営業職の転職は面接が大事!面接で評価を上げる13のコツ

営業の面接

転職活動中には、営業職の求人を目にする機会は多々あります。

営業職は、営業対象と提供するサービス・物の種類によって無数に存在します。

仕事の内容により営業の体系も若干変化しますが、全くの営業未経験の人を探す方が難しい社会だといえます。

転職を考える人にとって営業職への転職は候補にあがりやすいですが、実は面接そのものが営業活動として意識しているかどうかで結果が変わってくることを知っていますか?

今回は、面接を3つのカテゴライズに分けて解説していきます。

転職時の面接での面接官が求めている素質や、面接を行う理由、実際の面接時の評価向上ポイントを紹介していきます。

営業職の転職は面接が非常に重要視される

面接とは、実際に会った際の行動・言動などから企業に適した人物なのかを評価する場として考える人が多数います。

実際に、入社してから考え方の相違があっては、時間と費用をかけても無駄になってしまうため細心の注意を払って対応します。

営業職の面接には、それ以外にも重要な役割があります。その一つが、面接者の営業能力を把握することです。

なぜ面接が大切なのか

面接は、自分を売り込むイメージが先行しています。

他の職種では、共に仕事をする仲間としてふさわしいかを見極める部分が先行することも事実です。

しかし営業職は本質が違っています。

それは、短い時間で信頼を得られる行動がとれるかを見極められています。

企業に入社後、営業をかけるときには取引先に面談予約を取り、先方と会って商品を買ってもらえるかという「売上」を上げられるかがポイントになります。

また、面談時間には先方の都合もあるため、長時間の交渉は出来ません。

そのため、短い時間で「あなた」という人物を売り込み、その後「信頼できるあなた」からサービスなどを提案することで先方が取引してくれます。

商品としての価値はサービスよりも「営業している人」にあります。

つまり、面接ではあなたが「自分自身をどのようにして信頼を勝ち取る」行動をとってくれるかを確認しています。

そのため、営業で必要な「数値の分析・問題・改善策の提案」と「あなた自身の印象」を面接官はチェックしていることを踏まえた対応をすると好印象になります。

営業職への転職ではどんな志望動機が好ましい?NGな転職理由とは?

営業職での面接で評価を上げる13のポイント

ここからは、実際の営業職の面接で押さえておきたいポイントを13個紹介いたします。

面接官が特に注目する内容なので、内容を押さえた上で面接に挑むことをおすすめします。

多くの面接は、減点方式といわれています。

最初から最後まで良い印象で進むこともできますし、途中で落ちることもあります。

途中で企業にとって有益な情報を提示できれば、加算も可能です。

ですが、即戦力として見込めるレベルでないと厳しいと思います。

そのためにも、最初から高評価を維持するためのポイント把握が重要になります。

身だしなみ編

①服装は清潔感とサイズを整える

人は会って3秒で、印象を決定するといわれています。

扉を開けて挨拶をした段階で印象は9割決定され、以後は最初の印象から大きな変化は期待できません。

入る前に、事前に準備ができる部分なので、対策をすることは容易です。

清潔感は、スーツを着用していると、ほとんどの人は、清潔感があるように見えます。

ですが、よく観察していると、毛玉やほこり、肩にフケ、えり・そでの汚れなどがついていることがあります。

自身では意識していなかったとしても、他者からは注目されるポイントになります。

毎回クリーニング等は出来ないにしても、面談2日前までに確認をしてチェックをしておきましょう。

また、大きすぎたり、小さすぎたりするサイズは、自身の体形把握が出来ていない印象を与えます。

その場合、自己管理ができているのかを不信がられてしまうため、ワイシャツやズボンやスカートの丈には適したサイズに直しておくことをおすすめします。

②指先や靴は磨いておく

面接官が見る部分として多いのが、指先と靴です。

指先と靴の手入れはあなたの生活感が表れます。

爪が伸びすぎているや汚れている状態や、かかとがすり減っている、革が剥げてしまっているものを放置している様子は、アフターサービスの徹底を重視している営業職でしたら不信感を与えてしまいます。

