給がないため、年収面で事務職が勝ち組だと感じる男性は少ないようですね。

事務職は、安定していて体力の消耗も他の職業に比べれば少ない職種ではありますが、反面バリバリ働きたい!!という人には少し物足りない仕事内容かもしれません。

①事務職でキャリアアップするのが難しい

事務職でキャリアアップをするのは難しいかもしれません。

事務職であまりチャレンジするような仕事をする機会はないでしょう。

ですので、長年事務職についていても市場価値が上がりにくい傾向にあるようです。

しかし、事務職にも財務事務や人事事務など、専門的な知識が必要なものがあるので、もしキャリアアップをしたい場合には、そのような資格や勉強をしてみても良いかもしれません。

②基本給だけでインセンティブを受け取りにくい

事務職は特別な資格や職種を除き、基本給のみでインセンティブがつきにくいです。

経理や財務などに専門的な知識や資格を有する場合には、能力給や資格手当などがつく場合もありますが、基本的な事務の場合には、何年働いても年収は上がりにくい傾向にあります。

一般事務職を目指している場合は、年収が上がりにくいことを理解して置く必要があります。

事務職の給料はどれくらい?職種ごとの平均年収ランキング

③男性事務職を採用してくれる企業が圧倒的に少ない

男性事務職を採用している企業が、圧倒的に少ないこともデメリットと言えるでしょう。

まだまだ事務職は女性の職業というイメージと、オフィスワークだけでなく、幅広い業務が要求されるため、柔和な女性を募集している場合が多いためと思われます。

先ほどお話したとおり、経理や財務など専門的な知識を必要とする事務においては、男性の採用も積極的に行っていることもあります。

事務を希望する場合には、求人の出やすい部署に必要な知識をつけておくと良いかもしれません。

④他の動機に比べて劣等感を持ちやすくなる

事務職の面接を受けた際に、志望動機を聞かれるでしょう。

その時に他の専門的な職種に比べて志望動機が弱くなってしまう可能性があります。

一般事務は、幅広い人に対応できる仕事が多く、どうしても「この仕事でなければならない理由」などを見つけずらいのではないでしょうか。

一般事務で働きたいという人は、MOSなどの資格をとっておくと採用に一歩近づくかもしれません。

以上のことから男性の事務職は「勝ち組」とするのは、少し疑問に思います。

「勝ち組」を何とするかは人により様々あるとは思いますが、インセンティブやキャリアアップなどがあまり望めないことで年収が高い職種とは言えません。

求人数が圧倒的に少ない「狭き門」であり、まだまだ女性の採用が多い職種です。

そのことから一般事務で働きたいという男性は、覚悟を持って働く必要があるのではないでしょうか。

考え方によっては男性事務職が勝ち組になることも

「一般事務で働きたい」と考える人にとって、一般事務につくメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

一般事務は、ノルマなどがないことが多いので、のびのびと働ける環境と考えられます。

また営業などのように、客先に時間を合わせて残業などもないので、自分の時間を大切にできる場合が多いようです。

以上の2点から、体力をあまり使わない仕事ができるのではないでしょうか。それぞれ詳しく見ていきましょう。

ノルマから外れてのびのびと仕事ができる

営業職では、良く見かけるノルマも一般事務では課せられることは、あまりありません。

ノルマがあるだけで、仕事が嫌になってしまったり、行きたくなってしまう人もいるでしょう。

ノルマにストレスであった人にとって、ノルマがないことでのびのびと仕事ができると感じるのでしょう。

一般事務にはノルマがありませんが、いろいろな社員のサポートをすることがあるので、他のストレスがあるのかもしれません。

残業が少ないので自分の時間を大切にできる

一般事務は残業が少ないイメージがあります。

そのため自分の時間を大切にしやすいのではないかと思っている人が多くいるようです。

他の職種より、ノルマがない分残業が発生しにくい傾向にはありますが、まったくないわけではありません。

また、専門的な知識を必要とする事務においては、忙しいこともあるようです。

しかし、専門的な知識が必要だったり営業などの職種より、プライベートを楽しめる確率が高くなるようです。

体力を使わずに仕事ができる

残業が少なかったり、ノルマがないことが多い事務職は、体力の消耗が少ないことをメリットと考えられます。

会社内でするデスクワークがメインの一般事務は、他の職種よりは体力を使うことは少ないかもしれません。

しかし気遣いが必要であったり、電話対応が多いなど体力以外で必要なこともあります。

体力が必要なわけではないけど、楽なわけではないことを理解しておきましょう。

男性が事務職に転職するためのポイント

男性が事務職に転職するためのポイントとは、どのようなところなんでしょうか。

大事なことは「狭き門を理解」「雇用企業を探す」ということです。

そもそも男性を事務職に採用している企業が少なく、まだまだ事務職=女性というイメージが多く持たれているため、募集している企業が少ないことはお話しました。

事務職で働きたいという男性は少なくないので、採用されやすいように事務職に必要な資格をとったり、専門的な事務職につけるように勉強することが大切です。

狭き門であることを理解する

まずは「狭き門」であることをきちんと理解しましょう。

募集企業が少ないこと、採用メインが女性であることなど、男性にとっては採用されにくい職業です。

まずはきちんとそれを理解して、採用に繋がるように、様々な知識をつけるようにしましょう。

また、専門職と比べて年収が低くなってしまう可能性があることを、合わせて理解しておくと良いでしょう。

男性の雇用実績のある企業を選択する

男性雇用の実績がある企業を探すようにしましょう。

実績のない企業を受けようと思っても、門前払いされてしまう可能性が高いです。

男女平等の観点から、「女性のみ」とは求人に書かれていることはあまりありませんが、男性事務員を採用実績がない企業では、採用されることはあまりないようです。

大きな企業ですと、男性でも採用している場合もあるようなので、探してみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用する

自分で男性事務員を採用しているかを探すのは、難しいかもしれません。

そこで転職エージェントを利用するとスムーズに見つかるかもしれません。

転職エージェントは豊富な求人を持っているので、自分の条件と合う企業を紹介してくれるかもしれません。

事務職の転職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

事務職転職をサポートしてくれる転職エージェント2選

「男性事務職を採用している企業の探し方がわからない」「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には、転職支援サービスを活用することも有効です。

転職支援サービスはブラック企業の掲載を断っているため、企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと転職希望者をヒアリングしてくれるので、転職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、男性の事務職実績がある企業を紹介してくれるかもしれません。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、就職支援サービスを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際に転職支援サービスについて書いていくので、参考にしてみてください!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大数の非公開求人を所持している、大手の転職エージェントのひとつです。

転職に必要な履歴書の添削や、面接の対策などサポートも充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるので、事務職に転職したい男性にも必要なアドバイスをしてくれます。

リクルートエージェント詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

生活を安定させたいなら男性の事務職も一つの道!

色々な観点から、男性の事務職についてお話してきました。

男性の事務職は、まだまだ求人数も少なく、女性の職業というイメージがあるので、採用されることが難しいことがわかりました。

また年収も専門職や営業職と比べて低いことも多いなど、デメリットとなる要因もありました。

しかし、のびのびと働けたり、残業が少ないなど、プライベートが充実しやすい傾向にあるようです。

生活を仕事でいっぱいにではなく、バランスよくしたいという男性にとって、事務職は選択のひとつになるかもしれません。

しかし狭き門ではあるので、事務職として採用されるためにも、必要な資格や知識はつけておく必要があることを理解しましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件