大企業への転職は難易度が高い?転職しやすい狙い目の大企業とは?

大企業への転職は難易度が高い?転職しやすい狙い目の大企業とは?

転職する際は必ず何か目的を持っていると思います。

年収をあげたい、福利厚生を充実させたいなど転職する目的はさまざまあると思うのですが、「大企業へ転職したい!」と思われる方は多いのではないでしょうか?

しかし、大企業への転職難易度は高いです。この記事では中小から大企業への転職を目指すためのポイントと狙い目の企業の特徴を解説していきます。

大企業は新卒からも転職者からも人気が高い

大手企業は転職業界でも高い人気を誇り、掲載された求人はすぐに応募締め切りになることが多いです。

しかし、大企業が人気なのは転職業界だけではありません。

実は大企業は新卒からの人気も高く、多くの就活生が大企業への就職を目標としています。

なぜ、大企業はしんん卒からも転職者からも高い人気を集めているのでしょうか?

大企業が人気を集める理由を2つご紹介します。

①福利厚生が整っているので生活しやすい

1つ目の理由が「福利厚生が整っている」ということです。

大企業になればなるほど福利厚生は整っていることが多く、生活を送りやすくなります。

なぜ福利厚生が整っていると生活しやすくかというと、さまざまなサポートを受けられるからです。

福利厚生は大きく「法定福利厚生」と「法定外福利厚生」に分けられます。

法定福利厚生は国から企業に義務付けられている福利厚生になり、法定外福利厚生は企業に義務付けられているわけではありません。

そのため法定外福利厚生が整っているかどうかで生活の送りやすさが変わります。

大企業は「法定外福利厚生」が整っているからこそ、新卒からも転職者からも高い人気を集めているのでしょう。

②給与が高いのでモチベーションが上がる

2つ目の理由が「給与が高い」ということです。

多くの方が「中小よりも大企業の方が給与が良い」というイメージがあると思います。

役職や勤務年数によって変わりますが、平均給与は約100万円の差があると言われています。

これほどの大企業の方が給与が高いと、自然とモチベーションは高くなると思います。

給与でモチベーションを決めるということが正しいかどうかはわかりませんが、少なからず給与の高い方がモチベーションは高まります。

そのため大企業は新卒からも転職者からも高い人気を集めているのでしょう。

中小企業から大企業を目指すのは難易度が高い

上記でお伝えしたように大企業は新卒からも転職者からも高い人気を誇るため、大企業へ転職難易度は高いです。

特に中小から大企業への転職を目指す場合は、難易度が高いです。

人気という理由以外に中小から大企業への転職の難易度が高い理由をご紹介します。

大手→中小はあるがその逆は珍しい

転職業界では大企業から中小へ転職することはあっても、中小から大企業へ転職することは珍しいです。

珍しいということは、それだけ難しいということになります。

転職業界では大企業の方が人気ということになるため、人気の低い中小から人気の高い大企業に転職することは難易度が高いのでしょう。

大手でも通用する経歴をアピールする必要がある

大企業に転職するためには大手でも通用する経歴が必要になります。

反対に大手でも通用する経歴をアピールできなければ、大企業へ転職する難易度はグンと高まります。

大手でも通用する経歴とは、今までの社会的実績や学歴も当てはまるでしょう。

「大企業でも活躍できる」ということを証明する経歴が必ず必要になります。

そのため中小から大企業への転職は難易度が高いです。

採用枠が限られている

転職する際は採用する枠が決められています。

これは大企業でも中小でも同じなのですが、採用枠に対する応募人数が変わります。

例えば、大企業も中小も採用枠は5人だったとしましょう。

中小の場合は5人に対して10人の応募だとすると、大企業の場合は5人に対して20人応募するということになります。

あくまで例え話ですが、採用枠が限られているにも関わらず、それ以上の人数が応募するため大企業への転職は難易度が高くなります。

大企業の転職は難しい?成功に導くポイント

中小から大手企業を目指すためのポイント

中小から大企業へ転職する難易度は高いですが、100%転職できないわけではありません。

中小から大企業へ転職することは可能で、いくつかのポイントをさえることで転職できる可能性は高まります。

