テクノプロ・キャリアの口コミ・評判からみるメリット・デメリットを徹底解説!

テクノプロ

テクノプロ・キャリアはエンジニアに特化した転職エージェントとして知られています。

転職のサポートとして活用する際にはメリットがあるケースもありますが、デメリットの方が目立ってしまう場合もある可能性もあるでしょう。

テクノプロ・キャリアを使って転職活動を行った人の口コミや評判を参考にして利用を検討してみましょう。

一目で分かるテクノプロ・キャリアの評判

サポートは手厚い?
相談はしやすい?
嘘はつかない?
第二新卒でも使いやすい?
対応は丁寧?
色んな職種に転職できる?
求人量は多い?
たくさんの求人は紹介してもらえる?
サイトは利用しやすい?
在籍中でも利用しやすい?
電話連絡はしつこくない?
登録手続きは簡単にできる?
提案力は十分にある?

テクノプロ・キャリアの運営会社はどんな会社?

テクノプロ・キャリアの運営会社はテクノプロ・ホールディングス株式会社のグループ会社の一つとなっている株式会社テクノプロ・キャリアです。

2010年に設立されてから人材紹介や人材派遣、人事コンサルティングなどの人材と企業のつながりを作る事業を専門的に行っています。

人材には適職の紹介を、企業には適材の紹介をすることで人と企業が輝ける社会作りに貢献することを目指しているのが特徴です。

エンジニアに特化した転職エージェントとして業務を行っていて、株式会社テクノプロ・キャリアの代表取締役も自ら機械や自動車、商社を担当するコンサルタントとして働いています

人材も企業も大切にしているため、魅力のある企業に良い待遇で採用してもらえると期待できるでしょう。

テクノプロ・キャリアのメリット

  • エンジニアのスキルをよく理解してもらえる
  • キャリアプランの提案力がある
  • 企業との交渉力が高い

エンジニアのスキルをよく理解してもらえる

テクノプロ・キャリアはエンジニアに特化している転職エージェントなのがメリットです。

エンジニアにとって自分のスキルを正しく理解してもらい、そのスキルを生かせる転職先を見つけるのは困難なのが一般的です。

専門性が高いほどその価値をコンサルタントには判断しにくいからですが、テクノプロ・キャリアのコンサルタントはそれぞれが専門の業界を担当して知識を付けています。

そのため、エンジニアとして培ってきたスキルの価値に基づき、そのスキルを必要としている企業からの求人を探して紹介してもらえます。

また、自分が習得したいスキルに合わせて適切な企業を選び出してもらうことも可能です。

専門用語を使っても簡単にコミュニケーションを取れるのは魅力でしょう。

キャリアプランの提案力がある

テクノプロ・キャリアのコンサルタントは業界に熟知していて、個々のエンジニアに合わせたキャリアプランを提案できる実力があるのもメリットです。

これからどのようなキャリアパスを考えたら良いかがわからないようなときにも様々な可能性を考えてもらうことができます。

企業との交渉力が高い

企業とのつながりを強めているのがテクノプロ・キャリアの特徴です。

細かな交渉ができる点が強みになっていて、面接の日時なども希望に沿った形で調整してもらえます。

夜も20時頃まで面接に対応してもらえるように交渉してくれるので、仕事が忙しい人でも安心して働きながら転職活動を行えるでしょう。

テクノプロ・キャリアのデメリット

  • エンジニア以外の職種ではサポートが充実していない
  • 生かせるスキルがないと求人紹介を受けるのが難しい
  • コンサルタントと専門分野が重ならないリスクがある

エンジニア以外の職種ではサポートが充実していない

テクノプロ・キャリアはエンジニアに特化したサービスを実施しています。

紹介できる企業も自動車や半導体などの機械系や電子工学系、ソフトウェアメーカーなどのIT系といった業界に限定されていて、募集職種も基本的には技術職です。

マネジメント職の募集もありますが、現場で働くエンジニアとしてキャリアを積んできた人材を募集しているケースが大半を占めています。

そのため、エンジニア以外の職種では充実したサポートは受けられません。

他職種への転職をサポートしてもらうのも難しいのはデメリットでしょう。

生かせるスキルがないと求人紹介を受けるのが難しい

エンジニアとしてアピールできる明確なスキルがないと求人を紹介してもらうのが難しいのもデメリットです。

あまり実績がない第二新卒の場合や、転職してエンジニアになったばかりの人に紹介できる求人はあまり抱えていないからです。

どちらかというとミドルクラスからハイクラスの求人が豊富なので、テクノプロ・キャリアは十分にキャリアを積んで一人前になったエンジニアが使うのに適しています。

コンサルタントと専門分野が重ならないリスクがある

テクノプロ・キャリアに所属しているコンサルタントの人数はそれほど多いわけではありません。

技術の多様化が進んでいる影響で、自分と専門分野があまり重ならないコンサルタントに担当されることになるリスクがあります。

テクノプロ・キャリアはどんな人に向いている?