新しい靴を購入する必要はありませんが、靴磨きのセットで事前にケアしたり、指先のケアも最低限したりしておくことで、印象は大きく変わります。

③適度な香りを意識する

基本、どんな臭いに相手が大きく反応するかはわかりません。

ですが、不快に思う臭いを自分から撒きに行く必要性はありません。

相手の記憶に残りやすいこともあるため、主張しすぎない香りであれば、印象は好意的に変わり、ポイントになります。

夏の時期など、汗をかいてしまうことを香りでごまかそうとすること自体は、面接への配慮としてとらえてくれますが加減が必要です。

おすすめは、石鹸の香りか柑橘系です。

実践編

④挨拶の言葉を言い切る

挨拶は、あなたの入室や姿を見た後に面接官が触れる「声」です。

最初の印象が良くても、ハキハキとした声でないと評価は下がりますし、印象が悪い状態で良い挨拶しても、印象が変化することは少ないです。

ハキハキとした発言をするためには、語尾を強く言い切ると伝わります。

日本語の特性で最後まで動詞の内容がつかめません。

そのため、言葉を最後まで良く聞き取らないと、意味が変わってしまいます。

営業では、おすすめする際に、はっきりとした口調が求められるため、面接時には、言い切るように会話をすることをおすすめします。

⑤相手の話途中で話さない

営業の重要点は、相手の話から、「要望」を聞き、「解決する提案」をすることです。

要望は、相手の様子や話から出ないと得られません。

そのため、相手の話を途中で切らず、最後まで聞くに徹底すると面接官には好印象です。

自分の話は聞かれたら、答えるぐらいの気持ちのほうが良いですが、あくまで取引先への営業の時のこと、今回はあなたが主役なので、あくまで話を途中で遮らず、自分のことを伝えることをおすすめします。

⑥数値を「期限・目標・実績」で伝える

企業に入社したあとのあなたは、営業として活動します。

営業に求められる最大のポイントは、「利益(数値)をあげること」です。

多くの人に、自社の良いサービス・商品を使ってもらうために活動しているため、数値の管理が重要になってきます。

例えば、「プロジェクトチームのリーダーとして新規商品開発をし、商品化を実現しました」では数値が入っていないため、わかりにくいですが、「プロジェクトチームのリーダーとして新規商品開発2つを目標としていて、3か月で30個の新規商品を作成。

