30代男性の転職が難しくなる理由と転職を有利にするアピールポイント

転職で悩む30代男性

「30代で転職」となると、「不利なのでは?」「難しいのでは?」と思う人は多いのではないでしょうか。

しかし30代といえば、ある程度社会経験を積んでいます。

そのため、人によってはよりキャリアアップをしたかったり、生活を向上させたりするために転職を考える人が多い時期でもあるのです。

今回こちらの記事では、30代の、特に男性の転職が難しくなる理由と、転職を有利にするアピールポイントについて紹介いたします。

30代の男性は転職で不利になるのか

まず、30代の男性は転職で不利になってしまうのでしょうか。実は、必ずしもそうとは言い切れません。

「20代のうちに転職をしたほうが有利なのでは?」と思うかもしれませんし、実際にそれは事実です。

20代はたとえその業種が未経験だったとしても、企業側からは伸びしろがあるとみなされます。

しかし30代、とりわけ30代前半は、相応のスキルがあった場合、年齢で不利になるようなことはほとんどないと言って良いでしょう。

業種によるところもありますが、30代前半にはまだまだ伸びしろを感じてくれます。

では30代後半の男性はどうなるのでしょうか。

事実として、30代前半の転職と後半の転職というと大きく事情は違ってきます。

企業側も年齢的に考えて、「伸びしろが少ない」と思ってしまいます。

しかも、もしもあなたが何度も転職を繰り返した30代後半の場合、一社で大したキャリアを身に着けていないと判断されるうえに、仕事が長続きしないとみなされてしまうのです。

30代後半で転職をする場合は、これが最後の転職だと思うようにしましょう。

そのため、休日や収入、福利厚生などなど、ライフプランもしっかり視野に入れて就職先を探すことが重要になってくるのです。

そのため30代後半の転職となると、転職先に求める条件が増えるのに、企業からの目は厳しくなってしまいます。

どんな30代男性が転職で不利になるのか

それでは実際に、どんな30代男性が転職で不利になってしまうのでしょうか。いくつかあてはまるパターンを紹介します。

① 転職をたくさん繰り返している

これは年代問わずそうですが、あまりにもたくさんの職場を転々としすぎている人は、企業からの信頼が失われます。

「何をやっても長続きしない人なのではないか?」「何も身についていないのではないか?」と思われ、場合によっては「なにか性格に問題があるのではないか?」と思われてしまうこともあるのです。

転職をするのには様々な理由があり、なかにはやむを得ない理由もあるでしょう。しかし世間からの目は厳しくなってきます。

② キャリアプランをきちんと立てられていない

「人生のキャリアプランが明確にあるのか?」これは面接を行う際、必ずチェックされるポイントになります。

「○歳までにこの役職について、△歳までにはこうなっていたい」などの明確なビジョンがある人は、仕事で業務を行って行く際もきちんと計画を立てて行うことができるため、ブレがありません。

しかし、転職に不利になる人や失敗してしまう人の特徴として、このキャリアプランが曖昧なことがとても多いです。

なんとなくで「最終的には管理職になりたい」などと思っていたとしても、漠然としすぎているためキャリアプランとは言えません。

面接官は、「将来はどうなっていたいですか?」などという形で、必ずキャリアプランについては聞いてきます。

そのときにきちんと答えることが出来なければ、「この人は計画を立てられないんだな」とみなされ、さらに「仕事を行う上でも計画的にできないのではないか」と思われてしまうのです。

