大卒で営業職になる割合ってどのくらい?成功できる?

大卒で営業職になる割合ってどのくらい?成功できる?

大学卒業後に、営業として働く人はどのくらいいるのでしょうか。

多いのか少ないのか、疑問に感じてる人も少なくないのでないでしょうか。

実際に大卒で営業職に就く人の多くは文系の学生のようです。

そこで今回は、大卒と営業の関係について、成功するのかや営業職の現実についてお話していこうと思います。大卒で営業ってどうなのという人は必見です。

大卒で営業職になる割合が多いのは文系で7割!

大卒で営業職になる割合が多いのは、文系の学生さんのようです。

その割合は、7割を占めているようです。

理系の割合が少ない理由は、専門的な知識をつけることの多い理系は、専門的な職業を希望することが多いからなのではないでしょう。

とはいえ、理系の大卒でも営業職につくこともあるので、まったくないということはないです。

大卒で営業職に就くことが多い理由は、利益を多く獲得するために、多くの営業を必要としている場合が多いからなのではないでしょうか。

また他の部署や職種は必要人数が限定されていることも関係しているのかもしれません。

新卒はまず営業からなんて企業もあるようです。

文系は人数が多いから

そもそも文系に分けられる学部が多くあることで、理系に比べて文系の人数が多いことも、関係していると思います。

また学部の多さだけでなく、ひとつの学部の人数自体が理系の学部より多いことがあるので、母体数に差が出るのです。

そもそも人数に差があるので、大卒で営業職につく割合が高くなることも納得です。

企業内では利益獲得の為により多くの営業を必要とするから

企業側で、利益獲得のために営業の人数を多くしていることも、関係しているようです。

企業では、売上を上げるために多くの営業職員を必要としています。

そのため、営業職に関する求人が多く出されていることも多く、大卒で営業職に就くこと人が増えるのです。

他の職種は必要人数が限定されているから

営業以外の職業に就こうと考えても、希望職種が募集していなかったり、就けないという経験をした大卒もいるのではないでしょうか。

それは、営業のように多くの人数を必要としている職種は、人数を限定していることは少ないですが、専門性が高い・必要な部署などでは、採用人数が限定されている可能性があるのです。

入社したら「とりあえず営業で経験を積む」という企業も存在するようです。

希望部で働くためにも、越えなければならない壁なのかもしれません。

大卒で営業職として働く割合は、圧倒的に文系の人が多いようです。

その理由は、そもそもの母体数が違うため差が出てしまうようです。

また理系は専門分野に就職する人が多いことも関係あるのではないでしょうか。

また別に希望の職種があっても、人数が限定されている場合ことがあるので、多くの人数を必要とする営業職に配属されるなどの理由があるようです。

営業に向いている人の共通点を徹底解説!自己適性チェック

大卒で営業職として成功できる?営業の現実

高い年収を得ることのできるイメージのある営業ですが、大卒で営業職に就いた場合、成功できる可能性はどのくらいなのかということについてお話していこうと思います。

営業は成功すると、経歴が浅い人でも、高い給与がもらえる可能性がある仕事です。

その一方で、きつい・大変・忙しいなどマイナスのイメージを抱いている人も多く、離職率が高い職業でもあります。

では営業を成功している人にはどのような人が多いのでしょうか。

大卒が営業で陥りがちなポイントと合わせてお話していきましょう。

営業職で成功できるのは一握り

まず初めに、営業職で大きな成功を納める人は「一握り」ということを理解しておきましょう。

色々な成功者の話を良く耳にしますが、そのような人は稀で、自分も成功を掴める可能性は高くはありません。

面接や求人情報に、高い年収かのように記載されていたり話があったりしますが、一例であることを理解しておきましょう。

営業は成功すると大きいですが、多くの人は成功する前に離職してしまう職種です。

営業に必要な能力が備わっていない人が多い

そもそも営業職に必要な能力が、備わっていない人が多いことです。

営業に必要な能力とはどのようなものがあるのか考えてみましょう。

まずは、高いコミュニケーション能力を必要としています。

コミュニケーション能力は誰にでも備わっている能力のように感じますが、営業職で必要なのは「初対面でも誰とでもスムーズにコミュニケーションを取れる能力」です。

最初からその能力があることは稀で、徐々につけていく能力の一つです。

組織内での人脈作りに長けている必要がある

組織内での人脈作りに長けている必要もあります。

人脈作りとは、様々な部署との連携をとる必要も営業職には欠かせない能力といえるでしょう。

組織内での人脈づくりを行える人は、社外での人脈作りもスムーズに行える可能性にもつながります。

営業職にとって大切な能力とは、スムーズにコミュニケーションを取れる能力なのかもしれません。

営業の転職に必要なスキル・有利になる資格とは?

