看護師に気の強い人が多い5つの理由!気が弱くてもやっていける?

看護師に気の強い人が多い5つの理由!気が弱くてもやっていける?

看護師は患者さんの生死がかかる現場で働いているため、気の強い人が多いのです。

しかし全ての看護師が気の強いわけではなく、気の弱い看護師もいます。

では、気の弱い人が看護師としてやっていくにはどうすれば良いのでしょうか?

この記事では看護師に気が強い人が多い理由、気が弱くても看護師になるコツなどについて詳しく解説していきます。

看護師に気の強い人が多い5つの理由

看護師は患者さんの命に関わる仕事をしているため、気の強い人が多いです。

看護師として働いている方ですと、実感したことがあるでしょう。

気の強い理由は患者さんの命が関わっているということもあるのですが、他の理由も考えられます。

看護師に気の強い人が多い5つの理由を解説していきます。

もともと気の強い人が目指す傾向にある

1つ目の理由はもともと気の強い人が目指す傾向があるからです。

そのため「看護師だから気が強い」「看護師になって気が強くなった」というわけではない場合もあります。

もともと気の強い人は「看護師に向いているね」と周りから言われることも多く、自分自身でも看護師を目指すようになるパターンも少なくないです。

看護師の彼女と付き合うのって難しい?メリットや上手な付き合い方を解説

実習でメンタルが鍛えられる

2つ目の理由は実習でメンタルが鍛えられるということです。

看護学校では勉強してきた内容を実践する場として病院に実習をしに行くのですが、相当メンタルが鍛えられます。

人の生死に関わる現場になるので、看護学生とはいえ甘い気持ちで実習することは許されません。

看護学生を担当する指導看護師は非常に厳しく、毎日苦しんでいる患者さんを看ることになります。

日常では経験することのないことなので、メンタルが強化されて、気の強い人になるのでしょう。

はっきり物事を言わないと仕事が進まない

3つ目の理由ははっきり物事を言わないと仕事が進まないということです。

上記でもお伝えしたように、看護師は人の生死に関わる職場です。

そのため曖昧な返答をしてしまうと医師を困らせてしまい、患者さんの命にも大きく関わってきます。

看護師には物事をはっきり言う義務があるのです。

物事をはっきり伝える人なので、自然と気の強い人になるのでしょう。

ハードな現場なので自然と鍛えられる

4つ目の理由はハードな現場なので自然と鍛えられるということです。

看護師は勤務時間も不規則で休みが少ない職業です。

また、目の前で人が亡くなることもあり、非常にハードな職業になります。

看護師の判断が1秒遅れてしまうだけで患者さんの命を奪ってしまうかもしれません。

このような職場で働いていると、自然と気の強い人になりますよね。

男性の少ない職場なので気兼ねなく話せる

最後の理由は男性の少ない職場なので気兼ねなく話せるということです。

看護師の90%以上は女性で、非常に男性が少ない職場です。

男性の方が多い職場ですと、少しは男性に気を遣って会話をすると思います。

異性がいると少しは気を遣いますよね。

看護師は男性の少ない職場だからこそ、気の強い人が多いのでしょう。

看護師が偉そうといわれるのはなぜ?理由と嫌な同僚への対処法を徹底解説

看護師は気が弱くても目指せるの?

