営業職の離職率はなぜ高い?理由と転職前の注意点を紹介します

営業職の離職率はなぜ高い?理由と転職前の注意点を紹介します

営業職は一般的に離職率の高い職業とされています。

しかし、成功するとインセンティブなどにより、高い年収になれる可能性がある職業として、転職を考える人も少なくありません。

そこで今回は、営業職が離職率が高い理由や、転職する前に気を付けるべき点についてお話しようと思います。

より良い環境、営業として成功するためにも、気にするポイントなどについて詳しく解説します。

営業職の離職率は必ず高いとはいえない

一概に営業職と言っても、色々な職種があります。

その中でも、新規顧客獲得を目指す営業は離職率が高いと言われています。

新規獲得を目指す営業の多くに「ノルマ」が存在することは幅広く認知されているでしょう。

そのノルマがきつい、ノルマをこなさないと給与が低いなど、デメリットが多く離職率が高くなる傾向にあります。

逆にルート営業や顧客拡大などの既存客がメインの営業は、新規顧客獲得営業より、離職率が低いようです。

それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

新規顧客を獲得する営業は離職率が高い

営業職として、イメージしやすいのが「新規獲得営業」なのではないでしょうか。

また求人数も多いのではないでしょうか。インセンティブの水準も高いことが多く「手っ取り早く稼げるのでは?」と考える人も少なく内容です。

しかし、実際に新規顧客獲得の営業職はかなりの体力と精神力が、必要な仕事と言えます。

さらにノルマを設定している場合が多く、ノルマに追われるばかりでなく、こなせないと給与が低いなんてこともあるようです。

業界にもよりますが、新規で顧客をとるというのは難しいことが多く、挫折してしまう人が多い職種と言えるでしょう。

ルート営業や顧客拡大の営業なら離職率は低い傾向

ルート営業や顧客拡大など、既存客への営業をメインとするものは、新規顧客獲得よりも離職率が低いようです。

新規で顧客を見つけるのとは違い、既存の顧客への決まったルート営業や顧客拡大などは、ノルマなどが設定されていることが少ないとされています。

体力面ではもちろん、精神面において、負担が少ないという点で離職率が低いのかもしれません。

営業職と言っても、それぞれメリット・デメリットは違います。

自分の目標とする条件や、仕事内容を考慮して、営業職をしっかりと選ぶ必要があります。

営業の離職率の高い3つの業界

色々な業界で営業職を募集しています。

しかし、業界によっても離職率は異なります。

今回はその中でも特に離職率が高いとされる「不動産業界・保険業界・訪問販売」に絞ってお話しようと思います。

この3つは、多くの求人が出ていることもあり、目にする機会も多いのではないでしょうか。

どうして離職率が高いのか、仕事内容などから考えて行きましょう。

不動産業界

不動産業界の営業は、新規獲得営業がメインです。

さらに販売するものが、家や土地など高額なものが多く、頻繁に顧客が見つかるものではないでしょう。

加えて、飛び込営業と言われるアポなしで自宅を訪問したりすることが多く、体力や精神面で疲労を多く感じやすい業界と言えるでしょう。

そのため、離職率が高くなってしまう傾向にあります。

しかし、高額商品なんで成功すると高い年収を得ることができる業界でもあります。

保険業界

女性の営業職として人気なのが「保険業界」なのではないでしょうか。

保険業界も、新規顧客獲得がメインの営業で保険という、目に見えない商品を売ることから、なかなか顧客を見つけることが難しいです。

しかし、子供がいる人にとって、時間の融通が聞きやすので、働きやすい環境が整っていることで、働こうと思う人が少なくないようです。

とはいえ、新規顧客をコンスタントに得られないと、給与が低いので離職率の高さ繋がってくるようです。

自宅訪問を行う商品販売

自宅訪問し、商品を販売するようなセールス販売業界も離職率は高くなります。

売るものにもよりますが、いきなり訪問されて購入に至るケースは稀なため、とにかく訪問する数を多くする必要があり体力も必要な業界です。

またアポなしでの訪問なので、玄関に出てきてもらえないなど精神的のもきつい仕事です。

お話した3つの業界は、いずれも体力・精神力が通常の仕事よりも必要な業界です。

新規顧獲得は業界問わず、きついことが多くあると言えるでしょう。

しかしその反面、コンスタントに新規獲得ができると、高い年収になれる可能性のある職種と言えるでしょう。

営業職ってブラックが多い?ブラック営業職の見分け方

営業職に転職する際の注意点

実際に営業職に転職しようと思った時に、注意したほうが良いポイントとはどのようなところか考えてみましょう。

まず必要なことは、「モチベーションを持つ・維持することができるか」「離職率のチェック」「高すぎる年収」「自分の営業スキルの有無」などがあります。

最初に、どうして営業職に就きたいのか、外せない条件などを洗い出しておくことも大切です。

それぞれ詳しく注意点を見ていきましょう。

モチベーションがないなら営業職への転職は避ける

営業職をこなすには、体力と精神力が必要なことはお話しました。

そこで大切なのは「モチベーション」です。

営業を続けていくには「どうしても営業で成功したい」「高い年収がほしい」など、仕事に対して前向きになれるモチベーションを持つことが大切です。

さらにそれを維持することも大切です。もし「なんとなく営業職…」などの考えの人は決して続かないので、転職は避けるべきだと言えるでしょう。

離職率の高い業界をできるだけ避ける

先ほど、離職率の高い業界についてお話しましたが、よっぽど「不動産で働きたい」などではない限り、離職率の高い業界で働くことを避けるとよいでしょう。

営業職全ての離職率が高いわけでなく、業界によっては人気の営業職もあります。

離職率の高さで仕事内容を図ることは、難しいかもしれませんが、多くの人が辞めてしまう仕事ということを理解する必要があります。

高年収を前面に押し出す求人は要注意

求人票に、高収入を前面に押し出している企業を見かけることがあります。