中小から大企業へ転職する際のポイントをご紹介します。

第二新卒枠を狙う

1つ目のポイントが「第二新卒枠を狙う」ということです。

第二新卒とは法的なもので明確に定められているものではありませんが、一般的には新卒で入社して3年以内に求職している方を指します。

新卒と社会人の間というイメージになります。

その第二新卒は転職業界でとても需要が高いです。

そのため第二新卒枠を狙うことによって中小からでも大企業へ転職できる可能性が高まります。

ただし、第二新卒枠を全ての大企業が設けているわけではありませんので、注意してください。

在籍している会社で経験を積んで実績を上げる

2つ目のポイントが「在籍している会社で経験を積んで実績を上げる」ということです。

何度もお伝えしているように中小から大企業へ転職することは難易度の高いことです。

そのため在籍している会社で大企業でも通用する経験を積んで、アピールできる実績を上げることが大切になります。

「大企業でも活躍できる」ということを証明できる実績を上げましょう。

外部でも通用する専門知識を身に付ける

3つ目のポイントが「外部でも通用する専門知識を身に付ける」ということです。

外部でも通用する専門知識として最も分かりやすいのが、「資格」になるでしょう。

資格は取得していることで平等の評価を受けることができて、所得しているだけで自分自身の専門知識の高さを証明できます。

人事側は面接だけで判断する必要があるため、少しでも信憑性の高い情報が効果的です。

そのため外部でも通用する専門知識を身に付けるようにしましょう。

注目!中小から大手転職で狙い目な企業の特徴

実は中小から大企業へ転職する際で狙い目な企業の特徴がいくつかあります。

大企業への転職は難易度が高いため、少しでも転職しやすい企業を狙うことが大切です。

中小から大企業への転職で狙い目な企業の特徴をご紹介します。

大手企業のグループ企業

1つ目の特徴が「大手企業のグループ会社」です。

大企業のグループ会社も大企業の1つになるため、大企業本体と同じ福利厚生と給与が設定されていることが多いです。

しかし、大企業本体よりも競争率が低いため転職しやすくなります。

さらにグループ会社で実績を上げることができれば、大企業本体に異動できる可能性もあります。

中小から大企業へ転職する際は、大企業のグループ会社が狙い目です。

事業拡大を狙っている企業

2つ目の特徴が「事業拡大を狙っている企業」です。

事業を拡大しようとしている企業は、とにかく新たな人材を必要とします。

さらに新しい事業を始めようとしている企業は、その分野に特化している人材を求めます。

その人材にマッチすることができれば中小からでも大企業へ転職しやすくなります。

すでにある事業を拡大しようとしている企業も人材を必要としているため、転職しやすくなるでしょう。

中小から大企業へ転職する際は、事業拡大を狙っている企業が狙い目です。

転職エージェントに非公開求人を出している企業

3つ目の特徴が「転職エージェントに非公開求人を出している企業」です。

非公開求人は、企業が求めている人物像をエージェントに伝えて求めている人物像に近い転職者を企業側に紹介する流れになります。

公開求人ではなく非公開求人を出しているということは、少しでも早く人材が欲しい証拠になります。

そのため企業が求めている人物像にマッチすることができれば、転職できる可能性はグンと高まります。

中小から大企業へ転職する際は、非公開求人を出している企業が狙い目です。

注意!大手だから働きやすいわけではない

中小から大企業へ転職する難易度などについてお伝えしてきましたが、大企業だからといって働きやすいわけではありません。

多くの方が「大企業=働きやすい」とイメージしていると思うので注意が必要です。

大企業だからといって働きやすいわけではない理由を2つご紹介します。

完全実力主義or完全年功序列制なことも

大企業では「完全実力主義」もしくは「完全年功序列制」なことがあります。

近年は完全実力主義・完全年功序列制の企業は減ってきているため、「働きにくいな…」と感じる可能性があります。

そして年功序列制の大企業へ転職した際は、何歳であろうと立場が最も下になります。前職で上の立場にいた方はより働きにくく感じるでしょう。

大企業へ転職しても出世はできる?大手企業の実情とは?

