ニートから事務職を目指すときの注意点と対策を徹底解説!

ニートから事務職を目指すときの注意点と対策を徹底解説!

ニート生活をしていた人が、事務職を目指すことも珍しくないようです。

事務職は、安定して働ける傾向にあることから、女性に人気の職業です。

「今ニートだから事務職なんて・・・」と考えてしまう人もいるかもしれません。

しかし、きちんと就職対策をすることで希望の事務職に就けることもあります。

そこで今回は、ニートから事務職を目指そうと思った場合、とるべき対策をお話していこうと思います。

ニートから事務職を目指すには競争を勝ち抜く必要がある

ニートから事務職を目指すことは、簡単なことではありません。

事務職は、働きやすい職場として女性に人気のある職業です。

また専門的な知識を必要とする職種と違い、多くの人が対応できる業務内容なので、1つの求人に対して応募者が殺到してしまうこともあります。

さらに近年では、事務員を正社員ではなく派遣社員でまかなってしまうことも多いため、事務職で就職できる機会が減っているということも関係しています。

事務職で就職しようと思っても、競争率が高くなってしまうことを理解しておきましょう。

事務職は女性からの人気が高い職業だから

事務職は、結婚や出産、育児などライフステージの変化しやすい女性にとっても、働きやすい環境が整っていることが多いので、女性に人気の高い職業です。

また残業が他の職種と比べて少ない傾向があるので、習い事や交友関係などプライベートも充実させやすい職種と考える女性が多いのかもしれません。

女性から人気が高いことで、競争率が高くなってしまうのかもしれません。

事務職への転職は女性に有利?面接でアピールすべきポイント!

安定した職場環境を求めている人が多いから

女性に限らず、職場環境が安定しているとされているので、人気の高い職業でもあります。

残業の少なさや、働きやすさで男女ともに事務職に就きたいと考える人は少なくありません。

そのため、競争率が高い職種になってしまいます。ニートの人だけでなく、転職希望の人も安定を求めて事務職を希望することが多いです。

派遣社員で間に合わせる企業が多いから

最近の企業では、事務職を派遣でまかなうことも多いようです。

正社員を雇うより、低コストで優秀な人材を確保できる可能性もあるので、企業にとってメリットが大きいと考えられています。

派遣社員を雇うより、正社員で雇いたいと思ってもらえる人材になる必要がありますね。

ニートから正社員を目指すだけでもなかなかハードルは高いですが、人気の事務職となるとさらに競争率が高くなることが予想されます。

しかし、ニートだから無理ということはないでしょう。

事務職が男女問わず人気のある職業だ、ということをきちんと理解して、きちんと対策をとりましょう。

事務職は職場でいらない?理由と自己価値を高める方法を解説します

次から具体的な対策についてお話します。

ニートから事務職を目指すときの転職対策

ニートから事務職を目指すときに、とるべき対策にはどのようなものがあるのか考えたことがありますか?

何も対策をせずに闇雲に面接を受けているだけでは、人気の高い事務職への採用までたどり着くのが、難しいこともあるかもしれません。

派遣ではなく正社員として雇用されるためには「他の応募者との差別化」「PCスキル資格取得」「なるべく早く20代のうちに行動」「まずはアルバイトで経験を積み、働く習慣を身に着ける」ことが大切です。

まずは、ニート時代の生活習慣から脱却し、働く習慣を身に着けることから始めましょう。

ここからは、ニートから事務職採用に近づけるために問うべき対策を詳しくお話していきます。

一般事務への転職は難しい?転職を成功に導くコツ

他の応募者との差別化を図る

事務職は人気の職種であることをお話してきました。

そのため、事務職の求人にはたくさんの応募者が来ることが予想されます。

企業は、たくさんの応募者と面接をすることが大変な場合、書類選考を行うことも多いです。

まずその書類選考を通過しないと面接もできません。

たくさんの応募者の中から勝ち抜くためには、事務職で役立つスキルを持っていることを証明できるような資格や、志望している会社の業界や業種に関連する資格を取得するなど、即戦力であることをアピールできると良いでしょう。

まず最初は、履歴書にかける資格を保有して差別化を図ることが大切です。

PCスキルを証明する資格を取得する

PCスキルを証明する資格は、いろいろとあります。

一例としてMOSと言われる「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」と呼ばれる資格があります。

