事務職は太る可能性あり!太りやすい特徴と対策を徹底解説

事務職は太る可能性あり!太りやすい特徴と対策を徹底解説

事務職は女性を中心に人気がある職種になっているのですが、事務職は太りやすい仕事と言われています。

「なんで太りやすいの?」「事務職でも太りたくない」と思われる方が多いと思うので、この記事では事務職が太りやすい理由や、太りやすい職場と太りにくい職場の特徴について詳しく解説していきます。

事務職が太りやすいといわれる4つの理由

事務職は太りやすい仕事と言われているのですが、なぜ太りやすいのでしょうか?

実は事務職が太りやすい仕事と言われることにはさまざまな理由があります。考えられる4つの理由をご紹介します。

事務職は女性メインの職場だから

事務職は女性メインの職場になっていて、肉体的な労働はありません。

電話対応や資料作成など女性でも苦のない業務が多く、特に男性の場合は太りやすいでしょう。

さらに女性がメインの職場ということもあり、女性の場合は男性の目を気にする機会が少なくなります。

職場に異性が少ないことで「痩せないと」という気持ちが抑えられて、太りやすいと考えることもできます。

デスクワークでずっと座ったままで動かないから

事務職の基本的な業務内容は電話対応や資料作成などというデスクワークが多いです。

デスクワークとは椅子に座ったまま仕事をするため、体を動かすことがなくクーラの効いた涼しい部屋で仕事を行えます。

そのため事務職は太りやすいと考えることができます。

デスクワークは事務職だけに当てはまることではないので、デスクワークと言われる職種の場合は太りやすい傾向があるでしょう。

勤務時間中についお菓子を食べる時間があるから

事務職は決められたことを決められた時間内に行う「ルーティンワーク」が多いので、効率よく仕事をすれば合間の時間は生まれます。

さらにデスクワークになるため、お客様や企業の方と接する機会が少なく、合間の時間でお菓子を食べることが可能です。

勤務時間中にお菓子を食べることができると考えると、太りやすい職場になりますよね。

事務職でお菓子を食べることは不思議なことではないため、ついつい食べ過ぎてしまうこともあるでしょう。

定時で帰れるので外食できる時間が多いから

事務職はルーティンワークになるので、定時で帰られることがほとんどです。

「定時=5時」に帰ることができれば、同僚と外食する時間もありついつい外食する機会が増えてしまうと思います。

外食する機会が増えれば増えるほど、太ってしまいますよね。

定時に変えられることはメリットが多いと思うのですが、実は太りやすいというデメリットもあります。

定時に帰っても家で自炊している方は事務職でも太りにくいでしょう。

事務職が太りやすい原因には職場環境も影響!

