埼玉県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

埼玉県の薬剤師転職事情!最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイト

埼玉県は、東京に隣接しているというアクセスの良さから都内で働く方たちのベッドタウンとして栄え、人口の多いエリアになっています。

埼玉県内にも調剤薬局やドラッグストアの数が多く、薬学部のある大学も複数あり、薬剤師の数が多いエリアでもあります。

そのため、埼玉県は、東京都内で働く方にとっても、埼玉県内で働く方にとっても、働きやすい地域です。

この記事では、埼玉県の薬剤師転職事情について、最新求人事情やおすすめ薬剤師転職サイトまで、徹底解析していきます。

埼玉県の薬剤師転職事情

埼玉県保険統計年報のデータによると、埼玉県には14,000人を超える薬剤師がいますが、全国平均と比べると少し不足している状況です。

そのため、転職難易度はあまり高くありません。

埼玉県には、薬学部のある城西大学と日本薬科大学がありますが、約50%が調剤薬局へ就職し、約20%がドラッグストア、約17%が病院に就業しています。

埼玉県には、多くの調剤薬局やドラッグストアや病院があるため、転職先に困ることはあまり考えられません。

平均年収はどれくらい?

埼玉県の薬剤師の平均年収 497万円(全国29位/47都道府県)
平均年齢 40.5歳
勤続年数 6.8年
月給 34.2万円
ボーナス 86.5万円

埼玉県の薬剤師の平均年収は497万円です。

これは、全国29位の水準で、全国平均の514.9万円より17.9万円低い年収になっています。

全国よりも若干低い年収になっている背景には、薬剤師のライバルが多いことが挙げられます。

埼玉県には薬学部のある大学があり、その卒業生の多さは全国的にも有名です。

また、住環境として優れているため、県外から移り住む方が多いエリアです。

そのため、平均年収が抑えられてしまうという傾向があります。

しかし、逆に考えれば、これは人気の裏返しとも言えます。

埼玉県は生活利便性の高いエリアが多いので、就業する場所として人気があり、多くの薬剤師が集まります。

求人はどの地域が多い?

