企画営業は女性でも活躍できる?向いている女性の特徴と注意点をご紹介

企画営業は女性でも活躍できる?向いている女性の特徴と注意点をご紹介

一般的に「営業職=男性」というイメージが強く、割合的にも男性の方が活躍しています。

そんな営業職の一種に「企画営業」という仕事があるのですが、「企画営業は女性では活躍できるのかな?」悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

この記事では企画営業は女性でも活躍できるのか解説します。

企画営業に向いている女性の特徴や、働く上での注意点もご紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

そもそも企画営業とは?

そもそも企画営業とは、自社商品・サービスを使うことで行える施策などを、企画・提案する営業職のことです。

営業職の一種で、企画や提案などを行い商品やサービスに付加価値を加えます。

消費者のニーズ調査やデータ分析などを行い、自社商品・サービスがどのように役立つのか、顧客企業に対して提案するので、マーケティング要素が強いです。

さらに、企画・提案して終わりではなく、今後の戦略や運用方法などにも関わることが多いです。

また、プロモーション活動やイベント運営などにも携わることがあります。

そして、最近では通常の営業でも企画力・マーケティング力を求められるケースが増えていて、企画営業と類似する部分が多いです。

そのため企業によっては、区別していないこともあります。

企画営業は女性でも活躍できる?

企画営業は女性でも活躍できる仕事で、実際に活躍している女性は多くいます。

通常の営業よりもマーケティング要素が強い傾向があるため、より女性が活躍しやすくなっています。

また、営業職は男性でも女性でも「結果が全て」という考え方なので、「女性だから活躍しにくい」ということはありません。

女性でも成績次第では年収1,000万円以上を目指すことも可能です。

女性が活躍しやすい理由をさらに詳しくご紹介します。

顧客企業からの信頼を得やすい

企画営業では、通常の営業よりも顧客企業からの信頼が大切になるのですが、男性よりも女性の方が信頼を得やすい傾向があります。

女性は協調性が高い人が多く、相手に寄り添って共感できます。

顧客企業の懐に入って、経営状況や課題などを聞き出すことも得意としていて、的確な企画・提案ができるため、信用されやすいです。

さらに、女性の方が物腰が柔らかく、顧客企業に与える安心感があります。

男性は緊張感や警戒心が強い傾向があるため、顧客企業からの信頼を得るまで時間がかかることが多いです。

印象に残りやすい

上記でもお伝えしたように「営業職=男性」というイメージがあります。

そのため企画営業として女性が働いていると、顧客企業の印象に残りやすいです。

営業職にとって顔や名前を覚えてもうことは非常に肝心なことで、印象に残りやすいということは活躍しやすいということになります。

また、男性の場合は門前払いということもあるのですが、イメージとは異なる女性が働くことで、企画・提案を受け入れてもらいやすくなります。

気配りが得意

企画営業ではコミュニケーション能力や企画力も大切になるのですが、最も大切なことは「相手への気配り」です。

顧客企業に的確な企画・提案するためには、相手の細かな表情まで見て本当に抱えている課題を見抜く必要があるのですが、気配りが上手であれば見抜くことができます。

もちろん、人によっては男性でも女性よりも気配りが上手なことがありますが、女性の方が得意な傾向があります。

そのため企画営業は女性でも活躍しやすいです。

営業の転職に必要なスキル・有利になる資格とは?

企画営業に向いている女性の特徴

企画営業として働こうか悩んでいる女性の方は多いと思います。

そこで企画営業に向いている女性の特徴をいくつかご紹介します。

ただし、あくまで特徴になるので、当てはまらなかった女性でも活躍できます。

マーケティング能力の高い女性

マーケティング能力が高い女性が、企画営業に向いています。

企画営業は消費者のニーズ調査やデータ分析などを行い、自社商品・サービスがどのように役立つのか、顧客企業に企画・提案する仕事です。

そのためマーケティング能力は必要不可欠で、営業スキルよりも大切な能力になります。

マーケティング能力によって企画・提案を受け入れてもらえる確率が決まります。

マーケティング職で働いていた経験がある女性は、特に向いているでしょう。

マーケティングにおすすめ資格7選!未経験でも取れる!

