事務職の給料が安い理由と給与UPの方法を解説します

事務職の給料が安い理由と給与UPの方法を解説します

事務職は「定時で帰れることが多い」「パソコンスキルがあれば活躍できる」などのメリットがある職種になっているのですが、他の職種に比べると給料が安いとされています。

では、なぜ事務職は給料が安いのでしょうか?

この記事では事務職の給料が安い理由と給与UPの方法について詳しく解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

事務職の給料が他の職種に比べて安い4つの理由

事務職は給料が安い職種と言われているのですが、なぜ給与が安いのでしょうか。

実は事務職の給料が安いことにはいくつかの理由があります。

事務職の給料が安い理由について詳しくご紹介していきます。

事務職は会社の売り上げに関わらないから

事務職は電話対等や資料作成、来客応対など基本的に誰かのサポートをするのが仕事なので、会社の売り上げに直接貢献することはありません。

そのため他の職種よりも給料が安くなっています。

例えば営業職の場合は1人の成果によって大きく会社の利益に貢献することになる可能性もありますし、貢献することになれば給料が増えることもあるでしょう。

会社の売り上げに直接貢献しないことは仕事に対するプレッシャーは少ないというメリットもありますが、給料のことだけを考えるとデメリットになるでしょう。

定時で上がることが多く残業が少ないから

事務職は決められたことを決められた時間内に行う「ルーティンワーク」が基本になるので、残業することはなく定時に上がれることがほとんどです。

そのため残業代をもらうことがなく、他の職種よりも給料が安くなります。

ただ残業をして給料が増えても結局働いている時間が増えているだけなので、あまり意味がないような気がしますよね。

派遣社員の採用が多いので安定していないから

近年事務職は「派遣社員」で穴埋めされることが多く、会社側も派遣社員で穴埋めしたいと考えています。

実際に派遣社員だけで構成している会社もあり、正社員で雇っている会社の方が少ないです。

言い方を変えると「派遣社員でもできる仕事」と思われているということです。

そのため給料が少なく、いつでも派遣社員で置き換えができるので安定もしません。

会社の経費カットで一番目を付けられやすいから

上記でもお伝えしましたが事務職は「派遣社員」で穴埋めされることが多いです。

さらにIT技術が発展してきたこともあり、ソフト1つ導入するだけで事務職の業務をAIに置き換えることが可能です。

そのため会社の経費カットで一番目を付けられやすく、給料がカットされることも少なくありません。

ただしその分特別な資格も専門的な知識も必要としないため、業務内容自体は難しくないです。

事務職は職場でいらない?理由と自己価値を高める方法を解説します

事務職で働くメリットもある

事務職は他の職種に比べると給料は安いですが、その分メリットもあります。

ご紹介するメリットと給料のことを比較して事務職で働くか考えてみてください。

定時で帰れるので肉体的疲労感が少ない

上記でもお伝えしましたが、事務職は定時で帰れることがほとんどなので、肉体的な疲労感は少ないです。

8:00〜17:00、9:00〜18:00が事務職の労働時間とされているので、「睡眠時間が足りない」「朝も早い」なんてことはありません。

さらに業務内容はルーティンワークが多いので、効率よく仕事をすると合間の時間は生まれます。

残業もすることなく勤務時間中も忙しいということはないです。肉体的な疲労が少ないことは事務職で働くメリットでしょう。

給与が安定しているので金銭面での不安が少ない

事務職は派遣社員に置き換えられる可能性はあるものの、給料自体が不安定なわけではありません。

例えば営業職の場合は自分の成果がそのまま給料に反映する「歩合制」なことも少なくないので、年によって給料が変動することもあります。

ただし事務職はルーティンワークになるので、給料をカットされることもないでしょう。

自分の頑張りに関係なく給料が安定していることは事務職のメリットでしょう。

パソコンスキルがあれば活躍できる

事務職はある程度のパソコンスキルがあれば活躍できる職種になっていて、活躍しやすい職場ともいえるでしょう。

ただ活躍といっても誰かのサポートをすることになるので会社内で目立つほどの活躍をすることは少ないですが、パソコン関連の資格を持っている場合は別です。

例えば、国家資格の「ITパスポート」やMicrosoft社が提供している「MOS」などを取得していると、会社内でも目立つほどの活躍をすることができるでしょう。

事務職の給料はどれくらい?職種ごとの平均年収ランキング

給与の低い事務職でも給与UPするには転職がおすすめ

給料の低い事務職でもなんとか給料UPしたいと思いますよね。

その場合は転職することがおすすめです。転職と言いましても他の職種に転職する必要はなく他の企業の事務職に転職するだけでも給料UPに期待できます。

もちろん他の職種に転職するのも1つの方法です。

給料UPするには転職がおすすめな理由について詳しくご紹介します。

現職の企業よりも高い給与の企業に移動できる

転職すると現職の企業よりも高い給与の企業に移動することが可能です。

その理由は転職先を自分で選ぶことができるからです。

例えば、現職の給与が月22万円としましょう。

その場合は月22万円以上の求人を探せば給与をUPすることが可能です。

ただし現職よりも給与が高い企業に転職することは簡単なことではないため、下記の対策を参考にしてみてください。

持っている資格を最大限に生かせるようになる

事務職で生かすことができる資格を取得しても現職の給与がUPすることはないと思います。

