営業を辞めたい!辛いと感じるのは営業に向いていない証拠かも

営業を辞めたい!辛いと感じるのは営業に向いていない証拠かも

プレッシャーが大きく精神的にも辛い職業といえば、真っ先に思いつくのが営業職です。

毎月のノルマに人間関係、思うように結果が残せず辞めたいと考えて人も多いのではないでしょうか。

入社して1年足らずで退職に至る社員も多い反面、「自分の考えが甘いのかもしれない」「辞めるタイミングがつかめない」と、なかなか退職に踏み切えず苦しんでいる方も少なくありません。

この記事では、そもそも営業を辞めたいと感じてしまう理由や、営業に向いている人・向いていない人を紹介しています。

退職するべきか、残るべきか悩んでいる方に、辞めるメリットやタイミングも紹介していますので、将来を決める参考にしてみて下さい。

営業を辞めたいと感じる理由

ノルマを達成できない

営業職に求められるものは「目標数字の達成」です。

そのため未達であれば毎日のように上司から進捗報告を求められます。

営業は景気に左右されやすいため、いい時期と悪い時期で気持ちが揺らぎやすく、ストレスになってしまうことも多いでしょう。

入社して何ヶ月経っても契約が取れない、顧客から担当替えを希望されたなど、直接的な原因が自分であれば辞めたいと思うのも仕方のないことかもしれません。

数字をクリアできない上に、上司や先輩にガミガミ怒られると、会社に行くことすら嫌になってしまいます。

人見知りをしてしまう

営業は人と人の関係性で成り立つ仕事ですので、人見知りや人間関係を作るのが苦手な方は仕事が苦痛になってしまいます。

顧客開拓がないルート営業であれば、時間と共にある程度の人間関係が築けるので働きやすいかもしれません。

飛び込み営業は毎日ストレスの連続ですし、取引先の偉い人たちの前でプレゼンをすることも、あがり症の方はツライと感じてしまうでしょう。

自社の商材に自信が持てない

就職活動で希望していた企業や、興味のある業種に入社できればいいのですが、まったく興味がない業界に入社してしまった方もたくさんいますよね。

そんな方は自社の商品やサービスに自信が持てず、「売れる気がしない」という気持ちを抱えながら営業活動をすることになります。

営業は自社の商品・サービスを通して、お客様に価値を提供する仕事です。

商品に自信がないとお客様を騙しているような気持ちになってしまうため、契約が取れても喜びが感じられず、何のために働いているのだろうと落ち込んでしまいます。

飛び込み・テレアポがつらい

営業職で一番つらいと言われているのが、飛び込み営業やテレアポ業務です。

とくに個人向けの営業は警戒されやすく、不審者扱いを受けてしまうこともあるため、新人営業は入社して早い段階で退職する人もいます。

筆者の勤めていた企業でも、新卒の営業研修では、雑居ビルの上階から1軒ずつ飛び込み営業をかけていくというプログラムがありました。

メンタルが強くなければ続きにくいのは当然かもしれません。

ハラスメントを受けている

顧客や取引先の担当者は選べません。癖のある人や威張った態度で対応する人、性的なことを口にする人もいて、精神的な苦痛を受けている人もいます。

とくに女性営業が受けやすい傾向があります。

営業は接待をしたり、飲み会に誘われたりすることも多いため、被害にあう確率が高くなってしまうのです。

さらに相手が会社にとって重要な取引先だった場合は、ハラスメントを受けた事実を上司にも相談しづらく、ひたすら我慢することになってしまいます。

営業に向いている人・向いていない人の特徴

  1. 人と接することが苦手
  2. ストレスに弱い
  3. プライドが高い
  4. 勝負ごとが苦手
  5. 失敗を引きずりやすい
  6. 断るのが苦手

営業に向いてない人11の特徴!営業に向いてなくて辛いときの対処法

営業が天職の人はこんなタイプ

営業に向いているのは、コミュニケーション能力が高く、数字に対して貪欲な人です。

また自ら仕事を取りにいく行動力があり、顧客に寄り添った提案ができる能力も持ち合わせています。

筆者の知っている営業マンで、アポや用事がなくてもお客さんのところに足を運び続ける人がいました。

彼らは受付に何時間も居座り、知り合いが通るとすぐに声をかけて、雑談をしながら仕事がないかを伺うそうです。

それを何の苦もなくやっていたので感心していました。

そんな営業スタイルを持った人を2人知っていますが、両者とも今は企業の役員になっています。

「出来るだけお客と顔を合わせたくない」と思っている人が成長できないのは、行動力の差かもしれません。

営業職を続けることに限界を感じたら

特定の顧客の担当から外れる

どうしても苦手な担当者がいたり、無理難題ばかりを押し付ける顧客がいたりしたら、担当を外してもらうよう上司に相談してみましょう。

顧客が変わると営業自体も嫌じゃなくなるかもしれません。

それで営業が続けられれば、それに越したことはありませんよね。

できる先輩の真似をしてみる

あなたの周りにも、いつも成績がトップクラスのできる営業が一人はいるでしょう。

その人の営業スタイルや姿勢を真似してみてはいかがですか?