上記でお伝えしたように看護師には気の強い人が多いのですが、気の弱い人でも看護師を目指すことはできます。

しかし、ただ気が弱いだけでは難しい部分があります。

気が弱くても看護師になれる人も特徴について解説します。

ストレス耐性が強ければやっていける

気の弱い人でもストレス耐性が強ければ、看護師としてやっていけます。

気の強い人が多い職場で働くと、ストレスがたまりやすいです。

また、患者さんや医師からの言動などでストレスがたまることもあります。

そのようなストレスに耐えることができれば、気の強さは関係ありません。

気の弱い人でも看護師として働いていると、自然と気の強い人になります。

気が弱いの方向性にもよる

気の弱いの方向性によっては看護師を目指すことができます。

気が弱いという言葉には、「異性には気が弱い」「同性には気が弱い」「プライベートでは気が弱い」など、さまざまな「気が弱い」があると思います。

そのため仕事では気の強い人になれれば、看護師を目指すことはできるでしょう。

反対に仕事や責任感のかかる場面では気が弱くなってしまうという人は、看護師になることは難しいです。

重篤な患者さんにも動じずに対応できるかも重要

気が弱い人でも重篤な患者さんに動じず対応できれば看護師になることは可能です。

看護師は人の生死を目の当たりにすることがある職業で、毎日苦しんでいる重篤な患者さんのことも看ます。

「気が弱いから症状の軽い患者さんだけ対応します」なんてことは許されません。

そのため気が弱くても「仕事は仕事」と思える人の場合は、看護師としてやっていけるでしょう。

看護師に多い悩みランキング!辛い職場は転職も検討しよう

気が弱いと実感している人が看護師になるために心がけること

気の強い人が多い看護師に、気が弱いと実感している人が、なるためには心がけておくべきことがあります。

気の弱い場合は「とにかく気を強くしないと」と思いますが、すぐに気は強くなりません。

気の弱さを実感している人は下記のことを心がけるようにしてみてください。

完璧を目指さずに自分のできることをすすめる忍耐力をつける

気の弱い人が看護師になるために、完璧を目指さずに自分のできることをすすめる忍耐力をつけるよう、心がけましょう。

気の強い人だと、完璧を目指しても心が折れずに頑張ることができるのですが、気の弱い人ですと完璧になる前に心が折れてしまいます。

完璧を目指すことは大切なのですが、気が弱いと実感している人は少しでも多く自分のできることをすすめる忍耐力をつけましょう。

忍耐力があれば、自ずと完璧にできるようになります。

他の人のサポート役に徹してみる

気の弱い人が看護師になるために、他の人のサポート役に徹することを心がけましょう。

他の人のサポートをすることも立派な看護師の仕事ですし、サポート役に徹していることで気の強い人のそばで仕事を行えます。

気の強い人のそばで働いていると、自然と気の強い人になれる可能性があります。

さらにサポート役に徹することで、自分自身に大きなプレッシャーがかからないので、気が弱くても看護師になれます。

気が強い人が多い職場だったら一度転職してみよう

看護師の職場でも気の強い人が多い職場と気の弱い人が多い職場があります。

気が弱いと実感している人の場合は、少しでも気の強い人が少ない職場で働きたいですよね。

そのため気が強い人が多い職場だった場合、思い切って転職しましょう。

転職することでのメリットをさらに詳しくお伝えします。

気が強くても優しい看護師が集まる職場に出会えるかも

上記でもお伝えしましたが看護師は気の強い人が多いため、転職しても気の強い人が多い職場かもしれません。

しかし、気が強くても「優しい人・優しくない人」がいると思います。

転職することによって気が強くても優しい看護師が集める職場に出会えるかもしれません。

気の弱い人にとって優しい看護師が集まる職場は、ストレスもたまりにくいですし、楽しく仕事ができると思います。

気分を一新して気を強く持てるチャンスに恵まれるかも

転職することは心機一転することになるので、気分も一新して気を強く持てるチャンスに恵まれるかもしれません。

上記でもお伝えしましたが看護師になってから気が強くなる人もいるので、転職することをきっかけに気が強くなることもあります。

看護師としては気が強い方が好ましいので、転職をきっかけに気の強い看護師になりましょう。

看護師が環境を一新するために利用すべき転職エージェント

転職する際には「うまく転職できるかな」「気の強い人が少ない職場に出会えるかな」などさまざまな不安が伴うと思います。

その場合は、転職エージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用することによって、希望通り転職しやすくなります。

転職エージェントは国内に数多くあるので、看護師が環境を一新するために利用すべき転職エージェントを2社ご紹介します。

看護roo!

看護roo

看護roo!は長い歴史を持つ看護師に特化した転職エージェントで、利用者から高い評価を得ています。

そんな看護roo!の魅力は「非公開求人の多さ」です。

求人にはサイトに公開している「公開求人」とアドバイザーだけが知る「非公開求人」があります。

看護roo!が取り扱っている求人の半数以上が「非公開求人」になるので、アドバイザーだけが知る待遇の良い求人を紹介してもらえます。

また、希望通りの求人も見つけやすいので、条件通りに転職したい方は「看護roo!」がおすすめです。

看護roo!詳細ページ

看護のお仕事

看護のお仕事

看護のお仕事は看護師に特化した転職エージェントで、求人数は業界トップクラスの12万件以上を誇ります。

そんな看護のお仕事の魅力は「アドバイザーの質」です。

看護のお仕事のアドバイザーは利用者からも好評で、転職に関する知識だけでなく看護師としての知識も豊富な方が多いです。

そのため転職に関することも看護師に関することもアドバイザーに相談できます。

看護師として気が弱いこともアドバイザーに伝えることができるので、気の強い人が少ない職場に転職できる可能性が高まります。

転職することが不安な方は、看護のお仕事がおすすめです。

看護のお仕事詳細ページ

気が弱いと感じても転職で環境を変えて自分らしく働こう

この記事では気の弱い看護師についてお伝えしましたが、看護師には気の強い人が多いです。

しかし気の弱い人でも看護師になることは可能です。

気の弱いと実感している人は上記でお伝えした心がけておくことを参考にしてください。

そして気の強い看護師が多い職場で「働きにくい」と感じた場合は思い切って転職しましょう。

転職することによって環境を変えることができて、自分らしく働くことができます。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件