マーケティング職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

マーケティング職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

転職する際は転職する業界に強い・得意としている転職サイト・エージェントを利用することが大切になります。

しかし転職サイト・エージェントは国内数多くあるため、「どのサービスがどの業界を得意としているのかわからない」という方が多いのではないでしょうか?

この記事ではマーケティング職の転職におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でご紹介します。

マーケティング職への転職を考えている方は参考にしてみてください。

マーケティング職の転職におすすめ転職サイト・エージェントランキング

マーケティング職の転職におすすめの転職サイト・エージェントはマーケティング職に特化しているわけではありません。

総合型の転職サービスでもマーケティング職の転職におすすめです。

マーケティング職におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でご紹介します。

1位 リクルートエージェント

リクルートエージェント

1位はリクルートエージェントです。

リクルートエージェントは大手人材会社のリクルートグループが運営している転職エージェントになります。

マーケティング職の転職に特化しているわけではなく、総合型の転職エージェントです。

リクルートエージェントは業界でも屈指の転職支援実績を誇り、サポート体制も整っています。

具体的には「求人紹介・書類添削・面接対策・転職情報の提供」などです。

マーケティング職の転職にリクルートエージェントがおすすめな理由をより詳しくご紹介します。

業界最大級の求人数の中から探せる

リクルートエージェントは業界最大級の求人数を誇ります。

取り扱っている求人数は公開求人で10万件以上、非公開求人で10万件以上になり、合計で20万件以上の求人を取り扱っています。

20万件以上の求人を取り扱っている転職エージェントはそう多くありません。

リクルートエージェントに登録することで20万件以上の求人から探すことができます。

求人数が多いということは、必然的にマーケティング職の求人も多いと推測できます。

多くの選択肢を持てることは、転職者にとっては大きなメリットでしょう。

転職のノウハウが確立されている

上記でもお伝えしたようにリクルートエージェントは、大手人材会社「リクルートグループ」が運営しています。

リクルートグループはリクルートエージェント以外にも、さまざまな転職支援サービスを提供しています。

そのため転職ノウハウが確立されていて、希望するマーケティング職に転職できる可能性が高まります。

リクルートエージェント詳細ページ

2位 doda

doda

2位はdodaです。

dodaは業界屈指の転職支援サイトで登録者数は550万人を超えています。

業界でもトップクラスの知名度・実績・求人数を誇り、キャリアアドバイザーのサポートも充実しています。

また「スカウトサービス」があり、転職者の情報を見て企業からスカウトされることがあります。

dodaでは自分から積極的に転職活動をしなくても、マーケティング職に転職できる可能性があります。

スカウトサービスでは名前や生年月日は公開されないため、現職中でも利用できます。

マーケティング職の転職に、dodaがおすすめな理由をより詳しくご紹介します。

転職サイトとしてもエージェントとしても活用できる

dodaは転職サイト・転職エージェント両方のサービスを受けることが可能です。

自分で求人を検索して応募することも可能ですし、キャリアアドバイザーから求人を紹介してもらいサポートしてもらうことも可能です。

さらにdodaでは各業界に精通しているコンサルタントが在籍しているため、マーケティング職に精通している方からサポートを受けることできます。

非公開求人の紹介も受けられる

上記でもお伝えしたようにdodaでは転職エージェントのサービスを受けられるため、非公開求人の紹介も受けられます。

dodaで取り扱っている非公開求人数は3万件以上で、条件・待遇が良いことが多いです。

また非公開求人は企業が求めている人物像に近い転職者にのみ求人を紹介するため、内定をもらえる確率は普通に応募するよりも高いです。

doda詳細ページ

3位 マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

3位はマイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化している転職エージェントです。

大手人材会社のマイナビグループが運営している転職エージェントで、Web・ゲーム・IT業界では高い知名度を誇ります。

Web・ゲーム・IT業界に特化しているため、取り扱っている求人全て専門性があります。

そして業界に特化しているにも関わらず、2,000件以上の求人を取り扱っています。

非公開求人を含めると、5,000件以上は取り扱っているでしょう。

マーケティング職の転職に、マイナビクリエイターがおすすめな理由をより詳しくご紹介します。

大手の求人を取り扱っている

マイナビクリエイターはマイナビグループが運営しているため、大手企業とのパイプが強いです。

そのため取り扱っている求人は大手が多く、条件や待遇も良いことが多いです。

またマーケティング職の求人も多数取り扱っていて、公開求人だけで約700件取り扱っています。

Web・ゲーム・IT業界のマーケティング職に転職したい方にはおすすめの転職エージェントです。

コンサルタントの専門性が高いので安心して任せられる

何度もお伝えしているようにマイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化しているため、在籍しているコンサルタントは専門性が高いです。

