30代男性の転職が難しくなる理由と転職を有利にするアピールポイント

転職で悩む30代男性

「30代で転職」となると、「不利なのでは?」「難しいのでは?」と思う人は多いのではないでしょうか。

しかし30代といえば、ある程度社会経験を積んでいます。

そのため、人によってはよりキャリアアップをしたかったり、生活を向上させたりするために転職を考える人が多い時期でもあるのです。

今回こちらの記事では、30代の、特に男性の転職が難しくなる理由と、転職を有利にするアピールポイントについて紹介いたします。

30代の男性は転職で不利になるのか

まず、30代の男性は転職で不利になってしまうのでしょうか。実は、必ずしもそうとは言い切れません。

「20代のうちに転職をしたほうが有利なのでは?」と思うかもしれませんし、実際にそれは事実です。

20代はたとえその業種が未経験だったとしても、企業側からは伸びしろがあるとみなされます。

しかし30代、とりわけ30代前半は、相応のスキルがあった場合、年齢で不利になるようなことはほとんどないと言って良いでしょう。

業種によるところもありますが、30代前半にはまだまだ伸びしろを感じてくれます。

では30代後半の男性はどうなるのでしょうか。

事実として、30代前半の転職と後半の転職というと大きく事情は違ってきます。

企業側も年齢的に考えて、「伸びしろが少ない」と思ってしまいます。

しかも、もしもあなたが何度も転職を繰り返した30代後半の場合、一社で大したキャリアを身に着けていないと判断されるうえに、仕事が長続きしないとみなされてしまうのです。

30代後半で転職をする場合は、これが最後の転職だと思うようにしましょう。

そのため、休日や収入、福利厚生などなど、ライフプランもしっかり視野に入れて就職先を探すことが重要になってくるのです。

そのため30代後半の転職となると、転職先に求める条件が増えるのに、企業からの目は厳しくなってしまいます。

どんな30代男性が転職で不利になるのか

それでは実際に、どんな30代男性が転職で不利になってしまうのでしょうか。いくつかあてはまるパターンを紹介します。

① 転職をたくさん繰り返している

これは年代問わずそうですが、あまりにもたくさんの職場を転々としすぎている人は、企業からの信頼が失われます。

「何をやっても長続きしない人なのではないか?」「何も身についていないのではないか?」と思われ、場合によっては「なにか性格に問題があるのではないか?」と思われてしまうこともあるのです。

転職をするのには様々な理由があり、なかにはやむを得ない理由もあるでしょう。しかし世間からの目は厳しくなってきます。

② キャリアプランをきちんと立てられていない

「人生のキャリアプランが明確にあるのか?」これは面接を行う際、必ずチェックされるポイントになります。

「○歳までにこの役職について、△歳までにはこうなっていたい」などの明確なビジョンがある人は、仕事で業務を行って行く際もきちんと計画を立てて行うことができるため、ブレがありません。

しかし、転職に不利になる人や失敗してしまう人の特徴として、このキャリアプランが曖昧なことがとても多いです。

なんとなくで「最終的には管理職になりたい」などと思っていたとしても、漠然としすぎているためキャリアプランとは言えません。

面接官は、「将来はどうなっていたいですか?」などという形で、必ずキャリアプランについては聞いてきます。

そのときにきちんと答えることが出来なければ、「この人は計画を立てられないんだな」とみなされ、さらに「仕事を行う上でも計画的にできないのではないか」と思われてしまうのです。