希望の部署に配属されるとは限らない

大企業になればなるほど部署は多くなりますし、会社内での競争率も高まります。

そのため大企業へ転職できても、希望している部署に配属されるとは限りません。

「どの部署でも良いから大企業へ転職したい」という方は問題ありませんが、大企業の中でも希望する部署がある方は注意が必要です。

大企業への転職でよくある後悔と働きやすくなるポイント

中小から大手企業への転職を目指すなら転職エージェントを活用しよう

転職する際は自分の力だけで転職しようとする方が多いです。

自分の力だけで転職することは素晴らしいことなのですが、中小から大企業への転職を目指している方は「転職エージェント」を活用するようにしましょう。

転職エージェントを活用することで、大企業へ転職できる可能性は高まります。

転職エージェントがおすすめな理由をご紹介します。

転職に必要な情報を無料で提供してくれる

転職エージェントでは、転職に必要な情報や役立つ情報を無料で提供してくれます。

「本当に無料で利用できるの?」と不安に思われる方が多いのですが、転職サイト・エージェントは全て無料で利用できます。

また転職エージェントでは転職者1人に対して担当のキャリアアドバイザーが付きます。

そのため自分自身で業界の情報や企業研究をしなくても、担当者が全て無料で提供してくれます。

働きながら転職活動できるようにサポートしてくれる

上記でもお伝えしたように転職エージェントでは担当のキャリアアドバイザーが付くため、転職に関するさまざまなサポートをしてくれます。

具体的には「求人紹介・面接対策・面接同行・条件交渉・書類添削」などになります。

幅広くサポートしてくれるため、働きながらでも転職活動が行えます。

働きながら転職活動ができることは大きなメリットでしょう。

非公開求人を紹介してくれる

転職エージェントでは「非公開求人」を紹介してくれます。

非公開求人はサイトに公開されている求人のことでキャリアアドバイザーからの紹介のみで応募できます。

そして非公開求人は企業が求めている人物像のみに紹介するため、内定をもらえる可能性が高いです。

転職エージェントを活用しなければ非公開求人に応募できません。

大企業を狙う人におすすめ転職サイト・エージェントランキング

中小から大手企業への転職で利用したい転職エージェント2選

日本国内に転職エージェントは数多くあるため、「どの転職エージェントが良いんだろう?」と悩むと思います。

そこで中小から大企業へ転職する際に利用すべき転職エージェントを2つご紹介します。

併用して利用しても問題ないため、2つとも利用してみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは大手人材会社リクルートグループが運営している転職エージェントです。

業界でも屈指の転職支援実績を誇り、充実したサポートを提供してくれます。

そんなリクルートエージェントの魅力は取り扱っている求人の多さです。

公開求人を10万件、非公開求人を10万件、合計で20万件以上取り扱っています。

これほどの求人を取り扱っていれば、希望する求人も取り扱っているでしょう。

中小から大企業へ転職する際はリクルートエージェントがおすすめです。

リクルートエージェント詳細ページ

doda

doda

dodaは業界最大手の転職エージェントで、550万人以上の会員数を誇ります。

dodaでは転職サイトと転職エージェントのサービスが1つになっているため、自分で求人に応募することが可能です。

そんなdodaの魅力は担当者が分かれていることです。

転職者と企業側の担当者が分かれているため、担当者は100%転職者の味方でいてくれます。

また、企業との連絡やコミュニケーションを取る必要がないため、転職者のサポートに注力してくれます。

中小から大企業へ転職する際はdodaがおすすめです。

doda詳細ページ

中小から大手の転職は狙いを定めて対策を練ろう

この記事では中小から大企業へ転職することについてお伝えしましたが、いかがだったでしょうか?

大企業へ転職することは難易度の高いことですが、可能性がないわけではありません。

そのため転職する企業の狙いを定めて対策を練るようにしましょう。

そして中小から大企業へ転職する際は「転職エージェント」を活用してください。

転職エージェントのサポートをフルに活用して、大企業へ転職しましょう。

50社から詳細条件で絞り込み検索
地域
性別
希望職種
正社員経験
年齢
希望年収
人気条件こだわり条件