そうなると、当然転職には不利になってきますよね。

③年齢に見合ったスキルが無い

30代男性ともなれば、社会人経験や業務経験など場数を踏んでいるため、それ相応のスキルを求められます。

コミュニケーション能力や業務スキルなど、20代からスキルに何の変化もないと、企業からは魅力のある人材として評価されません。

また、スキルを持っていたとしても具体的にそれを活用した機会が求められます。

年齢に見合ったスキルを持ち、それを使ったエピソードが無いとはっきり言って30代男性の転職は難しくなります。

30代男性が転職を成功させるためにやるべきこと

30代男性は決して転職ができないという訳ではありませんが、しっかりと対策を練って転職活動に挑む必要があります。

この項目では、30代男子が転職を成功させるためにやるべきことについて紹介します。

自分のこれまでの経験やスキルを確認する

30代ともなれば、それまでに経験してきたプロジェクトや積み重ねてきたスキルがあるでしょう。

しかし自分の経験やスキルだから…とタカをくくっていると、自己PRや経験について面接で問われた際に、本来の自分の功績をアピールできない可能性もあるんです。

空き時間を利用して、自分のこれまでの社会人生活を振り返りましょう。

自分のスキルや経験を洗い出す作業は、思ったよりも時間がかかるものですので、ある程度時間を確保しておきましょう。

土日の他にもお盆休みや年末年始のタイミングを利用するのも良いでしょう。

転職の目的をはっきりさせる

ぼんやりとした目的で転職しても、転職後にミスマッチを感じて再転職することにもなりかねません。

特に30代男性が転職するのであれば、今後の生活や昇進を考慮するとこれ以上転職をしないことが望ましいでしょう。

そのため、転職活動を始める前に自分が何を転職で成し遂げたいのかをしっかり整理しておきましょう。

どれを優先させるかの順位付けをしておくと、スムーズです。

業界分析や自己分析を就活以上に行う

「え?転職でも業界分析や自己分析って必要なの?」って思うかもしれません。

確かに就職活動の際にみなさんは業界分析や自己分析を経験してきましたが、転職活動ではそれよりもさらにレベルの高いものが要求されます。

社会人生活を経て見えてきた業界の状況や特徴もあるでしょう。

また社会人として働き始めて心境に変化が起き、価値観が変わっている可能性だってあります。

就職活動でおこなった業界分析や自己分析を流用せず、「社会人としての新しい自分」の観点からレベルの上がったものを作り上げてください。

今後のキャリアプランを考える

30代は先々管理職を担当することもあるかもしれません。

30代で転職をして、その後どういうキャリアを描いていきたいかをしっかりと考えておきましょう。

特に30代の男性の場合は、結婚や子供の進学も予想されますからライフステージの変化も考慮したキャリアプランを作成しましょう。

先を見据えたキャリアプランは、採用側にも良い印象を与えることもあります。

転職エージェントに登録してサポートを受ける

転職エージェントに登録してサポートを受けるようにしましょう。

1人で転職活動をしたい…!という方もいるかもしれませんが、転職活動は一人でおこなうとなると負担が非常に大きいです。

また転職は情報が命ですから、広く深い情報収集が必要です。

1人で転職活動をしていると、収集できる情報にも限りがあります。

転職エージェントは様々な業界とのコネクションを持っていたり、内部情報や職場の人間関係などディープで特別な情報を保有していることもあります。

しかも転職エージェントは上にあげたような情報を、会員登録してさえすれば無料で提供してくれます。

エージェントによっては面倒な退職手続きを代行してくれる場合もありますので、登録しておいて損はありません。

特に30代男性の転職では、様々な面を考慮しなければなりませんので、エージェントの協力は必須であるといえるでしょう。

30代男性が転職活動を行う上で覚悟すべき3つのポイント

転職活動期間は長期化しやすい!早めの対策を

30代で転職をするときには、転職活動が長期化する可能性を事前に把握しておくことが重要になります。

一般的に30代では転職活動に2か月~3か月程度必要になります。

希望通りの求人が無ければ更に転職活動が長引くことも。

転職活動を短縮したい!と考えている方は、早めの段階から自己分析や転職でピールするスキルの棚卸を行うようにしましょう。

また転職活動が長期化することで、交通費や飲食代などの費用がかさむことになります。

「転職するから思い切って追い込むために仕事を辞めてやろう!」という意気込みは確かに大事ですが、安定した収入がない状態で30代男性が転職活動をするのははっきり言って無謀です。

現在の職と並行しながら転職活動をすすめるようにしましょう。

30代後半の転職は年収ダウンのリスクがある

30代前半での転職であれば、年収アップの可能性が見込めます。

しかし30代後半ともなってくると、管理職やこれまでの経験を評価されて年収が上がってくる時期。

転職先で現在よりも年収アップを狙うのであれば、ハイキャリアな求人を狙うしかありません。

しかしハイキャリア求人は通常転職するよりも求められるスキルが高いので、誰でも転職できるわけではありません。

30代後半に差し掛かるにつれて求人数も減りますし、管理職などのハイクラス求人も減ります。

そのため30代後半では年収がダウンするリスクが高いのです。

企業の求める条件は予想よりも高い

20代のころと同じ基準で30代も転職するのは危険です。

20代はまだ社会人経験が少ないため、これからの成長を見込んで採用してもらえますが、30代は社会人になってから10年近くたっている世代ですからより高いレベルを求められます。

特に転職では即戦力として働くことを求められますから、他の30代と差別化のできる専門スキルが必要になります。

また30代男性は転職後、将来の管理職としての活躍を期待されることもありますから、マネジメント経験があるかも重要視されます。

それに伴い、業務の効率化や成績にも関連する人的スキルや広い人脈も重要視されます。

このように30代男性は特に、多角的なスキルを持っているかが重要視されます。

30代男性は未経験の転職は避けるべき

30代になって「他の業種で働きたい…!」と考えて、未経験の業種への転職を希望した時に気になるのが「30代でも未経験転職はできるの?」ではないでしょうか?

