事務職が抱えがちなストレス・悩みを解消する方法を徹底解説!

事務職が抱えがちなストレス・悩みを解消する方法を徹底解説!

事務職は「楽そう!」「ストレスがなさそう!」と思っている人もいるのではないでしょうか。

しかし本当にそうなのでしょうか。実際に事務職で働く人の多くが、色々なストレスや悩みを抱えているようです。

そこで今回は、事務職が抱えがちなストレスや悩み10選ご紹介していこうと思います。

あわせて、ストレスや悩みを解消する方法についても書いていきます!

これから事務職で働きたいという人も、現在事務職でストレスを抱えている人も、必見の記事です!

事務職は実際のところ楽ではない

「事務職は残業も少ないし、デスクワークだから楽なのでは?」と考えている人がいるのではないでしょうか。

しかし実際に楽だと感じている人は少ないようです。

他部署との関係であったり、女性ならではの人間関係、眼精疲労など色々な悩みやストレスを抱えがちなようです。

座り仕事も多く、クライアントワークではないことから、楽な仕事と思われがちですが、実際には楽な仕事ではないということがわかりました。

事務職が抱えがちなストレス・悩み10選

ここからは実際に事務職の人が抱えがちなストレスや悩みについてお話していこうと思います。

事務職の多くの業務が、対社内の人との関りの中で行われることが多いです。

クライアントワークの仕事よりも、ストレスがないように感じますが、社内の人間関係がストレスになることもあるようです。

また残業の少なさから、他部署で働く同期より収入が少ないということもあるようです。

業務内容から人間関係など様々なことで悩みやすい職種なのかもしれません。

事務職の人が抱えがちなストレスや悩みを理解して、少しでも良い環境で働けると良いですね。

他部署からの依頼のプレッシャーがきつい

事務職は会社にとって、縁の下の力持ち的な存在である場合が多いでしょう。

そのため、他部署と連携して業務を行う必要があります。

そのような時に「急ぎで!」「見やすい資料を!」など、プレッシャーをかけられてしまい「きついな」と感じることがあるようです。

多少のプレッシャーは仕方ないこともありますが、過度なプレッシャーをストレスと感じる人も多くいるようです。

女性同士の人間関係がうまくいかない

事務職は、働きやすさや募集状況によって女性の多い職場の場合があります。

女性が多くいることで、良いこともたくさんありますが、人間関係に悩んでいるという人も少なくないようです。

働く人にとって、仕事以外の職場の人間関係で悩むことは、業務に支障をきたしてしまうこともあるので注意が必要です。

うまく仕事をするためにも、密な人間関係は避けて「仕事の人」と割り切って対応するほうが、よいかもしれません。

事務職への転職は女性に有利?面接でアピールすべきポイント!

他部署の同期との収入格差に悩みやすい

事務職は、他の職種と比べて残業が少ない傾向にあります。

それを良しとして事務職についている人もいると思いますが、そもそもの基本給も他部署より低いことに合わせて、残業代がつかないので収入が多いとは言えない職種でもあります。

他部署の同期と比べても収入格差を感じやすく、悩みの種になってしまう人もいるでしょう。

あらかじめ事務職は給与が低いかもしれないということを、理解しておきましょう。

事務職の給料が安い理由と給与UPの方法を解説します

職場が静かでコミュニケーションが取れない

職場内が静かなことで、必要最低限以外のコミュニケーションをとりづらい、ということもストレスに感じている人がいるようです。

もちろん遊びに言っているわけではないので、過度なおしゃべりなどはあまり良いとは思いません。

しかし、業務に関することなど、気軽に聞ける程度の人間関係やコミュニケーションは必要な時もあります。

他の人の邪魔にならない程度に、コミュニケーションを図りましょう。

PC作業ばかりで眼精疲労になりやすい

事務職の多くの業務にパソコンが必要になります。

そのため、眼精疲労や肩こりなどといった症状に悩まされている人が多くいるようです。

眼精疲労や肩こりなど安易に考えてしまいがちですが、仕事に支障をきたすこともあるので、こまめに休憩をはさんだり、眼精疲労に聞く目薬などを利用して解消していきましょう。

