食品業界へ転職した人たちの志望動機例文まとめ!好印象を与える志望動機の書き方とは?

食品業界へ転職した人たちの志望動機例文まとめ

食品業界は、業界の規模も大きく生活に密着した業界です。

そのため転職者にも人気の転職先になっています。

しかし、面接時のに志望動機が、「○○が好きな商品だから」という理由だけでは面接に通ることはまずないでしょう。

生活の一部である「食」に関する企業の志望動機はしっかり意識して考えなければ、面接にも通りません。

ここでは、実際に食品業界に転職した形の志望動機を紹介していきます。

まずは、食品業界の志望動機について何を考えていけばいいか解説していきます。

食品業界の職種は多い!

一口に食品業界・食品メーカーといっても、営業から商品開発まで数多く職種があります。

食品業界へ転職するのであれば、前職での経験を活かしての転職がおすすめです。

そのためにも、まずはどういった職種があるのか知っておきましょう。

営業職・販売促進員

食品業界・食品メーカーでの営業先は市場によって変化しますが、一般的には食品卸会社・小売店・外食産業となっています。

販売促進員として働く場合は、スムーズに販売できる方法を考え、チラシや広告、WebやテレビCMの企画や制作をおこないます。

経営企画

経営企画は、どの業界・会社にもある職種なので、前職経験がある方はイメージしやすいとおもいます。

食品業界はマーケットも大きく、会社によっては海外展開するものもあるため、国内外のさまざまなニュースを総合的にみて、総合的な判断する能力が求められます。

マーケティング

商品開発全体に関わるマーケティング職は、消費者の動向や世の中の流行を知り、会社の経営戦略に合った商品開発をおこないます。

市場調査から商品企画など具体的な仕事内容は多岐に渡る職種です。

研究開発

研究開発を担う職種は、研究対象によって細かい区分があり一概にはいえません。

基本的には消費者の顕在的・潜在的に求める商品を考え、開発します。

1つの商品を開発するまでに、相応の時間が掛かるため長期的な仕事になります。

生産管理

商品の生産活動の管理をおこなう生産管理食では安全で公賓ツナ商品も世に送り出すのがミッションです。

食品業界の場合1つのミスが致命的なダメージを与えるケースも多く責任の重い仕事の1つです。

食品業界への転職は絞ってアピールすることが大切!