埼玉県で働く薬剤師の転職事情と、平均年収に関しては分かりましたが、求人はどのエリアに集中しているのでしょうか。

次に埼玉県で薬剤師の募集が集中しているエリアを3つ紹介し、それぞれを深掘りしていきます。

1位 さいたま市

埼玉県の南東部に位置している、さいたま市。高級住宅街のある文教都市の浦和や、何でも揃っている埼玉県最大のターミナル駅の大宮など、埼玉が誇る人気エリアです。

新規オープンの調剤薬局から、待遇が充実しているドラッグストア、大型病院など、薬剤師として働く場所が盛りだくさんのエリアです。

また、都心から20〜30km圏内という関係から、ベッドタウンとして居住し、東京都内で働く方も多い傾向にあります。

さいたま市は選択肢が豊富で、埼玉県で最も需要のあるエリアです。

2位 川越市

埼玉県の南側にある、川越市。交通利便性と充実した都市機能、そして観光地が混ざり合っている、魅力的なエリアです。

川越市は、都心から30km圏内なので、さいたま市と同様にベッドタウンとしても栄えています。

そんな川越市は、薬剤師の人口が少ないため、転職しやすいエリアになっています。

川越駅から徒歩圏内の通勤に便利な調剤薬局から、マイカー通勤ができるドラッグストア、未経験可能な調剤薬局など、選択肢は豊富です。

川越市は勤務先が多く、埼玉県でも2番目の需要があります。

3位 所沢市

埼玉県の南部に位置する、所沢市。東京から30km圏内という利便性で人口流入が加速し、34万人ほどが住んでいます。

そんな所沢市は、薬剤師が不足しています。

全国平均を下回る薬剤師の数が問題になっているため、需要が多く、転職しやすいエリアになっています。

また、所沢市には、防衛医科大学校病院や新所沢清和病院など、多数の医療施設もあります。

所沢市には、キャリアアップが可能な調剤薬局から、未経験で高年収が期待できるドラッグストアまで、あらゆる求人情報が溢れています。

埼玉県の薬剤師求人の特徴

埼玉県は、大型医療機関がすべての医療を行う「医療機関完結」から、地域の医療機関が役割分担をして医療を完結する「地域完結型」へとシフトしている傾向にあります。

その影響から、薬剤師はかかりつけの医師と同様に、重要なポジションになっています。

過去10年で、薬剤師の数は約1万人から約1万4000人へと40%ほど急激に増加しましたが、まだ薬剤師不足が続いている状況で、求人情報が溢れています。

埼玉県の薬剤師の年収は比較的低めになっていますが、エリアによっては好条件の求人もあり、バランスが良く、働きやすい労働環境が多い傾向です。

埼玉県には、調剤薬局やドラッグストア、そして病院もあるので、勤務先の選択肢は豊富です。

雇用形態も、正社員からパート・アルバイトまで、自分の状況に合わせて幅広い選択肢から選べます。

埼玉県のおすすめ求人

ここまでで、埼玉県の転職事情と求人の特徴、そして求人の多いエリアについて確認できました。

それでは次に、埼玉県で薬剤師として転職する場合、具体的にどのような求人があるのか、おすすめの求人はどのようなものなのかを紹介していきます。

1位 ウエルシア薬局株式会社さいたま新都心けやきひろば店

勤務地 埼玉県さいたま市中央区新都心10 けやきひろば
アクセス JR京浜東北線 さいたま新都心駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、調剤業務、服薬指導、薬歴管理、OTC販売を行う
雇用形態 正社員、パート・アルバイト
給与 年収517万円~560万円時給2,600円以上
昇給 年1回
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
損害保険
財形貯蓄
退職金
社員持株会制度
ストックオプション
育児休暇制度
介護休職制度
社員割引制度
資金貸付制度
休日・休暇 週休2日制
年末年始休暇
有給休暇出産
育児休暇

埼玉県で一番人気のエリア、埼玉県さいたま市。その中でも特に再開発が進んでいる最新スポット、さいたま新都心駅の調剤併設型ドラッグストアで働ける求人情報です。

この求人は、働く場所が良いだけでなく、待遇の良さも際立っています。

年収517万円~560万円という高水準になっているので、東京都の薬剤師求人でもなかなか見ないような年収を、最初から稼ぐことができます。

これは正社員のケースですが、パート・アルバイトを希望する方にとっても、時給2,600円以上という高時給が稼げます。

さらに、福利厚生の充実ぶりも、群を抜いています。

高待遇の求人を探している方は、ウエルシア薬局株式会社さいたま新都心けやきひろば店はおすすめです。

2位 株式会社KFYメディカル福本調剤薬局(ふじみ野調剤センター)

勤務地 埼玉県ふじみ野市
アクセス 東武東上線 ふじみ野駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて調剤業務、服薬指導、薬歴管理などを行う
雇用形態 正社員
給与 年収400万円~600万円
賞与 年2回(過去実績4.0ヶ月)
福利厚生 雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険、退職金、駐車場
休日・休暇 完全週休2日制(土・日)

株式会社KFYメディカル福本調剤薬局(ふじみ野調剤センター)では、薬剤師の正社員を募集しています。

店舗にて調剤業務、服薬指導、薬歴管理などを行い、年収は400〜600万円の範囲で決まります。

400万円の場合はあまり高くない年収ということになりますが、この求人は、ワークライフバランスが優れています。

まず、処方箋数が1日30〜40枚程度なので、あまり忙しくないということが分かります。

さらに、完全週休2日制で、土日を休むことができます。

そのため、忙しすぎて余裕のない生活ではなく、ゆとりのある生活を送ることができます。

ワークライフバランスを重視する方であれば、株式会社KFYメディカル福本調剤薬局(ふじみ野調剤センター)はおすすめです。

3位 ライフグループサンワ薬局

勤務地 埼玉県さいたま市浦和区東仲町30-20
アクセス JR京浜東北線 浦和駅
職種 薬剤師
仕事内容 店舗にて、調剤業務、服薬指導、薬歴管理などを行う
雇用形態 正社員
給与 月収27.0万円程度(24歳)
年収380万円~500万円程度(23歳~40歳モデル)
賞与 年2回(4ヶ月分)
昇給 年2回
福利厚生 雇用保険
労災保険
健康保険
厚生年金保険
損害保険
退職金
慶弔見舞金制度
育児休暇制度
介護休職制度
永年勤続制度
休日・休暇 完全週休2日制
日曜日・祝日
年末年始休暇
夏季休暇
有給休暇
慶弔休暇
出産・育児休暇