「誰でも簡単に!」などと書かれていると、興味を持ってしまいがちですが、書いてある年収をもらえている人は、一握りだということを理解しておきましょう。

決して嘘ではないと思いますが、皆がその年収になれるわけではありません。

高収入を前面に出して、人を集めるような企業はさせるべきだと思います。

営業に必要なスキルがあるかを事前に見極める

営業に必要なスキルが自分にあるのかどうか、事前に見極めることも大切です。

営業に必要なスキルとは、コミュニケーション能力であったり、仕事の裁量を管理できるかなどです。

特に人とのコミュニケーションをとるのが苦手と感じている人に、営業職は難しいです。

最低限のコミュニケーション能力があるかないかは、自分で見極めておきましょう。

以上のことに注意をして、自分に営業職が向いているかどうか、じっくりと見極めてから転職活動を始めるようにしましょう。

営業に向いている人の共通点を徹底解説!自己適性チェック

離職率の低い営業職に転職するためのポイント

離職率の高い営業職は辞めておきましょうという話はしましたが、「離職率の低い営業職はどのようにして見つければ良いのか?」と疑問も持つ人もいるのではないでしょうか。

せっかく営業職に転職するのなら、離職率が低いほうがいいですよね。

ここからはそれらのポイントについてお話していきます。

自分の興味のある業界を選ぶ

まずどのような業界で働くのか、自分の興味関心のある業界はどのようなところなのかをしっかりと見極める必要があります。

そして、自分の興味のある業界を選ぶことで、早期の離職を回避できるかもしれません。

興味のある業界での仕事は、多少きつくても楽しいと思えることもあるでしょう。

逆に興味のない業界での営業は、辛いことばかりに目が行きがちで続けることが難しくなる傾向にあります。

まずは興味のある業界を研究することから始めましょう。

収入だけにとらわれずに福利厚生を重視する

高収入が前面に出されていると、そればかりにとらわれてしまいがちですが、福利厚生などにも注目しましょう。

離職率の高い会社には、福利厚生が整っていない場合が多く、細かな福利厚生を確認することでホワイト企業に就職できる可能性もあります。

細かいところではありますが、きちんと確認するようにしましょう。

今後成長が見込まれる業界の求人を選ぶ

今後成長が見込まれる業界の営業職を選ぶことで、同じ営業職でもやりがいを多く感じることができ、離職率が低くなるでしょう。

今後成長が見込まれる業界の見極めが難しくはありますが、業界や企業研究をしっかりと行い、成長する業界を見つけましょう。

転職エージェントを利用する

「成長する業界や企業ってどうやって探すの?」という人におすすめなのが、転職エージェントを利用する方法です。

ホワイト企業しか扱っていない転職エージェントも多いので、わからないことや気になることを聞けることや、転職のアドバイスをしてくれるので、転職に不安がある人にはおすすめです。

以上のことに気を付けて、自分がやれる業界での営業職にチャレンジできるように準備をすることが大切です。

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

営業職の転職にお勧めの転職エージェント3選

営業職の転職におすすめの転職エージェントについて書いていこうと思います。

転職したいと思っても「企業研究って何すればいいかわからない」「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には、転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントはブラック企業の掲載を断っているため、企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと転職希望者をヒアリングしてくれるので、就職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、実際入社してからの大きなズレを感じることが少ないようです。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際の転職エージェントについて書いていくので参考にしてみてください!

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大数の非公開求人を所持している、大手の転職エージェントのひとつです。

転職に必要な履歴書の添削や、面接の対策などサポートも充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるので、より条件に合う事務職を紹介してくれる可能性があります。

事務職に転職したい人にも必要なアドバイスをしてくれます。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

dodaは国内の転職エージェントの中でも、トップクラスの求人数と実績を誇っています。

dodaには非公開求人も多く、求人の質が良いことも特徴のひとつです。

さらに、転職サイトと転職エージェント両方を満たしているので、求人の比較・検討から面接準備までトータル的にサポートしてくれるのが嬉しいですね。

多くの求人の中から自分に合う企業を見つけてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、きめ細やかあサポートをしてくれる転職エージェントのひとつです。

doda詳細ページ

営業職に転職するなら離職率の低い職を選ぼう

一般的にきついとされる営業職ですが、離職率に着目して転職先を探すことで転職を成功に導くこともできます。

まずはどのような業界に興味があるのか、どのような営業が向いているのかなどをきちんと洗い出し、自分に合う営業職を探しましょう。

きついからと忌み嫌ったり、自分には向いていないと考えるのではなく、自分に何ができるのかをきちんと理解して、転職活動を進めましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件