食品業界にへ志望する人の志望動機には、「○○が大好きで~」と言ったファン型が多いですが、それだけではあまり魅力的な志望動機とはいえません。

確実に食品メーカーへ転職したいのであれば、より絞った志望動機が大切です。

しかし、一言で志望動機といっても現在の業種や業界によって、志望動機の内容は大きく異なります。

食品業界の志望動機で絶対に書いておくべき内容

  • 会社の魅力を理解しているか
  • 前職での経験を活かせるか
  • 自分のキャリビジョンが明確になっているか

上記のものは、以前の業界や業種関係なく志望動機を考える上で明確にしておかななければならないポイントです。

そのためにも、会社の扱う商品だけでなく、どういった事業展開をしているかなど事前の準備が必要になります。

異業種からの転職の場合:なぜ食品業界で働きたいのか

異業界からの転職の場合、上記のものに加えて「なぜ経験のある業界から食品業界への転職をしたいのか」を明確にしなければなりません。

もちろん、「以前から食品業界に興味があった」というのも立派な理由ですが、それだけでは弱いです。

過去の経験などと結びつけたり、なぜ他業界ではダメなのかをしっかり考えることで説得力のある志望動機になります。

前職が食品業界だった場合は、今までやってきことや業界の動向に対して自分がどうしたいかなどなど明確にしておくと良いでしょう。

なぜその会社を志望したのか

転職先の会社の選び方は人によって異なります。

給料や福利厚生で選ぶ方も多いのではないでしょうか。

しかし、それを魅力といっても事業内容や製品に対して理解のない、給料や待遇だけの目的で判断されている人と思われ兼ねません。

また、経営方針や経営理念など似ている企業も多いので、事前によく調べておきましょう。

前職での経験をどう活かすか

前職でやっていたことに応募企業が力を入れているのでいれば、「即戦力として働ける」ということをアピールするのが効果的です。

異業種からの転職の場合は、応募している業種との接点を見つけることが重要です。

あまり関係のない業種でも必ず接点はあるので、今までの経験ををもう一度思い出しましょう。

一番大切なのは、相手に自分が実査にその会社で働いているイメージを持たせることです。

将来的にどういった事をやりたいか・どう会社に貢献するか

最後に。今後自分がどのようにしていきたいかにも触れたほうが良いでしょう。

どんな業務したいのか、将来的にどういった仕事に携わっていきたいかなど、目的を持って仕事しようとする姿勢を見せます。

そうすることで、「また転職するのではないか」という相手の不安を払拭できます。

食品業界へ転職した人達の実際の志望動機

40代前半/女性/パティシエ/前職を活かして商品開発に携わりたい

日本の食文化は、世界的にも健康志向が強く注目されています。同様に、日本の食品メーカーも世界に認められているメーカーが多く、海外のスーパーでも人気があります。日本の人口は減少傾向にありますが、海外に日本食を発信しているグローバルなメーカーは、今後も成長していくと考えて食品業界への転職を希望しています。また、日本製であることの安心感は、大きな強みにもなっていると思います。これからは、高齢化が更に進むことが予想されますが、食が細くなった高齢者でも食べることの喜びを伝えていける仕事をしてみたいです。前職では、パティシエとしてお菓子作りに携わってきましたが、甘い物を食べても健康を害さないなど、画期的な商品開発など様々なことに挑戦してみたいです。

40代前半/女性/SE/未経験&異業種からの転職

食品業界は以前から興味がありました。未経験ですが、主婦として料理など毎日行っていますし、家族の栄養バランスを考え、調理するので食品業界への憧れがありました。また、学生の頃は飲食店でのアルバイトの経験もあり、様々な経験を活かして転職したいと考えるようになりました。主婦としての経験を活かし、今までSEとしてエンジニアとしての知識もありますが、一つずつ考えていくことは共通している部分なので、課題などあった場合は、きちんと理論立てて考えることも可能です。様々な知識を取り入れながら働くことができる食品業界は魅力があります。商品開発など新たなことにチャレンジするのも楽しいですし、主婦としいての目線・アイディアを取り入れることができます。

30代前半/女性/一般事務職/多くの人を心身共にサポートしていきたい

私は食べることが好きです。
食べるということは、生きるために欠かせないことです。私自身もそんな必要不可欠な存在になり、人の役に立ちたいと思い、この業界をを志望しました。人は生まれてから死ぬまで、食べなければ生きていけません。当たり前のように口にしている食べ物も、誰かが作ってくれなければ食べられません。一方、食べたものが美味しいと、自然に笑顔になります。一緒に食べる人がいると、心が温かくなります。「おいしいね」と話が弾むこともあります。必要不可欠であり、また、人の心にも不可欠な存在である食品。安全性が強く求められていると同時に、人の心も豊かにすることを求められとても責任がある仕事だと思っています。ですが、それと同時にとてもやりがいのある仕事だとも思っています。食品を通して、多くの人の体や心をサポートしていきたいと考えこの食品業界を志望しました。

30代前半/女性/貿易事務/本当にやりたい仕事が見つかった!

私は社会人として働き始めて、改めて食の大切さを知りました。前職は貿易関係の事務をしておりましたが、慣れない仕事に毎日必死でした。唯一ホッとできる瞬間というのが、母の手料理を食べている時でした。母は私の体調をいつも心配し、栄養のバランスのとれた食事を用意してくれました。そのお陰で体調不良になることもなく、仕事に打ち込むことができました。そして私は、日を追うに連れ食品への関心が高まっていきました。その気持ちはいつしか「食品会社ではたらきたい」という強い気持ちに変わり、転職を考えるようになりました。食品会社での仕事経験はありませんが、前職で学んだことを生かし、御社に貢献できるよう勤めていきたいと思っています。