自分の成果が目に見えづらいので成長が実感できない

事務職は、仕事の成果を実感しづらい職種です。

クライアントワークのようにプロジェクトがることもないので、自分のしている仕事が成績や評価として現れることが少ない職種です。

さらに出世をしづらい職種でもあるので、成長を感じるのが難しいと言えます。

成果や成長は感じにくいですが、焦らずにのんびり構えて置きましょう。

仕事を教え合う環境ではない

事務職は、コミュニケーションをとることが少ないことはお話しました。

そのことで仕事を教えあう環境ではないことも、ストレスになることもあるようです。

またPCスキルがあることが前提としている場合が多いので、基本的なことを聞ける空気ではないという人もいるでしょう。

多少気まずくても、業務に関する内容でわからないことは、きちんと聞くようにしましょう。

自分の仕事に意味を見出せない

仕事に成果や成長を感じにくいことで、やりがいを見いだせないという人もいるようです。

事務職はサポート的な役割を担うことが多いので、やりがいを感じにくいこともあるかもしれません。

しかし、多くに人の雑務をこなすことも大切な仕事と割り切って、仕事に打ち込みましょう。

変化のない仕事で味気ない

事務職の多くがルーティン化されているのではないでしょうか。

そのため、仕事に変化を感じずらいことをストレスに感じてしまう人もいるようです。

変化の多い仕事は、仕事のストレスをためやすいイメージがありますが、変化に少ない事務職でもストレスになってしまうんです。

変化のない仕事ですが、安定的に働ける環境と前向きに捉えましょう。

座りっぱなしで体調不良になりやすい

事務職は座って仕事をすることが多く、それにより体調不良を引き起こすことがあります。

眼精疲労はもちろん、肩こり、腰痛、むくみなどが上げられるでしょう。

また日々の運動不足から思わぬ病気に繋がってしまうこともあるようです。

座り仕事は楽なイメージがありますが、身体には多少の運動が必要なので、意識して動くようにしましょう。

事務職はストレスが少ないイメージを抱いている人が多いかもしれません。

しかし実際は様々な場面でストレスを感じることがあるようです。

特に業務内容や年収、人間関係に関することで悩みを抱えたりすることが多いようです。

事務職はのんびりできると先入観を持たずに、楽な仕事はないことを理解してきましょう。

事務職の転職理由とは?面接で有利になる導くアピールポイント!

