事務職への転職を有利にする志望動機とは?ポイントと例文解説

オフィスで働く女性

就職活動はもちろん、転職にも志望動機は必ず必要です。

しかし、志望動機がなかなか思いつかず、困っているという方も多いのではないでしょうか?

どんな志望動機なら面接につなげられるのか、どんなことに気を付ければいいのか、そんなことがわかったらうれしいですよね。

志望動機がスラスラと思いつくように、今回は志望動機を考えるときのポイントと、例文を解説します。

事務職への転職を有利にする志望動機のポイント

事務職の志望動機を考えるとき、意識してみてほしいことが3つあります。

どの会社にも言えるような志望動機では書類選考を通過するのは難しいですが、今からご紹介する3つのポイントに注意して書くと具体性が増し、印象がぐっとよくなります。

「なぜ?」の質問へ明確に回答できる準備をする

「なぜその企業なのか」「なぜその事務なのか」この2つの「なぜ」について明確に回答できるようにすることが大切です。

いろんな種類の事務、たくさんの企業がある中で、なぜうちの会社で、なぜこの事務なのか、選んだ理由を企業は知りたがっています。

そのためには求人票だけでなく、会社HPや取り上げられている記事などがあれば参考にして調べてみてください。

事業内容はもちろん、社風や理念、沿革などにも目を通すことが必要です。

その企業ならどんな風に働くことができて、どんな仕事だからやりたい、と思いましたか?

企業が求める人物像であることをアピールする

そして、3つめのポイントは企業が求める人材であるということをアピールすることです。

企業が求めるスキルがある、社風に合う人物である、ということを伝えましょう。

スキルがあっても会社に馴染めずすぐに辞めてしまうのではないか、逆に、いい人材ではあるがスキルが伴っていない、と思われてしまう志望動機では面接にこぎつけるのは難しいでしょう。

スキル・人物像が揃っていることが重要です。

企業が求める人物像を推測し、過去の経験をもとにして根拠となるエピソードを考えてみてください。

2つの「なぜ」で理由を示し、経験をもとにしたエピソードで根拠を伝えることで、あなたを採用するとどんなメリットがあるかが伝わります。

また、採用担当者に伝わるように、読みやすさ・わかりやすさにも注意することも大切です。

実際に履歴書で使える事務職の志望動機の例文

経験者の場合(営業事務経験者、セキュリティ関係)

社会や人々の安心、安全を支える仕事に携わりたいと思い応募致しました。社会貢献度が高く、業界を牽引しながら新たな課題に挑戦し、成長を続ける御社に魅力を感じております。自身の仕事を通して、社会に貢献していることを感じたいと思っており、世界中で製品が使われている貴社の社員をサポートしたいと考えております。
これまでの経験で、正確でスピード感のある仕事が出来ることが私の強みだと思っております。また対面や電話、メールで色々な方とコミュニケーションを取り調整をしてきた経験も持ち合わせておりますので、日々周囲への心くばりを行いながらスムーズに仕事が進むよう、尽力したいと思っております。一日でも早く戦力となれるよう精一杯努力致しますので、何卒宜しくお願い致します。

未経験者の場合(接客業経験者、IT関係)

私たちの暮らしを支えるIT業界に携わりたいと思い、長年の実績と信頼を培ってこられた貴社に魅力を感じ応募致しました。
事務職は社員の努力を支え、サポートする仕事だと考えており、大変やりがいを感じられる仕事だと思っております。
他業界に長くいたため事務職は未経験ではありますが、オフィスソフトを使用してデータ管理の業務も行っており、業務をスムーズに進めるため、また自身のスキル向上のためにWord、Excelの資格を独学で取得しました。
前職の接客業で身に着けた敬語やビジネスマナーは来客応対や、職場内での同僚とのコミュニケーションに活かすことができると考えております。
一日でも早く仕事を覚え、即戦力となれるよう努めますので何卒宜しくお願い致します。

未経験者の場合

以前貴社セミナーに参加したことがあり、貴社で働きたいと考えていたため、今回求人を拝見しぜひにと思い応募させて頂きました。
貴社セミナーに参加した際、社員のみなさんが非常に明るく、情熱をもって仕事をされていることが伝わってきて、私も貴社の一員となり皆さんと切瑳琢磨して成長していきたいと思いました。
事務職自体は未経験ではありますが、貴社のサービスに対する理解を深め、少しでも早く貴社の即戦力となり貢献できるよう努力致します。

40代以上の場合(接客業経験者)

私は前職で20年近く接客業をしており、常にお客様に誠実に対応することを心がけながら、本当のニーズを的確にとらえることを大切にし、接客をしておりました。
今回貴社事務職へ応募させて頂いたのは、今までは個人の売り上げを達成することを目標にしていましたが、自分のように目標達成のために頑張る人をサポートしたいと思うようになったからです。
事務職は未経験ではあるものの、売り上げ目標を達成するために、自身で表やグラフを使ってデータ管理をしておりました。お客様と信頼関係を築いてきたコミュニケーション力を活かしながら、実務を1日も早く身に着けて、御社に貢献してまいりたいと考えています。

男性の場合(営業経験者)

人のサポートをすることに面白さや、やりがいを感じ、ぜひ貴社の営業の方をサポートしたいと思い、今回志望いたしました。
前職は営業職として働いておりましたが、業務をこなす中で人をサポートする側に魅力を感じるようになりました。
営業経験があるので、どのような準備や環境があれば営業の方が働きやすいのかを理解し、サポートすることができます。前職の経験を活かしつつ事務職として貴社に貢献できるよう努めたいと思っております。

パートの場合(食品関係)

今回パートに応募させて頂いた理由は、以前より生活に身近に関わる仕事に携わりたいという思いがあったからです。
また、自宅から徒歩5分という近さなので子供の送り迎えがあっても無理なく通勤ができ、長く働き続けることができると考え応募致しました。
今までに事務職の経験はありませんが普段からパソコンを使うことが多く、家計簿をExcelでまとめたり、小学校のPTA資料をWordで作成したこともあります。
未経験ではありますが、几帳面な性格なのでひとつひとつの仕事を正確にこなし、着実にスキルアップできるよう努めたいと思っております。

パートの場合(医療事務)

医療事務は、レセプト作成などはもちろん、患者さんへの配慮も必要な仕事だと考えております。私は接客の仕事をしていた経験があり、人見知りせず誰にでも明るく接することができるので、前職の経験を活かすことができると考えています。
また、前職の業務でExcelやWordを使用していましたので、その経験を活かしながら医療に関する知識を1日でも早く身につけて、貴社に貢献できる人材になりたいと思っております。

まとめ

志望動機を考えるのが苦手な人も多いと思いますが、ぜひ、今回ご紹介した3つのポイントを意識して考えてみてください。

難しい場合は、まずは自分の強みをエピソードに落とし込むことをしてみてください。

それができれば、あとは企業が求めるスキルや人物像に合わせて、強みエピソードを組み合わせれば簡単です。

またなぜ事務なのか?なぜこの企業なのか?に迷ったときは、自分がどうなっていたいかを考えると思いつきやすいですよ。

その他、こちらの記事で志望動機の書き方は詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。