発達障害は営業職に向いている?適性と転職するときの注意点について解説!

発達障害は営業職に向いている?適性と転職するときの注意点について解説!

近年発達障害という言葉を良く耳にします。

社会人になってから、発達障害が発覚したという人もいるようです。

そもそも発達障害とは、ADHD・ASD・LDの3つのことを指します。

今回はそんな発達障害と営業職についてお話していきます。

社会人によくある発達障害って?

そもそも発達障害とは、生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状が現れ、通常の育児ではうまくいかないことがあります。

成長するにつれ、自分自身のもつ不得手な部分に気づき、生きにくさを感じることがあるかもしれません。

(厚生労働省HPより引用)とのことです。

発達障害の人は社会に多くある、ニュアンスを汲み取ることや、他人とコミュニケーションをとることの多い職業は向いていない傾向にあります。

また仕事の采配を自分でしなければならないフリーランスなども向いていないようです。

ADHD

ADHDは、注意欠陥・多動障害と言われる障害です。

ADHDの人は、注意不足によるミスが多かったり、落ち着きがなかったりするため、遅刻などにも注意が必要です。

1人で仕事をすすめたり同じことをコツコツと続けることが苦手とされています。

ASD

ASDは自閉症スペクトラムのことを指します。

ASDの人は、コミュニケーションをとることや、場の空気を読むこと、人の表情を読み取ることなどが苦手です。

またこだわりの強さも特徴のひとつとされています。

発達障害は成人になってから見つかることが多い

発達障害が成人してからわかったという人も多くいるようです。

そのひとつに、発達障害という言葉が世の中に浸透してきたのが、最近であるということも関係しているのではないでしょうか。

また社会に出てから、会社や社会にうまく馴染めず、うつ病などの発症とともに発覚することがあるようです。

学生時代にはあまり感じなかった「生きづらさ」を、社会に出てから感じる人の多くが発達障害に悩まされているのかもしれません。

発達障害が営業職に向いているかは業務内容次第

発達障害の人が向いているとされている職業は、様々ありますが営業職については業務内容次第なところがあります。

先ほど各障害の特性についてお話しましたが、その特性によって苦手なことはもちろん、得意なことも変わります。

ですので、発達障害の人が営業に向いているとも向いていないとも一概には言えないでしょう。

業務の内容によっては、すごく力を発揮する人もいることも考えられます。

しかし、一般的にハードだと言われる営業職は、障害のあるなし関係なく向き不向きはあるのではないでしょうか。

発達障害が対応できる仕事内容は人それぞれだから

同じ発達障害でも、対応できる仕事内容はADHDとASDで異なります。

例えば電話が苦手だったり、タスク管理が苦手、コミュニケーションが苦手など苦手なことが違えば、得意なことも違います。

「これができないから営業に向いていない」と考えてしまいがちですが、対応できる仕事を見つけることも可能かもしれません。

営業にも職種によってハードさが異なるから

営業と一括りに言っても、様々な業界・職種があり、それらはハードさが異なります。

これが楽、これがハードなど単純には言えないですが、ADHDの人に向いている営業はルート営業や訪問営業が向いているようです。

ハードさが異なる営業ですが、発達障害の人が安心して働ける環境を見つけられると良いですね。

営業職ってブラックが多い?ブラック営業職の見分け方

企業によって営業がマニュアル化されているかが変わるから

発達障害の人は、臨機応変に対応することが難しいと感じる人が多いようです。

しかし、企業によっては営業がマニュアル化していないことがあるので、その場合に対応が難しいことが予想されます。

人の表情や場の空気を読むことが難しいとされる発達障害では、その場の雰囲気で仕事を進めることが難しいので、マニュアルがない場合にどのようにして仕事を進めてよいかわからないこともあります。