事務職のストレス・悩みを解消する4つの方法

事務職で実際に働いてみたら、色々なストレスにさらされてしまったなんていう人も少なくないのではないでしょうか。

長く仕事を続けるためにもうまくストレスを解消する必要があります。

「悩みを共有できる人を見つける」「部署移動の打診」「作業環境の改善」「思い切って転職」などの対策を取ることで、ストレス解消に繋がるかもしれません。

そこでここからは、事務職の悩みやストレスを解消する方法についてお話していこうと思います。

自分の悩みを共有できる仲間を見つける

まず自分の悩みを共有できる仲間を見つけて、悩み・ストレスを相談できる環境を作りましょう。

社内の悩みは社内のなかで、相談すると共感・アドバイスを受けやすいかもしれません。

しかし、どうしても社内に友人を作りにくいという人は、社外や学生時代の友人などに相談しても良いかもしれません。

その際に業務に関することは、話せないこともあるので注意が必要です。

企業内で他の職種への移動を申し出てみる

職場内で人間関係に悩んだ場合、部署異動を申し出て環境を変えることも有効でしょう。

転職や退職などをすぐに考えるのではなく、まずは部署異動を申し出て会社内の新たな環境で頑張るほうが、余計なストレスや悩みを生むことも少なくて済むかもしれません。

人間関係で躓いてしまうと会社に行く気持ちにも影響を与えてしまうので、なるべく良い環境で働けるように検討したいですよね。

作業環境を改善して体調管理を徹底する

体調不良が悩みの種の人の場合、作業環境を改善することも良いかもしれません。

眼精疲労を予防するためにブルーライトをカットできるようなものを使用したり、むくみ対応できるように水分を多くとるなど、個人でできることはたくさんあります。

またこまめに休憩をとるようにしたり、少し職場内を歩くなどして、座りっぱなしをしないようにしましょう。

時間がある場合には、ジムなどに通って定期的に運動する機会を設けてみても良いかもしれません。

他の業界・業種に転職してみる

どのような対策を講じても、ストレスが解消されないと感じている場合には、思い切って転職してみても良いかもしれません。

仕事内容にハリを持たせたいのなら、他の業界・業種へ転職することで新たな刺激をもらえ、仕事にやりがいを感じることができるかもしれません。

事務職に限らず、働く環境はストレスや悩みが生まれやすいです。

ストレスが溜まってしまうと、体調にも影響を及ぼし、最悪退職・休職になってしまうこともあるかもしれません。

そうなる前に、うまくストレス・悩みを解消できるように自分で対策をとりましょう。

より快適に働けるように、改善していくようにしましょう。

事務職が転職するなら転職エージェントを使おう

事務職に転職をしようと思ったら、転職エージェントを利用することも良い手段と言えるでしょう。

転職エージェントを利用することで、在職中でもスムーズに転職活動が行えたり、転職や在職している会社の悩みの相談ができたりします。

さらには、アフターフォローも受けられるので、転職後も安心です。

それぞれを詳しくお話していきましょう。

仕事と両立しながら選考に参加できる

在職人にとって、仕事をしながらの転職活動は大変なものです。

履歴書やエントリーシートの記入~面接の日程調節など、考えるべきことは多くあります。

しかし転職エージェントを利用すると履歴書の記入のアドバイスや、添削などのフォローをしてくれます。

さらに企業との面接の日程調整なども行ってくれるので、スムーズに転職活動を行うことができます。

仕事と両立しながらの転職活動を、成功させるためにも、転職エージェントを利用してみてはいかがですか?

転職や現職の悩みについて相談できる

転職の悩みだけでなく、在職中の悩みにも相談に乗ってくれるのもありがたいです。

悩みやストレスを抱えての転職活動は次の職場への不安がつきものなのではないでしょうか。

しかし、不安を解消できるように相談に乗ってくれるので、転職に大きな不安を抱くことなく進めることができるでしょう。

転職後のアフターフォローも受けられる

転職後に問題が発生した場合の対応してくれる、アフターフォロー体制も万全です。

入社してそのままではなく、アフターフォローがあることで悩みをいち早く解決できるかもしれません。

自分だけの転職活動では得られない、サポート体制抜群の転職エージェントを利用して、転職活動をしていてはいかがでしょうか。

事務職からの転職におすすめな転職エージェント2選

「どうやって自分に合う、就職先を見つければよいかわからない」という人には転職エージェントを活用することも有効です。

転職エージェントはブラック企業の掲載を断っているため、企業定着率が高いという声がありました。

エージェントがしっかりと転職希望者をヒアリングしてくれるので、転職希望者の条件に合う企業をしっかりと紹介してくれるだけでなく、内部の事情も把握しているので、事務職採用実績がある企業を紹介してくれるかもしれません。

自分ではなかなか見つけられないと感じている人は、転職エージェントサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

次から実際に転職支援サービスについて書いていくので参考にしてみてください!

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、業界最大数の非公開求人を所持している、大手の転職エージェントのひとつです。

転職に必要な履歴書の添削や、面接の対策などサポートも充実しています。

各業界に精通したキャリアアドバイザーがいるので、事務職に転職したい人にも必要なアドバイスをしてくれます。

リクルートエージェント詳細ページ

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントの特徴は、各業界に精通した専任アドバイザーがいることです。

各職種の専任アドバイザーが業界に応じた転職事情を熟知しているので、業界に応じた転職アドバイスを受けることができます。

さらに企業の人事部とやり取りをするアドバイザーもいるので、より詳しく職場内の雰囲気を知ることができます。

もちろん面接練習や履歴書の添削など、安心して転職活動ができるように万全のサポートも整っている転職エージェントです。

マイナビエージェント詳細ページ

事務職のストレス・不満を解消して気分よく働こう

事務職は、ストレスの少ない職種と思われがちですが、実際にはたくさんのストレスの中で働いています。

人間関係や年収、仕事のやりがいなどその悩みは多岐に渡ります。

ストレスや悩みは時に体調に影響を及ぼしてしまうこともあるので、うまく解消することが大切です。

信頼できる友人や同僚に悩みを相談したり、部署異動の打診をしてみたりと色々な予防策をとるようにしましょう。

それでもなお無理だと感じるのであれば、転職エージェントを利用しながら、転職することも念頭に置きながら、ストレスが少なく働ける環境を探していきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件