事務職の手取り平均は16~18万円!収入を上げる方法はある?

事務職の手取り平均は16~18万円!収入を上げる方法はある?

事務職の手取りは少ないとされています。

事務職に就こうと思っても、どのくらい手取りがあるのか?どうして手取りが低くなりがちなのか?と疑問に思って調べたことのある人もいるのではないでしょうか。

今回は、事務職と手取りについてのお話していこうと思います。

年収をアップさせたいと思っている人や、事務職の手取りについて疑問のある人など、事務職で働いている人も、働きたい人も必見です!

事務職の手取り全国平均は16~18万円程度

事務職の手取り全国平均は16~18万円程度のようです。

地域差や企業の規模により、多少の前後はありますが、このくらいを手取りとしている企業が多いようです。

この金額が多いと感じるか、少ないと感じるかは人や住んでいる地域によって変わりますが、他の職種と比べると少し低い金額と言えるでしょう。

また、そもそも事務職を正社員ではなく、派遣でまかなっている企業も多いことも関係しているのではないでしょうか。

地域の最低賃金によっても変化アリ

最低賃金が地域によっても異なるため、事務職の手取りも地域により変わることもあります。

例えば、青森の最低賃金は790円なのに対し、東京は1013円とその差は大きいです。

そのため事務職の手取りにも差は出てきてしまいます。

これは物価などが大きく関係するためであり、仕事内容が大きく違うということは一概には言えないでしょう。

企業の規模によってはさらに低いことも

平均が16~18万とお話しましたが、企業によってはもっと少なくなってしまうところもあるでしょう。

従業員数が少なかったり、事業の規模が小さい企業になるとどうしても給与が低くなってしまいがちです。

逆に言えば、多いな企業の事務職だと、平均より多い場合もあるかもしれません。

あくまでも平均なので、会社の大きさや経営状況によるでしょう。

派遣での採用が非常に多いため

最近事務職を派遣でまかなっていることも少なくありません。

企業にとって、正社員で雇うより大幅なコストダウンになることと、業績の悪化などの場合には契約修了とすることもしやすからだと考えられます。

事務職の平均手取りは、あくまでも平均なので、住んでいる地域や勤めている企業により異なります。

自分の勤めている・勤めたい企業の状況を踏まえて参考にしてみてください。

事務職の給料はどれくらい?職種ごとの平均年収ランキング

事務職の手取りが低いといわれるのはなぜ?

では一体なぜ事務職の手取りは、他の職種と比べて低くなってしまうのでしょうか。

その理由について考えてみましょう。ひとつは「業務の電子化」なのではないでしょうか。

業務の電子化により、業務時間が圧倒的に減ったことが関係しているのかもしれません。

二つ目は営業職などと違い「企業の業績に絡むことがない」からなのではないでしょうか。

色々な要因はあると思いますが、この二つが大きく関係しているのではないかと考えました。

ここからはそれぞれ詳しくお話していきましょう。

業務の電子化が進んでいるので作業が少ない

事務職に限らず、どの職種においてもパソコン業務はつきものです。

事務職も多くの業務が電子化されているので、人の手が必要な作業があまりありません。

パソコンスキルが高い人ほど、時間内に業務を終わらせることができるので、残業することも少ない傾向にあります。

業務の電子化により効率はアップしましたが、事務職の年収を増やすのは難しくなってしまったのかもしれません。

企業の業績に直接的に絡むことが少ないから

事務職は、クライアントワークの営業職や開発などの技術職と違い、企業の業績や利益に直接絡むような業務をする機会があまりありません。

そのため営業職のように、成果給や能力給がつくこともないでしょう。

会社の利益に直接繋がるような仕事では、成果を確認しやすいので給与に反映されやすいですが、事務職は成果を評価されにくいのではないでしょうか。

事務職は、業務の電子化により作業内容が少なくなっていますが、決して楽な仕事ではありません。

しかし、営業職のように目に見える成果を上げにくいので、あまり給与に反映されない職種でもあります。

そのため手取りが少なくなってしまうのではないでしょうか。

事務職の給料が安い理由と給与UPの方法を解説します

事務職の手取り平均金額を上げる4つの手段

事務職の手取りが低い理由がわかりましたが、それでも働いている以上、手取り金額を上げたいと思いますよね。

それがモチベーションにも繋がるかもしれません。

そこでここからは、事務職の手取りを上げるためにするべき4つの方法についてお話していこうと思います。

働く意欲の向上のためにも、行動を起こしてみましょう!

