オフィスワークとデスクワークの違いとは?仕事の内容と向いている人の特徴を解説します!

オフィスワークとデスクワークの違いとは?仕事の内容と向いている人の特徴を解説します!

オフィスワークやデスクワークといった言葉を一度は聞いたことがあると思います。

ですがこの二つ、一体何が違うの?と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、オフィスワークとデスクワークの違いと、これらの仕事の内容や向いている人の特徴などを解説します。

オフィスワークやデスクワークの仕事に興味を持っている方は、ぜひ今後の転職活動などの参考にしてみてください。

オフィスワークとデスクワークの違い

まずはオフィスワークとデスクワークを簡単にご説明します。

オフィスワークとは、「企業における事務的な仕事」のことを指します。企業を裏で支えているのが、オフィスワークです。

デスクワークとは、「机に向かって作業する仕事全般」を指します。デスク上での書類作成やパソコンを使用した作業は、すべてデスクワークです。事務職の仕事をデスクワークと呼ぶ場合もあります。

オフィスワークについてもっと詳しく

オフィスワークについてより詳しくご説明します。

「企業における事務的な仕事」といっても、その内容は多岐にわたります。扱う内容によっては、専門的な知識が求められる仕事です。

事務職はどの企業にも欠かせない職種であり、求人情報も比較的たくさん出ています。

他の職種に比べると、残業も少なく勤務時間や休日が安定していることが特徴です。

オフィスワークは事務的な仕事全般

オフィスワークが企業における事務的な仕事ということはご説明しましたが、具体的にどのような内容の仕事を行うのでしょうか。

一部を解説していきます。

一般事務

データ入力や書類作成、ファイリング、電話・メール対応、郵便物の仕分け・発送など、仕事の内容は広範囲にわたります。

担当する内容も幅広いので、広い視野を持ち状況を把握する力が求められます。

OA事務

OAとは「Office Automation」の略で、主にパソコンを使用して文書作成やデータ入力を行う仕事です。

ワードやエクセルといった、文書作成や表計算のソフトを扱えるスキルが求められます。

営業事務

営業事務は、営業職のサポートとして事務的な作業を担います。

他の事務と異なる点は、「売上」というはっきりとした形で成果が確認できるため、やりがいも感じやすいという点です。

営業職の人たちが成果を出すためには、営業事務の仕事が必要不可欠です。

総務事務

総務部の仕事の内容をご存じでしょうか。総務部は他の部署では扱わないけれど、会社にとって欠かすことのできない業務のすべてを担っています。

例えばオフィスや建物の管理、株主総会や社内イベントの企画・運営、社内外のトラブルへの対応がそれにあたります。

総務事務は、この総務部の仕事を事務的な側面からサポートする仕事です。

経理事務

経理事務は、経理に関する事務を行います。

会社のお金の管理や日々の入出金の記録をとるなど、お金に関わる事務作業を担当します。

経理に関わる経理事務ですが、担当業務は企業によって範囲が異なります。

大企業になると経理の部署が細かく分かれていますが、中小企業だと部署が分かれていない場合があり、担当業務の範囲が広くなります。

貿易事務

貿易事務とは、貿易に関わる企業の事務職を指します。

他の事務職に比べると、より専門的な知識やスキルが求められます。

書類作成や手続き業務など他の事務職と同じ点はありますが、貿易に関わるため海外との取り引きがメインです。

そのため高いリスクが伴う仕事になります。

輸入・輸出に関する知識だけでなく、語学力も求められる事務職です。

秘書

秘書の主な仕事は、仕事を多く抱えている多忙な人物のサポートです。

電話やメール、来客応対、文書作成のほか、上司のスケジュール管理など、上司の仕事が円滑に進むように環境を整えることが秘書の役割になります。

サポート役としての細かな気遣いや、守秘義務のある内容も扱うため慎重で確実な仕事が求められます。

人事事務

人事部は採用や雇用に関する業務、労務管理、社員の教育や育成、制度や環境の整備などを行う部署です。

人事事務はこれらの業務の事務的なサポートを行います。

求職者や社員の個人情報を扱うため、情報の管理を確実に行うだけでなく、社員や求職者の人生に関わる内容を扱うという意識を持つ必要があります。

一般事務への転職は難しい?転職を成功に導くコツ

求められる能力やスキル

上記の通り、事務仕事には様々な種類があり、扱う内容によって求められるスキルも異なります。

しかしどの事務仕事にも共通しているのは、「重要なサポート役」であるということです。

表に立つことは少ないためあまり目立つことはありませんが、会社や人を、裏で支えているのが事務職を担っている人です。

周りに目を配り、先回りして段取りを考えながら仕事を進めることで、仕事の進み方が大きく変わってきます。

周りの人への気遣いだけでなく、細やかで正確な仕事が求められる仕事です。