逆にマニュアル化してある場合、仕事がうまく行くこともあるようです。

営業に向いている人の共通点を徹底解説!自己適性チェック

発達障害を抱える人が営業職に転職する際の注意点

発達障害を抱えている人が、営業に転職しようと思った時に、注意しなければならないこととはどのようなことでしょうか。

企業によっては障がい者枠採用をしている企業もあるので、そのような企業を探して見ても良いかもしれません。

その他にどのようなことに注意をすれば良いかを詳しく見ていきましょう。

企業の人材育成の実績を見る

企業の人材育成の実績について調べることも大切です。

発達障害だけでなく、新卒や転職者の人材育成をしっかりと確認することで、どのくらい指導してくれるのか、入社して放置などはされないかなどを見極めることが必要です。

発達障害の場合、通常の人よりもより詳しく業務の説明や方法などを指導してもらうことで、その後の業務をスムーズにこなせるかが変わってくることがあります。

丁寧な研修やマニュアルのある企業を選ぶことで、その後の仕事に馴染みやすくなるかもしれません。

数年以内の企業の離職率を確認する

企業の離職率も確認しておくと良いでしょう。

あまりに離職率の高い企業だと、内部の人間関係や、業務内容に問題がある場合があります。

離職率だけで判断するのは難しいので、上で話した人材育成の実績と合わせて、見ておくと企業のイメージがつきやすいかもしれません。

自分が苦手とする業務を洗いだす

自分が苦手な業務や作業はどのようなことなのかを、きちんと自分で把握しておく必要もあります。

実際に仕事をする前に、出来ること・できないことを伝えることで、職場の人もどのような業務を任せて良いか判断しやすくなります。

きちんと自分ができる業務をこなせるように、苦手とする業務の洗い出しをしてみましょう。

自分の興味のある業界をしっかり調べておく

自分がどのような業界に興味があるのか、どのような業界で仕事がしたいのかをしっかりと調べておくことも大切です。

発達障害を抱える人にとって、興味のない業界で営業という仕事をしてい行くことは、より大変になってしまうでしょう。

少しでも興味がある・やりたいと思える業界での仕事がしやすように、その業界がどのような仕事をしていて、どのような雰囲気なのかなどを事前に調べておくことで、実際に入社したときにギャップが少なくて済むかもしれません。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを利用することも良いでしょう。

転職エージェントについては、のちほど詳しくお話します。

転職エージェントを利用するメリットは、求人情報では知ることのできない、内部の様子や研修・マニュアルなどについて教えてもらえることがあることと、転職活動をスムーズに行える点なのではないでしょうか。

もちろんきちんと発達障害があることをキャリアアドバイザーに話したうえで、自分の苦手なことや、これまでの就業で困ったことなどを面談で話し、より自分に合う職場を紹介してもらいましょう。

また発達障害を抱える人の多くが、色々なことを同時にすることを苦手としています。

在職中の転職には様々な苦労がありますが、それを転職エージェントを利用することで、少し解消できるかもしれません。

求人情報には掲載されていない情報を教えてもらえる

求人情報だけで、その会社の人材育成の実績などを知ることが難しいかもしれません。

しかし転職エージェントは内部の人間関係であったり、人材育成についての情報を知っていることがあります。

求人情報には載らない情報を前もって教えてもらうことで、本当に自分に合うのかを確認することができます。

現職と同時並行で転職できるように対応してもらえる

多くの行動を同時に行うことが難しい、発達障害を抱える人にとって、在職しながらの転職活動を難しく感じることもあるのではないでしょうか。

しかしなるべくスムーズに転職をしたいという人にも、転職エージェントの利用はおすすめです。

スムーズな転職だけでなく、転職サポートも親身に行ってくれるので、安心して転職活動をすることができます。

注意点についてお話してきました。

発達障害を抱える人は苦手なこと・できないことが少し多いかもしれません。

しかし、少しの工夫と調査で回避出来ることもあるのではないでしょうか。

またお話したことは、発達障害ではない人にも有効であると思います。

まずは、自分が出来ることの洗い出しから始めて、企業・業界研究をすることから始めてみてはいかかでしょうか。

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

サポート力が抜群の転職エージェント3選

サポート力が抜群の転職エージェントについて詳しく書いていきます。

転職したいと思っても「企業研究って何すればいいかわからない」「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には、転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントはブラック企業の掲載を断っているため、企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと転職希望者をヒアリングしてくれるので、就職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、実際入社してからの大きなズレを感じることが少ないようです。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際の転職エージェントについて書いていくので参考にしてみてください!

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナは国内の転職エージェントの中でも、トップクラスの求人数と実績を誇っています。

パソナには非公開求人も多く、求人の質が良いことも特徴のひとつです。

さらに、転職サイトと転職エージェント両方を満たしているので、求人の比較・検討から面接準備までトータル的にサポートしてくれるのが嬉しいですね。

多くの求人の中から自分に合う企業を見つけてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、発達障害を抱えている人も安心のサポート体制が魅力です。

パソナキャリア詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大数の非公開求人を所持している、大手の転職エージェントのひとつです。

転職に必要な履歴書の添削や、面接の対策などサポートも充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるので、事務職に転職したい男性にも必要なアドバイスをしてくれます。

リクルートエージェント詳細ページ

発達障害でも適性を理解して転職を成功させよう

発達障害は近年耳にするようになりました。

その障害のせいで「生きづらさ」「働きづらさ」を感じる人も少なくありません。

しかしきちんと適性を理解していれば、営業職として力を発揮することもあるようです。

まずは何が苦手なのか、得意なのかをきちんと理解して、伝えることが大切です。

「障害で転職なんて・・・」と考えるのではなく、「これやりたい!」と前向きに捉えて、転職活動を成功させてくださいね!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件