30代女性でも転職できる!成功するための転職対策を伝授します

30代女性でも転職できる!成功するための転職対策を伝授します

「職場が耐えられなくて転職したい」
「自分をもっと活かせる職場で働きたい」

30代の女性で転職を検討している皆さんは、様々な転職理由を抱えているでしょう。

しかし一般的に転職で成功しやすいのは20代までといわれており、30代という年齢の壁を感じて転職に踏み切れない人もいますよね。

特に女性は結婚や出産、育児など男性に比べて仕事と生活のバランスが重要視されるライフイベントが多いため、より転職で成功できるのか不安になってしまいますよね。

そこで今回は30代女性でも希望通りの企業に転職できるように、30代女性の転職状況や成功に導くための転職対策を紹介していきます。

30代女性の転職活動で共通する3つの不安

個々では30代女性が転職活動に際して抱える中でも、特に多い3つの不安を紹介します。

女性でも採用してもらえるか

日本社会では1999年に男女共同参画社会基本法が公布された通り、近年では女性も男性も平等に働ける社会の実現が目指されています。

しかし法律が公布されたとはいえ、やはり社会においては男性優位の傾向が根強く残っており、「女性だから転職できないんじゃないか…」と不安になってしまう人が多いようです。

育児や家庭と両立できる仕事が見つかるか

30代ともなると、結婚や出産などで独身時代とは生活様式が変わる女性が多い時期に当たります。

もちろん産休や育休を取得して同じ企業で継続して働こうと考える人もいるでしょうが、中には仕事を辞めざるを得なかった人もいます。

育児が落ち着いて子供が保育園に預けられるようになった年齢になり、転職をしようと動いても、子持ちを雇ってくれるのかどうかを不安に感じてしまう人もいます。

子供は大人に比べて体調を崩しやすいですから、急に早退したり欠勤せざるを得ないこともありますので企業にとっては不利益になる可能性があるためです。

他の女性に比べて、急なシフト変更の可能性があるハンデがあるため、転職を思いとどまってしまうようです。

転職でキャリアアップできるか

結婚や出産を経験していてもバリバリ働き続けている人もいるでしょう。

転職では労働条件の改善だけではなく、自分のキャリアアップの踏み台として利用できるチャンスでもあります。

女性の活躍できる企業に入れて、今後管理職のポストに収まれるかを不安に感じてしまう人もいるようです。

30代女性の転職は不利?実態を紹介

冒頭でもお伝えした通り、みなさんの意識の中には「30代、とりわけ女性だと転職が難しいので避けるべき」という考えがあるかもしれません。

ですがすべての30代女性の転職が難しいというわけではなく、条件によっては20代の頃よりいい条件で転職できることだってあるのです。

以下では最近の30代女性の転職傾向について、詳しく解説していきます。

20代の頃の経験や実績が豊富なら転職しやすい

実は20代の頃にバリバリ働いて、経験や実績を多く持つ女性は30代になっても転職に成功する可能性が高いのです。

20代は社会人経験や業界知識が浅く、転職の際には今後の成長を期待されて採用されることが多いです。

一方で30代ともなれば企業の将来を考慮して、管理職としての教育に着手できる時期になります。

最近では女性の活躍できる企業づくりを求める声が活発になっていますから、女性管理職を必要とする企業が増えています。

30代女性で経験・知識豊富な人材は上述の理由から企業からのニーズが高いため、転職で成功をおさめやすいのです。

経験を積む前に結婚や出産で退職していると厳しい

転職を検討している方の中には、20代で本格的にプロジェクトに関わる前に結婚や出産などで職場を離れた方もいるでしょう。

経験を積む前に現場を離れてしまうと、30代では即戦力になれる人材が求められますから、企業側から転職の場であまりいい評価を得られない可能性があります。

本来ならおめでたい話なのですが、やはりこれまで寿退社後は家で家事をする意識が残っているようです。

30代女性の未経験転職はブラック率が上がる

30代女性の中で、未経験の業界へ転職しようとしている方がいたら、要注意です。

実は未経験で転職できるのは20代前半がピークで、それ以降は求人数も転職できる確率も差が出てきます。

30代でも未経験人材を募集しているところはありますが、労働条件が悪かったり給与が低いなどブラック企業である可能性が高いです。

30代女性が転職で成功するための転職対策

30代女性はスキルや経験が豊富であれば転職しやすい傾向にありますが、中には経験に自信がない方もいるでしょう。

ですがあきらめることはありません。

転職対策をしっかり講じて自分をアピールできる状態を整えておくことで、転職で成功する可能性を上げることが出来るのです。

以下では30代女性が取るべき転職対策を5つ紹介していますので、不安な方は一つずつ試してみてはいかがでしょうか。

転職理由を明確にしておく

どの年代の転職でも、企業の採用面接のときには転職理由を聞かれます。

何故転職を考えたのかを紙にまとめて可視化してみましょう。

その中に自分本位な理由があるのならば、ポジティブな言い回しに変換してみることをおすすめします。

企業からは自分本位な転職理由は敬遠される傾向にありますので、一度試してみてはいかがでしょうか。

20代の頃の経験や実績を深掘りしてみる

20代の頃に仕事で何を経験したか、どんな実績を上げられたかを小さいことでもいいので深掘りしてみましょう。

事の大小にかかわらず、経験したことは転職活動でアピールできるポイントになります。

転職活動では自分を採用するメリットがどれだけあるかをアピールするので、少しでもアピールポイントを見つけられるようにしておきましょう。

転職で優先したい条件を順位付けしてみる

転職先を探す時には、良い労働条件か、給与は高いかなど転職することで改善していきたい条件を取り上げることが多いでしょう。

20代であれば自分の希望通りの求人を探すこともできますが、30代ともなると求人数も減りますし競争率も上がりますから、必ずしも希望した条件で就労できない可能性があります。

そのため自分が何を転職先に求めているのか、優先順位をつけておくことをすすめます。

3つ程度まで絞り込んで、どれを優先していきたいかを明確にしておくことで、条件の妥協がしやすくなりますからより転職先が見つけやすくなるでしょう。

30代女性の転職実績のある転職エージェントを利用する

転職は仕事や家事など様々なことと並行しながら進めていきますから、生活上の負担が増えてしまいます。

また20代に比べて求人も減りますしアピールできるポイントも限定的になっていきます。

そのため、30代女性の転職実績のある転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職エージェントでは、年代に合わせた転職サポートを無料で依頼できます。

30代を募集している求人を探し出してくれますし、面接で話す内容の添削や企業へ提出する職務経歴書や履歴書の添削まで担当してもらえます。

以下の記事で30代女性におすすめの転職エージェントを紹介していますので、是非参考にしてくださいね。

30代の女性におすすめ転職サイト・エージェントランキング【2019年】

30代女性ならではの強みを生かして転職を成功させよう

いかがでしたか?

30代女性は一般的には転職が難しいといわれていますが、これまでの経験やスキルを活かせばまだまだ転職先はあります。

経験に自信がなくとも、アピール方法を変えてみることで転職先が見つかる可能性だってあります。

年齢を活かした色んなアプローチ法がありますので、ここで紹介した転職対策を実践してみてくださいね。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件