事務職は業務の大半がデスクワークである場合が多いです。

そんなデスクワークには欠かせない、Word・ExcelなどMicrosoft社のオフィス製品利用スキルを客観的に証明するものになります。

このように一定のPCスキルがあることを証明できる資格を取得することで、即戦力として採用に繋がるかもしれません。

業界や業種に関連する専門資格を取得する

PCスキル資格に加えて、業界や業種に関連する専門資格がある場合は、取得しておくことも良いでしょう。

不動産で働きたいなら、宅建など関連する資格を取得しておくと、業界に関する知識もある人とされ、採用に繋がる可能性もあります。

関連する資格にどのようなものがあるのか、まずは働きたい業界について勉強することから始めましょう。

事務職への転職で有利になる資格とは?無資格でも転職できる?

可能な限り20代のうちに行動する

可能な限り若いうち、できれば20代のうちにニートを脱却しましょう。

事務職で働きたいと思っても、年齢が高くなりすぎていると、採用には繋がりにくいです。

20代であれば、成長に期待してくれて採用されることもあるので、若いうちに行動を起こすことが必要です。

事務のアルバイトで働く習慣を身に着ける

ニート生活が長くなると、生活リズムが崩れてしまい働くことが大変に感じてしまうかもしれません。

その場合に、まずはアルバイトで事務職について、働く習慣を身に着けてからでも良いかもしれません。

まずは、ニート生活によりなまってしまった身体を、しっかりと整えることから始めましょう。

このようにとるべき対策はいろいろとあることがわかりました。

何も対策をせずに、ただ闇雲に面接を受けても採用されることは少ないでしょう。

まずは、自分のPCスキル取得や業界・業種関連取得など、他の求職者との差別化を図れる資格取得をしてみましょう。

そして早くニートから脱出できるように行動を起こしましょう。

未経験でも事務職へ転職できる?どんな人に向いてるの?

ニートから事務職を目指すときの注意点

ニートから事務職を目指す場合に「いきなり正社員」など無理をしてしまうのは注意が必要です。

自分のペースで暮らせるニート生活の時とは違い、社会はきっちりとした時間の中での生活が必要です。

働くことは生きることに必要なことではありますが、最初はアルバイトなどで「働く習慣」を身につけましょう。

また働いてみたい業界・企業の勉強や、経験者優遇の求人を避けること、1人で転職活動をしないことなどに注意しながら、ニートからの脱出を目指しましょう。

ここからは、ニートから事務職を目指すときに注意したほうがいいことにお話していきます。

段階的に働く習慣を身に着けていく

段階的に働く習慣を身に着けるようにしましょう。

運よく事務職の正社員として雇用されても、働く習慣のなかったニートから、いきなり規則正しい生活にチェンジすることはかなり難しく、結局続かないという人も少なくありません。

働きたいというモチベーションを維持するためにも、無理なく働けるよう、まずはアルバイトから挑戦してみるのもひとつの手段です。

まずは働くことに身体を慣らすことから始めるようにしましょう。

働いてみたい業界や企業を綿密に調査する

「この業界で働きたい!」「この企業に興味がある!」と思ったら、綿密にリサーチするようにしましょう。

ニート生活をしていると、社会や会社に疎くなってしまうこともあります。

まず興味のある企業・業界がどのような業界なのか、必要なスキルや資格はどのようなものなのか、綿密にリサーチしましょう。

きちんと業界・企業研究を行うことで、本当に自分の働きたいところなのかを検討する機会にもなります。

綿密にリサーチすることをめんどくさがらずに、しっかりと行いましょう。

経験者優遇の求人は避ける

よく求人に「経験者優遇」と書かれているのを見かけます。

一見「優遇されるだけ」か感じてしまいがちですが、経験者を求めているのでニートだった人には難しいでしょう。

ニートにとって「経験者優遇」より「未経験歓迎」のほうが採用率が高いかもしれません。

まずは未経験でも可能な事務職を探して、経験を積むことが大切です。

一人で転職活動を進めない

ニートから事務職への就職を目指す場合、1人で頑張ってしまいがちですが、わからないことも多く出てくると思います。

その場合にわからないまま就職活動を進めるのではなく、支援してくれるサービスを利用して就職を進めましょう。

就業支援サービスについては次から詳しくお話します!