勤続年数を積んで基本給をUPさせる

まずは長く勤めることで、基本給をアップしてもらえるように頑張りましょう。

多くの企業で勤続年数とともに、基本給を上げていくことを採用しているので毎年少しづつでも上がっている人もいるのではないでしょうか。

誰でも最初にしやすいことは、長く勤めて基本給を上げることかもしれません。

長く勤めるというのは、それだけ会社に貢献しているという、評価のひとつなのではないでしょうか。

企業内での部署替えを依頼する

事務職の手取りがどうしても気になる場合に、他部署への異動をお願いしてみることも、有効かもしれません。

同じ部署で事務職を続けていても、どうしても早急な手取りアップは難しくなってしまう可能性があります。

そこでもう少し業務量の多い部署や、思い切って成果給のあるような部署に異動出来たら、手取りがあがるかもしれません。

いきなり転職!と考えるのではなく、企業内で出来ることはないか検討してみましょう。

業務に活用できる資格を取得する

事務職に関連する資格はたくさんあります。

それらを取得して、資格手当をもらうことで手取りをアップさせる方法もあります。

簿記2級以上や、MOS、宅建など部署により必要な資格は色々ありますが、ひとつ重要なのは資格手当があるのかどうかの確認をすることです。

せっかく取得しても手当がつかない場合もあるので、上司に確認してみましょう。

しかし、転職する際にも資格があると採用されやすいので、取得して損ということはありません。

事務職への転職で有利になる資格とは?無資格でも転職できる?

規模の大きい企業に就職する

会社の規模により手取りにも差が出る、というお話はしましたが、小さい企業の手取りが低くなりがちな傾向があります。

そこで規模の大きな会社への転職をして、手取りアップを狙う方法もあります。

しかし、事務職の転職は難しいこともあるので慎重に検討する必要があります。

以上4つの方法をお話しました。これ以外にもやれることはあるかもしれません。

しかし手取りアップにとらわれすぎず、まずは日々の業務をしっかりとこなすことを大切にしましょう。

注意!事務職への転職は難易度が高い

事務職での手取りアップを目指して、転職を考えている人もいるかもしれません。

しかし事務職への転職は難易度が高いということを理解しておく必要があります。

事務職は、残業が少なくワークバランスがとりやすい職種のため、女性からの人気が非常に高い傾向にあります。

またそもそもの求人数も少ないことに加えて、最近は派遣でまかなっている企業が増加しているので、採用されることが難しいようです。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