実は事務職が太りやすいのは職場の環境にも影響があります。

職場には「太りやすい職場」と「太りにくい職場」があるので、双方の特徴をいくつかご紹介します。

「事務職で働きたいけど太りたくない」という方は参考にしてみてください。

太りやすい事務職の職場環境

太りやすい事務職の職場環境は下記の通りです。

  • 駅から近く徒歩距離が短い
  • お土産をもらう機会が多い
  • ストレスが何かとたまりやすい
  • 忙しく残業が多いので食事時間が遅い

1つ1つ解説していきます。

駅から近く徒歩距離が短い

何度もお伝えしているように事務職はデスクワークになるため、とにかく体を動かすことが少ないです。

そのため少しでも体を動かせる職場が好ましいのですが、駅から職場が近いと必然的に体を動かすことは少なくなりますよね。

例えば、駅から5分の職場と15分の職場だとすると10分の差が生まれます。

週休2日で働いても22日は出社することになり「22日×10分」だと、約3時間40分も歩く時間が変わります。

3時間40分も歩く時間が少ない職場だとやはり太りやすくなってしまいます。

お土産をもらう機会が多い

お土産をもらう機会が多い職場だと、太りやすくなってしまいます。

職場に買ってくるお土産のほとんどは「お菓子」だと思うので、勤務時間中に食べることができます。

そして事務職に働いているとはいえ1つの企業に勤めていることになるので、事務職以外の部署の方からお土産をもらう場合もあるでしょう。

もらったお土産を食べないということも失礼にあたるので、お土産をもらう機会が多ければ多いほど太ってしまいます。

ストレスが何かとたまりやすい

ストレスがたまりやすい職場だと何かで発散する必要があるのですが、ストレス発散を「食」に向けてしまうと太ってしまいます。

その場合はストレス発散を「食」以外にすると良いと考える方が多いのですが、そもそもストレスがたまらない職場だと発散する必要もないのです。

そのため何かとストレスがたまりやすい職場で働いていると、太りやすくなってしまいます。

忙しく残業が多いので食事時間が遅い

事務職は定時で帰ることが多い仕事ですが、職場によって残業が多く遅い時間まで仕事をしなくてはいけない場合もあります。

その場合は必然的に食事をする時間も遅くなってしまい、太りやすくなります。

太らないためには20:00までに食事を済ませておくことが理想です。

そして寝る3時間前には食事をとらないことも大切になるので、残業ばかりの職場で働いていると太りやすくなってしまうでしょう。

太りにくい職場の特徴

太りやすい職場の特徴についてお伝えしましたが、反対に太りにくい職場の特徴もあります。

特に女性の方であれば、太りにくい職場環境が理想ですよね。

太りにくい職場の特徴は下記の通りです。

  • 職場までの通勤時間が長い
  • 時間にゆとりを持って働ける
  • 手が届くところにおやつがない

1つ1つ解説していきます。

職場までの通勤時間が長い

職場までの通勤時間が長いと必然的に体を動かしている時間が増えるため、太りにくいです。

例えば、通勤時間が30分の職場と1時間の職場では、1カ月で約22時間も通勤時間に差が生まれます。

(22日×30分×往路=22時間)1カ月で22時間も体を動かしている時間が変わると太りやすいのか太りにくいのかは明白ですよね。

ただし通勤時間が長いということ「自分の時間が少ない」「出社するだけで疲れる」などのデメリットもあるため、太りたくないという人には通勤時間が長い職場がおすすめです。

時間にゆとりを持って働ける

時間にゆとりを持って働ける職場は太りにくいです。

「時間にゆとりがあると太りにくいの?」と思いますが、時間にゆとりがあると余計なストレスがたまりにくいです。

自分のペースで自分の業務をこなすことができるので、ストレスをためることなくストレスを発散する必要もありません。

ストレスがたまりにくい職場だと太りにくいでしょう。

手が届くところにおやつがない

何度もお伝えしているように事務職は勤務時間中でもおやつを食べられる環境なため、手の届くところにおやつがあると、つい食べてしまうと思います。

「手の届くところにあっても食べなかったらいいじゃん」と思われる人もいると思いますが、仕事中はつい食べてしまいますよね。

そのため手の届くところにおやつがない職場が理想的で、その場合は太りにくいでしょう。

勤務時間中におやつを食べることを許されていても、わざわざ歩いておやつを食べに行くことは少し気の引けることだと思います。

事務職で太らないようにするには職場環境を変えよう

事務職は太りやすい職種になっているため、仕方ない部分は多いです。

ただし職場環境によって太るのか太らないか決まるので、事務職で太りたくない人は職場環境を変えるようにしましょう。

その場合は上記でもお伝えした「職場までの通勤時間が長い」「時間にゆとりを持って働ける」「手が届くところにおやつがない」を意識してみてください。

特に通勤時間は1駅手前で降りることで長くすることも可能なので、少し工夫して職場環境を変化させましょう。

職場環境が変わって痩せやすい生活習慣になる

職場環境が変わって太らないようになると「生活習慣」も変わってきます。

太らない生活習慣、痩せやすい生活習慣になると、あまり工夫をしなくても太りにくい体になることが可能です。

ただし痩せやすい生活習慣を身につけるためには最低でも半年以上は同じ生活を送る必要があるので、継続して職場環境に重きを置くようにしてください。

思い切って運動量の多い職種に転職する

事務職はデスクワークになるため太りやすく、職場環境を変えても太ってしまうこともあります。

その場合は思い切って運動量の多い職種に転職することをおすすめします。

例えば、運送業や小売業の場合は仕事をしているだけで体を動かすため、自然に太りにくい職場になります。

その他にも運動量が多い職種は多々あるため、自分の長所が生かせる職種に転職してみることもおすすめです。

事務職の転職におすすめ転職エージェント2選

国内に転職エージェントは数多くあるため、どの転職エージェントを利用しようか悩むと思うので、事務職の転職におすすめの転職エージェントを2社ご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは「リクルート」が運営している転職エージェントで「業界No.1の転職エージェント」と言われています。

そんなリクルートエージェントの魅力は求人数です。

抱えている求人数は業界No.1の「20万件」を超えていて、非公開求人だけでも「10万件」を超えています。

そのため幅広い求人の中から希望する条件通りの求人を見つけることが可能です。

そして優秀なエージェントが希望通りの求人を提案してくれるので、自分で探す必要もありません。

幅広い求人の中から転職先を決めたい方はリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェント詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは大手人材紹介会社「マイナビ」が運営している転職エージェントで、知名度は業界No,1でしょう。

そんなマイナビエージェントの魅力はサポート期限がないことです。

転職が終了するまでサポートをしてくれるため、納得のいく転職活動を行うことができます。

もちろんサポート内容も求人数も業界トップクラスになっているので、じっくり転職したい方はマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

誘惑に負けない職場へ転職して事務職でも痩せ体質を身に着けよう

この記事では事務職が太りやすいことについてお伝えしてきましたが、事務職は太りやすい仕事になっています。

業務のほとんどがデスクワークになるため、太りやすいと言われても仕方ないです。

ただし職場環境によっては痩せやすい生活習慣を身につけることは可能で、職場環境が大きく関わっているとも言えるでしょう。

そのため誘惑に負けない職場へ転職して、事務職でも痩せ体質を身につけるようにしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件