営業辞めたい…営業職以外へ転職する方法とおすすめの転職先

営業辞めたい…営業職以外へ転職する方法とおすすめの転職先

自社の商品やサービスを売り込み、知ってもらい買ってもらう為の活動を行うのが営業職です。

会社の売上に直結する仕事でもあり、大変やりがいを感じることができるのですが、決して楽な仕事ではありません。

実際に営業職として働いている方のほとんどは、1度や2度は仕事を辞めたいと思ったことがあるはずです。

どんなと時に辞めたいと思い、どんな人が営業職に向いていないのか?

そして転職を決意した時には、次はどんな仕事を選ぶべきなのか?

今現在「営業職を辞めたい」と思っている皆さんに、これからに役立つ様々な情報をお伝えします。

営業職を辞めたいと思う瞬間

毎月設定されるノルマがきつい

営業職に付き物とも言えるのが「ノルマ」です。

月ごとに設定されるノルマをクリアする為に心身ともにくたびれてしまった時に、辞めたいと思ってしまう方が非常に多い様です。

そして無事にノルマをクリアしてたとしても、すぐに次の月がスタートしていくという会社生活にポッキリと心が折れてしまいそうになる方も少なくはありません。

ノルマを達成していくことで評価を得ることができるのは、わかりやすいとも言えますが精神的な負担が大きいのも確かです。

残業や休日出勤が多くて辛い

営業で結果を残す為には、営業先を説得できるだけの知識などが必要です。

自社製品やサービスのことをスミからスミまで知ることも大切ですし、説明する為の資料づくりも行わなければいけません。

また、営業する為にはお客様の都合に合わせて行動しなければいけない場面が多くなります。

指定された日に出向くということは、休みたい日に休めるわけではないということにも繋がります。

もし平日の日中に営業活動を行っていたとすれば、残業や休日出勤をして準備をすることになってしまいます。

そんな生活を続けていては、辛いと思ってしまうのも仕方のないことですね。

テレアポや飛び込み営業が精神的に辛い

「テレアポ」や「飛び込み営業」は相手先によく思われないこともしばしばであり、精神的に辛い対応をされてしまったという経験のある方も少なくは無い様です。

「断られる前提」で電話をかけたり、「まともに聞いてもらえない」のを覚悟しながら飛び込みでの営業を行う。

これは精神的に強くないと続けることも難しく、それでも行わなければ新規顧客の開拓ができずにノルマが達成できなくなる危険が高まります。

特に真夏や真冬の飛び込み営業は、心身ともに大きな負担になってしまうことが多くなります。

同期との競争意識が辛い

ノルマにも繋がるものがありますが、営業成績を社内で競わされることに疲れてしまい辞めたくなる方もたくさんいらっしゃいます。

特に同期との営業成績に関する争いは、本来ならば協力しあい切磋琢磨する関係を険悪な関係に変えかねません。

自分の成績が優秀であればストレスに感じることも少なくなるはずですが、いくら優秀な方であっても成績が落ち込むことはあります。

そんな時には気持ち的に落ち込んでしまい辞めたくなってしまっても、何も不思議ではありません。

成果が出ない時は給料が少ない

営業職では成果を出すことが収入へと直結します。

働き先によって違いはあるものの、成果に応じて報奨金が支払われるインセンティブ制度が導入されている会社も多く、成果が全く出ない場合には給料が少なくなってしまうということにもなります。

あくまで報酬ですので毎月の給料はある程度は保証されていますが、結果を残さなければ期待するほどの昇給ができない可能性は高くなってしまいます。

成果が残すことが大切な営業職は、日々大きなストレスを感じてしまう方の多い仕事です。

営業職に向いていないのはどんな人?

働く中で多くの不満を感じてしまうことがある営業職ですが、それでも乗り切っている方もたくさんいらっしゃいます。

中には営業職が自分の天職であるかの様にやりがいを感じながら、日々楽しんで働いている方もいるはずです。

ここからは営業職を本気で辞めたいと考えている「向いていない人たち」に多いタイプをご紹介します。

複数当てはまってしまう場合は、「転職」を考えた方が良いかも知れませんね…。

人見知りである

資料作成なども業務の1つに含まれるとしても、やはりメインとなるのは「対話を通した売り込み」です。

しかもただ話すだけでなく、積極的に自分から話さなければなりません。

相手先の質問待ちばかりでは熱意が伝わることも、商品・サービスの全てを伝えることもできないでしょう。

ですから「人見知り」の方には、かなり向いていない仕事です。

普段は人見知りでも仕事になれば大丈夫とかなら問題ないかも知れませんし、慣れによって解消されることもありますが、重度の人見知りの方には営業職は不向きなのは確かです。