女性からの人気が高いため競争率が高い

事務職は、残業の少なさや働きやすさから、結婚・出産・育児などライフステージが変化しやすい女性から人気の高い職種と言えます。

そのため、一つの求人に対して多数の応募が来るので、競争率が高くなってしまいます。

よほど高いスキルや経験を持っていない限り、転職が難しい職種の一つと言えるでしょう。

企業内での入れ替わりが少ないため求人数が少ない

女性のライフステージの変化にも対応して働ける事務職は、退職する人も少ないためそもそもの求人数が少ないです。

残業も少なく働きやすく結婚しても続けやすい職種なので、結婚を機に退職しようと思う人が少ないと考えられます。

上でも話しましたが、少ない求人に人が集まるので競争率が高くなってしまうのが現状です。

派遣で完結できるので正社員雇用する必要がない

多くの企業が、事務職に派遣を採用しています。

派遣でも正社員と同じように業務をこなせ、なおかつコストダウンできるので、正社員で雇うより派遣で雇いたいと考える企業が多くなっているようです。

まず正社員で雇用を募集している企業を探すだけでも一苦労です。

このように、全体的に事務職の正社員雇用をしている企業を探すことが難しいのが現状です。

ようやく見つけても、応募者が多く競争率が高くなってしまうため、採用に繋げるのに苦労することもあります。

転職活動を始める前にこれらを理解しておく必要があります。

難易度の高い事務職転職を成功させるなら転職エージェント!

事務職の転職は難易度が高いことをお話しました。

「じゃあ今のままで・・」と思うかもしれませんが、手取りのアップも目指したいところですよね。

そんな時は、転職エージェントをうまく利用して転職活動を進めてみてはいかがでしょうか。

転職エージェントを利用することで「希望に合った求人の紹介」や「転職に必要な情報提供」「対策をしてくれる」など、様々な場面で転職がスムーズに行くようにサポートしてくれます。

転職エージェントを利用することのメリットについてお話していきます。

希望条件に合った求人を絞って紹介してくれる

転職先の条件として、手取りのアップや福利厚生など色々な条件があると思います。

それらを考慮して自分で企業を見つけるのは大変な時間と労力がかかります。

しかし転職エージェントは、たくさんの企業の求人を抱えているので、その中から自分の希望に合う企業を紹介してくれます。

少しでも条件の合う会社を見つけるためにも、自分の譲れない条件等を洗い出しておくと良いかもしれません。

転職に必要な情報を集めやすい

転職エージェントは、転職に必要な情報を教えてくれることもあります。

豊富な求人に加えて、企業の人事と面識のあるキャリアアドバイザーがいるところもあるので、企業の情報なども細かく知っている可能性があります。

企業の実際の内部事情など、入社前に知ることでよりスムーズに転職できるかもしれません。

転職に必要な対策を十分にとってくれる

転職エージェントでは、転職希望者に向けて履歴書の添削や面接の練習・アドバイスなども行っている場合が多いです。

受かりやすい履歴書の書き方や、印象をよくする面接など、個人ではわからないことも細かくアドバイスしてくれるので、採用に繋がりやすいようです。

このように様々な面から、サポートしてくれるので、安心して転職活動を始められる転職エージェント。

うまく活用して転職を成功させたいですね。

手取りをあげたい事務職におすすめ転職エージェント2選

「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントはブラック企業の掲載を断っているため、企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと転職希望者をヒアリングしてくれるので、転職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、事務職採用実績がある企業を紹介してくれるかもしれません。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、転職エージェントサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際に転職支援サービスについて書いていくので参考にしてみてください

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナは国内の転職エージェントの中でも、トップクラスの求人数と実績を誇っています。

パソナには非公開求人も多く、求人の質が良いことも特徴のひとつです。

さらに、転職サイトと転職エージェント両方を満たしているので、求人の比較・検討から面接準備までトータル的にサポートしてくれるのが嬉しいですね。

多くの求人の中から自分に合う企業を見つけてくれるだけでなく、履歴書の添削や面接のアドバイスなど、初めての転職という人も安心のサポート体制が魅力です。

パソナキャリア詳細ページ

事務職の平均手取りと自分を比較して適切な収入を目指そう

事務職の手取りは、全国的に16~18万と低めであることがわかりました。

しかしあくまで平均なので自分と比較して、適切な給与なのかということをじっくりと検討してみることが大切です。

手取りが低いと感じた場合には、まず企業内でできることから行動し、手取りアップを目指すのが良いでしょう。

しかし転職したいと思った時には、事務職の転職が難しいことを思い出し、じっくりと考えることが大切です。

手取りがアップすることで生活にハリが出て、仕事のモチベーションにも繋がることもあるので、適切な金額をもらえるように、いろいろと努力をしてみましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件