うち3つが実際に商品化し、目標達成いたしました」と説明することで、あなたがどんなことをしてきたかが理解しやすくなります。

今後は、数字の説明を求められることになるので、「期限・目標・実績」を順序立てて説明できると好印象を与えられます。

⑦成功体験は「1.理由を説明2.成功した時以上の成果はどうしたら出せるか」を説明

1.理由を説明するときには必ず原因があるはずです

外部の要因でも、内部の要因でも、よい変化があったからこそ、結果になります。

ですが、結果を理解していない状況では、今後計画を立てて、対応していくスキルの質を問われます。

自分が起こした成功体験だからこそ、把握しておく必要があります。

2.成功しただけで満足していては先に進みません

いつかは、この成功例が他と比較され、過去のものになるからです。

自分の成功から、学んだことと良くない点を自身で理解し、伝えることが重要です。

⑧失敗体験では、「1.乗り切り方2.周囲のサポートを受けたか」を伝える

仕事をしていて失敗は必ずあります。

しかし、その失敗をどのように自身で克服したかが重要になります。

失敗は、のちの経験則として活かせるからです。

周囲のサポートを受けたかも重要です

問題発生時に、自分で解決したか、メンバーにサポートしてもらったかで、企業が求める人材としても大きく変わります。

チームで活動しているのなら、一人で何とかしようとする人は輪を乱しかねません。

また、個人で活動することが多いのに、他者のサポートを受けようとすることは生産性を落としてしまう可能性もあります。

企業が求める像が、どちらかを見極めたうえで説明するようにします。

⑨営業としての夢を「数値」「期限」で伝える

達成が実現可能レベルなのかがわからないことが、夢を伝えるうえで大きな障害になります。

簡単に説明するなら、「数値」と「期限」を設けて説明することがポイントです。

「1年後には、12か月連続、毎月10件の新規契約を取ります」「半年後に、営業所内で月の売り上げを300万とし、トップになります」などです。

達成できるかどうかでなく、具体的なビジョンを伝えることで、その人がどんな行動をするかを面接官は理解しやすくなります。

⑩最後の質問の部分で自分が提供できるスキルを伝える

面接最後に質問するタイミングがありますが、このタイミングは最大のチャンスです。

あなたが持つスキルが、企業にどんなメリットを与えられるかを好きに説明できます。

自由度の高い質問だからこそ可能なのです。

入社した企業は教育というものはありますが、あくまで内情を知っていないと問題なので教育を行います。

今後は、入社以降、会社に価値を提供していかなければなりません。

そのために、自分ができることは何かを伝えることをする必要があります。

例えば、「○○のスキルは御社で活かしていくことは可能ですか?」「御社で早く活躍するために所持しておくべき資格はありますか」などがこたえられるとよい印象を与えられます。

マナー

⑪面接受付の5分前に手続

日本人に多いのですが、時間よりも早く到着するケースは、先方との面談では悪い印象を与えかねません。

先方も面談の準備をしているため、時間ギリギリまで対応している可能性があります。

早く到着することで余計な仕事を増やします。

遅く到着することは問題外ですが、5分ぐらい前に受付をする心持ちで十分です。

早く着いてしまったときには、近くの喫茶店などで時間を有効的に利用しましょう。

先述した身だしなみのチェックや、最後に伝える質問の確認などをしておくことが望ましいです。

面接には何分前に着くのがベスト?早すぎると印象は悪くなるの?

⑫面接時以外の態度も面接

面接時以外の様子も評価に入っています。

お手洗いや待合室、玄関先エントランス、受付など様々な場所であなたの様子は見られています。

よくあるケースが、面接会場以外ではスーツを着崩したり、足を組んで座っていたりする姿勢を第三者が見てしまうことです。

面接は面接以前から始まっています。

普段のあなたの生活感が、そのまま態度に現れます。

人は、無意識に行っている行動を意識して修正することは、容易ではないのです。

面接会場で無意識に行っていることが、企業の営業先の時だけ修正することは困難です。

普段の生活から態度を改めるのが難しいのであれば、まずは面接会場に入る前から面接が始まっていると意識し、入場することをおすすめします。

⑬目線と体の向きを面接官に向ける

面接時に注意が必要なことが、体の向きです。

面接官が複数いる場合ですが、説明や質問をしている人に向かって正面を向き対応します。

よくあるケースで、首だけ向けている人がいます。

意識しないと、普段の日常生活では支障はありませんが、営業先の担当者からすると、顔の向きだけ向けている様子は良い印象を与えにくいです。

面接官も人なので、自分の話を聞こうとしてくれる姿勢には敏感に反応します。

意識するだけで面接の印象は変わります。

あなたが営業する際の姿が面接に出る

13の面接ポイントをお伝えしましたが、これらの内容は、あなたが営業で活躍していくうえでの基礎知識です。

面接時に失敗したからといって即不合格ということはありませんが、入社後のイメージを持たずに、面接に来てしまうのはあなたと面接官の時間を無駄にします。

面接は、あなたが営業するならこんな風にしてくれるというデモンストレーションの場です。

企業が、安心してあなたを企業の顔として送り出すに値するかを見ているため、態度や行動に注意をしながら面接しています。

これから営業職の面接を受けるあなただからこそ、事前準備と数値管理の徹底をしておくことをおすすめします。

この記事により、あなたの転職活動がうまくいくことを心より願っております。