ストレス耐性が低い

営業の仕事はストレスを感じる瞬間が他業種と比べても断然多く、日々ストレスとの戦いと言っても過言ではない仕事です。

ですから仕事中に受けたストレスをあまり溜めずに上手に息抜きのできる方や、耐性が高くないと長続きさせるのは難しいと言わざるを得ません。

ストレスを溜め過ぎてしまうと、最終的には心も身体も壊しかねません。

我慢に我慢を重ねて取り返しのつかないことになる前に、環境を変えるのも大切ですよ。

成果や歩合への執着が薄い

ストレスに対しての耐性が強く人と話すことが好きだったとしても、それだけでは営業職で成功することはできません。

会社が営業に求めているのは「結果」です。

そして働く方たちは成果を出すことが収入に直結していることで、モチベーションを高く維持して働き続けることができるのです。

ですが成果や歩合に関する執着が薄い方の場合は、何となく営業職を続けてしまいそれほど結果も残せずに年齢を重ねることになってしまう可能性が高くなります。

この場合は「辞めたい」とは思わないかも知れませんが、結果第一の仕事には向いていないということにはなってしまいますね。

体育会系の環境が苦手

営業職に就いてみて、想像以上の縦社会であることに驚きませんでしたか?

この体育会系とも言える環境が苦痛に感じてしまう方は営業職向きではありません。

業界全体で見ても体育会系の雰囲気の職場が多いので、営業職として転職をしてみても環境は大きく変わらない可能性が高いのが実際です。

営業職=体育会系ということに耐えられないのであれば、違う仕事へ移ることを検討してはいかがでしょうか?

仕事よりもプライベートを優先したい

顧客の都合が優先されやすい仕事ですので、仕事よりもプライベートを優先したいと考えている方には不向きな仕事です。

突然の呼び出しもあるかも知れませんし、営業に必要な資料をまとめる為に遅くまで残業しなければいけないこともあるはずです。

時には、自分が入れていた予定をキャンセルしなければいけないこともあるかも知れません。

自分のプライベートを犠牲にすることがどうしても許せないのであれば、決まった時間に帰れて休日出勤もほとんどない様な仕事の方が向いていることになります。

営業に向いてない人の特徴!当てはまる人は転職を検討しよう!

営業職から営業職への転職は危険

今この瞬間にも辞めたいと思っている方の中には、「会社さえ変われば状況は変わるはず」という気持ちがあるかも知れません。

ですが皆さんが感じている不満のほとんどは「営業職に対する不満」ではありませんか?

ならば会社を変えただけでは解決しない可能性が高く、転職後も結局同じ問題に悩まされ辞めたいと思いながら働くことになってしまう危険が大です。

営業職に向いていない方は、会社ではなく仕事自体を変えるのが効果的です。

他の仕事でも営業職の経験は活かせる!