そうなると、当然転職には不利になってきますよね。

30代のエンジニア職でも転職できるのか

30代の男性の転職は、決して不可能ではないということがわかりました。

それでは、エンジニア職への転職はどうなのでしょうか。

実は30代・未経験であっても、IT業界のエンジニアに転職することが可能なのです。

確かに30代から未経験の職に就くということは、優しい道のりではありません。

しかし、まったく不可能というわけではないことも事実です。

「どうしてもエンジニア職につきたい!」と思っている人は、年齢を理由に諦めてしまうのはもったいないです。

では、エンジニア職に就くためには具体的に何をしたら良いのでしょうか。

① 人材紹介会社に登録する

未経験で30代となると、大企業への入社は難しくなります。

そのため、中小企業やベンチャーを狙っていきましょう。

ここで、IT系に強い人材紹介会社に登録し、何人かの人材コンサルタントに希望を伝えます。

ここで重要なことは、求人サイトのみを使って、自分1人で転職活動をしないことです。

未経験のため、会社を選ぶ基準が曖昧のはずです。ここはプロにおまかせしましょう。

② 未経験での飛び込みは最後のチャンスだと思おう

IT業界に未経験から飛び込むのであれば、なるべく早いほうがいいのは事実です。

さらに上流工程に関わっていきたいと思っているのであれば、今すぎにでも会社を探すことをおすすめします。

資格をとるために転職活動をおやすみするのもおすすめしません。

資格はエンジニアとして活躍しながらでも取得することが出来ます。今からでも会社探しを始めましょう。

③ IT業界は出世が早い

IT業界の特徴は出世が早いことです。20代後半から重要な役職に就き、30歳ぐらいで部長になることも珍しくない業界です。

そのため、同じぐらいの年代の人達か、自分よりも年下の人たちがすでに出世している可能性が高いのです。

しかし、だからと言って諦めてはいけません。

それだけ出世が早いということは、新人にもたくさんチャンスが有るということを意味します。

エンジニアに立ちはだかる年収800万円の壁!年収を上げたいなら転職か昇進か

30代の転職を有利にするのは何をアピールすべきか

これから転職をするにあたって、30代男性はなにをアピールしていけばよいのでしょうか。

まず企業側が30代男性に期待することは、「今までのキャリアを活かして仕事をすることが出来るか」ということになります。

見られるポイントとしては、

  • これまで培ってきた専門性があるのか、活かすことができるのか
  • 柔軟な発想ができるか
  • 3年以上のマネジメント経験があるか
  • 人脈はあるのか

というところです。

30代前半では実務経験を問われ、30代後半ではマネジメント経験を問われる傾向にあります。

このなかに当てはまるものがあれば、企業側に積極的にアピールしていくと良いですね。

伝える際は、「自分にどのような強みがあって」「会社でどのように活かせるのか」を愚痴的にイメージしやすいようにアピールするようにしましょう。

そのために考え直すこととしては、

  1. 自分の経験とはどんなものか?
  2. スキルはどんなものか?
  3. 企業の求める人材に対して、自分に足りないものはなにか?
  4. どうして転職しようと思ったのか?
  5. 転職先に何を求めているのか

などなど、1度整理して洗い出すようにしましょう。

自分の経験やスキルをもう1度見直し、アピール出来る部分と、「ここはまだ足りないな」という部分をしっかり分析していきます。

足りない部分は今の職場で補えないか考え、スキルを伸ばしていく努力をすることが重要です。

また、どうして転職したいという考えに至ったのかをもう1度見直してみましょう。

今の会社に対するなにかしらの不満と、どのように変えていきたいのかという希望、そして更に、それが転職以外の方法で解決できない問題なのかも考えてみると良いですね。

それでも「転職は必須条件だ!」という考えに至った場合は、希望の業種・会社に就職したあとの具体的なキャリアプランについても考えておくと良いですね。

自分の足りないスキルは、現在の会社で補うことになります。

30代ともなると、当然のように入社後すぐに即戦力となることを求められるでしょう。さらに、研修があるかどうかもわからないですよね。

たとえまったく違う業種であったとしても、『転職を成功させるんだ』『よりスキルアップして面接にのぞむんだ』という意識で目の前の仕事に取り組むようにするとよいですね。

30代の転職で役立つ資格まとめ【男性・女性版】

転職を考えている30代の男性は今から何をするべきか

それでは具体的な策として、現在30代の男性は転職のために何をしたら良いのでしょうか。

具体的なステップとしては、

  1. 転職活動の計画をしっかり立てる
  2. やりたいことを明確にし、どのような仕事がしたいのか考える
  3. コレまでの自分の経験・スキル・キャリアについて考える
  4. 転職サイトに登録する
  5. 転職エージェントに登録する
  6. 書類・面接対策をする

という流れになります。

30代の転職を成功させるキーポイントは、やはり転職エージェントを活用することにあります。

転職エージェントは、世間に出ていない非公開求人を多数持っており、その中から自分の希望に合った求人を紹介してくれます。

また、豊富な経験から転職についてのアドバイスをしてくれたり、面接の日程・時間も代理で調整してくれたりもするのです。

さらに、給与の交渉など手間がかかる手続きまでも任せることができます。

30代での転職となると、やはり多くが働きながらの転職活動になるかと思います。

そうなるとどうしても忙しいし、時間が限られていますよね。しかし転職エージェントはこれらの流れを全て無料で行ってくれます。

効率よく、かつ円滑に転職活動を行うためにも、まずは転職エージェントへの登録をおすすめします。

まとめ

以上が、30代の男性の転職についてでした。

30代からの転職となると、たしかに厳しい部分もあります。

しかし決して不可能というわけではありません。

自分の経験やスキルを活かし、転職エージェントを活用すれば、未経験の仕事に就くことだって可能になるのです。

そして30代は、未経験の仕事を始める最後のチャンスとも言えそうです。

特に専門職となると、年齢がいけばいくほど厳しくなってくるのが現状です。経験やスキルを活かしながら、自分に合った仕事を見つけてくださいね。