埼玉県一の高級住宅街エリア、浦和。ライフグループサンワ薬局は、浦和で働くことができます。

それもJR京浜東北線 浦和駅から徒歩4分という好立地なので、人気が集中している求人です。

正直に言って、年収は380万円~500万円程度なので高くはありません。

しかしこれは23歳からのモデルなので、経験と年齢に応じて変わります。

また、女性が長く働ける環境づくりをしているところも魅力です。

子どもを2人産んだ後も働いている方もいるので、女性の方も安心して働けます。

女性薬剤師に、ライフグループサンワ薬局はおすすめです。

埼玉県へ転職した薬剤師の体験談

埼玉県で働く薬剤師の転職事情、そしておすすめの求人情報について紹介してきましたが、実際に転職して働いている方はどのような感想を持っているのでしょうか。

次は、埼玉県の薬剤師に転職した方の口コミを見ていきましょう。

幅広い求人がある

群馬県から埼玉県に引越しをすることになり、薬剤師の仕事探しをしました。薬剤師の転職サイトを活用したところ、群馬県よりも遥かに求人情報があり、幅広い求人を検索することができました。調剤薬局の数も、ドラッグストアの数も多く、需要の多さを感じました。私は結構こだわりがあったので、こだわり条件で細かく絞り込みをしましたが、それでも理想に近い求人を見つけることができました。プライベートの生活利便性を上げるために埼玉県に移り住んだのですが、職場環境も前より良くなったので、転職は大成功です。人間関係も良い職場なので、快適に働けています。
年齢 27歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 380万円
転職後の年収 400万円

ワークライフバランスが優れている

埼玉県で薬剤師に転職したのですが、ライフワークバランスの良さに驚いています。私は以前、東京都の調剤薬局で薬剤師として働いていました。そこでは、1日当たり100枚近い処方箋が日常的で、常に仕事に追われていました。しかし、新しい職場では、1日に多い日でも40枚程度の処方箋なので、かなり余裕を持って仕事をすることができています。また、土日が完全休みなので、家族と一緒に休日をゆっくりと過ごすことができて、前よりも幸せを実感できるようになりました。それはすべて、埼玉県の新しい職場に転職したことが理由です。ワークライフバランスを確保したい方は、埼玉県のゆとりのある調剤薬局がおすすめです。
年齢 37歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 480万円
転職後の年収 480万円

地方に高待遇の案件がある

埼玉県の都市部のドラッグストアで、薬剤師として働いていましたが、あまり待遇が良くないので転職を検討しました。色々探した結果、埼玉県内で待遇の良い案件は、地方のほうが多いことに気が付きました。地方では、薬剤師の数が不足している関係で、高待遇で迎えられるケースがあります。私も高条件を提示してもらったので、地方の調剤薬局に転職しました。地方といっても自宅から電車で30分程度の距離なので、通勤のストレスもなく、雇用条件を改善することができました。埼玉県で待遇の良い求人を探している方は、地方の隠れた優良求人を探すのがおすすめです。
年齢 30歳
性別 女性
前職 薬剤師
転職前の年収 450万円
転職後の年収 500万円

埼玉県でおすすめの薬剤師転職サイト

埼玉県の薬剤師の転職事情が分かったので、次は転職サイトをチェックしてみましょう。

転職活動は情報戦です。

上質な転職サイトを活用することで、質の高い情報を入手することができます。

それでは、埼玉県でおすすめの薬剤師転職サイトを、3つ厳選して紹介します。

1位 薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは、薬剤師専門の転職サイトをひとまとめにした、日本最大級の薬剤師転職サイトです。

薬キャリには膨大な求人情報が掲載されているので、薬剤師として転職活動する方は、外せない転職サイトになっています。

薬キャリで応募したい企業が見つかった場合は、薬剤師転職コンサルタントを活用することをおすすめします。

転職活動で重要な、スケジュール調整・面接対策・条件交渉などを、手厚くサポートしてくれます。

薬キャリ詳細ページ

2位 マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師は、薬剤師の人材紹介サービス15ブランドにおける調査で、5年連続で利用者満足度No.1に輝いている、優れた薬剤師転職サイトです。

マイナビ薬剤師には、日本全国の薬剤師求人情報を、簡単に検索できるシステムがあります。

またエリア毎の特徴についても記載されているので、求人情報だけでなく、より深い情報を知ることができます。

求人検索以外にも、精度の高い職場を探してくれるキャリアアドバイザーが在籍していて、無料でキャリア診断が受けられます。

マイナビ薬剤師詳細ページ

3位 ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは、全国の調剤薬局・病院・ドラッグストア・企業等の勤務先を紹介してくれる転職支援サイトです。

ファルマスタッフに登録すると、医療業界専任コンサルタントのサポートが無料で受けられ、適切なアドバイスをもらうことができます。

コンサルタントのカウンセリングはサービスが手厚く、信頼できる人材が揃っています。

また、転職後もフォローしてくれるので、安心感が長続きします。

ファルマスタッフ詳細ページ

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件