ただし取得している資格を最大限に生かして転職することによって給与UPすることは可能で、取得した資格が無駄になりません。

そのため上記でご紹介したような「ITパスポート」や「MOS」を取得している方は他社の事務職に転職することをおすすめします。

転職を機に稼げる職種にジョブチェンジできる

他社の事務職に転職するのも1つの方法ですが、給与の高い職種にジョブチェンジするのも1つの方法です。

事務職では電話対応や来客応対する機会が多いため、ビジネスシーンで必要とするコミュニケーション能力は高いと思います。

そのためコミュニケーション能力が高いことによって、活躍できる職種に転職することをおすすめします。

コミュニケーション能力を必要とするオーソドックスな職種は営業職でしょう。

コミュニケーション能力よりもITに関する経験を生かした場合は、IT関連の開発職に転職することをおすすめします。

事務職が給与UP目的に転職するときの対策

給与UPを目的に転職する場合はいくつかおさえておきたいポイントがあります。

事務職の転職で給与を上げることは簡単なことではないため、下記のポイントを意識して転職活動を行うようにしてください。

  • 実務に力をいれて職務経歴書を充実させる
  • 簿記や秘書検定などの資格を取得する
  • 稼げる職種に必要なスキルを磨く
  • 転職エージェントを活用する

1つ1つ解説していきます。

実務に力をいれて職務経歴書を充実させる

現職の事務職で働いているときは「実務」に力を入れて、職務経歴書を充実されることが大切です。

職務経歴書を充実させることは転職において非常に大切なことで、「職務経歴書が充実している=社会経験が豊富な人」と判断されることが多いです。

少しでも給与が高い企業に転職したい場合は、職務経歴書を充実させるようにしましょう。

簿記や秘書検定などの資格を取得する

事務職が給与UPを目的に転職するときは資格を取得することが大切です。

資格はスキルや専門性の高さを簡単に証明することができるものなので、取得しているだけで給与の高い企業に転職しやすくなります。

特に「日商簿記」や「秘書検定」などを取得していると、事務職として必要なスキルが身に付いていることが証明できるため、転職活動自体もスムーズに進むことでしょう。

稼げる職種に必要なスキルを磨く

事務職以外の職種に転職して給与UPする場合は、稼げる職種に必要なスキルを磨くようにしましょう。

例えば、営業職の中でも「不動産系」の職種に転職する場合は「宅建」の資格を取得しているだけで転職しやすくなりますし、給与も間違いなくUPします。

事務職以外の稼げる職種に転職する場合は、その職種で必要とされるスキルを磨くようにしましょう。

転職エージェントを活用する

給与UPが目的で転職する場合は転職エージェントを活用することが大切です。

転職エージェントは無料で転職のサポートをしてくれるサービスで、求人紹介や面接対策、転職後の待遇までサポートしてくれます。

エージェントに「給与UPを目的に転職します」ということを伝えるだけで、現職よりも給与が高い求人を紹介してくれるため、働きながら転職活動をすることも可能です。

事務職の転職におすすめ転職エージェント3選

転職エージェントは数多くあるため、どの転職エージェントを利用しようか悩むと思います。

そこで事務職から転職される方に、おすすめの転職エージェントを3社ご紹介するので、ぜひ参考してみてください。

doda

doda

dodaは転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっている転職支援会社で、業界でもトップクラスの実績を誇っています。

そんなdodaの魅力はキャリアアドバイザーの質です。

キャリアアドバイザーとは転職をサポートしてくれるスタッフなのですが、非常に丁寧にサポートしてくれて初めて転職する方でも心配いりません。

転職に関するサポート以外にも、将来のことや転職すること自体の相談にも乗ってくれます。

初めて転職する方や転職に不安を感じている方にはdodaがおすすめです。

doda詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材紹介会社「マイナビ」が運営しているエージェントサービスで、実績・知名度ともに業界トップクラスになっています。

そんなマイナビエージェントの魅力はサポート期限がないことです。

サポート期限がないため希望通りの転職が成功するまでサポートをしてくれて、納得のいく求人が見つけるまで求人を紹介してくれます。

もちろんサポート内容も求人数も業界トップクラスになっているので、じっくり転職したい方にはマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアはサポートの手厚さや求人の質から人気を集めている転職エージェントなのですが、最も魅力的なことは独占求人が多いことです。

パソナキャリアが抱えている求人の半数以上が独占求人になっているため、質も良い給与UPできる求人が多数あります。

他社では出会うことができない求人に出会える可能性が高いので、求人に質の高さを求める方にはパソナキャリアがおすすめです。

パソナキャリア詳細ページ

事務職でも給料UPを目指して転職を進めよう

この記事では事務職の給与についてお伝えしてきましたが、事務職の給与は他の職種と比べると安いです。

ただし事務職で働くことにはさまざまなメリットがあり、転職することで給与UPさせることも可能になっています。

事務職で給与UPさせるためには転職することが1番の近道になっているので、ぜひ給与UPを目指して転職してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件