ニートから事務職を目指す場合、まずは働く習慣を身に着けることから始め、長く働けるように準備しましょう。

そして働きたい業界・企業の研究や資格取得をしましょう。

さらに未経験を採用しくれる企業を見つけるために、1人ではなく就業支援サービスをうまく利用しながらニートから脱出を目指しましょう!

ニートから事務職を目指すなら就業支援付きのサービスを使おう

ニートから事務職を目指すと際に利用したい「就業支援付きのサービス」というのはどのような内容なのか書いていきます。

うまくこのサービスを活用することで、就職活動をしやすくするするかもしれません。

実際に受けられる就業支援は「社会人としてのマナー」と「経歴を考慮した仕事の紹介」などのようです。

社会に出たことのないニートの人にとって、嬉しい就業支援です。詳しく見ていきましょう。

社会人としてのマナーを学べる

社会経験がないニートの人にとって、当たり前の社会人マナーがわからないということもあるのではないでしょうか。

電話の受け方や名刺交換の方法など、様々な場面で社会人もマナーを必要とします。

しかし、社会人のマナーを学ぶ機会はあまりありません。

社会に出てから困らないように、ニートはもちろん、フリーターなどにも対応してくれるので、社会に出る前に受けたいサービスですね。

ニートの経歴を考慮して仕事を紹介してもらえる

ニートの期間があることで、面接はもちろん書類選考も通過できないという経験をすることも少なくありません。

またニートの期間について詳しく聞かれたりして、答えに困ることもあるかもしれません。

しかし、就業支援つきサービスのある転職エージェントでは、経歴を考慮して仕事を紹介してくれるので、安心して就職活動を進めることができるでしょう。

企業の情報収集を進めやすくなる

企業研究の必要性はお話しましたが、実際にどのようなことをすれば良いかわからない、という人もいるかもしれません。

さらに自分で企業の情報収集をするのには限界があります。

どのような企業なのか、内部の人間関係はどうなっているのかなど、より詳しく知ることで入社してからのギャップを減らすことにも繋がります。

ニートからの事務職を目指す場合、大変なことが多くあるでしょう。

そこで利用できるサービスはたくさん利用しながら、うまく就職活動を進められると良いですね。

ニートから事務職を目指すのにおすすめな転職エージェント

ニートから事務職を目指すのにおすすめの転職エージェントについてお話していきます。

「企業研究って何すればいいかわからない」「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントはブラック企業の掲載を断っているため、ニートの人でも働きやすく企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと就職希望者をヒアリングしてくれるので、就職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、実際入社してからの大きなズレを感じることが少ないようです。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、転職エージェントを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際の転職エージェントについて書いていくので参考にしてみてください!

ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブは20代専門の就職支援サービスです。第二新卒はもちろん、正社員の経験がない派遣やフリーターの就職の支援もしています。

支援内容は、専任のアドバイザーがマンツーマンで就活の基本や履歴書・職務経歴書の書き方などをサポートしてくれます。

さらに、書類の提出や面接の日程の調整などの工数がかかることも行ってくれるので、面接に集中することができる環境を作ってくれる心強い就職支援サポートです。

ハタラクティブ詳細ページ

JAIC

JAIC

JAICは、豊富な研修が魅力の転職エージェントです。

さらに30代でも社会経験が少ない・未経験という人にも向けた研修サービスなども行われているので、年齢的に難しいかもと考えている人におすすめの転職エージェントです。

JAIC詳細ページ

ニートからでも差別化をして事務職で働こう

ニートから事務職を目指すことも可能です。しかし、人気が高いので簡単ではありません。

就職を目指すにはまず、働く習慣をきちんと身に着けて、資格の取得などの努力をすることが大切です。

さらい差別化を図ることで、採用に大きく近づくでしょう。そしてなるべく早い時期から行動を起こすことで、希望の事務職に就ける可能性があります。

より良い条件や就職活動をスムーズに行うためにも、転職エージェントをうまく活用しながら、進めて行くと良いかもしれませんね。

「面接官はここを見ている!」事務職の転職は面接対策が重要

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件