ストレスがかかるので離職割合が高い

営業職には、様々な場面で大きなストレスがかかることがあります。

ノルマがある場合も多く、毎日数字に追われることも多々あります。

そのことが、ストレスになってしまい、離職するという人も多く、離職の割合は他の職業より高いと言えます。

離職率が高いことが、企業が営業職を多くの州している理由にも繋がるのではないでしょうか。

どの仕事でもストレスを感じると思いますが、営業職はよりストレスにさらされやすいということを念頭に置いておきましょう。

営業職ってブラックが多い?ブラック営業職の見分け方

文系だからといってコミュニケーション能力が高いわけではない

文系の大卒だからと言って、全員コミュニケーション能力が高いというわけではありません。

逆に理系の人でもコミュニケーション能力が高い人はいるでしょう。

文系だから営業職に向いている、理系だから向いていないということではなく、その人の性格によるものの影響のほうが大きいと言えるでしょう。

「文系だからコミュニケーション能力高いはず」などの先入観は持たずに、仕事をすることが大切です。

3年以内に辞める割合が非常に高い

離職率の高さをお話しましたが、3年以内に営業職を辞めてしまう大卒が多いようです。

仕事のきつさや、忙しさのあまりプライベートな時間が取れないことで、退職してしまいます。

営業職に就く場合に、年収の高さや、やりがいに目が行きがちですが、仕事内容は他の職業よりきついかもしれないということを最初から理解しておくことが大切です。

大卒で営業職についた場合に、成功できる可能性は高いとは言えないでしょう。

それは大卒であろうとなかろうとあまり関係ないかもしれません。

またきつい・大変な仕事のため、3年以内の離職率も高くなってしまいます。

大卒の営業として成功するためにまず必要なのは、きつい仕事であることを理解すること、ストレスが多いこと、成功できるのは一握りであることなどをきちんと理解して、自分のペースを見つけて働くことです。

またコミュニケーション能力など、営業に必要な能力は、仕事を通して培って行くものでもあるので焦る必要はありません。

営業に向いてない人11の特徴!営業に向いてなくて辛いときの対処法

大卒で離職せず営業職で成功するための秘訣

大卒で営業職で大変なポイントのお話をしましたが、決して成功しないわけではありません。

少しの工夫と勉強で成功できる可能性もあります。

ここでは、大卒が営業として成功するために大切なことについてお話しようと思います

自分の興味のある業界を積極的に選ぶ

まず営業に限らず、自分の興味ある業界を積極的に選ぶようにしましょう。

興味のない業界での営業は、精神的にも辛いことがあります。

「成功したら年収が高いから」「就職できないと辛いから」などで決めずに興味がある・持てるかどうかも選択肢に加えることで、成功できることもあります。

また自分が興味がある業界においては、勉強も苦に感じないかもしれないので、キャリアの形成にも繋がることもあるでしょう。

育休や有給取得率を重視して企業を選ぶ

女性であれば、育休の取得率や有給の取得率も気にすると良いかもしれません。

良い仕事をするには、充実したプライベートも大切です。

有給や育休など、働く人の権利があまりとられていない企業では、長く営業として働くのは難しいのではないでしょうか。

ですので、取得率というものを判断材料に企業を選んでも良いかもしれません。

経験を積んで転職でキャリアアップを狙う

営業職は辛いことも多く、離職率も高い職種です。

しかし通常の事務や職種では経験できないことを経験できこともあり、それを糧にキャリアアップしてよりよいところに転職できる可能性もあります。

辛いことばかりに目が行きがちですが、自分の経験になることも多くあるので、嫌なことばかりではないかもしれません。

経験を積んで、ステップアップとして転職できるので、頑張ってみる価値は大いにあります。

営業職の転職におすすめの転職エージェント

営業職として経験を積んだら転職しようと思っている人には、転職エージェントを利用することも有効です。

そこで営業職におすすめの転職エージェントについて、お話していこうと思います。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大数の非公開求人を所持している、大手の転職エージェントのひとつです。

転職に必要な履歴書の添削や、面接の対策などサポートも充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるので、事務職に転職したい男性にも必要なアドバイスをしてくれます。

リクルートエージェント詳細ページ

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代専門の就職支援サービスです。

第二新卒はもちろん、正社員の経験がない派遣やフリーターの就職の支援もしています。

支援内容は、専任のアドバイザーがマンツーマンで就活の基本や履歴書・職務経歴書の書き方などをサポートしてくれます。

さらに、書類の提出や面接の日程の調整などの工数がかかることも行ってくれるので、面接に集中することができる環境を作ってくれる心強い就職支援サポートです。

ハタラクティブ詳細ページ

割合の高い営業職の特徴と割合をつかんで成功を目指そう

営業職についてお話してきました。辛いことが多いかもしれない営業職ですが、大卒だから成功しないということはありません。

営業職の割合が高い理由をきちんと理解して、自分のペースを掴むことが営業での成功を掴む秘訣と言えるでしょう。

最初から大きな成功を目指すのではなく、まずは勉強と捉えてじっくりと営業職という職種に理解を深めていくことで、成功に近づき一生の仕事としていけるかもしれません!

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件