結論から言うと、30代男性の未経験での転職はほぼできないといっていいでしょう。

未経験の人材を雇うとなると、1人につき1人の教育係を付ける必要がありますので人的コストもかかります。

また30代は近い将来、管理職として活躍できるようにキャリアを積む年齢ですから、即戦力である必要があります。

30代の転職者は即戦力が求められる年齢なのに、教育係を付けて人的コストを消費して育てなければいけないのは、企業にとって何のメリットもありません。

そのため30代の未経験の転職者は企業側の二ーズがないため、転職が難しいのです。

しかし、30代前半ではまだ望みがある場合もあるようです。

場合によっては30代でも未経験で採用してくれることもありますが、ブラック企業が多いという話も聞きますので、避けておくのが無難でしょう。

どうしても未経験の職場に転職したい!という方はハローワークの求人を見てみることをオススメします。

30代の転職を有利にするアピールポイントとは?

これから転職をするにあたって、30代男性はなにをアピールしていけばよいのでしょうか。

まず企業側が30代男性に期待することは、「今までのキャリアを活かして仕事をすることが出来るか」ということになります。

見られるポイントとしては、

  • これまで培ってきた専門性があるのか、活かすことができるのか
  • 柔軟な発想ができるか
  • 3年以上のマネジメント経験があるか
  • 人脈はあるのか

というところです。

30代前半では実務経験を問われ、30代後半ではマネジメント経験を問われる傾向にあります。

このなかに当てはまるものがあれば、企業側に積極的にアピールしていくと良いですね。

伝える際は、「自分にどのような強みがあって」「会社でどのように活かせるのか」を愚痴的にイメージしやすいようにアピールするようにしましょう。

そのために考え直すこととしては、

  1. 自分の経験とはどんなものか?
  2. スキルはどんなものか?
  3. 企業の求める人材に対して、自分に足りないものはなにか?
  4. どうして転職しようと思ったのか?
  5. 転職先に何を求めているのか

などなど、1度整理して洗い出すようにしましょう。

自分の経験やスキルをもう1度見直し、アピール出来る部分と、「ここはまだ足りないな」という部分をしっかり分析していきます。

足りない部分は今の職場で補えないか考え、スキルを伸ばしていく努力をすることが重要です。

また、どうして転職したいという考えに至ったのかをもう1度見直してみましょう。

今の会社に対するなにかしらの不満と、どのように変えていきたいのかという希望、そして更に、それが転職以外の方法で解決できない問題なのかも考えてみると良いですね。

それでも「転職は必須条件だ!」という考えに至った場合は、希望の業種・会社に就職したあとの具体的なキャリアプランについても考えておくと良いですね。

自分の足りないスキルは、現在の会社で補うことになります。

30代ともなると、当然のように入社後すぐに即戦力となることを求められるでしょう。さらに、研修があるかどうかもわからないですよね。

たとえまったく違う業種であったとしても、『転職を成功させるんだ』『よりスキルアップして面接にのぞむんだ』という意識で目の前の仕事に取り組むようにするとよいですね。

30代の転職で役立つ資格まとめ【男性・女性版】

転職を考えている30代の男性は今から何をするべきか

それでは具体的な策として、現在30代の男性は転職のために何をしたら良いのでしょうか。

具体的なステップとしては、

  1. 転職活動の計画をしっかり立てる
  2. やりたいことを明確にし、どのような仕事がしたいのか考える
  3. コレまでの自分の経験・スキル・キャリアについて考える
  4. 転職サイトに登録する
  5. 転職エージェントに登録する
  6. 書類・面接対策をする