40代後半/女性/事務職/語学力を活かしての転職

語学が好きで、国際的な仕事をしたいと思い転職を考えていましたが、2013年に日本食が文化遺産に登録されたこともあり、今は世界中で日本食ブームなので、貴社のように海外に進出、展開している会社なら、自分の語学力を活かして貴社のお役に立てるのではないかと思いました。また食べることが好きなので、自分が常に関心を持っている分野の仕事をしたいとも思いました。これまでは、価格競争に強い企業が事業を拡大して来ましたが、これからはオリジナリティが大切です。海外に展開する場合には特に価格競争には限界があると考えます。海外ではまだ本物の日本食がどのような物か完全には浸透していないからです。貴社のように、常に新しい物を作り続ける企業で私も自分の得意分野を活かしながら働きたいと思います。

30代前半/男性/自動車部品メーカー/過去のアルバイトを経験を活かしての転職

学生時代に牛丼店にてアルバイトをしていてお客様に、美味しかった、と言われるのが何よりの快感で、満足そうに帰っていくのを見るのが何事に増して仕事への励みになり、実際に食品の仕事に携わってみたいと思うようになりました。また最近食品業界は、消費者の求める美味しさと安全性の高いレベルでの両立が求められる難しい業界ですが、だからこそやりがいも見いだせるのではないかと感じました。美味しい物を作ってみたいのは当然ですが、体に良い、体に優しい食品に非常に興味があり、そのあたりの勉強をしてみたいと思いました。自分の親や子供にはやはり安心安全な物を食べさせてあげたいですし、それに自分が携わりたいのです。今後は消費者の視点が厳しくなっていくでしょうし、それをクリアできる商品を作ることで自分を成長させたいと思います。

40代前半/男性/電機メーカー/日本食で世界の食文化を変えたい!

日本食の素晴らしさが日本に来日したトラベラーにしか伝わらないことは非常に如何ともし難いことです。私自身が電機メーカーでろいろなところにいって、本当に日本食がうまく伝わっていないことに残念な気持ちを持っていました。多少の広告宣伝費を投入してとにかく海外でも食べてもらうこと、ここからスタートすればきっと日本食の良さは伝わります。個人的にはどの国でもオピニオンリーダーがいてうまく活用することで広告宣伝費も有効に活用できることを電機メーカーで学んできました。世界的に肥満や成人病が広がる中、単に市場を広げるためだけではなく、世界の食文化を変えて行くことを考えて、個人的には食品メーカーで頑張ってみたいと思います。

志望動機は一貫性を持って考える

冒頭で記述したように、志望動機を考える際は、さまざまな面から考える必要があります。

しかし、一つひとつがバラバラでは意味がありません。

実際に転職した人達の志望動機をを見ても分かるように、全体に一貫性がなければなりません。

完全に異業界から食品業界。食品メーカーへの転職を考えているかたも、志望動機を通してしっかり企業にアピールできれば転職は成功します。

志望動機を1人で考えるのは結構大変!

志望動機をしっかり考えることで30代40代の転職も難しくありません。

しかし、一貫性を持って志望動機を考えることは難しく、企業選んだ理由とやりたいことがズレしまうことも多いです。

「転職活動を早く終わらせたい」「自分で考えた志望動機で大丈夫か不安」という方は、プロの意見を聞くのをオススメします。

転職サイトのなかでも、一人ひとりに担当のキャリアドバイザーがつく転職エージェントでは、希望に沿った求人を紹介してくれます。

食品業界への転職にオススメの転職サイト:エンエージェント

エンエージェントのは会員数600万人以上の転職サイトです。

担当者が月転職を成功させるためにさまざまなサポートをおこなってくれます。

面接や職務履歴書の対策も応募する企業に合わせた対策をしてくれるので安心して転職活動を進められます。

さらに、食品メーカーの求人も豊富で非公開求人も合わせると質の高い求人に巡り会うこと間違いないです。

エンエージェントの詳細情報はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です