状況別おすすめ度
2.90
在籍中の転職
(5.0)
第二新卒
(3.0)
自分のペースで転職したい
(3.0)
初めての転職
(4.0)
IT・WEB・エンジニア
(5.0)
医療関係
(1.0)
福祉関係
(1.0)
アパレル関係
(1.0)
大手
(3.0)
地方
(3.0)
テクノプロ・キャリアで転職するのに向いているのは数年間のキャリアを積んでアピールできるスキルを持っているエンジニアです。

技術職として働いてきた経歴があれば業界はあまり限定されることはなく、機械系でもIT系でも充実したサポートを受けることが可能です。

特にキャリアがある人の場合にはテクノプロ・キャリアで推薦を受けると書類選考や一次面接が免除されることもあります。

テクノプロ・キャリアで転職するまでの流れ

テクノプロ・キャリアを利用するときには次のような流れで手続きを進めていくことになります。

  1. エントリー
  2. コンサルタントとの面談
  3. アドバイスと求人紹介
  4. 推薦と選考
  5. 内定と入社

エントリー

テクノプロ・キャリアの転職支援サービスに申し込むのが最初のステップです。

オフィシャルサイトにあるお申込みフォームに氏名、生年月日などの個人情報や連絡先などを入力するだけで簡単にエントリーすることが可能です。

コンサルタントとの面談

エントリーを終えると折り返しでテクノプロ・キャリアからの連絡があり、簡単なヒアリングを行った後で専任のコンサルタントが決定されます。

日程調整をしてコンサルタントの面談をするのが次のステップです。

コンサルタントとの面談は原則としてテクノプロ・キャリアのオフィスに訪問して受けることになりますが、遠方の場合には電話で対応してもらうこともできます。

これまでの経験や職務、キャリア形成に関する相談、転職の理由などについてのヒアリングを受けるのが面談の内容です。

アドバイスと求人紹介

面談の内容に応じてコンサルタントから求人の紹介を受けられるようになります。

紹介を受けたときには業界動向についての情報も提供してもらうことも可能です。

また、応募書類の書き方や面接対策のための事前アドバイスなども受けることができます。

推薦と選考

応募したい企業が決まったときにはコンサルタントに相談すると推薦をしてもらえます。

書類として履歴書や職務経歴書が必要になりますが、状況によっては書類選考が免除される場合もあるのでまず推薦を希望するのが肝心です。

一次選考も免除されることがあります。基本的には一回から三回程度の面接選考を受けることになります。

内定と入社

全ての面接で合格したら内定をもらうことができます。

内定後は雇用条件の調整を行い、入社の判断をするというのが流れです。

退社手続きに関してもフォローを受けられる仕組みになっています。

テクノプロ・キャリアの口コミ一覧

年齢 33歳
性別 男性
前職 Webエンジニア
転職前の年収 630万円
転職後の年収 600万円
転職理由 落ち着いて働けるようになりたい

トレンドのWeb系で働くと仕事にやりがいがあると思って一度転職したのですが、あまり自分の興味には合っていませんでした。これから新しいスキルを習得する気力もあまり湧いてこなくなってしまい、やや困った気持ちでテクノプロ・キャリアに相談しました。中小企業での社内エンジニアになるキャリアを私は全く想定していなかったのですが、ネットワーク系には強いので喜んで応募しました。ほとんど今まで持っていたスキルだけで対応できる仕事になり、残業も1日1時間もない程度なので良い転職になったと思います。
年齢 36歳
性別 男性
前職 ITコンサルタント
転職前の年収 920万円
転職後の年収 900万円
転職理由 ワークライフバランスを整えたい

1日12時間は働く毎日になって疲れてしまい、妻にもう少しワークライフバランスを考えた方が良いと促されて転職を決めました。かなり稼げるエンジニアという自負があったので、やはりキャリアを生かして転職したいと考えて選んだのがテクノプロ・キャリアです。担当のコンサルタントと話が合い、もっと勤務時間が短くても同じくらい稼げる仕事があると言われて転職しました。プロジェクトマネージャーとしての採用で、ちょうど安定期に入った企業という点から魅力的でした。コンサルタントの言っていた通り、休日に少し仕事をする必要がある程度で夕方はあまり残業がなくなりました。
年齢 28歳
性別 男性
前職 システムインテグレーター
転職前の年収 490万円
転職後の年収 550万円
転職理由 キャリアアップをしたい

大手のシステムインテグレーターで働いてきたので、キャリアを生かして最終的には独立を目指したいと考えていました。そのためにはもっと開発力が必要だと考えてテクノプロ・キャリアのコンサルタントに事情を打ち明けたところ、ソフトウェア会社に推薦してもらうことができました。下流工程に近い部分を担当することになってプログラミングスキルも仕事を通して磨くことができています。数年後には独立できるようになるだろうという実感が湧いてきました。