という流れになります。

30代の転職を成功させるキーポイントは、やはり転職エージェントを活用することにあります。

転職エージェントは、世間に出ていない非公開求人を多数持っており、その中から自分の希望に合った求人を紹介してくれます。

また、豊富な経験から転職についてのアドバイスをしてくれたり、面接の日程・時間も代理で調整してくれたりもするのです。

さらに、給与の交渉など手間がかかる手続きまでも任せることができます。

30代での転職となると、やはり多くが働きながらの転職活動になるかと思います。

そうなるとどうしても忙しいし、時間が限られていますよね。しかし転職エージェントはこれらの流れを全て無料で行ってくれます。

効率よく、かつ円滑に転職活動を行うためにも、まずは転職エージェントへの登録をおすすめします。

30代男性におすすめ転職エージェント3選

以下では30代男性におすすめな転職エージェントを3つ紹介しています。

外資系を狙うなら!Spring転職エージェント

Spring転職エージェント

Spring転職エージェントは人材業界大手アデコグループの運営する転職エージェントです。

運営企業は日本だけでなく世界中に拠点を持っているため、外資系企業の求人に大きな強みを持っています。

また、業界や分野ごとにコンサルタントを分類しているため、担当のコンサルタントが転職したい業界についての知識を豊富に保有しています。

業界知識の深さを活かしてサポートしてくれるので、わからないことの多い転職活動でも安心して進めることができます。

また、コンサルタントは企業の人事担当ともやり取りしているので、企業にあったピンポイントなサポートを受けることもできますよ。

詳細はこちら

ハイキャリアを狙うなら!ビズリーチ

ビズリーチ

CMでもおなじみビズリーチはハイキャリア専門の転職エージェントです。

他の転職エージェントと異なるのは、有料会員制のサービスであること。

7日間は無料お試し期間で利用できますが、本格的に求人に応募するには有料会員登録する必要があります。

しかし有料会員登録すれば、ヘッドハンターが保有する条件のいい非公開のハイキャリア求人に応募できます。

取り扱っている求人の多くは高年収を約束されており、キャリアアップも夢ではありません。

もちろん求められるスキルや経験は高くなりますし、月々利用するのにお金はかかりますが、今後の自分への先行投資として登録してみるのもいいかもしれません。

詳細はこちら

コンサルタントの質が高い!パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは人材紹介業大手パソナが運営する転職エージェントです。

コンサルタントの対応が誰に対しても丁寧との評判があり、書類選考や面接の対策も期待できます。

また、担当のコンサルタントのレスポンスが早いと評判で、転職活動を長期化させたくない30代男性にはうってつけであるといえるでしょう。

条件の良い求人も多いので、転職を機に労働条件を向上させたい!と考えている人にもおすすめです。

詳細はこちら

30代のエンジニア職でも転職できるのか

30代の男性の転職は、決して不可能ではないということがわかりました。

それでは、エンジニア職への転職はどうなのでしょうか。

実は30代・未経験であっても、IT業界のエンジニアに転職することが可能なのです。

確かに30代から未経験の職に就くということは、優しい道のりではありません。

しかし、まったく不可能というわけではないことも事実です。

「どうしてもエンジニア職につきたい!」と思っている人は、年齢を理由に諦めてしまうのはもったいないです。

では、エンジニア職に就くためには具体的に何をしたら良いのでしょうか。

① 人材紹介会社に登録する

未経験で30代となると、大企業への入社は難しくなります。

そのため、中小企業やベンチャーを狙っていきましょう。

ここで、IT系に強い人材紹介会社に登録し、何人かの人材コンサルタントに希望を伝えます。

ここで重要なことは、求人サイトのみを使って、自分1人で転職活動をしないことです。

未経験のため、会社を選ぶ基準が曖昧のはずです。ここはプロにおまかせしましょう。

② 未経験での飛び込みは最後のチャンスだと思おう

IT業界に未経験から飛び込むのであれば、なるべく早いほうがいいのは事実です。

さらに上流工程に関わっていきたいと思っているのであれば、今すぎにでも会社を探すことをおすすめします。

資格をとるために転職活動をおやすみするのもおすすめしません。

資格はエンジニアとして活躍しながらでも取得することが出来ます。今からでも会社探しを始めましょう。

③ IT業界は出世が早い

IT業界の特徴は出世が早いことです。20代後半から重要な役職に就き、30歳ぐらいで部長になることも珍しくない業界です。

そのため、同じぐらいの年代の人達か、自分よりも年下の人たちがすでに出世している可能性が高いのです。

しかし、だからと言って諦めてはいけません。

それだけ出世が早いということは、新人にもたくさんチャンスが有るということを意味します。

エンジニアに立ちはだかる年収800万円の壁!年収を上げたいなら転職か昇進か

まとめ

以上が、30代の男性の転職について解説しました。

30代からの転職となると、たしかに厳しい部分もあります。

しかし決して不可能というわけではありません。

自分の経験やスキルを活かし、転職エージェントを活用すれば、30代でも転職を成功させられるのです。

そして30代前半は、未経験の仕事を始める最後のチャンスとも言えそうです。

それ以降になると非常に厳しく、ブラック企業にあたる可能性もありますから避けておくのが無難でしょう。

また、未経験でもエンジニアへの転職は可能である場合もありますので、IT業界へ挑戦したい!と考えている人はぜひチャンスをいかしてみるのもいいでしょう。

この記事の中で紹介した30代男性の転職でやるべき事や、アピールすべきこともぜひ参考にしてみてください!

一生に一度しかない30代を活用して、その後の人生を豊かにするために挑戦居ていきましょう!

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件