Web・ゲーム・IT業界の転職支援しかしていないので、業界の市場を熟知してサポートしてくれます。

高い専門性を持ってサポートしてくれるため、安心して任せられます。

マイナビクリエイター詳細ページ

4位 マスメディアン

マスメディアン

4位はマスメディアンです。

マスメディアンは株式会社マスメディアンが運営している広告・マスコミ業界に特化した転職エージェントです。

取り扱っている求人数は2,000件以上で、マーケティング職の求人も多数取り扱っています。

そしてコンサルタントのサポートも充実していて、企業への条件交渉も積極的に代行してくれます。

マーケティング職の転職にマスメディアンがおすすめな理由をより詳しくご紹介します。

マスメディアに特化した求人を紹介してもらえる

マスメディアンは広告・マスコミなどのマスメディアに特化している転職エージェントになります。

そのため取り扱っている求人は全てマスメディア関連で、コンサルタントから紹介される求人もマスメディア関連になります。

マスメディア関連のマーケティング職に転職したい方にとっては大きなメリットになるでしょう。

転職実績が豊富

マスメディアンは転職業界で知名度がある転職エージェントではないのですが、転職支援実績は豊富で4万人以上の支援実績を誇ります。

これほど転職支援実績があるのは、コンサルタントのサポート力が関係しているのでしょう。

企業が求めている人物像を理解して転職者にアドバイスしてくれるので、内定につながる可能性が高いです。

マスメディアン詳細ページ

5位 マイナビエージェント

マイナビエージェント

5位はマイナビエージェントです。

マイナビエージェントは大手人材会社マイナビグループが運営している転職エージェントです。

上記でお伝えしたマイナビクリエイターとの違いは業界に特化していないことです。

マイナビエージェントは総合型の転職エージェントになります。

総合型の転職エージェントになるのですが、各業界に精通しているコンサルタントが在籍していて、手厚いサポートを受けることができます。

マーケティング職の転職にマイナビエージェントがおすすめな理由をより詳しくご紹介します。

転職支援実績が豊富なので安心して任せられる

マイナビエージェントは業界最大級の転職エージェントで、転職支援実績が豊富です。

またマイナビグループで培った転職ノウハウを駆使してサポートしてくれるため、初めて転職される方でも安心して任せることができます。

転職に対して不安を抱いている方にはぴったりな転職エージェントになるでしょう。

若手向けの求人が多い

マイナビエージェントは20代から高い人気を集めている転職エージェントになります。

実際に登録している方の8割以上が35歳以下で、取り扱っている求人も若手向けのものが多いです。

そして若手の転職支援実績も豊富なため、若手でマーケティング職への転職を考えている方はマイナビエージェントがおすすめです。

マイナビエージェント詳細ページ

マーケティング職へ転職するための4つのポイント

マーケティング職に限らず希望通りに転職することは簡単なことではないため、ポイントを意識して転職することが大切になります。

そこでマーケティング職への転職で意識すべきポイントをご紹介します。

下記のポイントを意識することで希望通りに転職できる可能性が高まります。

マーケティング職に必要なスキルを磨く

1つ目のポイントが「マーケティング職に必要なスキルを磨く」ということです。

転職する際は「転職先で活躍できる」ということを証明する必要があり、活躍できると思ってもらえるようなスキルが必要になります。

マーケティング職で必要になるスキルはさまざまありますが、プロモーションを企画するスキルや企画をプレゼンテーションするスキルは最低限必要になるでしょう。

また、コミュニケーションスキルも必要になる職業です。

希望通りに転職するためには、マーケティング職で必要とされているスキルを磨くことが大切になります。

マーケティングの仕事内容とは?働く企業や必要なスキル・やりがいを解説!

マーケティング独自の思考法

マーケティング職の役割は実際に調査をしてデータを収集することと言われています。

また、データは収集して終わりではなく分析して何らかの結果につなげなければなりません。

そのためマーケティング独自の思考力が必要になります。

データの調査・分析から何かを生み出せる柔軟な思考力が求められます。

単に分析できるだけでは活躍することは難しいです。

マーケティング職で生かせる経験を探す

2つ目のポイントが「マーケティング職で生かせる経験を探す」ということです。

マーケティング職は新しい商品やサービスを企画・企画するための市場調査・販売に向けて営業戦略やプロモーション手法を検討するなど業務は多岐に渡ります。

そのためマーケティング職で生かせる経験は意外にもしやすいです。

例えば、アパレル業界で働いていて「お客様の購入履歴や同年代のトレンドを調査して、お客様に提案していた」という経験をしていると、マーケティング職で生かすことができるでしょう。

アパレス業界以外でも「相手のことを考えて、戦力を立てて、行動に移した」という経験はマーケティング職で生かせます。

マーケティング職の転職理由と志望動機の例文を紹介

マーケティング関連の資格を取得してみる

3つ目のポイントが「マーケティング関連の資格を取得してみる」ということです。

転職する際に業界に関する資格を取得していると、圧倒的に有利になります。

人事の方は面接という短い時間で転職者を判断する必要があるため、「資格」という明確なものは高い評価をする傾向があります。

マーケティング関連の資格は下記の通りです。

  • マーケティング・ビジネス実務検定
  • マーケティング検定
  • ネットマーケティング検定
  • webアナリスト検定
  • Google 広告認定資格
  • 統計検定
  • MBA など

マーケティング関連の資格は他にもあるため、志望する業界で役立つ資格を取得してください。

マーケティングにおすすめ資格7選!未経験でも取れる!

マーケティング職の需要の高い企業に申し込む

4つ目のポイントが「マーケティング職の需要が高い企業に申し込む」ということです。

マーケティング職は基本的にどの業界でも必要とする職業なのですが、業界によってマーケティング職の需要は変わります。

近年はAIが発展していることもあり、Web関連のマーケティング職が高い需要を誇っています。

そのためWeb関連の企業に申し込むと、転職しやすくなります。

ただ希望する業界がある場合は、その業界のマーケティング職に転職できるように対策しましょう。

未経験からマーケティング職は難しい?マーケティング職に転職する方法

マーケティング求人を取り扱っているサービスを利用して希望通りの転職先を見つけよう

この記事ではマーケティング職の転職におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

転職サイト・エージェントを利用する際に大切になることが、マーケティング職の求人を多く取り扱っているかということです。

求人がなければ実力があっても転職はできません。

そのためマーケティング職の求人を取り扱っているサービスを利用して、希望通りの転職先を見つけるようにしましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件