企画力のある女性

企画力のある女性は、企画営業に向いています。

企画営業は、顧客企業に最適な企画を提案するまでが仕事です。

企画内容によって結果が決まると言っても過言ではありません。

そのため企画力は必要不可欠で、社外の人だからこその観点で企画を提案できれば、受け入れてもらいやすくなり、顧客企業からの信頼は高まるでしょう。

そしてマーケティング能力が低いと最適な企画を提案できないため、企画営業にとっては両方欠けることができない力です。

自分の意見を積極的に伝えられる女性

自分の意見を積極的に伝えられる女性は、企画営業に向いています。

企画営業は自分が考えた企画を提案する仕事で、自分の「意見」を発表することと同じです。

いくら企画が浮かんでいても、それを積極的に提案できなければ、企画営業として活躍できません。

そのため自分の意見を積極的に自信を持って伝えられる力が必要で、「他にも良いアイデアがあるのではないか…」「断られたらどうしよう…」と考えない女性が向いています。

企画営業では、自分の意見に対して前向き考えを持つことが大切です。

営業に向いている人の共通点を徹底解説!自己適性チェック

企画営業として働く上での注意点

企画営業は女性でも活躍できる仕事なのですが、働く上ではいくつか注意すべき点があります。

企画営業に転職したことを後悔しないためには、下記の注意点を参考にしてみてください。

ノルマを達成する必要がある

何度もお伝えしているように企画営業は営業職の一種になるため、ノルマを決められています。

決められているノルマは企業によって異なりますが、簡単に達成できることはないでしょう。

そのため日々、ノルマに追われて仕事をしなくてはいけません。

ノルマを達成できないことで減給されることはないと思いますが、上司や同僚からの視線はストレスに感じることになります。

企画営業は「通常の営業とは違う」というイメージが持っているかもしれませんが、基本的な形態は同じで、ノルマを達成する必要があるので注意してください。

残業が多い

企業によって異なるのですが、企画営業は残業が多い傾向があります。

通常の営業と比べて事前に準備することが多いため、残業しなくては結果を残せません。

そのため結婚している女性や、子供がいる女性は注意する必要があります。

残業を強要させることはないと思いますが、結果を残すためには残業が必要になるでしょう。

企画営業への転職を考えている方は、残業を覚悟しておくことが大切です。

企画営業への転職を成功させるポイント

企画営業として働くためには、転職を成功させる必要があります。

希望通りに転職を成功させることは簡単なことではないので、抑えておきたいポイントを3つご紹介します。

女性ならではのポイントもご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

マーケティング・営業職の実績をアピールする

女性が転職を成功させるためには、マーケティング・営業職の実績をアピールすることが大切です。

マーケティング・営業職の経験がない方でも、転職は成功させられるのですが、経験者の方が採用率が高まります。

そのため経験がある場合は、具体的な実績をアピールすることが大切で、実績次第では年収を高められる可能性があります。

もし、マーケティング・営業職の経験がない場合は、企画営業で活かせる実績をアピールしてください。

企画営業でも通ずる実績をアピールできれば、未経験でも転職を成功させられます。

仕事に対して前向きなことを伝える

女性が転職を成功させるためには、仕事に対して前向きなことを伝えることが大切です。

女性は結婚・出産・育児などのライフイベントがあるので、企業側は早々に退職されることを懸念しています。

中途採用では1年でも長く働いてほしいと考えているため、仕事に対して前向きなことを伝えて、「1年でも長く働きたいと思っている」ということをアピールすることが大切です。

そして、女性が働きやすい福利厚生が整っているか、確認することが大切です。

福利厚生が整っていなければ、前向きな気持ちがあっても長く働けません。

転職エージェントを活用する

女性が転職を成功させるためには、転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントとは、無料で転職に関するサポートを受けられるサービスです。

具体的には「求人紹介・面接対策・条件交渉・日程調整・書類作成」などを受けられて、今後のキャリアに関する相談にも乗ってくれます。

さらに転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザー(転職のプロ)が付くため、転職経験がない方でも安心して転職活動を進められます。

そしてサイトには公開されていない「非公開求人」にも応募できるようになり、転職先の選択肢を広げられます。

ただし、国内には数多くの転職エージェントがあるので、悩まれることが多いです。

「どのサービスを活用しようかな?」と悩む方は、下記の転職エージェントを参考にしてみてください。

転職エージェントは併用しても問題ないため、気になるものがあれば登録してみてください。

企画職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

営業職におすすめの転職サイト・エージェントランキング

企画営業は女性が活躍しやすい仕事である

この記事では企画営業は女性でも活躍できるのかお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

企画営業は営業職の一種になるため、「男性」というイメージがあるかもしれませんが、女性でも活躍できる仕事です。

女性ということで有利に働くこともあり、実際に活躍している女性も多いです。

ただし、ノルマを決められていることと、残業が多いことには注意が必要です。

そして上記でお伝えしたポイントを抑えて、企画営業への転職を成功させましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件