  • コミュニケーション能力
  • ヒアリング能力
  • プレゼンテーション能力
  • スケジュール管理力
  • 交渉力

他にも様々なスキルが営業職として働く中で磨かれていきます。

これらのスキルは営業職でなければ役立たないわけではなく、他の仕事でも活かすことが可能です。

これまでの経験を活かせる仕事へ転職することができれば、転職先で早い段階から活躍できる期待も高くなりますね。

営業職の転職におすすめの業界!転職先選びのポイントを解説

営業職から営業職以外へ転職する方法

営業職から他の職種へ転職する場合には、これまでの人脈も活用しづらく中々転職先が見つからない可能性があります。

ですから他の職種へ転職する際には、「自分以外の力にも頼る」ことが大切です。

転職情報誌など幾つかの方法がありますが、もっと頼りになって無料で手軽に利用可能な3つの方法をご紹介します。

転職サイトで求人を探す

手軽さで言えば「転職サイト」での仕事探しがナンバーワンです。

無料で利用できて、インターネット上で登録も仕事探しも行えます。

簡単な操作で検索もできますし、詳細条件を設定して自分の希望条件に合う理想的な求人を見つけられる転職サイトも数多くあります。

スマホ1つあれば転職活動が行えますので、ちょっとした空き時間を利用して在籍中に転職先を探すのにも便利です。

ハローワークを活用する

転職と聞いた時には公共職業安定所、いわゆるハローワークのことを思い出す方は少なくはないはずです。

求人紹介だけでなく、職業訓練に関する案内なども受けることができますので、今まで経験したことのない他業種に転職する際にも役立ってくれます。

求職者だけでなく企業も無料で利用できることから求人数も多いのですが、その分だけ当たり外れが大きいのも理解しておかなくてはいけません。

転職エージェントを活用する

転職エージェントも転職サイトと同じ様にWEBから申し込みが行なえ、求人検索なども行うことが可能です。

さらにキャリアアドバイザーとの面談を行い、直接言葉で希望条件を伝えたり、プロの目によるキャリアの棚卸しを受けることができます。

さらには面接対策や書類添削などを受けられますし、非公開求人と言われるオープンになっていない求人の紹介も受けられる可能性があります。

交渉ごとやスケジュール調整を皆さんに代わって行ってくれますので、転職活動の手間を激減させることもできるんです。

一番のおすすめは「転職エージェント」

3つの転職方法の中でも、一番のおすすめは転職エージェントです。

転職エージェントでは転職サイトとハローワークの良いとこどりをした様なサービスを行っています。

自分の年代に強かったり目指す業界に特化した転職エージェントを選ぶことができれば、専門知識豊富なキャリアドバイザーから適切なサポートを受けることができます。

転職サイトやハローワークでなければダメと言う理由がないのであれば、転職エージェントを選ぶのがおすすめです。

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

営業職以外でおすすめの転職先

職場環境などの問題を考慮しばければ、営業職の方に最適な転職先は「営業職」です。

現在持っているスキルを最大限に活かせるのは間違いありませんし、転職先で即戦力に慣れる可能性も充分にあるからです。

ただこれは環境を変えたいと考えている皆さんには適さない考え方です。

ならば営業職で感じた不満が解消されやすかったり経験を活かしやすい、以下の転職先から選ぶことをおすすめします。

事務職

営業職の体育会系のノリが苦手だったという方には事務職がおすすめです。

殺伐とした雰囲気の職場も少なくノルマに縛られることもありませんので、働く上でのストレスは大きく減るはずです。

他の部署との連絡を取り合う場面もありますので営業職で身に付けたコミュニケーション能力も役立ちますし、資料作成で磨かれたPCスキルも活かすことができます。

ただ事務職は人気の職種であることと、職場によっては仕事の範囲がかなり広いことがある点には注意が必要です。

人事職

人事職は営業職のキャリアが活かせる仕事の1つであり、営業職経験があることで転職にも有利になると言われている仕事です。

会社説明会など人前で話をする機会も多く、様々な場面で交渉力も必要となってきますが、営業職ではこの両方のスキルを磨くことが可能です。

これまでと違い個人での成果を出すことを目指すのではなく、会社が大きな成果を出すために人事の仕事を通しての舵取りを行うことになります。

ある意味でこれまで以上に会社に大きく貢献することも可能ですので、やりがいも感じることができるはずです。

企画・マーケティング職

企画・マーケティング職も、営業職の経験を高く評価してくれる仕事の1つです。

コミュニケーション能力と論理的な考え方、そして交渉力。

営業職で磨いたこれらは、どれも企画・マーケティング職で役立つスキルです。

特にデータを読み取る力や数字に強い方は、転職した後も活躍できる可能性が高く向いている仕事と言えます。

求人数自体は多いとは言えませんが、営業職経験者の方におすすめしたい仕事です。

営業からの転職におすすめ転職エージェント

営業から違う仕事へ転職を目指すのなら、「幅広い職種への転職が可能」であり「キャリアアドバイザーの質が高く」、そして「求人数が多い」という3つの条件を満たしている転職エージェントへ登録することが重要です。

これから紹介する2つのサイトは、3つの条件を高水準で満たしています。

「転職を決めたけど、どうして良いかわからない」という方も、このどちらかをまず選べば安心です!

doda

doda

好条件であることも多い非公開求人も多く、公開・非公開を併せて常時10万件を遥かに超える求人があるdodaならば、希望条件に合う求人と出会える可能性が充分にあります。

また求人検索・スカウト・エージェントサービスと仕事探しを行う方法も様々あり、自分らしい方法で転職活動が行うことができます。

さらにanやLINEバイトなども運営する人材紹介大手のパーソルキャリアが運営していますので、人材紹介に関する実績も充分で安心して利用していただけます。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

「全ての業種、職種を網羅」と公式サイトにもはっきりと書かれており、マイナビエージェントを利用すればどんな仕事にも転職できる可能性があります。

20代の転職支援に強いのが特徴で、20代・30代の方が仕事探しをされる際には特におすすめです。

求人紹介・書類添削・面接対策・交渉だけでなく、内定が決まった後の退職交渉や入社に関するスケジュール調整などを含めてアフターフォローもバッチリです。

マイナビエージェント詳細ページ

営業からの他業種への転職でキャリアアップも可能!

辞めたいと思ってしまう方も多い営業職の仕事ですが、他の業種へ転職した後にも役立てることのできるスキルが幾つも手に入る仕事でもあります。

ですから、これまで営業として働いてきた経験を活かすことができれば、転職することで大きなキャリアップを目指すことも可能となります。

皆さんが営業職を一度経験したことは、これまでの社会人生活の中で、きっと大きなプラスになるはずですよ!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件