どんな提案の仕方をしているのか、どのくらいの距離でお客さんと関係を築いているのか、きっと参考になるはずです。

メールや電話で訪問回数を減らす

一昔前と違い、今はさまざまなコミュニケーションツールがあり、わざわざ客先に出向かなくても営業できる社会になりました。

あまり顔を出したくない顧客がいれば、定期的にメールを送るだけでも関係性は続いていきます。

重要な要件があるときだけ訪問するという営業スタイルなら、精神的・肉体的な負担は軽減されるでしょう。

他部署への異動を願いでる

「営業を辞めたい=退職する」と考えずに、他部署へ異動できないかを上司や人事に相談してみましょう。

会社としても育てあげた人材を失うことはリスクになります。

同じ社内であれば、使用するシステムも変わらず、今までの人間関係を失う心配もありません。

何より転職活動をしなくて済むというのは大きなメリットです。

転職する

転属を聞き入れてもらえず、現状維持しか解決策がない場合は、転職するしか方法はありません。

営業を辞めたい理由が、商材や顧客、現在の人間関係にあるならば、他の業種や企業で営業を続けていける可能性があります。

営業そのものをやりたくない場合は、新しい職種にチャレンジすることになります。

20代であれば転職そのものは難しくありませんが、30代の場合は十分な対策やリサーチが必要です。

営業職の転職におすすめの業界!転職先選びのポイントを解説

営業を辞めるタイミングの見極め方

収入面に不安はないかを確認する

多くの方は転職活動を始めるとき、現職を続けながら空いた時間で転職活動を行います。

しかし「今すぐ辞めたい」「精神的に限界にきている」という場合は、すぐに退職せざるを得ません。

その間は収入がなくなるわけですので、できれば半年、最低でも3ヶ月間は生活していけるだけの貯金が必要です。

生活ができなくなってアルバイト生活に入ると、転職のタイミングを逃し再就職しづらくなってしまいます。

やりがいを1mmも感じない

「数字が取れても嬉しくない」「お客さんのために尽くしたいという気持ちが全くない」、そんな方は営業職を辞めた方がいいでしょう。

たまたま営業職についたというだけで、あなたの活躍できるフィールドは全く違うところにあるのかもしれません。

それを見つけ出すには、出来るだけ早い段階で行動を起こす必要があります。

自分が得意なことや喜びを感じられることを自己分析して、転職に挑みましょう。

5年後、10年後が想像できない

キャリアプランをする上で大切なことは「自分の仕事を決定すること」です。

学生時代の就職活動では分からなかったことが、数年の社会人経験である程度分かるようになってきます。

「今の仕事のままでは将来が見えない」「やりがいが見出せない」という方は、採用されやすい若手のうちに行動を起こすことが大切です。

早ければ早い方が、知識の吸収も早く、活躍できる期間も十分に確保できます。

営業職を辞めるメリットとデメリット

メリット

  1. 休日や就業時間外に顧客からの電話がない
  2. 服装や髪型が自由になる
  3. インセンティブはなくなるが収入が安定する
  4. ストレスから解放され毎日が充実する
  5. どんな仕事についても対人経験のスキルが活かせる

営業は客先に出ることが仕事ですのでスーツ着用が一般的ですが、社内業務の場合は自由な服装で出社することができます。

また営業を辞めたとしても、それまで培ったコミュニケーションスキルは活かせるため、転職においても有利です。

デメリット

  1. 人との出会いが減る
  2. 数字がない職業は評価されにくい傾向がある
  3. 給与が下がる
  4. 30代で営業経験しかないと転職が難しい

色んなタイプの人や企業の重役などと接する機会に恵まれているのが営業職です。

営業から事務職などへ転職すると、一日中自席に座り続けることが退屈に感じるかもしれません。

さらに営業は専門知識やスキルが積みにくいため、35歳を過ぎると営業から他の職種への転職は厳しくなります。

まとめ

営業は目標が明確でやりがいが大きい分、プレッシャーや重圧にストレスを感じやすい職業でもあります。

営業を辞めたいと悩んでいるのでしたら、出来るだけ若いうちに転職をスタートさせましょう。

営業で培った対人スキルはどんな職業にも活かせるため、若いほど有利に働きます。

「営業しかやったことがないから転職は無理かもしれない」などと悩まず、転職エージェントや転職サイトを利用して、あなたの「天職」を見つけ出しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件