事務職への転職は女性に有利?面接でアピールすべきポイント!

事務職で悩む女性

事務職の仕事は女性に非常に人気があります。そのため内定を勝ち取るのが難しく、転職がなかなか決まらないという声も多いです。

また、最近では事務職に就きたいと考える男性も増えているという話を耳にします。

一体どんな人が事務職には有利なのか、女性だからこそ注意したいことや、アピールすべきポイントについてご紹介します。

事務職への転職は女性に有利?

事務職は女性の仕事というイメージが一般的には強いと思いますが、総務や経理などの事務職で働く男性も多く存在します。

しかし、事務職全般的に男女比率はやはり女性のほうが高いです。

そのため、男性、女性でどちらが有利かということであれば、女性のほうが有利であるといえます。

また、女性だからといって優遇されるわけではありませんが、女性を採用することを前提に募集をする企業がいまの日本ではまだまだ多いです。

採用対象を女性と想定しているため、女性に有利といってもいいかもしれません。

ただ、事務職は人気の職種であるため競争率が高く、女性に有利とはいえ転職が難しいといわれています。

有利かどうかではなく、本当にその仕事がやりたいかどうかをしっかりと考えて転職するようにしましょう。

どんな人が事務職に採用されやすい?

事務職に求める人物像は企業によってさまざまです。

社風に合った人材や、コミュニケーション力が高い人、すぐに会社に馴染めそうな人、といったことを重視する企業もあります。

ですが、どの企業でも絶対的に求められるのはやはりパソコンのスキルです。

同じ経験年数でも、パソコンスキルが高い人のほうが採用されやすいといえます。

事務職の主な仕事は資料作成なので、ExcelやWord、PowerPointの基本的な操作ができないと採用されることは難しいでしょう。

逆にいえば、パソコンのスキルがライバルより少しでも高ければ、採用される可能性は高くなります。

企業によっては社内システムを導入している場合もありますが、Excelでほとんどのデータを管理しているケースも少なくないです。

そのため関数やマクロの知識がある人は重宝されます。

実務経験がない方は、パソコンスキルの判断材料として資格を取得しておくのがいいでしょう。

事務職に求められる人物像は?

スキル面以外にも事務職で求められる素質はいくつかあります。

具体的にどんな特徴があるかご紹介します。

丁寧な言葉遣いや対応ができる人

事務職は電話対応や接客応対も仕事に含まれるので、いろんな人と接する機会があります。

電話に出てくれた人の印象が会社のイメージを左右するといっても過言ではないため、電話での顔が見えない相手とのやりとりには丁寧な対応が求められます。

そのためどんな人にも良い印象を与えるような丁寧な言葉遣いができる人は、採用側にとって魅力的な人材です。

細かな作業が好きな人

細かな確認や地道な作業が得意という人は事務職に向いていでしょう。

資料作成やデータの入力は、細かいミスでも大きなトラブルを招く可能性があります。

数字の間違いや誤字脱字には十分注意しなければなりません。

そのため提出前には自分で何度も確認する必要があり、ひとつひとつの仕事をしっかりチェックしながらコツコツと作業する力が求められます。

ルーティーンワークが苦にならない人

日々の繰り返しの業務が多いのが事務職の特徴です。

そのため達成感ややりがいを感じにくい仕事ともいえます。

毎日同じ仕事をこなすことに飽きてしまう人にはあまり向きませんが、日々の仕事をコツコツとこなし効率よく働くことが好きな人にはぴったりです。

責任感が強い人

事務の仕事は資料作成や電話応対、備品管理などが多く、できて当たり前と思われている節が強いです。

もちろんミスは誰にでもあることですが、与えられた仕事を責任をもって最後まで遂行してくれる人はすぐに信頼され、仕事を任せてもらえるようになるでしょう。

コミュニケーションが上手な人

これはよく聞く特徴だと思いますが、実際に事務職はコツコツとしたルーティーンワークをするなかで、社内はもちろん、社外の人とのやりとりも頻繁に行っています。

また、同じ事務職の上司や先輩とも良好な人間関係を築けるかどうかは重要です。

そのためコミュニケーションをとるのが上手な人のほうが仕事をスムーズに進めることができます。

女性の不利になる点はある?

女性の転職で不利な点をあげるとすれば、やはり年齢です。

これは不利というよりも、年齢によっては敬遠されがちな傾向がある、といったほうがいいでしょう。

30台前後になると結婚・出産を経験する女性が多いので、適齢期で転職する場合は敬遠されてしまいがちです。

これは、入社後すぐに産休をとることになった場合、会社側は代わりとなってくれる人材を探しなおす必要があるからです。

女性の場合年齢によってライフステージの変化があるため、採用側としても慎重になるのでしょう。

また、これは男女に限らずですが20代であれば転職はしやすいですが、30代になってくるとキャリアが重視される年齢になり、即戦力やスペシャリストが求められます。そのため、経験がない状態での転職となると難易度がぐっとあがります。

面接でのアピールポイント

採用する側からすると、どれだけスキルがあってもやる気が見えない人は、「ほんとうに大丈夫だろうか?」と不安な気持ちになります。

どうしてもこの会社で働きたいんだ!という意志や、未経験の場合でも入社後どんどんスキルアップしていきたい!という成長意欲を伝えることが非常に大切なアピールポイントです。

「いま勉強中の資格があり、試験を受ける予定がある」「スキルアップのために資格を取得した」というように、成長するために行動に移していることがあればどんどんアピールすると良いですよ。

また、企業は転職者に対してまたすぐに辞めてしまう可能性がある、というイメージをもっていることが多いです。

入社してくれた人には長く働き続けてほしいという思いが企業にはあるので、すぐに辞めてしまうという不安要素を取り除くことが必要です。

落ち着いて長く働き続けたい、長く働いてキャリアを積んでいきたい、ということを伝えるようにしてみてください。

とくに女性の場合はライフステージの変化が激しいので、長く働き続けたいという意志を伝えるほうがいいでしょう。

そして、企業が求めているスキルや人物であるということも、忘れずにアピールしてください。

「柔軟な対応ができる人」「細かな作業が得意な人」など、求人票に書かれている内容は企業によってさまざまです。

どんな人物を求めているのかを推測して、あてはまるエピソードを伝えれば有効なアピールができますよ。

職場には女性が多い?

入社する会社の規模や、配属される部署によりますが、基本的に事務職の職場は女性が多いです。

営業事務の場合であれば営業職の方の補佐的な仕事になるため、職場に男性がいるケースは多いですが、逆に一般事務の場合、人数は会社規模に左右されますが基本的には女性がほとんどです。

女性だらけの職場でもうまく人間関係を構築できるかどうかは、仕事をスムーズにこなすうえで大切になってきます。

ちょっと面倒かもしれませんが、有給をつかって旅行にいったらお土産を買ってきたり、お菓子を配る習慣があれば率先して行う、など女性ならではの気遣いを忘れないようにしましょう。

女性が登録すべきおすすめ転職サイトランキング!【口コミで比較】