どんな事務仕事においても、パソコンスキルは必須です。エクセルやワード、パワーポイントの基本操作は身に付けておきましょう。

パソコンスキルの資格を取得したいという方には、マイクロソフトが認定している「MOS(Microsoft Office Specialist)」がおすすめです。

エクセルやワードなどマイクロソフトオフィス製品の利用スキルを証明できる、国際的に認められている資格です。

簿記や秘書検定などの資格も、取得していると自己アピールになります。

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

デスクワークについてもっと詳しく

デスクワークは事務職の仕事を指す場合もありますが、机に向かって作業する仕事は全般的にデスクワークです。

デスクワークがメインの職種もあれば、デスク以外での仕事もありデスクワークは少なめといった職種もあります。

事務職だけとは限らない

ひとくちに机に座ってする作業と言っても作業内容は様々ですが、資料や書類の作成、データ入力、メールや電話の対応などがデスクワークに当たります。

デスクワークと聞くと事務職の仕事を思い浮かべることが多いかもしれませんが、プログラマーやシステムエンジニア、ライター、コールセンターのオペレーターなども基本的に机に向かった作業になるのでデスクワークと言えます。

職種によって差はありますが、デスクワークは様々な仕事で必要な作業です。

職種によってデスクワークがほとんどない場合もあります。

デスクワーク中心の仕事がしたいという方は、事務職の仕事から情報を集めてみてはいかがでしょうか。

デスクワークのメリット

デスクワークは、取引先に出向いたり現場で働いたりする仕事とは違い、基本的に座った状態での作業になります。

他の仕事に比べると体力的な負担が少ないことが特徴です。

また資料作成やデータ入力など期限が決まっているものも多いので、自分で仕事のリズムを掴めてくると、スケジュール管理もしやすくなります。

要領を掴めると自分に合った仕事の進め方も見えてくるので、定時退社もしやすくなります。

デスクワークは専門的な知識やスキルが求められる場合もありますが、あらゆる職種や業界に対応することができます。

多様な場面で、身に付けた知識やスキルが活かせるという点がデスクワークの特徴です。

デスクワークのデメリット

デスクワークにも人によってはデメリットに感じる部分もあります。

デスクワークのメリットでも述べた通り机に向っての座り仕事になるため、長時間同じ姿勢での作業が強いられます。

肩や腰、目などの体調不良につながることもあります。

持病があり肩や腰などに負担をかけられないという方は、デスクワークでも机に向っての作業が少ない仕事を選ぶことも大切です。

またデスクワークはメールや電話の対応も行います。

特に電話でのやり取りに不安を感じるという方も多いのではないでしょうか。

そういった方には、デスクワークが過度な負担に感じてしまうこともあるでしょう。

デスクワークは作業に対しての成果が形として見えにくいので、あまりやりがいを感じることができないという方も多いです。

コツコツと目の前の仕事を片付けていくことが得意という方には、続けやすい仕事ではないかと思います。

人気の高い事務職

デスクワークも多い事務職は、数ある職種の中でも人気が高い職種です。

他の職種に比べると給与はすこし少なめにはなりますが、出社時間や退社時間が安定しており残業が少ないことや、ルーチンワークの仕事で急な仕事を要求されることが少ないなどの特徴から、続けやすいと感じる方が多いです。

成果が目に見えるわけではないのでやりがいを感じにくいこともありますが、会社とそこで働く社員の人たちを陰ながら支えているのが事務職です。

仕事を滞りなく進めるために常に周りの状況を気に掛けている事務職の人たちの存在は、会社や他の社員の人たちにとって大きな支えとなります。

事務職に向いている人の特徴

コツコツと自分の仕事をこなせるだけでなく、周りの状況を把握しながら今何をすればよいのかを自分で考えそれを行動に移せる人は、事務職でもその能力が存分に発揮されます。

事務職はサポート業務でもあるので、周りの人とのコミュニケーション能力や柔軟に対応策を考えられる力が求められます。

未経験でも事務職へ転職できる?どんな人に向いてるの?

当サイトで人気の転職サイト
初めての転職ならdoda!求人数No.1の転職サイト
doda doda
公開求人数 40,000件以上
非公開求人 80%以上
対象エリア 全国
おすすめタイプ 着実なキャリアアップ

\はじめての転職ならココ!圧倒的求人数/

公式サイトはこちら

まとめ

オフィスワークもデスクワークも内容だけを見ると、あまり目立つことのない裏方の作業と感じる方も多いのではないでしょうか。

しかしそういった作業によって支えられている人がいたり、仕事が円滑に進んだりするのです。

自分の能力やスキルアップにも挑戦できる仕事なので、興味のある方はぜひ挑戦してみてください。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件